« 2009年1月12日 | トップページ | 2009年1月14日 »

2009年1月13日

2009年1月13日 (火)

★警視庁管内 体感治安レベル2

    首都東京の体感治安(14日)
             (単位・レベル)

  2    天網恢々疎にして漏らさず

【解説】栃木県足利市で、30歳の女性と父親

が男に拳銃のようなもので撃たれた事件で、女

性と交際していた43歳の男が指名手配された。

事件の背景をみると被害女性が男の問題で警察

に相談。昨年には、被疑者から暴行を受けたため

地元署に被害届を出したが取り下げたため警察

は被Bye1疑者に口頭で注意した。その後も被害者は

相談を繰り返していることから、警察は「暴行を受けた時は被害届を出すように」指導していた。それでも被害者は被害届を出さなかった。では、救うことは不可能だったのか。実はもうひとつの対策があるんです。あまり知られていませんが「デートDV」なる〝犯罪〟です。この種の事件は潜在的に多く、かつ極めて危険なんです。だから、夫婦間暴力(DV)なみに厚労省は「一時保護」の支援体制を確立しているのです。問題は、警察が被害者にそれを説明していたのか?。支援措置をしていれば助かった可能性もあるだけに残念な事件です。勿論、この支援も断るようでは、被害者の責任です。13日の警視庁メールで、警察官を騙る電話が都内で相次いでいるので注意するよう呼びかけていた。クレジットカードの暗証番号などを聞き出す手口だという。。守りの行き届いた首都の体感治安は「レベル2(あお)」とする。「日本列島 本日の振り込め詐は欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

※ピーポちゃんの位置が現在のレベルを表示しています。パソコンによっては勝手に動くこともありますので、原稿を参照にしてください。

続きを読む "★警視庁管内 体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆オウム真理教:公安審査委が聴取 「ひかりの輪」からも(13日)

Logo_mainichi1_3 公安審査委員会は13日、オウム真理教(アレフに改称)の幹部らから、団体規制法に基づく観察処分の更新について意見聴取した。公安調査庁が教団と同一組織と指摘した新団体「ひかりの輪」からも聴取した。両団体はそれぞれ処分更新の却下などを求めた。意見陳述後に両団体がそれぞれ会見。アレフは「松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚に教団を主宰する高度な意思判断能力はなく、松本死刑囚が主宰する団体は実在しない団体」として却下を求めた。ひかりの輪は「アレフとは別団体」だとして処分団体からの除外を主張した。公安庁が昨年12月、3年間の観察処分更新を公安審に請求しており、公安審は今月末までに結論を出す。http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090114k0000m040088000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆“女性 言いなりにしたい マンション内女性殺人事件 東京(13日)

News_pic1 去年、東京・江東区のマンションで2つ隣の部屋に住む女性を殺害した罪などに問われている星島貴徳被告の初公判が開かれ、星島被告は犯行の動機について「仕事のいらいらなどから女性を誰か連れ去り、言いなりになるようにしたいと思い詰めるようになった」と述べました。元プログラマーの星島貴徳被告(34)は去年4月、東京・江東区のマンションで、2つ隣の部屋に住んでいた会社員の東城瑠理香さん(当時23歳)を自分の部屋に連れ込み、殺害した罪などに問われています。東京地方裁判所で開かれた初公判で、検察は「女性と交際したことがなかった星島被告は女性を自分の思うままにしたいと考え、被害者が帰宅するのを待ち伏せて襲い乱暴しようとした。しかし警察が捜査を始めたことを知り、被害者が行方不明になったように装うため、包丁で首を刺して殺害し、遺体を切断してトイレに流したりごみ捨て場に放置したりした」と指摘しました。これに対し、弁護士は衝動的な犯行で、当初から殺害まで計画していたわけではないことや反省していることを考慮してほしいと訴えました。星島被告は起訴事実を認めたうえで、犯行の動機について「仕事のいらいらや将来への閉そく感から女性を誰か連れ去り、言いなりになるようにしたいと思い詰めるようになった。乱暴することで女性を自分に従わせようと思った」と終始うつむいたまま小さな声で答えていました。裁判では刑の重さが最大の争点になり、14日も星島被告への質問が行われます。http://www3.nhk.or.jp/news/k10013524761000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「暴力団出て行け」住民が抗議集会 稲川会事務所移転問題(13日)

