« 2009年1月10日 | トップページ | 2009年1月12日 »

2009年1月11日

2009年1月11日 (日)

☆コメ流通検査に食品Gメン常時投入 農水省「食糧部は能力不足」(11日)

Msn_s1_8 事故米の不正淫売問題でコメ業者に対する監視体制の甘さを批判されたことから、農林水産省は、コメ業者の立ち入り検査に、食品偽装を監視する食品Gメンを常時投入する方針を固めた。これまで検査を担当していた総合食料局食糧部は不正転売を見逃していたことなどから、同省では「検査能力が不足している」と判断した。事故米問題で一時、食品Gメンが投入されたが、今後は食品偽装監視を担当する消費・安全局に検査機能を移したうえで現場に食品Gメンを投入し、強化を図る方針。農水省には、食糧法違反などの監視のため、コメ加工・流通業者に対して立ち入り検査や事情聴取を行う権限が認められており、現行では食糧部が担当している。事故米問題でも、食糧部が不正業者や流通先の調査をしたが、経験不足で調査が難航したため、食品全般で不正業者を調べるノウハウを持つ消費・安全局幹部と食品Gメンが、一時的に投入された。その結果、調査が進んだ経緯があり、同省では、通常の検査でも食品Gメンを投入することを決めた。Gメンが食糧法などに基づいて、コメ業者の帳簿などを検査し、取引記録の虚偽記載がないかなどを恒常的に調べ、点検する。同省によると、現行の検査は、本省の食糧部消費流通課の指示に基づき、出先機関の農政局や農政事務所の食糧部消費流通課が行うことになっているが、関係法令を改正。本省の指示機能を消費・安全局の表示・規格課に移し、現場の検査は、農政局や農政事務所の表示・規格課に担当させるように改める。食品Gメンは本省と農政局などの表示・規格課に所属しており、現行では食品全般の表示偽装の監視を行っているが、改正後は、コメの流通検査も行わせることになる。米関連食品については、原産国や流通経路を透明化するトレーサビリティー(追跡可能な仕組み)制度が導入され、業者に取引記録などの保管が義務づけられる予定。食品Gメンはこの新制度に対する違反業者の検査や、刑事告発などの業務も担当する見通し。事故米の不正転売問題では、実質的に業者に対する検査が行われていなかったことが発覚。同省は、担当の総合食料局や食糧部幹部の責任を問い関係者を処分したが、省内外からは同部への批判が噴出した。今後は汚染度合いの高い事故米は廃棄処分などになるが、汚染度の低い事故米は飼料米として流通するほか、トレーサビリティー制度下で、コメ流通の透明化を監視する重要性が高まるため、同省では、食糧部に代わって、消費・安全局に機能を担わせる方針を決めた。◇

【用語解説】食品Gメン

 農林水産省で、日本農林規格(JAS)法などに違反する食品偽装の調査を担当している職員の総称で、正式な役職名ではない。不正業者に立ち入り調査をしたり、取引記録を調べたりして、食品表示の偽装を暴いている。偽装関係者の尾行や事情聴取、偽造帳簿の解明など、犯罪捜査に近い業務も多いため、専門性が必要とされるうえ、危険が伴うこともある。本省消費・安全局の表示・規格課と全国各地の農政局、農政事務所表示・規格課に計約2000人いる。http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090111/biz0901112200006-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

★警視庁管内 体感治安レベル2

   首都東京の体感治安(12日)
             (単位・レベル)

  2    天網恢々疎にして漏らさず

【解説】MSNニユース(産経新聞)で携帯電話

の盗難事件を特集していた。「盗品はどこに流

れているのか」について詳細な取材が注目され

た。だが「オークションサイトは不正入手の疑い

が強い最新機種の出品を規制する対策を取っ

ており、日本国内では、なかなか公然と転売で

きるBye1環境にない」の分析には疑問がある。小欄

は確認しており、1台でも事件に利用されているとすれば問題だ。高級自動車盗事件同様、盗品の国外持ち出しは、窃盗被害を防げばよいことだ。ところが携帯は違う。1日1億円とも言われる振り込め詐欺などの犯罪に利用されているからだ。いま、日本警察に求められているのはその歯止めだ。国内での出回りはオークションだけではない。もはやSNS内でも不正売買が行われている。警察だけで防げるものではない。携帯電話不正利用防止法で本人確認が厳しくなったが、問題は「次の1手」をどう進めるかにかかっているのだ。首都の体感治安は「レベル2(あお)」とする。「日本列島 本日の振り込め詐は欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

※ピーポちゃんの位置が現在のレベルを表示しています。パソコンによっては勝手に動くこともありますので、原稿を参照にしてください。

【ブロガーコラム】

Nisshou4 また、携帯電話販売店が荒らされた。今度は千葉県松戸市で70台が盗まれたという。携帯電話の盗難が多いことからドコモとソフトバンク社が識別番号から通信・通話の不能にする対策を始めるニュースが5日、流れた。その日、なぜか、神奈川のネットの携帯販売会社のホームページが突然消えた。暇なのでヤフーオークションを覗いてみた。ドコモ携帯のSH-0iAのモックアップ全色セット(4台)が出品されていた。新品で500円からスタート。10日午前10時現在で4525円だった。「携帯電話不正利用防止法」では、事業者の承諾がない場合は譲渡が禁止されているのに、堂々とオークションに出され、オークション管理者も放任している。「2チャンネル」にもあるわ、あるわ。携帯の個人間譲渡。多くは駅の改札口での手渡し取引だ。盗難事件と言えば昨年12月には埼玉県ふじみ市で70台が盗まれるなど同県内で8件の盗難事件があり、前後して群馬県太田市で80台、高崎市内で100台、茨城県内でも1夜に連続携帯店舗荒らしが発生。神奈川県内でも続発している。新品を500円から競りに出すなどは盗難品以外にない。銀行口座を利用しており、捜査の端緒はいくらでもある。

