« 2009年1月13日 | トップページ | 2009年1月15日 »

2009年1月14日

2009年1月14日 (水)

☆銃撃事件で指名手配容疑者を埼玉で逮捕 銃刀法違反容疑(14日)

Logo3_8 栃木県足利市で12日夕、パート阿久津理恵さん(30)と父親の山田孝行さん(53)が、自宅駐車場で男に拳銃のようなもので撃たれ重軽傷を負った事件で、埼玉県警は14日早朝、栃木県警が殺人未遂容疑で指名手配していた住所不詳、元トラック運転手戸ケ崎初男容疑者(43)を埼玉県上尾市内で見つけ、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。戸ケ崎容疑者は銃撃後、行方をくらましていた。捜査関係者によると、戸ケ崎容疑者は14日午前5時ごろ、同市内にとめたトラック内で拳銃1丁を持っていた疑いがある。弾が数発込められていたという。 戸ケ崎容疑者の指名手配の容疑事実は、足利市今福町で12日午後5時50分ごろ、勤め先から帰宅し軽乗用車を降りた阿久津さんに対し、いきなり拳銃のようなもので両腕や腹、左胸を至近距離で正面から4発ほど撃ち、阿久津さんに重傷を負わせた疑い。騒ぎに気付き自宅から出てきた山田さんも背後から1発撃たれて左肩にかすり傷を負った。http://www.asahi.com/national/update/0114/TKY200901140015.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆警視庁機動隊員が拳銃自殺か 庁舎トイレで死亡 調布(14日)

Logo3_7 14日午前7時55分ごろ、東京都調布市上石原3丁目の警視庁第7機動隊の庁舎3階で、発砲音が聞こえたと同隊員から調布署に通報があった。同隊の男性巡査(22)が3階のトイレで頭から血を流して倒れており、病院に運ばれたが間もなく死亡が確認された。近くに拳銃が落ちており、同署は自殺とみている。 同署によると、巡査はこの日朝に出勤後、小隊長の警部補の立ち会いで午前7時45分ごろに拳銃を身につけた。直後にトイレに向かい、自殺を図ったとみられる。15日朝まで泊まり勤務の予定だった。遺書は見つかっていない。 同隊によると、巡査は昨年9月に同隊に配属。無断欠勤などは無かったという。同隊の石塚克信隊長は「誠に遺憾であります。動機などの詳細については現在、調査中であり、今後、再発防止に努めてまいりたい」とのコメントを出した。http://www.asahi.com/national/update/0114/TKY200901140098.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

★警視庁管内 体感治安レベル3

  首都東京の体感治安(14、15日)
             (単位・レベル)

  2    天網恢々疎にして漏らさず

【解説】東京・文京区の中央大学校内で理工学

部の高窪統教授が殺害される事件が発生、警

視庁は殺人事件と断定した。教授は電子機器

の集積回路などの研究が専門。犯行現場から

Bye1走する黒い服の30歳ぐらいの男が目撃され

警視庁で行方を追っている。教 授は背中を執拗に刺されており恨みを抱く者の犯行との見方を強めている。大学関係者の事件と言えば、平成3年7月1日、筑波大学で反イスラーム的とされるサルマン・ラシュディの小説『悪魔の詩』を翻訳した五十嵐一助教授が殺害された事件がある。事件直後からイラン革命政府との関係が取り沙汰されたが謎は解明されていない。今回の東京の事件で近くの学校は、生徒の安全対策のため集団下校などの対策をとった。体感治安は「レベル3(きいろ)」とする。警察庁によると平成20年に全国で発生した振り込め詐欺被害額は2万481件で、被害額は約275億9439万円だった。ピークだった16年の約284億円に次いで過去2番目の記録だという。一時は、過去最悪のペースと懸念されたが10月を撲滅月間と位置づけ1日最大約6万人の警察官を動員したことで被害拡大に歯止めがかかり、最悪の被害を免れた。。「日本列島 本日の振り込め詐は欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html長野県警が「警察官騙る詐欺犯」逮捕。警察庁は2月を撲滅月間に再度設定することを決めた。

※ピーポちゃんの位置が現在のレベルを表示しています。パソコンによっては勝手に動くこともありますので、原稿を参照にしてください。

続きを読む "★警視庁管内 体感治安レベル3"