Banner_logo_051_6 指定暴力団稲川会が本部事務所を東京都港区赤坂に移転した問題で、地元住民らが13日、事務所前で抗議集会を開き、撤退を求めるシュプレヒコールを上げた。稲川会は今月7日、ビルの老朽化を理由に同区六本木から現在地に本部事務所を移していた。地元住民によると、事務所前は小中学校の通学路であることなどから、住民の間で不安が高まっているという。この日は、本部事務所前の駐車場に集まった住民ら約60人が「事務所設置反対」「暴力団は出ていけ」などと声を上げた。住民代表の男性(69)は「安心して暮らせる町作りを始めた直後なだけに非常に残念。われわれがいま行動せねば暴力団のたまり場になってしまう」と訴えた。警視庁と地元住民は21日に同区などともに暴力団排除協議会を立ち上げる予定で、集会はそれまで毎日続けられる。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/212082/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆若林容疑者の次男帰国 「よど号犯」最後の子女(13日)

Banner_logo_051_5 よど号ハイジャック事件の実行犯、若林盛亮容疑者(61)=国外移送略取容疑などで国際手配=の次男(14)が13日、北朝鮮から帰国した。よど号グループのメンバーや妻子の帰国は平成19年6月以来。これでメンバーの子女20人全員が帰国した。北朝鮮に残るのはメンバー4人と妻2人で、うち3人は欧州での日本人拉致に関与したとして国際手配されている。よど号グループの代理人を務める救援連絡センターの山中幸男事務局長によると、次男は北朝鮮で生まれ、2歳で日本国籍を取得。現地の小中学校に通いながら、自宅で両親から日本語を教わった。今後、大阪府内の兄(30)が身元を引き受け、公立中学2年に編入する予定だという。次男はこの日、山中事務局長に付き添われ、午後5時50分ごろ、北京経由で関西国際空港に到着した。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/212102/

「残る核心部分」 よど号グループ帰国問題

| コメント (0) | トラックバック (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺(13日)2件

福島県警で振り込め詐欺被害防止『それうそかも?』運動

~だれにでも分かりやすく覚えやすい簡単なキャッチフレーズ活用~

福島県警で振り込め詐欺被害防止『それうそかも?』運動

Topbanner01logo1 福島県警察は振り込め詐欺被害防止『それうそかも?』運動を展開している。「だれにでも分かりやすく・覚えやすい、簡単なキャッチフレーズ」を活用した運動を展開することにより、振り込め詐欺の被害防止を図るネライ。キャッチフレーズの文字を頭にした「相談」「連絡」「うのみにしない」など6項目の内容で注意を促している。年間PRキャラクターに「会津赤べこ」をキャラクター化した『あかべぇ』を使用している(写真)。http://www.police-ch.jp/news/

振り込め詐欺対策などに全力

News_pic1_2 大分県内の警察署長による会議が開かれ、被害が相次いでいる振り込め詐欺など犯罪件数の減少に力を入れて取り組んでいく方針を確認しました。県警察本部で開かれた13日の会議には県内17の警察署の署長や本部の幹部など60人あまりが出席しました。この中で、田盛正幸本部長は「去年、県内では犯罪の発生件数が31年ぶりに1万件を下回ることができた」と述べた上で、「ことしは犯罪件数を、過去最多だった平成15年の半分である8600件に近づける第一歩と位置づけ、年間の犯罪発生件数を減らしていきたい」と述べました。また13日の会議では、▼被害総額が2年連続で1億円を超えるなど県内で多発する振り込め詐欺を引き続き防止することや▼暴力団による犯罪などを減らすことなどに重点的に取り組んでいく方針が確認されました。http://www.nhk.or.jp/oita/lnews/02.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆麻薬密輸容疑で拘束の日本人、北朝鮮が釈放…朝鮮中央通信(13日)