続きを読む "★警視庁管内 体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺(11日)3件

振り込め詐欺:被害総額、前年比増の5億7500万円 「オレオレ」多発で /新潟

 ◇08年の被害

Logo_mainichi1_4 08年に県内で発生した振り込め詐欺の被害は427件(前年比55件増)、被害総額は約5億7500万円(同約1億2900万円増)に上り、ともに前年より増えたことが県警のまとめで分かった。被害総額は統計を取り始めた04年以降2番目に多く、減少を続けていた件数も初めて増加に転じ3番目の多さとなった。県警のまとめによると、振り込め詐欺のうち「オレオレ詐欺」の被害件数が前年比1・6倍の112件となり、総額も同1・5倍の2億2000万円と急増。昨年後半から「株で損をした」などとだます手口が増えたほか、警察官などを名乗って電話した後に自宅を訪問してキャッシュカードをだまし取る新手の手口が目立ち始めたのが特徴だ。架空請求は振り込め詐欺のうち最も被害件数が多く、前年比約1・2倍の123件。被害総額も同1・4倍の約2億200万円に達した。融資保証金詐欺は同3割減の134件約9400万円。昨年2~5月に集中して発生した還付金詐欺は同6倍の58件約5900万円に上った。【岡田英】毎日新聞 2009年1月11日 地方版http://mainichi.jp/area/niigata/news/20090111ddlk15040019000c.html

110番の日:振り込め詐欺被害防止を呼びかけ 江南署、ユメレンジャーと /新潟

1月11日13時1分配信 毎日新聞

Logo_mainichi1_410日は「110番の日」。江南署は9日、新潟市江南区の酒屋町商工会青年部による「江南宣隊ユメレンジャー」とともに、同区のスーパーで110番通報のポイントをまとめたチラシ200枚を買い物客に配布した=写真。 店内では、税務署を名乗る者から「税金を取り過ぎたので返します」という還付金詐欺の電話が掛かってきたという設定で寸劇が演じられ、赤、青、黄のユメレンジャーは、親子連れなどに振り込め詐欺の被害に遭わないよう呼び掛けた。同署の高橋雅人地域課長は「110番を適切に利用してほしい」と話している。【川畑さおり】1月11日朝刊http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090111-00000095-mailo-l15

110番の日:振り込め詐欺対策など説明 府警本部で、防犯教室 /大阪

1月11日15時0分配信 毎日新聞

 ◇150人が参加
 「1Logo_mainichi1_410番の日」の10日、府警は「110番・防犯教室」を大阪市中央区の府警本部で開いた。府民ら約150人を対象に、正しい110番のかけ方や多発する振り込め詐欺対策などを説明した。110番教室では、道路標識柱に張られたシールの番号を伝えると、通報場所がピンポイントで分かる「現在地認知システム」が紹介された。また、防犯教室では、振り込め詐欺の中でも急増している「還付金詐欺」の手口を寸劇を交えて分かりやすく披露。安易に振り込まないよう注意を呼びかけた。【堀川剛護】
 ◇啓発チラシ9000枚配布--泉佐野署と本紙販売所
 また、泉佐野署と管内の泉佐野市、熊取、田尻両町の毎日新聞販売所は、ひったくり被害や飲酒運転防止などを呼びかけるチラシを作成。10日、6販売所が新聞折り込みチラシとして、約9000枚を配布した。チラシはA4判の両面印刷で、作成するのは昨年に続き2回目。表は署員がイラストを描き「110番は急ぎの電話なんや」といたずら電話防止を訴え、裏では同署管内でひったくり被害が多発していることを知らせ、注意を呼びかけている。 印刷を担当した毎日新聞長滝販売所の樫葉信善所長は「これからもできるだけ町の防犯に協力していきたい」と話している。【酒井雅浩】
1月11日朝刊 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090111-00000143-mailo-l27

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆手配中の車がパトカーに衝突 男を逮捕 静岡県警(11日)

Noimage_120x901 静岡市で11日朝、パトカーが停止して、職務質問を求めた手配中の車に衝突させられる事件があり、運転していた男が現行犯逮捕された。警察の調べによると、11日午前6時ごろ、静岡市清水区山原の路上で、パトカーが手配中の車を追跡して袋小路に追い詰めて停止し、職務質問を求めたところ、この車がバックしてきて衝突させられた。この衝突によるケガ人はいなかった。警察はこの車を運転していた、東京・西東京市向台町の無職・原田剛容疑者(40)を公務執行妨害で現行犯逮捕した。 この車は静岡・沼津市のガソリンスタンドで11日午前5時20分ごろ、ガソリンを入れて料金を払わずに逃走したとして手配中だった。警察は原田容疑者から犯行動機などを厳しく追及していく方針。 http://www.news24.jp/126748.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆船の密航に特捜班 入管、福岡・新潟に今秋発足(11日)