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆東京理科大学野田キャンパスで不審火4件相次ぐ 連続放火の疑いもあるとみて捜査(14日)

Logo1_2 千葉・野田市の東京理科大学野田キャンパスで、2008年12月から1月にかけて、研究室のパソコン関連の機材などが焼ける不審火が4件相次ぎ、警察は、連続放火の疑いで調べている。千葉・野田市にある東京理科大学野田キャンパスで、2008年12月から1月にかけて、不審火が4件相次いだ。いずれも理工学部・電気電子情報工学科が入る12号館で、研究室の室内や校舎の外壁の一部などが燃えた。大学には、放火をほのめかす内容が書かれた犯行予告文のようなものが届いており、大学側は、いくつかある校舎の出入り口を1つにするなど、警戒を強めていた。警察は、連続放火の疑いもあるとみて調べている。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00147529.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「成年後見」悪用、1800万円着服容疑(14日)

Logo3_4 判断能力が十分でなくなった人に代わって財産管理などをする成年後見人の立場を悪用して、おいに支払われた保険金約1800万円を着服したとして、名古屋地検特捜部は14日、静岡県裾野市、職業不詳後藤加代子(61)と夫孝雄(66)の両容疑者を業務上横領の疑いで逮捕した。 地検の発表によると、2人は06年8~9月、交通事故で重い機能障害を負ったおい(44)に保険会社が支払った損害賠償金約4610万円のうち、約1812万円を勝手に長男名義の預金口座に入金したり、借金の返済に充てたりして横領した疑いがある。加代子容疑者をおいの成年後見人に選んだ名古屋家裁岡崎支部が、定期的な調査で不自然な財産管理に気づき、解任。同家裁が刑事告発していた。2人は容疑を認めているといい、地検は残りの約2800万円の使途も調べる。 http://www.asahi.com/national/update/0114/NGY200901140013.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆なんばグランド花月に脅迫電話 カウスさん襲撃翌日(14日)

Logo3_3 吉本興業所属の漫才師、中田カウス(本名・野間勝道)さん(59)が男に襲われた事件翌日の10日朝、同社が運営するなんばグランド花月(大阪市中央区)に男の声で「今後も出演させるなら、客を巻き込む」という内容の電話があったことが大阪府警への取材でわかった。府警は脅迫容疑で捜査するとともに、カウスさん襲撃との関連を調べている。 南署や吉本興業によると、電話があったのは10日午前9時半過ぎ。男が「今後も中田カウスを出演させるんやったら、昨日のことではすまんぞ。客を巻き込むいうてんのや。わかったか」などと言って電話を切ったという。吉本興業は同署に被害届を出した。 カウスさんは9日夜、大阪市中央区で車に乗っていたところを襲われ、金属バットで突かれるなどして頭に2週間のけがをしたが、12日に舞台に復帰。公演は今後も予定通りこなすという。 http://www.asahi.com/national/update/0114/OSK200901140059.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆中央大のトイレで男性刺される? 意識不明の重体 東京・文京区(14日)

Msn_s1_4 14日午前10時半ごろ、東京都文京区春日中央大学後楽園キャンパスの男性警備員から、「トイレで男性が血を流して倒れている」と110番があった。警視庁富坂署員が駆けつけると、理工学部1号館の4階男子トイレで、男性が背中や手を刺されて倒れていた。男性は心肺停止状態という。同署は男性が何者かに刺されたとみて、傷害事件として捜査を始めた。警視庁などによると、男性は理工学部電気電子情報通信工学科の高窪統(はじめ)教授(45)とみられ、身元の確認を急いでいる。男性のそばに刃物などは落ちておらず、犯人が持ち去ったとみられる。黒い服を着た男がトイレから逃げたとの目撃情報があるという。 同大のホームページなどによると、高窪教授は上智大学大学院で博士(工学)課程を修了後、平成15年4月に中央大学教授に就任。電子機器に使うアナログ集積回路の研究などを行っていた。現場は、東京メトロ後楽園駅から北西約200メートル。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090114/crm0901141133010-n1.htm