Yomiuri_koudoku1_2 【ソウル=浅野好春】北朝鮮の朝鮮中央通信は13日、麻薬密輸容疑で2003年10月から拘束、抑留していた「日本エンタープライズ株式会社」のサワダ・ヨシアキ元部長(漢字不明)について、本人の帰国希望と健康状態を考慮した「人道主義的措置」により釈放し、出国させたと報じた。同通信によると、該当機関による調査の結果、日本の謀略団体がサワダ元部長を利用して北朝鮮の貨客船「万景峰号92」号を麻薬密輸船だとでっち上げ、北朝鮮と在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)をワナにはめようとする陰謀の真相が明らかになった、としている。また、サワダ元部長は自身の犯罪と背後勢力との関係を認め、謝罪したという。 サワダ元部長は03年10月10日に成田空港から北京に向かったことが分かっている。◇ 警察当局は、北朝鮮に拘束されていた男性について、東京都内の指定暴力団組員とみて事実関係の確認を急いでいる。朝鮮中央通信は男性について「13日に出国した」と報じており、実際に帰国すれば、詳しく事情を聞く方針。

(2009年1月13日14時13分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090113-OYT1T00422.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆元交際相手の43歳を指名手配 栃木・足利の発砲事件(13日)

Logo3_3 栃木県足利市今福町で12日夕、パート阿久津理恵さん(30)と父親で無職山田孝行さん(53)が、自宅駐車場で拳銃のようなもので撃たれて重軽傷を負った事件で、県警は13日、阿久津さんの元交際相手で住所不詳、元トラック運転手の戸ケ崎初男容疑者(43)について殺人未遂容疑で逮捕状を取り、指名手配した。 足利署によると、阿久津さんは戸ケ崎容疑者と同居していたことがあり、昨年春ごろ、阿久津さんは同署に「同居中の男から暴力を受けた」と被害届を出していた。同署は戸ケ崎容疑者に注意したが、阿久津さんが被害届を取り下げたため立件はしなかったという。 戸ケ崎容疑者は12日午後5時50分ごろ、勤め先から帰宅し軽乗用車から降りた阿久津さんに対し、いきなり拳銃のようなもので両腕や腹、左胸を至近距離で正面から4発ほど撃ち、阿久津さんに重傷を負わせた疑いが持たれている。騒ぎに気づき自宅から出てきた山田さんも背後から1発撃たれて左肩にかすり傷を負った。 http://www.asahi.com/national/update/0113/TKY200901130192.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆20歳に成り済まし54歳父受験=医薬品登録販売者試験-奈良(13日)

Top_header_logo1 奈良県三郷町の会場で11日に実施された2008年度の第2回一般用医薬品登録販売者試験で、置き薬販売業の男性(54)=大阪府豊中市=が息子(20)の替え玉として受験していたと、同県が13日、発表した。男性はパーマを掛けて臨んだが、会場で試験官に見破られた。男性は息子に内緒で受験の申し込みをしており、「(男性の会社に勤めている)息子に資格を取らせたかった」と話しているという。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090113-00000137-jij-soci

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「このデブ」酒購入で年齢確認され逆ギレ 17歳逮捕(13日)

Banner_logo_051_4 未成年にもかかわらずコンビニエンスストアで酒を買おうとし、年齢確認を求めた店員を殴りけがをさせたとして、警視庁王子署は12日、傷害の疑いで東京都北区内に住む無職の少年(17)を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めている。 調べによると、少年は4日午前0時ごろ、北区上十条のコンビニエンスストアで、知人男性と一緒に焼酎1本、缶チューハイ4本を購入しようとした際、年齢確認のために身分証明書の提示を求めた男性アルバイト店員(42)に、「このデブ、殺されないとわからないのか。殺すぞ」と言って顔面を殴り、軽傷を負わせた疑い。 少年らは商品を置いて逃走したが、防犯カメラの映像などからこの少年が浮かび上がった。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/212013  

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆2ちゃんに「朝青龍殺す」の書き込み 警視庁が捜査(13日)