Logo3_3 指紋認証制度の導入などによって厳しくなった出入国管理の目を逃れるために、密航者が飛行機を避けて船を使う傾向が強まってきたとみて、法務省入国管理局は、船舶密航を取り締まる入国警備官の「特捜チーム」を発足させる。船による密航を専門に取り締まるチームの設置は初めてだ。(延与光貞) 韓国・中国の密航者に狙われやすい日本海側を主な対象とするために、拠点は2カ所に設ける。福岡入管に置く「西日本機動班」(10人)は九州から山陰地方にかけて、東京入管新潟出張所に置く「北日本機動班」(4人)は北陸地方を中心に活動する。 独自にパトロールするほか、漁協や自治体、警察、海上保安部などと協力して不審な船を調べ、水際で不法な出入国を摘発するのが狙い。10月に発足する予定だ。日本は07年11月から、外国人が入国する際、指紋を採取する制度を導入。1年間で846人が過去の違反情報と一致して入国を拒否された。ところが、制度の導入前後から日本海側で船を使った密入国などの事例が目立ってきた。日本に出入国する外国人の9割以上は飛行機を利用するが、空港はもともと管理が厳重。入国管理局では、従来に増して審査が厳しくなったため、不法入国者の船による密航へのシフトが進んできているとみている。摘発された外国人らは、入管の調べに対し「過去に強制退去を受けて指紋を採られたので船で密航した」などと動機を話す例もあったという。また、「帰国時に不法滞在が発覚すれば、指紋を採られて再入国できなくなる」と不法出国を狙う者も。船員が手引きをしていることも多く、同じ船が何度も密航者を乗せていた例もあった。 放置すると不法入国を繰り返す「リピーター」が増えかねないことから、入国管理局では、こうした手口が広まる前に取り締まりたい考えだ。 入国管理局によると、毎年4万~5万人台の退去強制者のうち、船舶密航による不法入国者は2千~3千人程度。中国と韓国で約7割を占める。ただ、船舶密航は摘発しない限り把握できないため、「氷山の一角」(入管幹部)という見方もある。http://www.asahi.com/national/update/0109/TKY200901090310.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆大阪・生野のタクシー運転手刺殺容疑 50歳の無職男を逮捕 (11日)

144104_c1851 Banner_logo_051_3          大阪市生野区の路上で昨年11月、タクシー運転手の郭峰雄さん(57)が刺殺された事件で、生野署捜査本部は11日、殺人容疑で、生野区小路東の無職、本郷吉一容疑者(50)を逮捕した。本郷容疑者は「持っていた包丁で刺した」と容疑を認めている。記事本文の続き 調べでは、本郷容疑者は昨年11月24日午前0時50分ごろ、生野区小路のカラオケ店前で郭さんの右太ももを刺し、さらに北東約90メートル先の国道479号に逃げる郭さんの背中を刺して失血死させた疑い。当時、国道でもみ合う2人を複数の通行人が目撃していた。本郷容疑者は普段から刃物を持ち、酒を飲んで付近でトラブルを起こす人物として捜査線上に浮上。郭さんと平成19年夏にこのカラオケ店で居合わせた際に口論となり、殴り合いになったことがあり、事件後、知人に「やってしもうたんや」とも話していたという。昨年12月、本郷容疑者は産経新聞の取材に対し事件当時について、「カラオケ店の向かいのスナックで飲んでいた。外に出たら人が倒れていたので通りがかりの車を止めて救急車を呼んでもらった」と答えた。また、19年夏のトラブルについては「(郭さんに)からまれてもめた。握手して仲直りしたが腹が収まらないので出ていったところを追いかけて殴った」と話していた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆民家全焼で1人死亡、周辺で連続不審火 広島・福山(11日)

Banner_logo_051_2 11日午前0時25分ごろ、広島県福山市旭町の広本茂さん(61)方付近から出火。木造平屋建て集合住宅1棟約90平方メートルを全焼し、焼け跡から広本さんとみられる男性の遺体が見つかった。近くでは同日未明に不審火が3件相次いでおり、福山東署が関連を調べている。記事本文の続き 調べでは、広本さんは1人暮らし。同住宅には4世帯が入居できるが、広本さん方以外は空き部屋だった。また、出火の約1時間後から同日午前3時半ごろまでに、広本さん方から北へ約500メートルまでの範囲で、ミニバイクの座席や玄関先のごみ、集会所内のふとんがそれぞれ燃える不審火が3件連続で発生している。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/211524/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆15歳少女を買春 秋田、中学講師を逮捕(11日)

Msn_s1_7 秋田県警男鹿署は11日、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、秋田県小坂町小坂鉱山渡ノ羽、同県の鹿角市立尾去沢中学校講師、児玉修容疑者(28)を逮捕した。容疑を認めているという。調べでは、児玉容疑者は昨年11月下旬、携帯電話のサイトを通じて知り合った県内の女子中学生(15)が18歳未満と知りながら、現金4万円を渡し、同県潟上市内のホテルでみだらな行為をした疑い。同中学によると、児玉容疑者は昨年4月から1年間の臨時講師として勤務していた。女子中学生と保護者が先月「男性からわいせつな行為をされた」と同署に相談した。関連ニュースhttp://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090111/crm0901111518006-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆独居老女から10万円強奪、若い男が逃走 熊本(11日)

Msn_s1_6 11日午前2時半ごろ、熊本県玉名市岱明町西照寺の無職女性(82)方に若い男が侵入、就寝中の女性を起こし「金を出せ」と脅した。女性が財布などから現金約10万円を出して渡すと、男は逃走した。玉名署が強盗容疑で捜査している。調べでは、女性は1人暮らしで、夜が明けてから親族を通じて通報。男は20~30歳代とみられるが、人相や服装などは不明という。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090111/crm0901111536007-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆名鉄本線:踏切内に爆発物? 名古屋・緑区(11日)

Logo_mainichi1_3 11日午前10時50分ごろ、名古屋市緑区鳴海町鎌研の名鉄本線有松-左京山駅間の有松4号踏切内で、定期点検中の管理会社の男性作業員(33)が粘着テープが巻かれた箱のようなもの(幅24センチ×17センチ、高さ15センチ)を見つけた。裏面に「これは爆弾だ 動かしたらすぐに爆発する」と書かれた白い用紙が張られていたため、会社を通じて110番した。愛知県警機動隊の爆発物処理隊が現場で爆発物かどうか確認している。 県警緑署によると、用紙はA4くらいの大きさで、ボールペンの手書きのようだったという。現場は、名古屋市緑区役所の東約1キロの住宅地。県警は現場付近約50メートル四方を通行止めにし、周辺住民に避難を求めている。【秋山信一】http://mainichi.jp/select/today/news/20090111k0000e040013000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆一見「アシスト」違法な電動自転車、大阪ミナミで横行(11日)

