« ☆結婚詐欺男を最終送検 被害者26人、1億円以上 兵庫(9日) | トップページ | ☆来週にもインフルエンザ全国“流行宣言” 関東にも広がる(9日) »

2008年12月 9日 (火)

☆天皇陛下、胃と十二指腸に炎症 ご公務軽減も(9日)

Banner_logo_051_4 血圧上昇などのため一時ご公務を控えられていた天皇陛下の病状について、宮内庁の金沢一郎皇室医務主管と専門医が9日記者会見し、陛下の不整脈は落ち着いた状態に戻ったが、腹部にも違和感を訴えられていたため、胃カメラによる検査の結果、胃や十二指腸に炎症が見られたと発表した。胃腸の病変については精神的、肉体的ストレスが原因と考えられるとした。金沢医務主管は「今月のお誕生日や年末年始の諸行事を軽いものに変えていくことが大事ではないか」と述べ、ご負担の軽減が急務であるとの見解を示した。記者会見したのは金沢医務主管のほか、循環器内科と消化器の専門医の計3人。金沢医務主管などによると、陛下の不整脈は時々脈が飛ぶ「上室性不整脈」であり、すでに落ち着いた状態に戻ったという。しかし、陛下は腹部の違和感も訴えられており、今月5日に胃カメラで検査した結果、胃や十二指腸にびらんや出血の痕跡がみられたという。胃腸の症状を抑えるため胃酸を止める薬を処方しており、現在の症状は安定されているという。陛下は11月17日に胸部の変調を訴えられ、検査の結果、不整脈と診断された。今月2日夜になって血圧上昇が確認されたため、検査とご静養のため3日から5日までご公務を控えられた。週末は静養し、8日から公務を再開されていた。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/203024

« ☆結婚詐欺男を最終送検 被害者26人、1億円以上 兵庫(9日) | トップページ | ☆来週にもインフルエンザ全国“流行宣言” 関東にも広がる(9日) »

皇室関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆結婚詐欺男を最終送検 被害者26人、1億円以上 兵庫(9日) | トップページ | ☆来週にもインフルエンザ全国“流行宣言” 関東にも広がる(9日) »