Banner_logo_051_3 大相撲初場所初日の11日夕、インターネットの掲示板に、横綱朝青龍(28)に危害を加えるとの内容の書き込みがあり、警視庁本所署の警察官が緊急出動していたことが明らかになった。同署は脅迫などの疑いで捜査している。本所署によると、11日午後5時45分にインターネットの掲示板「2ちゃんねる」に「これから国技館に乗り込んで朝青龍を殺す」と書き込まれているとの110番通報があった。朝青龍は国技館を後にしていたため、同署は墨田区本所の高砂部屋周辺に署員を出動。警察官が部屋を訪問し、防犯指導を行ったという。その後の調べで、同一人物とみられる同様の書き込みが複数見つかった。
 引退の危機に直面する朝青龍は、左肘のけがが完治しないまま強行出場に踏み切ったが、初日から2連勝と踏みとどまっている。有名人に対するネット掲示板での殺害予告では、昨年6月に橋下徹大阪府知事に対し、「橋下をテロで暗殺したい奴集まれ」などと殺害予告をしたとして、都内のシステムエンジニアの男が逮捕された。7月には人気お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光さんを殺すなどとネット掲示板に書き込んだとして、埼玉県の無職男が逮捕された。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/211978

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆女性と父が撃たれ重軽傷 男逃走、逮捕状請求へ 栃木(13日)

Logo3_2 12日午後5時50分ごろ、栃木県足利市今福町、パート阿久津理恵さん(30)が自宅駐車場で撃たれた、と家族から足利署に届け出があった。同署によると、阿久津さんは両腕や腹、左胸を撃たれて重傷、騒ぎに気づき自宅から出てきた父親の無職山田孝行さん(53)も左肩を撃たれて軽傷を負った。同署は、殺人未遂容疑で阿久津さんの元交際相手の40代男の逮捕状を請求する方針だ。 同署によると、阿久津さんが勤め先の工場から軽乗用車で帰宅し車から降りたところ、近づいてきた男がいきなり拳銃のようなものを正面から至近距離で4発ほど発射した。山田さんは背後から1発撃たれて左肩にかすり傷を負った。山田さんが追いかけると、男は南の方角に走って逃げたという。捜査関係者によると、男は阿久津さんと同居していたことがあり、昨年春ごろ、阿久津さんは同署に「同居中の男から暴力を受けた」と相談していた。同署は男に警告、その後、阿久津さんから相談はなかったという。銃は回転式で改造銃の可能性がある。阿久津さんは子ども2人と父母、弟の6人暮らしという。http://www.asahi.com/national/update/0112/TKY200901120221.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆収賄:容疑の八幡副市長逮捕…採用で「口添え」 京都府警(13日)

Logo_mainichi1_2 京都府警捜査2課は12日、昨秋の市職員採用試験に合格した受験者の祖母と母から現金100万円を受け取ったとして、同府八幡市の松本伍男(いつお)副市長(61)=八幡市戸津=を収賄容疑で逮捕。受験者の祖母で土木建設会社「吉田工業」社長、吉田敬子(69)▽母の同社役員、開原菜稲美(47)両容疑者=ともに同府京田辺市山手東=を贈賄容疑で逮捕した。松本容疑者は「面接官役の職員に合格を口添えした。受け取った現金は生活費と旅行に使った」と供述。吉田容疑者は接待と現金を渡したことを認め、開原容疑者は接待を認めたが、現金については「知らない」と話しているという。捜査関係者が明らかにした。逮捕容疑は、松本容疑者は昨年11月26日、京都市東山区・祇園の飲食店で吉田、開原両容疑者から、「1次試験ではお世話になりました。2次試験もよろしくお願いします」と開原容疑者の次女(23)の合格を依頼され、現金100万円を受け取ったとしている。1次試験は11月14日に結果発表があり、現金授受の3日後が最終の2次試験(面接など)。高卒資格の一般事務職で1次試験を受けた12人のうち、合格は次女1人だった。吉田工業は八幡市の公共事業を受注しており、3人は顔見知りだった。松本容疑者は市総務部長などを歴任し95年に助役、07年に副市長に就任。試験の合否を最終的に決めるメンバーの一人だった。明田功市長は「驚いている。捜査については全面的に協力していきたい」とコメントした。【田辺佑介、珍田礼一郎、玉置勝巳】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090113k0000m040128000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆診療報酬不正:静和病院院長に詐欺容疑で逮捕状 静岡県警(13日)

