« ★小説 警視庁薬物特命捜査官(33) | トップページ | ★警視庁管内 体感治安 レベル2 »

2008年12月19日 (金)

☆東海道新幹線の車内でネット接続 来年3月スタート(19日)

Banner_logo_051_3 はJR東海は18日、東海道新幹線 N700系(東京~新大阪間)の車内インターネット接続サービスについて、2009年3月のダイヤ改正と同時に開始すると発表した。「HOTSPOT」と「Mzone」、「BBモバイルポイント」「UQ Wi-Fi」が対応する。N700系車内でのインターネット接続サービスは、事前に契約した公衆無線LANサービスのIDとパスワードを使って、無線LANによるインターネット接続が可能なサービス。車内での通信速度は、下り最大2Mbps、上り最大1Mbpsになる。また、乗換情報などを掲載したポータルサイトも開設される。JR東海では、2006年6月にサービス概要を公開。その後、2008年6月にNTTブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)と提携して、サービス準備を進めていた。今回、2009年3月のダイヤ改正に合わせて、車内インターネット接続サービスの提供を決定。当初の対応サービスは。NTTコミュニケーションズの「HOTSPOT」、NTTドコモの「Mzone」「mopera U(U『公衆無線LANコース』)」、ソフトバンクテレコムの「BBモバイルポイント」、UQコミュニケーションズの「UQ Wi-Fi」。上記サービスの契約者であれば、車内インターネット接続サービスのほか、東海道新幹線の全17駅での無線LANサービスの利用が可能になる。駅内での通信速度は、最大54Mbps。なお、対応サービス事業者のうち、UQコミュニケーションズ(UQ Com)の「UQ Wi-Fi」は新規の公衆無線LANサービスとなる。UQ Comでは、2009年2月よりモバイルWiMAXの提供を予定しているが、ユーザー利便性を向上させるため公衆無線LANサービスの提供を決定したという。 UQ comによれば、具体的な料金体系やサービス開始日は、2009年以降に予定するモバイルWiMAXのサービス発表と合わせて公表する考えという。なお、今回のN700系および東海道新幹線の駅以外の提供エリア拡大は、現時点で未定としている。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/206169

« ★小説 警視庁薬物特命捜査官(33) | トップページ | ★警視庁管内 体感治安 レベル2 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★小説 警視庁薬物特命捜査官(33) | トップページ | ★警視庁管内 体感治安 レベル2 »