刺された理工学部教授死亡 30歳ぐらいの男追う 捜査本部

Crm0901141251018s81 14日午前10時半ごろ、東京都文京区春日中央大学後楽園キャンパスの男性警備員から、「男子トイレで男性が血を流して倒れている」と110番通報があった。警視庁などによると、男性は同大理工学部電気電子情報通信工学科の高窪統(はじめ)教授(45)で、背中や手を刺されてまもなく死亡が確認された。黒い服の男がトイレから逃走したとの目撃があり、警視庁捜査1課は富坂署に捜査本部を設置した。警視庁によると、高窪教授は理工学部1号館の4階男子トイレで倒れていた。男子留学生が見つけたが、その際、黒い服を着た30歳ぐらいの男がトイレから出てきて逃走するのを目撃したという。警視庁はこの男が何らかの事情を知っているとみて行方を捜している。高窪教授のそばには刃物などは落ちておらず、犯人が持ち去ったとみられる。高窪教授の研究室はトイレと同じ4階にあり、午前10時40分から講義をする予定だった。

「優しい先生、なぜ殺されたのか」学生ら動揺広がる2009.1.14 12:58

 14日午前、中央大理工学部の高窪統(はじめ)教授(45)が刃物で刺され、死亡した事件。学生らはキャンパスへの立ち入りを禁止され、捜査の様子を不安げに見守った。理工学部の男子学生(20)によると、高窪教授はこの日午前10時40分からの2時限目で講義する予定だった。「どうなってるんだ」。授業開始から30分経っても教授が現れないため、学生がざわつき始めたところで、大学職員が休講を知らせに来たという。「高窪先生から半導体について教わっていた。教授のトラブルなど聞いたことなく、なんで殺されたのか。大学側から説明がなく、何が起きたのか知りたい」と青ざめた表情。理工学部電気電子情報通信工学科3年の男子学生(21)は2年次に、高窪教授の授業を受講した。「まじめで優しい先生。気軽に話しやすく、授業後も学生の質問にていねいに対応していた」。授業中に問題を出して学生に解かせるが、わからない学生には解き方を指導していた。学生たちは「まさか大学内でこんな事件が起きるなんて」と困惑した様子だった。

【中央大事件】大学などで起きた襲撃事件

2009.1.14 13:53

 大学関係者や教諭らが学校内などで襲われた主な事件は次の通り。

 平成3年7月 「悪魔の詩」の翻訳者だった五十嵐一筑波大助教授が茨城県つくば市の筑波大内で首などを切られ殺害される

 10年3月 東京大構内で、非加熱血液製剤によるエイズウイルス(HIV)感染の危険が問題化した当時の厚生省課長だった郡司篤晃医学部教授が右翼団体幹部の男に顔を殴られけが

 12年11月 東京都品川区の路上で、明治大学生部長で経営学部教授が4人組の男に襲われ、重傷

 13年6月 大阪教育大付属池田小に宅間守元死刑囚(執行)が包丁を持って侵入。児童8人を殺害、教師2人と児童13人に重軽傷を負わせる

 17年2月 大阪府寝屋川市の中央小に無職少年が侵入、男性教諭が刺され死亡

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆作務衣からアシ…資産家女性宅から現金奪った男逮捕(14日)

Msn_s1_3 資産家の女性に暴行を加えて現金を奪ったとして、警視庁捜査1課は14日、強盗傷害の疑いで、東京都葛飾区奥戸、飲食店従業員、金恭兵容疑者(26)と元同僚で住所不定の無職、阿部正幸容疑者(36)を逮捕した。現場に残されていた作務衣が通販の限定品だったことなどから両容疑者が浮上した。2人は「犯行現場には行ったことがない」などと否認しているという。調べでは、両容疑者は昨年7月11日午前8時半ごろ、江戸川区篠崎町の住宅の庭で、植木に水をやっていた会社役員の女性(86)に後ろから近づき、ビニールテープを目や口に巻き付けるなどして頭や腕に重傷を負わせたうえ、金庫を壊して現金360万円と腕時計などの貴金属109点(370万円相当)を奪った疑い。女性は夫と2人暮らしだが、犯行当時は1人だった。現場からは複数の足跡が見つかっており。同課は共犯がいるとみて、調べている。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090114/crm0901141400025-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆西松建設元副社長ら逮捕 外為法違反容疑で東京地検(14日)