Logo_mainichi1 静岡県東伊豆町の静和病院(307床)の診療報酬不正受給事件で、県警は12日、詐欺容疑で吉田晃院長(69)の逮捕状を取った。13日にも逮捕する。県警は、院長らが組織ぐるみで総額約1億円を不正受給していたとみて捜査している。捜査関係者によると吉田院長は病院事務長の水谷信子被告(74)=詐欺罪などで起訴=らと共謀、一般病棟の患者15人に対し看護師1人を配置する基準を満たしていると虚偽の届け出を提出。06年6月、県社会保険診療報酬支払基金などから診療報酬の一部である入院基本料約1230万円をだまし取った疑いがあるという。報酬は院長名義の口座に振り込まれていたという。県警幹部によると、吉田院長は任意の事情聴取に「(不正請求については)私は知らない」と関与を否認しているというが、県警は病院関係者の供述から院長がかかわった疑いがあるとみている。【田口雅士、竹地広憲】http://mainichi.jp/select/today/news/20090113k0000m040132000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆芸能プロ3億4000万脱税、タレント移籍装う(13日)

Yomiuri_koudoku1 人気の女性タレントが所属していた芸能プロダクションの有限会社「アバンギャルド」(東京都目黒区)が2006年12月期までの3年間で約11億円の所得を隠し、法人税約3億4000万円を脱税した疑いのあることがわかった。同社は傘下の関係会社と決算期が異なることを利用し、架空の移籍料を計上するなどして所得を移し替えていた。東京国税局は、同社と牧野昌哉社長(41)を法人税法違反容疑で東京地検に告発した。関係者によると、牧野社長は、同社と「マテック」など関係2社との間で所属タレントの移籍が頻繁に行われたように装って、架空の移籍料や業務委託費などを計上。移籍料などを受け取った関係会社の決算期が近づくと、今度は別会社からタレントが移籍してきたことにして架空経費の計上を繰り返し、帳簿上、3社間で税金が発生しないよう操作していた。関係会社には営業などの実態がなく、タレント自身にも移籍したとの認識がなかったことなどから、同国税局では移籍は虚偽だったと判断した。未成年のタレントの場合は移籍に必要な保護者の同意書も、偽造されたものだったという。また、社員の出張旅費を大幅に水増ししたり、牧野社長の私的な旅行代金も同社の経費として処理したりする手口で所得を圧縮していたことも判明した。隠した所得の多くは預金されていたが、一部は牧野社長が交際費として使っていたという。業界関係者によると、牧野社長は1992年ごろ、大手芸能プロダクションのスカウトマンから独立して会社を設立し、主にグラビアアイドルの育成に力を入れて成功した。アバンギャルドにはテレビのバラエティー番組などで活躍する真鍋かをりさんや小倉優子さんらが所属していたが、いずれも同国税局から強制調査を受けた後の昨年3月、業務を統合した別会社に移籍、社名も変更した。同社は「この件についてはコメントしない」としている。

(2009年1月12日22時36分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090112-OYT1T00582.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆遺灰から貴金属回収、自治体収入に 遺族には知らせず(13日)

