« ☆液体まき現金強奪、容疑の男逮捕 愛知の消費者金融(26日) | トップページ | ★警視庁管内 体感治安 レベル2 »

2008年12月27日 (土)

☆無差別殺傷の研究に着手へ 法務省 受刑者に聞き取りも(27日)

Banner_logo_051_5 東京・秋葉原で歩行者7人が刺殺された事件など多発する無差別殺傷事件を受け、法務省は来年から事件の原因究明と分析に乗り出すことになった。26日、森英介法相が閣議後会見で明らかにした。同省によると、対象は最近発生した無差別殺傷事件30件程度で、原則として裁判で刑が確定したものとする。裁判記録を検討するほか、裁判では掘り下げられなかった原因究明をするため、本人の同意を得た上で死刑囚を含む受刑者やその家族、関係者の聞き取り調査をしたり、社会背景を分析するために専門家から意見を聞いたりする。
 同省刑事局と矯正局の協力の下、法務総合研究所が中心になって行い、平成21年秋ごろまでに中間報告、22年度内に最終報告をまとめる予定。森法相は会見で、「理不尽な動機による無差別殺傷事件が続発し、国民の不安の大きな要因となっている。(今回の原因究明や分析を)犯罪対策に役立てることが極めて重要だ」と述べた。無差別殺傷事件としては、今年3月、茨城県土浦市のJR荒川沖駅で男性を刺殺した金川真大被告(24)が通行人ら8人に切りつけ、男性1人が死亡。同月、岡山市のJR岡山駅で、県職員の男性が18歳の無職少年にホームから線路内に突き落とされ、電車にはねられ死亡した。6月には、東京・秋葉原で加藤智大被告(25)が歩行者をトラックやナイフで襲い、計7人が死亡。大阪市浪速区では10月、個室ビデオ店が放火され、男性客15人が死亡した。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/208015/

« ☆液体まき現金強奪、容疑の男逮捕 愛知の消費者金融(26日) | トップページ | ★警視庁管内 体感治安 レベル2 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆液体まき現金強奪、容疑の男逮捕 愛知の消費者金融(26日) | トップページ | ★警視庁管内 体感治安 レベル2 »