Msn_s1_2 準大手ゼネコン「西松建設」(東京)側が、海外でつくった裏金約7000万円を無届けで国内に持ち込んだとして、東京地検特捜部は14日、外国為替及び外国貿易法(外為法)違反容疑で、同社元副社長の藤巻恵次容疑者(68)=現非常勤顧問=ら4人を逮捕した。同社が海外の工事で捻出(ねんしゅつ)した裏金は約10億円に上るとされ、特捜部は裏金の使途などの全容解明を目指す方針とみられる。ほかに逮捕されたのは、元海外事業部副事業部長、高原和彦被告(63)=業務上横領罪で起訴=ら。調べによると、4人は共謀。海外担当の副社長だった藤巻容疑者が、海外で裏金を管理していた高原容疑者に、国内への持ち込みを指示。平成17~19年、高原容疑者が約1億円を税関に無届けのまま、8回に分け、国内に持ち込んだ疑い。時効にかからない約7000万円が立件対象となった。裏金は約10年前から、同社が東南アジアなどで受注した工事費を実際より高く見せかけるなどの手口で捻出していたという。総額は約10億円に上り、高原容疑者が中国・香港のペーパー会社名義の銀行口座で管理していたといい、必要に応じて引き出し、一部を国内に無届けで持ち込んでいたとされる。藤巻容疑者は、海外事業のほか、本社経理部や総務部を統括する管理本部長を担当していたが、昨年10月に一身上の都合を理由に辞職。現在は同社の非常勤顧問を務めている。高原容疑者は、管理していた裏金の一部約4500万円を着服したとして、昨年12月に業務上横領罪で起訴された。多額の裏金の使途について、高原容疑者は「工事受注のための外国公務員へのわいろ」と供述。2003(平成15)年のタイ・バンコク都庁発注のトンネル建設工事をめぐり、同社側がタイの地方政府高官らに約4億円のわいろを提供したとの具体的な供述もしており、裏金の多くが東南アジアなど海外での工事受注工作費に充てられた疑いがある。特捜部は不正競争防止法違反(外国公務員への贈賄)容疑でも慎重に捜査しているもようだ。特捜部は昨年6月に外為法違反容疑で西松本社を捜索。昨年11月にも同法違反容疑で、同社の国沢幹雄社長(70)の自宅など関係先数十カ所を捜索していた。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090114/crm0901141645027-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆緊急治療に駆けつける医師の車を緊急車両に認定できるよう関連法律を改正へ

Logo1 国土交通省と警察庁は、終末期患者の緊急治療に駆けつける医師の車を緊急車両に認定できるよう、2009年度から道交法などの関連する法律を改正することを決めた。規制緩和されるのは、道路運送法や道路交通法の一部で、2009年度から救急車両の車色を白色に限定しないよう改正される。今回の改正は、在宅で治療を受けるがん患者など終末期患者が増え続ける中で、緊急治療に駆けつける医師の乗る車が、渋滞などで到着が遅れてしまうとの医療現場からの要望を受けたもの。法律の施行は4月1日からで、医療機関の車両であれば、赤色灯とサイレンをつければ、車種や色を問わず、緊急車両に登録できる。救急車と同じように、患者の自宅まで優先走行が可能になるため、呼吸困難に陥った患者などへの負担が軽減されると期待されている。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00147491.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ホームレス襲撃:「抵抗されないと思った」高本容疑者供述(14日)