Yomiuri_koudoku1_3 方向指示器やナンバープレートのないペダルの付いた原付きバイクが、大阪・ミナミの公道に横行している。電動アシスト自転車とは異なり、アクセル付きでペダルをこがなくても走ることができ、道路交通法上は、「ペダル付きの原動機付自転車」。大阪府警はすでにノーヘル、無免許による道交法違反や、整備不良による道路運送車両法違反で所有者らに警告を始めており、今後、取り締まる方針。警察庁によると、ペダルの付いた原付きバイクの扱いについては、原動機による走行だけでなく、ペダルのみの方法で走っていても原付きバイクの運転に該当するとし、使用者には運転免許やヘルメットの着用を義務付けている。また、方向指示器などがない場合、整備不良とみなしている。一方、最近、健康・エコロジーブームから電動アシスト自転車が人気で、昨年1月~11月までの出荷台数は約29万5000台で、原付きバイク(約27万5600台)を抜いた。府警南署によると、警告を受けた人の多くが、一見では電動アシスト自転車と区別できないと思い、ペダルの付いた原付きバイクを購入していたという。大半は中国製で、価格は3万円~5万円前後。16~20インチの折りたたみ自転車風で、家庭用コンセントで約8時間充電すると15~20キロの走行が可能。最高速度は20キロ前後にもなる。2005年に国民生活センターが、3社3製品で違反があったとし、業者名などを公表したが、同様の商品は、ディスカウントストアやインターネットで販売され続けている。インターネット大手通販サイトでは、「自転車部門」の売り上げ上位にランキングしているが、販売実数は明らかにされていない。販売業者側は行政指導を受けないよう「公道を走ることは避けてください」などの注意書きを添えている一方、「どこでもすいすい」「乗り心地最高!」などの宣伝文句も付け加えている。ペダルの付いた原付きバイクを巡っては、一昨年5月に大阪市淀川区で死亡事故も起きた。南署は「公道だけでなく、歩道上も猛スピードで走行している。深刻な事故が起きるのは時間の問題で、厳しく取り締まる必要がある」としている。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090111-OYT1T00111.htm?from=main3

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆女装万引き男逮捕、「捕まるのは恥」警備員投げ飛ばす(11日)

Yomiuri_koudoku1_2 警視庁池袋署は11日、東京都中野区上鷺宮、無職三好寿一容疑者(55)を強盗容疑で逮捕したと発表した。同署幹部によると、三好容疑者は10日午前11時30分頃、豊島区南池袋の「池袋PARCO」の輸入雑貨店内で、帽子と毛抜きなど3点(計3500円相当)をコートのポケットに入れて、レジを素通りしたところを女性警備員(56)に発見され、万引きした品を出すように求めた女性警備員を投げ飛ばして逃げた疑い。女性警備員にけがはなかった。三好容疑者は当時、長髪のカツラをかぶって化粧をし、ヒールのブーツをはいて女装していた。もみ合った際にカツラとコートが脱げ、コートに入っていた携帯電話が同容疑者のものだったことから犯行が発覚、化粧を落として自宅に戻ったところを同署員に任意同行を求められた。調べに対し、同容疑者は「女装は趣味で、女装のまま捕まるのが恥ずかしかった」と供述しているという。対応した女性警備員は「(カツラが脱げるまで)男とは思わなかった」と話しているという。(2009年1月11日13時44分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090111-OYT1T00339.htm?from=top

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆射殺された犬は土佐犬3歳 飼い主から事情聴く(11日)

Logo3_2 愛知県稲沢市で10日夜、大型犬が散歩中の男性らを襲って警察官に射殺された事件で、犬は現場から約4.5キロ離れた同県甚目寺町の建築業男性(58)が所有する3歳のオスの土佐犬(体長1.25メートル、体高74センチ)だったことが11日、わかった。11日朝、男性が「犬がいなくなった」と同県津島市内の交番に申告してきたという。稲沢署によると、男性は土佐犬愛好家の団体に所属。02年から4頭を飼育した経験があり、この土佐犬は5頭目だったという。自宅敷地内の手製のフェンス(縦3.5メートル、横2.8メートル、高さ1.4メートル)内で飼っていたが、フェンスの一部が低くなっており、土佐犬は乗り越えて逃げたのではないかとみて、男性から詳しい飼育状況を聴いている。 http://www.asahi.com/national/update/0111/TKY200901110066.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

★【疑惑の濁流】ケータイ大量盗難、流出先は…日本製最新機種が“神格化”されたあの国?(11日)

Msn_s1_5 携帯電話ショップから最新機種をごっそり盗み出す窃盗事件が続発している。その数はここ1年で約200件。盗品はどこに流れているのか。最近になって、不思議な現象が中国で起きてることが判明した。本来、販売されることのない日本製最新機種が中国で大量に出回り、ステータスとして電気街やネットで高値で取引されているのだ。携帯窃盗事件の黒幕が、国際的な犯罪組織だとしたら…。警察当局は盗品が中国に流れている可能性に強い関心を示す。日本製ケータイの中国流出の謎を追った。(桜井紀雄)