Logo3 公営火葬場から出る遺灰に含まれた貴金属を自治体が回収して換金したり、遺灰そのものを売却したりして、一部の自治体が収益を収入に組み入れていることが分かった。名古屋市は年間約1千万円、東京都も約300万円の売却益があった。こうした処理は遺族側には知らされていない。火葬し、収骨されたあとの遺灰には歯の治療や人工骨などで使われた金、銀、パラジウムなどの貴金属が含まれている。朝日新聞が東京都と政令指定都市など20の自治体に取材したところ、都と名古屋市が遺灰の中から貴金属を回収し、売却していた。新潟、前橋、群馬県高崎の3市は遺灰そのものを業者に売却していた。福岡市は業者が売却した貴金属の収益を市に納めさせることを08年度から始めた。その他の政令指定都市は「回収はしていない」としている。 東京都では、遺灰を引き取った業者が遺灰を(1)貴金属(2)硬貨(3)残骨灰に選別。金とパラジウムは延べ板、銀はパチンコ玉大の球状にした後、都に納めていた。07年度は金700グラム、パラジウム500グラム、銀1900グラムを回収。都は市況を参考に売却し、約320万円の収益を上げた。また、ひつぎには硬貨も入れられることがあるが、都は07年度、計約9万円の硬貨を回収し、収入に組み入れた。 炉数46基と国内最大級の火葬場を抱える名古屋市は07年度、金2キロ、銀7キロをはじめプラチナ、パラジウムなど計12キロの貴金属を回収。金属加工会社などに売却し、1019万円の収益を上げた。福岡市は、業者が回収した貴金属の売却益を市に納めさせるようにした。07年度の実績だと約340万円の収入になるという。また、前橋、高崎市は遺灰を売却し、07年度に約400万円の収益をそれぞれ得ていた。新潟市は06年度まで売却し、720万円(同年度)の収益があった。 遺灰の所有権をめぐっては、収骨前は遺族の所有、収骨の後は市町村の所有とした1939年の大審院(現在の最高裁)の判決があり、多くの自治体は「遺族が持ち帰らなかった段階で所有権は放棄された」(名古屋市健康福祉局)との立場をとる。遺族側への説明について「時々質問はあるが、こちらから積極的にしていない」(東京都瑞江葬儀所)という。 貴金属の回収や遺灰の売却が始まった時期は、はっきりとしないが、名古屋市は「記録に残っているのは約20年前から」、都は「かなり以前から」という。「売上金を市町村の雑収入にしている」と明記した戦前の大審院の資料もある。回収する理由について同市の担当者は、遺灰は市の財産で業者が売却して利益を得るのは好ましくないとし、「年間約1千万円の収益があり、回収しないともったいない話。市の財源になっている」と話す。 一方で、貴金属の回収や遺灰の売却をしていない自治体の中には、遺族感情への配慮や所有権の問題などを理由に挙げるところもある。北九州市は「人体を換金するのは不遜(ふそん)」と市民から反発の声があがり、91年度以降、売却をやめた。市の要綱で「残灰は遺体の延長で敬虔(けいけん)に処理する」と定めている。神戸市は「財産権もからむので、売却しない」としている。(藤方聡、中村純) http://www.asahi.com/national/update/0112/TKY200901120227_01.html

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆ブッシュ米大統領がさよなら会見 「北朝鮮はなお問題だ」(13日)

Msn_s1 【ワシントン=山本秀也】ブッシュ米大統領は12日、今月20日の任期満了を前に最後の記者会見を行い、北朝鮮のウラン開発に対する懸念を挙げて「北朝鮮はなお問題だ」と述べるなど、米国を取り巻く安全保障情勢への厳しい認識を示した。同大統領は、米国への脅威と経済問題への対処がオバマ次期政権の重大課題となると指摘した。核開発問題で、ブッシュ大統領はイランと並び北朝鮮への懸念を指摘し、「6カ国協議の枠内で強力な検証体制が必要だ」と述べた。ブッシュ政権は、北朝鮮に対するテロ支援国家の指定を解除したが、核開発問題を積み残したことで、オバマ次期政権に問題解決に向けた厳しい対応を求めた形だ。任期8年を振り返った中で、ブッシュ大統領は、世界的な景気後退をもたらした金融危機について、「この問題は私の政権以前に始まっていた」と述べる一方、公的資金による金融機関への資本注入などが正しい判断だったと強調した。支出が認められていない公的資金の残り3500億ドルについて、同大統領はオバマ氏の要請があれば残る任期内に議会に承認を求める用意を表明した。任期中の失策に関して、ブッシュ氏は収容者への虐待が判明したイラクのアブグレイブ刑務所を挙げ、「失望させられた」と指摘。連邦政府の救済策が批判を受けた大型ハリケーン「カトリーナ」についても、「違った対応はできなかったのかと考える」と述べた。http://sankei.jp.msn.com/world/america/090113/amr0901130047000-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆銃で撃たれ父娘が重軽傷 栃木・足利(13日)