Logo_mainichi1 東京都国立市のホームレス襲撃事件で、殺人未遂容疑で逮捕されたフリーター、高本孝之容疑者(36)=多摩市連光寺2=が「恨みはなかったが、ホームレスなら暴行しても抵抗されないと思い襲った」などと供述していることが警視庁幹部への取材で分かった。周囲との人間関係を巡るあつれきなど事件を引き起こす最終的なきっかけがあったとみて、警視庁は高本容疑者をさらに追及する。逮捕容疑は、昨年6月20日午前4時25分ごろ、国立市谷保の石田大橋下の多摩川河川敷で男性(当時63歳)の頭部を鉄パイプのようなもので数回殴って約2週間のけがをさせたとしている。捜査幹部によると、高本容疑者は逮捕直後は否認していたが、その後の調べに「鉄パイプで何度か殴り、現場付近に捨てた」と容疑を認めた。さらに「ホームレスは寝ていることが多いため襲った。特別な恨みはなかった」と供述したという。 捜査1課によると、高本容疑者の関係先から押収したジーパンに付いていた血液と、今月2日に世田谷区喜多見3の東名高速高架下で殺害された住所不定、無職、近藤繁さん(71)の血液のDNA型が一致しており、警視庁は今月中にも殺人容疑で再逮捕する方針を固めている。しかし、高本容疑者は近藤さん殺害や昨年3月以降、都内の多摩地区で他に計4件発生した一連のホームレス襲撃への関与は否定しているという。【佐々木洋、古関俊樹、神澤龍二】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090114k0000m040145000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆トレーラー居眠りで11人死傷、運送会社社長にも責任(14日)

Yomiuri_koudoku1 三重県鈴鹿市の東名阪自動車道で2002年8月、居眠り運転の大型トレーラーが渋滞中の車列に突っ込み、11人が死傷した事故の遺族4人が、運転手や運送会社「井坂倉庫」(茨城県日立市)、同社の井坂悦雄社長(47)ら1社5個人を相手取り、損害賠償を求めた訴訟の控訴審で、名古屋高裁が「事故は過労、居眠り運転防止義務違反の結果と言わざるを得ない」などとして、井坂社長の責任を認める判決を言い渡していたことがわかった。専門家は「居眠りが原因の業務中の交通事故で、責任を社長個人まで認める判決は珍しい」としている。名古屋地裁は07年7月の1審判決で、運転手や同社などに計約2億2200万円の支払いを命じたが、社長については「個々の運転手の具体的な労働時間などは把握しておらず、注意義務があったとはいえない」として請求を退けた。しかし、昨年12月25日に言い渡された控訴審判決で岡光民雄裁判長は「社長は運転手らが過労状態で業務に就いていることは十分認識していたと推認でき、居眠り運転の危険も予見できた」などと社長の責任を認定し、社長を含む被告側に計約2億2000万円を支払うよう命じた。判決などによると、運転手は、事故の3日前の02年8月7日夜、茨城県日立市を出発し、8日午前10時頃、大阪府内の目的地に到着。同日午後4時頃、茨城県への帰途に就き、9日午後、同県内に到着した。同日午後9時頃、再び大阪府へ向けて出発し、翌10日早朝に事故を起こした。この4日間の勤務中、睡眠はサービスエリアなどでの仮眠だけで、計16時間程度だった。労働問題に詳しい井上幸夫弁護士(56)は「業務中に居眠り運転をして起こした事故の責任を、社長個人まで認める判決は珍しい。トラック運転手らの過酷な労働が社会問題になっていることを踏まえた判決だろう」と話している。事故で6歳の長男ら肉親3人が死亡した原告の阪口幸広さん(38)、玲香さん(33)夫妻(愛知県弥富市)は「過労体質を作り上げた社長の責任が法的に認められ、ようやく当たり前の言葉が聞けた思いだ。利益優先で安全を軽視すると、トップの責任まで問われるということを会社関係者は分かってほしい」と話した。一方、昨年2月、業務不振で水戸地裁に民事再生手続きの開始を申し立て、開始決定を受けて再建中の井坂倉庫は「何もお答えできない」としている。(

2009年1月14日03時03分

  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090114-OYT1T00023.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆60歳女性の変死体 北九州のマンション(14日)

Logo3_2 福岡県警は13日、北九州市門司区小森江3丁目のマンションで、大阪府豊中市曽根西町3丁目、無職西原和枝さん(60)が死亡しているのを県警門司署員が発見したと発表した。遺体に目立った外傷はないが、事件と病死の両面で調べている。門司署によると、同日午後0時半過ぎ、西原さんの叔父が「(西原さんと)2、3日連絡が取れず、部屋にも鍵がかかっている」と110番通報。遺体は和室の布団の中で仰向けの状態で見つかった。争った形跡はなかったが、普段着だった上、敷布団にだけ乱れがあるなど不自然な点もあるため、14日に司法解剖して死因を調べる。 このマンションには昨年11月に亡くなった母親が住んでいた。西原さんは9日、四十九日法要のため帰省し、10日に叔父らと会って以降消息がわからなくなっていた。http://www.asahi.com/national/update/0113/SEB200901130019.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺(14日)3件