止まらないケータイ盗…特定の機種が狙われる

 盗難にあう携帯のメーカーや機種にはある特徴があることが浮かび上がっている。 NTTドコモは、ここ1年で約140件が被害にあった。茨城県内のショップでは219台(1000万円相当)が一気に盗まれた。ソフトバンクは昨年8月以降、約40件1000台以上が被害に遭っている。報道されている事件だけでも、被害総数は3000台を超える。被害は増加の一途をたどり、昨年12月だけで、6日に神奈川県内の店で49台▽8日に静岡市の店で104台▽12~13日に茨城県内の2店から90台▽19~20日に群馬県内の2店から180台▽21日に茨城県内の店から60台-が被害に遭った。狙われたのは、いずれも「世界携帯」と呼ばれる中国や欧州などでも使える機種だった。さらに大半が個人データが入った「SIMカード」を誰でも差し替えられるドコモとソフトバンクの携帯。自分のSIMカードを盗んだ携帯に差し込めば自分の携帯になる。それが、たとえ海外であったとしても。一方、店でしかSIMカードの交換手続きができないau携帯はこれまでのところ、ほとんど被害が確認されていない。盗品が中国に流れている可能性をほうふつさせる事件も過去にはあった。平成18年に全国で1000台以上の携帯を盗んだ中国人窃盗団が摘発されている。捜査幹部が「何らかのルートで中国に流れているのではないか」とみる理由もここにある。確かに、盗品がインターネットなどを通じて日本国内で転売されている可能性もあるが、オークションサイトは不正入手の疑いが強い最新機種の出品を規制する対策を取っており、日本国内では、なかなか公然と転売できる環境にない。こうした状況をふまえ、警察庁でも「盗品が海外に送られている可能性は否定できない」とコメントしている。ただ、埼玉県で昨年8月に逮捕された日本人実行犯は「日当をもらって盗みをやっただけ」と供述、黒幕にたどりつく確実な線はまだみえていないのが現状だ。警察当局は誰が指示し、盗品がどう処分されたか全容解明を急いでいる。

あふれる最新機種…「日本製はステータス」

 「流出先の可能性」と指摘されている中国で、日本の携帯電話はどのぐらい人気があるのか。《日本ドコモP905i 新品、すぐにお届け、510万画素》《夏普(シャープ)SH906i 1600万色、520万画素カメラ、3380元(約4万4000円)、推薦度91%》…。中国の人気IT商品を紹介するサイトや、ショッピングサイトでは、日本製携帯のこんな宣伝文句がズラリと掲載されている。大半が中国で売られていないはずの機種にもかかわらずだ。 《どこで買えるの?》《非正規品しかないね》《半年使っているけど、非常に満足している》とユーザーの書き込みも続く。 中国南部の深●(=土へんに川、シンセン)の電気街。中国在住の日本人によると、ところ狭しと並ぶ携帯ショップのガラスケースにソフトバンクのロゴが入った端末が平然と陳列されている。値段は3000元~4500元(約4万~6万円)。都市部住民でも月給が軽く飛ぶ値段だ。だが、日本製の人気は根強く、シャープは中国向け機種を発売する前からサイトの人気メーカーランキングでベスト10に入った。中国政府の統計では、携帯人口が昨年11月現在で6億3300万人と、前年より8600万人増加。普及率47%と巨大な携帯市場が広がる。まさに世界一の携帯大国だ。この市場で人気ランクに入るのだから、出回っている日本製携帯への注目度は相当だ。

続きを読む "★【疑惑の濁流】ケータイ大量盗難、流出先は…日本製最新機種が“神格化”されたあの国?(11日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「引きこもる自分の面倒見は大変」…父親を刺した高1供述(11日)

Yomiuri_koudoku1 埼玉県狭山市で10日未明に私立高校1年の男子生徒(17)が会社員の父親(57)をナイフで刺した事件で、狭山署に殺人未遂容疑で緊急逮捕された男子生徒が「父が(引きこもりがちな)自分の面倒をみることが大変だと思い刺した」などと供述していることがわかった。 調べに対し、「大変なことをしてしまった」と、泣きながら話している。 同署の発表によると、男子生徒は次男。近所の主婦によると、母親は次男が小学校入学前に病死し、以後、父親が大学生の長男と次男を育てていた。次男は中学時代、陸上部に所属し、成績優秀だったが、第1志望の高校受験に失敗。県内の私立高校に入学したがなじめず、家に引きこもりがちになったという。父親は「(次男が)自殺してしまうのではないか」と心配し、次男の体調が悪い時は、会社を休んで面倒をみていたという。最終更新:1月11日9時18分

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆ろうそく燃え移り民家全焼 「電気止められ…」と独居女性(11日)

Banner_logo_051 10日午後9時40分ごろ、埼玉県熊谷市見晴町の無職、鈴木孝子さん(71)方から出火、木造2階建て住宅が全焼したほか、隣接する民家の一部が燃えた。けが人はなかった。
 鈴木さんは「電気が止められ、ろうそくを明かりに使っていた。火が衣装ケースに燃え移った」と話しており、熊谷署は失火とみて調べている。調べでは、鈴木さんは1人暮らし。2階の部屋で、衣装ケースの上にろうそくを立て、明かりにしていたという。1階に降りて目を離した際に、衣装ケースが溶けてろうそくの火が燃え移ったという。
 鈴木さんは年金を受給しておらず、9日に熊谷市に生活保護の申請をしたばかりだったという。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/211514/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「生きてこの日…うれしい」 赤羽さん会見(11日)

20090111990247081 Head_logo1           【パリ=清水俊郎】エチオピアから武装集団にソマリアに連れ去られ、3カ月半ぶりに解放された医師赤羽桂子さん(32)が10日、所属する国際医療援助団体「世界の医療団」のパリ本部で記者会見をした。一緒に誘拐されたオランダ人男性看護師ビレム・ソールスさん(27)とともに元気な姿を見せた。ソマリアでの108日間の監禁生活中、犯人グループに銃を向けられることもあり、赤羽さんは「殺されるかもしれないという危機感が毎日あった。犯人が銃をさわる音を聞くたび、もう終わりかと思った」と話した。自分の今後については「早く医療者として活動を始めたいが、まず自分の心と体を休息させたい」と話した。2人はケニアの首都ナイロビから同日朝、パリに移動。赤羽さんは会見に先立ち、長野県伊那市の自宅から前日にパリに駆けつけた母千恵子さん(64)、兄千尋さん(34)と再会した。犯人グループは身代金を受け取ったと一部の報道機関に表明しているが、記者会見に同席した世界の医療団のピエール・ミケレッティ会長は「金銭のやりとりはなかった」と強調。「ソマリアで誘拐されている人は、まだほかにもいる。彼らの救出に影響するので、解放に至った詳細は明らかにできない」と説明した。