Banner_logo_051_2 12日午後5時50分ごろ、栃木県足利市今福町の無職、山田孝行さん(53)方南側の駐車場で、長女のパート、阿久津理恵さん(30)が、男にいきなり拳銃のようなもので3、4発撃たれ、両腕や腹などに重傷を負った。騒ぎを聞いて自宅から飛び出した山田さんも左肩を撃たれ、軽いけが。男はそのまま逃走した。足利署は殺人未遂事件として捜査を始めた。調べでは、阿久津さんは勤務先の工場から帰宅し、車から降りたところ、近づいてきた男に撃たれた。男について、山田さんは「知らない」と同署に話している。現場に薬莢(やつきよう)が残されておらず、至近距離から撃たれたにしてはけがの程度が軽いことなどから、回転式の改造銃が使われた可能性もあるという。 阿久津さんは離婚して実家に住んでおり、両親と娘2人の5人暮らし。現場はJR両毛線足利駅から西に約2.5キロ離れた住宅街。近くの飲食店に勤める女性は「パンパンパンという音が聞こえ、その後、『キャー』という叫び声も聞こえた」と驚いていた。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/211838

30歳女性、男に撃たれて重傷 栃木・足利<1/13 1:20>

Noimage_120x901 栃木・足利市で12日夕方、30歳の女性が男に拳銃のようなもので撃たれ、重傷を負った。警察が男の行方を追っている。 12日午後6時前、足利市の民家から「娘が撃たれた」と警察に通報があった。警察官が駆けつけたところ、パート従業員・阿久津理恵さんが自宅隣の駐車場で左胸など数か所を撃たれて倒れていた。阿久津さんの父親・山田孝行さん(53)も撃たれ、軽傷。 山田さんは「娘が勤務先から帰宅し、車を降りたところ、突然、男が拳銃のようなもので撃った」と話しているという。警察によると、阿久津さんは去年春ごろ、当時同居していた男性から暴力を受けたと警察に相談に訪れており、警察は関連を含めて調べるとともに、逃げた男の行方を追っている。 http://www.news24.jp/126821.html

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆不法滞在者向け職質逃れマニュアル出回る(13日)

Banner_logo_051 「歩いていて警察に止められたとき、うまく逃げられる方法を教えます」-。そんなうたい文句で、警察の職務質問を逃れる方法を指南する不法滞在者向けマニュアルが出回っている。在日中国人、在日韓国人向けの新聞やフリーペーパーに広告を出して販売されていたという。警視庁組織犯罪対策1課はマニュアルを入手、各警察署に注意を呼びかける一方、これらの新聞に違法広告が掲載されるなど犯罪の温床になっているケースもあり、警戒を強めている。記事本文の続き ■「心理利用」
 同課が入手したのは「自分の安全を守るテクニック~自分の安全は自分で守ろう!!」と題されたマニュアル。新聞広告に掲載された連絡先にメールを送り、専用口座に購入代金3800円を振り込むと、マニュアルが添付されたメールが返送される仕組みだ。返送メールには「法の不備のすき間と人間の心理を利用して考え出した方法」と宣伝されていた。
 《大事なのはカバンを持つこと。サラリーマンを演じるのなら、完璧(かんぺき)に演じたほうが良いです。カバン持たない日本人サラリーマンを見かけたことありますか?》
 《次は髪形です。日本の美容院は高いですが、自分への投資ですから節約せずにパンと使ったほうがいいでしょう》 マニュアルは、こうした“外見上”の注意に始まり、実際に警察に「外国人登録証を見せてほしい」と職務質問された際の逃れ方に至る。《自分がよく通る場所の交番に行って「紛失届」を出しておき、「この前、財布ごとなくしました。あっちの交番に紛失届も出しています」と答えます。ビザがないのではなく、なくしただけの状況になります》
 《もうひとつ面白いテクニックもあります。地域の全部の交番に「紛失届」を出します。出したその日にまた交番に行って「すみません、財布を拾った人から連絡がありました」と「紛失届」を消します。夜その交番を通るときに、必ず「財布戻ってきたのです」と自分からあいさつします。1日3回あいさつをすることによって、貴方は住んでいる地域の警察に「礼儀正しい外国人だな」と覚えられ、そのあとからは普通に歩いても何の心配もありません》 同課は、こうした方法で摘発を逃れようとする不法滞在者がいることを各警察署に内部文書で伝え、職務質問上の注意を呼びかけた。しかし、マニュアル販売の行為を処罰するには適用法令がないという。
 ■積極摘発も