「あなたのカード漏れてる」 警官装い情報聞きだす

Logo3 「外国人犯罪組織を捕まえたら、あなたのクレジットカードの情報が漏れていたので確認したい」。警視庁の警察官やカードの業界団体職員をかたり、こんな文言で会員番号や暗証番号などカードの個人情報を聞き出そうとする不審な電話が都内で相次いでいる。同庁やカード各社は「電話で個人情報を聞くことはない」と注意を呼びかけている。同庁組織犯罪対策特別捜査隊によると、不審電話は今月9、10の両日に杉並、文京区などの住民から21件の通報があった。電話の主は、同隊が8日に摘発の発表をしたナイジェリア人グループによる偽造カード詐欺事件などをあげ、「組織犯罪対策課の警察官」「全国クレジット協会の職員」などと名乗り、情報を聞き出そうとしたという。 被害は確認されていないが、会員番号と暗証番号だけでもネットショッピングなどで悪用される可能性がある。警視庁は、不審な電話があった場合、同庁やカード会社に確認するよう求めている。 http://www.asahi.com/national/update/0114/TKY200901130405.html

振り込め詐欺被害、過去2番目の276億円 警察庁 

Banner_logo_051_5 全国で平成20年に発生した振り込め詐欺被害額は約276億円で、ピークだった16年の約284億円に次いで過去2番目を記録したことが14日、警察庁のまとめで分かった。振り込め詐欺は20年に入り過去最悪のペースで推移していたが、10月を撲滅月間と位置づけ、ATM現金自動預払機)周辺に1日最大約6万人の警察官を動員するなど徹底的な取り組みをし、ブレーキをかけた格好だ。まとめによると、警察庁が20年に認知した振り込め詐欺件数は前年と比べ14・2%増の2万481件で、被害額は前年比9・8%増の約275億9439万円だった。撲滅月間以降(10~12月)の月ごとの認知件数はそれぞれ1330、1065、1062件で、ピークだった4月の2218件と比べほぼ半減した。一方で、撲滅月間以降、ATMを経由せずバイク便を利用して被害者宅で直接現金を受け取る手口や、エクスパックなどを利用する「非ATM型」手口が急増。こうした手口は20年3~6月の4カ月間では全体の11・3%だったが、12月には26%に上昇した。非ATM型の増加などを受けて、警察庁は2月を撲滅月間に再度設定することを決めた。1~10日を「巡回連絡強化期間」に設定し、被害に遭いやすい高齢者宅を訪問し、注意喚起するという。警察庁は「市民の関心は高まっているが、依然として1カ月に1000件以上の被害が出ている。広報啓発に力を入れ未然防止を徹底する」としている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/212505/

振り込み詐欺、未遂でも口座凍結依頼へ 警察庁

Logo3_6 振り込め詐欺に使われる不正口座について、警察庁は14日、被害者がお金を振り込む前であっても、詐欺に使われていると判断できれば金融機関に口座凍結を依頼する方針を決めた。従来の凍結依頼は通常、被害が出てからで、被害金を取り戻すのが主な目的だった。新たな方針の決定で、凍結依頼の目的が、被害の未然防止にまで広がることになる。 詐欺グループは息子などを装って「この口座に振り込んで」と口座番号を伝える。多くの人は詐欺だと見破ったり、金融機関の職員の説得で思いとどまったりする。 こうした人や金融機関から、110番や警察署への通報があった場合、被害に遭いそうになった人からすぐに話を聴くなど、短時間で捜査を行い、その口座が詐欺に使われていることが判明すれば金融機関に口座凍結を依頼する。 警察当局はこれまで、個人の権利を侵害しかねないことから、凍結依頼は通常、実害が出てから行っていた。しかし、実害が出ていなくてもその口座を使える状態のままにしておけば、いつか被害者を生んでしまうため「先手」を打つことにした。 警察による凍結依頼は04~07年、年間約2万5千~3万2千件で推移。08年1~6月は約1万6千件にのぼる。警察の依頼は原則として実施され、金融機関独自の判断によるものも含めれば年間4万件前後(全国銀行協会調べ)が凍結されている。 他人や架空名義の不正口座はインターネット上などの闇市場で売買されている。本人確認の強化などで相場は07年の4万~5万円から08年には8万~10万円に高騰しているとされる。同庁幹部は「口座凍結が広がれば、さらに不正口座の相場が上がり、犯行がやりづらくなる」と話す。金融機関も出入金の監視システムなどで詐欺被害や不正な引き出しを発見すれば、独自の判断で口座凍結している。全国銀行協会は「未遂段階でも警察からの依頼を受ければ各行が判断し、協力することになる」としている。(野田一郎)http://www.asahi.com/national/update/0114/TKY200901140156_01.html 