◆家族と笑顔の再会  

 【パリ=星浩】「生きてこの日を迎えられてうれしい」。10日午後、会見した赤羽さんは、静かな笑顔を浮かべながら「108日間、家族を考えない日はなかった。それが支えだった。(家族と)現実に笑顔で会えたのがうれしい」と話した。赤羽さんは白いブラウスで、胸元にはネックレスも。背筋をすっと伸ばした姿からは、108日間に及んだ悪夢の日々の疲れはうかがえないほどだった。「世界の医療団」のピエール・ミケレッティ会長が経過を説明している間は笑顔だったが「多くの人が私たちを助けるため努力してくれた」と話すうちに感極まった表情に。だが、涙をこらえるように笑顔に戻り「食事と掃除以外は何もすることがなかった。ノートがあったので家族への手紙を週に1回くらい書き、その時々の思いを率直につづった。家族が読みたいと言えば、渡します」と人質生活を振り返った。家族とは10日朝に再会。すしを食べ「母国」を実感した。「おすしはおいしかった。でも日本に帰国したら、母が作ってくれた料理を味わいたい」と話した。つらい日々を支え合ったビレム・ソールスさんは「(犯人は暴力的で)銃を向けられたり、放たれたりしたこともあった」とつらそうな顔。「自由というものは本当に美しい。非常に感動している。4日前にはまだ人質だったんですから」と解放の喜びをかみしめた。(中日新聞)http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009011190024708.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆茨城・龍ケ崎市のスーパーでATM盗難 追跡された車が住宅の塀に衝突、運転の47歳男死亡(11日)

Logo1 茨城・龍ケ崎市のスーパーで10日未明、およそ1,200万円が入ったATM(現金自動預払機)が盗まれた。犯人らは、トラックなど2台で逃走し、警察が追跡したところ、乗用車が住宅の塀に衝突、運転していた男が死亡した。10日午前3時半ごろ、龍ケ崎市にあるスーパーで、およそ1,200万円が入ったATM機1台が丸ごと盗まれているのが見つかった。犯人らはトラックと乗用車で逃走し、茨城・五霞町の交差点で二手に分かれた。警察が追跡したところ、乗用車は住宅の塀に衝突し、運転していた埼玉・草加市の瀏 健志(しみつ・たけし)さん(47)が死亡した。住民は「ダーンって、ものすごい音がしたんで、ありゃ、これ事故だと思って」と話した。一方、トラックは、五霞町内のドライブインの駐車場で乗り捨てられているのが見つかった。トラックの荷台からは、盗まれたATM機が発見され、中に入っていた現金およそ1,200万円もそのまま見つかった。警察は、トラックを乗り捨てて逃走した犯人の行方を追っている。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆飲酒運転:6台玉突き6人負傷 トラック運転手逮捕 三重(11日)

Logo_mainichi1_2 10日午後6時半ごろ、三重県亀山市川合町の国道1号で、信号待ちをしていた乗用車に同県四日市市天カ須賀、運転手、川井安広容疑者(50)運転の大型保冷車が追突。乗用車は前の軽乗用車にぶつかり、計6台が絡む玉突き衝突になった。駆けつけた県警亀山署員が調べたところ、川井容疑者の呼気からアルコール分を検知したため、同容疑者を道交法違反(飲酒運転)の疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は、酒を飲んだ上で大型トラックを運転したとされる。亀山署によると、この事故で乗用車と軽乗用車に乗っていた13歳、2歳、0歳の3人の子どもを含む計6人が病院に運ばれたが、いずれも軽傷とみられる。川井容疑者は冷凍食品を大阪府から四日市市に運ぶ途中だった。【山口知】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090111k0000m040110000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆三浦元社長:白石さん事件も訴追方針 自殺前に米捜査当局(11日)

Logo_mainichi1 【ロサンゼルス吉富裕倫】米自治領サイパンからロサンゼルスへ身柄を移送された直後に死亡した輸入雑貨販売会社の三浦和義元社長(当時61歳)について、米捜査当局が妻一美さん殺害の共謀とは別に、交際相手だった白石千鶴子さん殺人事件で訴追、再逮捕する方針を固めていたことが分かった。三浦元社長の死亡から3カ月となる10日(日本時間11日)を前に、元捜査担当者が証言した。三浦元社長は、81年にロス市内で当時の妻一美さんを銃撃させ殺害した共謀容疑などで、昨年2月にサイパンで逮捕された。身柄を移送された昨年10月10日夜、ロス市警の留置場で死亡した。ロス郡検視局は、首つり自殺と断定した。ロス市警と郡検事局は、79年にロサンゼルス近郊で腐乱死体が発見された白石さん殺人事件も、ロス銃撃事件の関連事件として捜査。元捜査担当者によると、三浦元社長が死亡する直前の段階で、死刑求刑が可能な第1級殺人と窃盗容疑で近く逮捕状を請求する方針を固め、捜査トップにも報告していた。DNA鑑定などの新証拠が出たわけではなく、白石さんの口座から現金426万円を引き出したことなど状況証拠によるという。ただ、仮に訴追されたとしても裁判所が正式に起訴を認めたかどうかは分からない。 ロス市警の事件主任、リック・ジャクソン刑事は毎日新聞の取材に「白石さん事件の捜査はしていたが、訴追についてはコメントできない」と話した。http://mainichi.jp/select/today/news/20090111k0000m040076000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆大阪・生野区のタクシー運転手殺害容疑、知人の男逮捕へ(11日)