 ただ、こうした新聞には違法な広告も掲載され、摘発につながった例もある。同課は昨年8月、在日中国人向けの新聞やフリーペーパーに未承認の医薬品の広告を載せ、無許可で販売したとして、薬事法違反の疑いで在日中国人の男女を逮捕した。 同10、11月にはこの広告を載せた新聞社など7社の中国人幹部から事情を聴いた。幹部らは「違法とは知らなかった」などと答えたため、薬事法違反の共犯や幇助(ほうじよ)での立件は見送ったが、始末書を出させ警告した。同課は「ほかにも悪質な広告はあるだろう。警戒していきたい」と話し、違法なケースでは積極的に摘発する方針だ。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/211841

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆成人式に行く途中事故、警官引きずり 19歳容疑者逮捕(13日)

Logo3_6 乗用車で成人式に行く途中に信号を無視した上、物損事故を起こし、停止を求める警官にも従わなかったとして、埼玉県警川口署は12日、公務執行妨害の疑いでさいたま市緑区の無職の少年(19)を現行犯逮捕したと発表した。同署によると、同日午後1時25分ごろ、川口市川口6丁目の市道で少年は信号を無視し、同署の男性巡査(33)の停止要求に応じず走行。同市宮町の市道交差点で、ほかの乗用車のドアに衝突する物損事故を起こし、巡査が再び停止を求めると、車を発進させ時速約10キロで約80メートル走った。巡査は運転席の窓枠に右手をかけて引きずられそうになりながら乗用車と並走し、後部ドアから入り込んでサイドブレーキを引いて止めたという。http://www.asahi.com/national/update/0112/TKY200901120218.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆市議会議長、ビール瓶で知人殴りケガさせる 福岡・柳川(13日)

Logo3_5 福岡県柳川市議会の田中雅美議長(61)が先月31日夜、自宅で開いた忘年会の席上で参加者の男性をビール瓶で殴り、7針縫うけがをさせていた。男性は被害届を柳川署に提出したが、その後取り下げたこともあって、傷害事件として立件されてはいない。 同署や市議らによると、約50人が参加した忘年会で、田中議長は男性を「選挙に非協力的だ」などと非難。頭をビール瓶で殴ったという。 男性は直後に同署に被害届を提出したが、年明けに取り下げを申し出た。同署は「被害者の事件にしないでほしいとの思いが強かった」と説明している。同署の調べに対し、田中議長は「酒に酔っていた。申しわけなかった」と反省していたという。 同署は立件を見送ったが、市議会では余波が続きそうだ。市議の一人は「議長の行為は選良としてあるまじき行為。警察の対応も問題がある。早急に臨時議会を開催し、議長の議員辞職を求めていきたい」と話している。 http://www.asahi.com/national/update/0112/SEB200901120004.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆中国、抗生物質乱用で毎年8万人死亡(13日)

Banner_logo_051_10 12日付の中国紙、中国青年報によると、中国の医学専門家は医療施設で抗生物質の乱用により毎年約8万人が死亡し、約800億元(約1兆500億円)の医療費の浪費を招いていると指摘した。専門家の推計では、2005年に薬の副作用で死亡した患者約20万人のうち、40%は抗生物質の乱用が原因だった。外国では安全性に問題があるため使用禁止となったのに、中国内では依然広く使用されている抗生物質もあるという。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/211792/

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月12日 | トップページ | 2009年1月14日 »