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆四女殺害容疑で14日再逮捕 点滴に腐敗水混入の母(14日)

Msn_s1 京都市内の病院に入院中の五女(1)の点滴に腐った水を混入したとして殺人未遂容疑で逮捕された無職、高木香織容疑者(35)=岐阜県関市=が、四女の死亡にも関与した疑いが強まったとして、京都府警は13日、殺人容疑で14日に再逮捕する方針を固めた。投薬などで子供をわざと病人に仕立て上げる特異なタイプの児童虐待の可能性があるといい、京都府警は死亡した経緯を詳しく調べる。調べでは、高木容疑者は、四女の点滴に異物を混ぜるなどして殺害した疑いが持たれている。高木容疑者の親族によると、四女は未熟児で、生後9カ月で亡くなった。次女と三女も4歳までに死亡しており、京都府警岐阜県警の協力も得て情報収集している。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090114/crm0901140201001-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆催涙スプレー?噴き付け 給料170万円を強奪 千葉(14日)

Banner_logo_051_4 13日午後4時15分ごろ、千葉市稲毛区轟町の解体業「丸徳興業」の駐車場で、車に乗り込もうとしていた同社の男性社員(56)が、背後から近づいてきた2人組の男に突然、顔にスプレーを噴き付けられ、持っていた現金約170万円入りの給料袋を奪われた。男らはスクータータイプの大型バイクで逃走した。噴射されたのは催涙スプレーとみられ、会社員は目に全治約2週間の軽傷。千葉北署が強盗傷害事件として捜査している。調べでは、2人組はともに30歳くらい。1人は身長約175センチで白っぽいジャージーと白っぽいニット帽に黒っぽいマフラー姿。もう1人は黒っぽいジャンパーを着て頭髪は長めだった。強奪されたのは14日に支給予定だった同社社員の給料だったという。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/212140/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆床にたたきつけ乳児死なす 福祉施設職員の母逮捕(14日)

Banner_logo_051_3 愛知県警愛知署は13日、生後4カ月の次女を床にたたきつけて死亡させたとして傷害致死容疑で、同県日進市栄、福祉施設職員、北川育子容疑者(27)を逮捕した。「泣きやまず衝動的にやってしまった」と話しているという。調べでは、北川容疑者は昨年12月22日午前10時20分ごろ、次女があやしても泣きやまないことに腹を立て、自宅寝室の布団が敷かれた床に、次女の頭をたたきつけるなどした疑い。次女は今月9日、搬送先の病院で急性硬膜下血腫で死亡した。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/212163/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆西松建設立件へ 1億円持ち込み 会社ぐるみ外為法違反容疑(14日)

Banner_logo_051_2 準大手ゼネコン「西松建設」(東京)側が海外で作った裏金約1億円を無届けのまま国内に持ち込んだとして、東京地検特捜部が外国為替及び外国貿易法(外為法)違反容疑で西松側を立件する方針であることが13日、分かった。海外で約10億円が捻出(ねんしゅつ)されたとされる西松の裏金問題は、約1億円の持ち込みの実行犯とされる元海外事業部副事業部長、高原和彦被告(63)=業務上横領罪で起訴=が一部裏金を着服していた個人犯罪から、会社上層部の指示による企業犯罪に発展する見通しとなった。調べでは、西松建設は東南アジアで工事を請け負った際、工事費を実際より高く見せかけるなどの手口で約1億円の裏金を捻出。高原被告が元副社長の指示で、無届けのまま国内に持ち込んだ疑い。外為法は、国外から100万円を超える現金を持ち込む際、税関への届け出を義務づけており、違反すると20万円以下の罰金か6カ月以下の懲役の罰則が科せられる。高原被告は「西松側がタイの地方政府高官らに約4億円のわいろを渡した」とも供述しており、特捜部不正競争防止法違反(外国公務員への贈賄)容疑でも慎重に捜査している。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/212197/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆東京理科大で連続放火か 犯行予告の脅迫文(14日)