Logo3 大阪市生野区の路上で昨年11月、タクシー運転手の栗山峰雄さん(57)=同区巽中2丁目=が殺害された事件で、同区の知人の男(50)が殺害した疑いが強まったとして、大阪府警は殺人容疑でこの男の逮捕状を取った。11日にも逮捕する。 捜査1課によると、11月24日午前0時50分ごろ、同区小路3丁目の国道479号で、栗山さんが右足と背中を刺されて倒れているのが見つかり、病院に搬送されたが間もなく死亡した。「男2人が争っている」との目撃情報があったことから、殺人事件として捜査していた。栗山さんの交友関係を調べたところ、以前にトラブルがあったこの男が浮かんだという。 http://www.asahi.com/national/update/0111/OSK200901100135.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ほかの未解決遺族に参加呼びかけ 時効撤廃訴える「宙の会」(11日)

Msn_s1_4 東京都葛飾区で平成8年に上智大生の次女を殺害された小林賢二さん(62)や世田谷区一家4人殺害事件の遺族らが10日、都内で会合を開き、ほかの未解決事件の遺族らにも時効制度撤廃を訴える活動への賛同を求め、近く結成する遺族会への参加を呼び掛けた。小林さんらは時効制度撤廃を訴える活動拠点として遺族会「宙(そら)の会(仮称)」の結成を計画。2月下旬の正式発足を予定している。会合では、遺族会の発起人として小林さんのほか、世田谷事件の被害者宮沢みきおさん=当時(44)=の父良行さん(80)ら家族や兵庫県伊丹市で5年に娘を殺害された川田五十鈴さんが名を連ねた。小林さんは「ほかの未解決事件の遺族から賛同を得て同じような思いを持っていることが分かった。思いを結集し、きょうを出発点に時効撤廃に向けて活動していきたい」と話した。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090110/crm0901102001014-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆巡査が大型犬を射殺 愛知、通行人ら襲われる(11日)

Msn_s1_2 10日午後9時40分ごろ、愛知県稲沢市増田東町の畑内で、大型犬に、飼い犬を連れ散歩していた男性(39)と男性警察官2人が襲われ、男性巡査(25)が所持していた拳銃を2発発砲し、射殺した。3人にけがはなかった。稲沢署の調べによると、大型犬は犬種は不明だが、茶色で体長約125センチ、体高約74センチ。首に鉄製のくさりをしていた。同署に同日午後8時50分ごろ、付近の住人から別の飼い犬が大型犬にかみ殺されたと通報があり、警察官2人が出向き、この大型犬を発見。大型犬はその後、飼い犬を連れていた男性や、ミニパトに乗り込み警察官を襲うなどした。同署は「放置すると男性の命に危険が生じると判断し発砲した。拳銃の使用は適正だった」としている。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090111/crm0901110240000-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆北海道大荒れ えりも岬で最大瞬間風速43.4m(11日)

Logo3_5 三陸沖の発達した低気圧の影響で、北海道内は太平洋側東部やオホーツク海側を中心に大荒れの天気になった。強風や大雪は11日昼まで続く見込みで、札幌管区気象台は警戒を呼びかけている。 同気象台によると、10日午後3時までの積雪量は日高支庁えりも町で43センチ、十勝支庁大樹町で37センチに達した。風も強く、午後3時までの最大瞬間風速は、えりも岬で43.4メートル、根室市納沙布で22.8メートルを記録した。このため空の便も乱れた。新千歳など道内を結ぶ便を中心に函館で34便、釧路で22便が欠航。帯広、女満別、稚内発着便でも欠航が相次いだ。フェリーも利尻や礼文、焼尻などの離島便、函館―大間便が欠航した。 11日夕方までの予想降雪量はオホーツク海側で50センチ、太平洋側で40センチ、日本海側で30センチ。 http://www.asahi.com/national/update/0110/HOK200901100001.html

北日本 明け方まで荒れた天気

News_pic1_5 低気圧と冬型の気圧配置の影響で北日本と、西日本の日本海側を中心に雪が降っています。低気圧に近い北日本では11日明け方にかけて荒れた天気が続く見込みです。気象庁によりますと発達した低気圧が三陸沖にあって日本付近は冬型の気圧配置となり、上空には強い寒気が流れ込んでいます。このため10日は北日本と、西日本の日本海側などで雪が強く降り、北日本では太平洋側を中心に風も強い荒れた天気になっています。低気圧は11日の朝には北海道の東の海上へ遠ざかる見込みですが、北日本では太平洋側を中心に11日の明け方にかけて荒れた天気が続く見込みです。最大風速は北日本の陸上で16メートルから20メートル、海上で23メートルから25メートルと予想され、北日本の太平洋沿岸とオホーツク海沿岸では波の高さが6メートルを超える大しけが続く見込みです。また北日本と西日本の日本海側を中心に11日の朝にかけてところによって雪が強く降る見込みです。11日夕方までに降る雪の量はいずれも山沿いの多いところで北海道と北陸で50センチ、東北と近畿北部、それに中国地方で40センチと予想されています。気象庁は吹雪や路面の凍結、雪崩などに注意するよう呼びかけています。http://www3.nhk.or.jp/news/t10013485031000.html

発達中の低気圧の影響で西日本を中心に冷え込み、各地で大雪 交通機関にも影響

Logo1_5 発達中の低気圧の影響で、3連休初日の日本列島は、西日本を中心に冷え込み、各地で大雪となった。交通機関にも影響が出ている。日本付近には、西から強い寒気が流れ込み、鹿児島市では初雪を観測、広島・高野では24時間の降雪量が69cmとなるなど、各地で大雪となった。交通機関にも影響が出ている。空の便は函館や釧路、米子発着便などを中心に、全日空の35便と、日本航空の32便が欠航している。
高速道路は、雪のため、八戸道が岩手県の浄法寺インターと青森県の八戸北インターの間で通行止めとなっている。鉄道では、JR西日本が大阪から札幌に向けて10日夜に出発する夜行列車の運休を決めた。11日夕方までに降る雪の量は、山沿いの多いところで北海道、北陸で50cm、東北、近畿北部、中国地方で40cmになる見込み。11日にかけても冬型の気圧配置が続き、北日本を中心に、大雪による交通障害、高波に厳重な警戒が必要となる。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00147328.html