Banner_logo_051 千葉県野田市の東京理科大野田キャンパスで昨年12月以降、放火とみられる不審火が4件発生していることが13日、分かった。いずれもけが人はなかったが、大学側には犯行を予告する脅迫文とみられる文書も送り付けられており、野田署は同一犯による放火事件とみて脅迫容疑も視野に入れ、捜査している。不審火があったのは野田キャンパス12号館校舎。市消防局によると、最初の火事は昨年12月18日午前11時ごろに発生し、研究室内の機材が焼けた。さらに、同20日午後0時半ごろに校舎内の通路に置かれた段ボール、22日午前9時ごろ廊下の段ボールが燃え、今年1月5日にも外壁などが焦げる火災が起きた。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/212175

| コメント (2) | トラックバック (0)

☆北朝鮮拉致:「救出する知事の会」会見 「国任せにせぬ」(14日)

20090114k0000m010066000p_size51 Logo_mainichi1_4 「北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会」会長の石原慎太郎東京都知事らメンバー5人が13日、日本外国特派員協会(東京都千代田区)で会見した。北朝鮮による拉致問題の早期解決を目的にしたもので、拉致された日本人の帰国や真相究明を求めていくという。 会見には、石原都知事のほか、新潟、埼玉、鳥取、群馬の各知事が出席した。石原都知事は結成の趣旨を「拉致問題は解決が遅れている。国に任せっきりにせず、知事も動こうということ」と説明。今後、オバマ次期米大統領にも「日本と協力し、北朝鮮に対応してほしい」などのメッセージを送るとした。同会によると「こういう形態の活動に参加するのはどうか」と参加していない岩手知事を除く46都道府県知事が参加した。会場からは「訪朝して、金正日(キムジョンイル)総書記と直接交渉しては」と質問が出たが、石原都知事は「意思があっても、効果はない。(会としては)県民を代表して、政府を動かすべきだ」と答えた。【曽田拓】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090114k0000m040064000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆タクシーのトランクにも乗り無賃乗車ツアー 5少年逮捕(14日)

Logo3_4 タクシーに無賃乗車して運転手から料金をだまし取ったとして、警視庁は13日、詐欺容疑で東京都板橋区に住む16~17歳の少年5人を逮捕したと発表した。北区に住む都立高2年の少女(17)も同容疑で書類送検する。同庁によると、少年らは渋谷を拠点にした不良グループのメンバー。荷物を載せるすきに2人がトランクに乗り込み、立ち寄った店などで順番に逃げ、料金を踏み倒していたという。余罪があるとみて調べている。 少年事件課と板橋署によると、6人は昨年9月14日午後11時半ごろ、渋谷区代々木神園町の代々木公園近くで車内に4人、トランクに2人が乗り込み、翌日午前1時半すぎに板橋区南常盤台2丁目までの21.5キロの料金1万530円を踏み倒した疑いがある。途中、コンビニエンスストアでジュースを万引きしたり、友人宅に立ち寄ったりした際にトランクを開けさせて気づかれないように逃走。最後に残った1人が金を取りに行くふりをして立ち去ったという。少年らは代々木公園で「酒盛り」をした帰りだった。運転手に「バッグを載せたい」と言ってトランクを開けさせ、勝手に乗り込んでいた。発覚を免れるため、車内で大声で歌をうたったり、暴力団の話をしたりしたという。 少年の一部は「昨年8月ごろから計8件、タクシーの無賃乗車をした」という趣旨の上申書を提出。同課などは、裏付けのとれた2件(被害額1万2760円)について追送検している。 http://www.asahi.com/national/update/0113/TKY200901130133.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月13日 | トップページ | 2009年1月15日 »