低体温症で部員7人入院 旭川実業高校野球部

Msn_s1 10日午後4時15分ごろ、北海道美瑛町白金温泉で合宿をしていた旭川実業高校(旭川市)の野球部員7人が、宿泊施設内の道路でランニング中に次々と体調不良を訴え、病院に運ばれた。旭川東署によると、7人は軽度の低体温症とみられ、入院しているが命に別条はない。当時、付近の天候は小雪で、気温は零下4度前後だった。同署は練習内容に問題がなかったか、関係者から事情を聴いている。調べでは、7人は1年生6人と2年生1人。最初に2年生がランニング中に体調不良を訴え、しゃがみ込んだ。1年生2人がこの部員を施設内に運んだが、この2人も体調を崩した。さらにランニングが終わり戻ってきた別の1年生4人も調子を悪くした。全員が吐き気と震えを覚えたという。合宿は9日から13日までの予定で、監督ら引率者3人と49人の部員が参加。この日は午前9時から11時半、午後は1時から4時半までの練習日程だった。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090110/crm0901102328017-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆【衝撃事件の核心】女児を殺害、遺体の一部を「火鍋で食った!? 中国・広州の「食人」事件(11日)

Banner_logo_051_2 中国の広州市で、女児(4)を殺害し、バラバラに切断した遺体を冷蔵庫に保管していた男(33)が逮捕された。報道によれば、男は遺体の一部を「火鍋」に入れて食べた疑いが強いことが地元の警察当局の調べで判明したという。付近では、幼い子供が相次いで行方不明になっており、連続「食人」事件に発展する可能性も出てきた。もともと奇行が目立った男の“猟奇的”な犯罪の一部始終を、報道を元にたどった。(桜井紀雄)
 「広州日報」や「信息時報」などの地元紙や、香港紙「星島日報」の報道を総合すると事件の概要はこうだ。事件は1月2日、中国南部沿海部の都市、広州郊外の集合住宅で起きた。被害にあったのは、両親と3人で暮らす李伶俐ちゃん。隣には祖父母が住み、ひとりっ子として両親、祖父母から溺愛(できあい)されていた。その家族が外出したすきの犯行だった。午前8時ごろ、父親は1月1日に買ったばかりの服とくつを伶俐ちゃんに着せ、妻とともに近くの縫製工場に出勤。祖母も仕事に行き、祖父は近所の女性に孫を預けて廃品回収に出かけた。「いつもこうでした。1時間ちょっとすれば戻りますし、いつもなら何も起きなかったのに…」地元記者を前に祖父はそう唇をかんだという。だが、9時半過ぎに帰宅した祖父は孫娘がいないことに気付く。「玄関で遊んでいたと思ったら目を離したすきにいなくなったの」と伶俐ちゃんを預かった近所の女性は説明した。「友達とでも遊んでいるんだろう」と近所を聞いて回ったが、見当たらず、昼に戻った両親らと警察に届け出た。狭い通路を隔て20平方メートル足らずの部屋が100世帯以上長屋状に密集する住宅地。警察は一軒一軒くまなく当たったが、まったく手掛かりがつかめなかったという。
 「あいつじゃないかと真っ先に思いました」取材に訪れた報道陣に、こう話したのは祖母だった。祖母は正午ごろ、日ごろから不審な言動が気になっていた「張」という姓の近くの男の家を訪ねた。「見てないけど」男はしらばっくれたという。近所の人と男の部屋を確認すると、異臭が漂っていたうえ、女性や女の子ものの大量の服が床一面に積み重ねられていた。だが、孫娘の姿はなく、部屋を後にしたという。「伶俐はあの服の山に隠されていたかもしれないのに…」。祖母の悔やんでも悔やみきれない様子が報道されている。

■「お前はそれでも人間か!!」  それでも疑念が晴れなかった祖母は2時間後に再び男の自宅を訪ねた。さっきはなかったはずの血がドアに付いているのを見た。まだ、乾いてもいない。だが今度は、男はドアを開けようとしない。近所の人と力ずくでドアを開けると、絨毯が真っ赤に血で染まっていた。「これは何?」 問いつめる祖母に、男は「鴨の血ですよ」と平然と言ったという。「鴨はどこなの!」言葉を継ぐ祖母に、男は押し黙った。警察が踏み込み、部屋を捜索したが、伶俐ちゃんはいない。あるのはワンドアの小型冷蔵庫だけ。冷蔵庫の扉を開けた捜査員の目に飛び込んできたのは、切断された女児の頭部と体の一部だった。「お前はそれでも人間か!!」 捜査員の怒号が響き渡ったという。警察は殺人容疑で男を緊急逮捕。近所の人たちは、無表情なまま連行される男をただ見つめていた。報道によれば、警察は男の部屋から冷蔵庫や凶器とみられる大小複数の刃物を押収した。男は殺害と遺体損壊の事実を全面的に認めているという。遺体は8つに切断したとされるが、6部位しか見つかっていない。
 調べでは、残る2つの部位は、煮立った「火鍋」に入れ、調味料を掛けて食べた疑いが強いという。6部位は「後で味わうため」冷蔵庫に入れていた可能性が高いとみて捜査している

続きを読む "☆【衝撃事件の核心】女児を殺害、遺体の一部を「火鍋で食った!? 中国・広州の「食人」事件(11日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月10日 | トップページ | 2009年1月12日 »