« ☆追い出し屋、詳細手引き書 弁護士ら「不法行為裏づけ」(31日) | トップページ | ☆スプレー強盗、奪った200万円落として逃走 大阪(31日) »

2008年12月31日 (水)

★六本木ヒルズで刃物振り回した疑い 男に警官が威嚇発砲(31日)

Logo3 30日午後8時半ごろ、東京都港区六本木の六本木ヒルズ付近で、「刃物を持った男がいる」と通行人から麻布署に届け出があった。同署の警察官がTky2008123001741 急行。包丁を振り回す男を取り押さえるために、上空に向けて拳銃を威嚇発砲し、銃刀法違反と公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。けが人はいなかった。男は雇用を巡る話をしていたといい、同署が動機を調べている。同署によると、男は杉並区天沼3丁目、無職椎名賢次容疑者(28)。署玄関前で警戒中だった組織犯罪対策課の男性巡査部長(35)が走って駆けつけると、包丁と傘を持った椎名容疑者が逃走。六本木ヒルズの森タワー正面玄関付近の広場で通行人らに「刺すぞ、この野郎」と脅しながら包丁を振り回した。巡査部長は「刃物を捨てろ」と繰り返し命じたが従わなかったため、上空に向け拳銃1発を発砲。椎名容疑者が包丁を足元に置いたところで取り押さえたという。発砲した場所は森タワー正面玄関から約5メートルの場所。警視庁は弾丸の発見を急ぎ、発砲の角度などを調べている。現場そばの花屋の女性従業員(31)は「男は『派遣切り』などと叫んでいた。広場にいた何人かが店に逃げ込んできた」と話した。 森タワー1階の飲食店の男性従業員(28)は「男が雄たけびをあげながら来て、数十人が逃げた。悲鳴をあげていた人もいた」と話した。同署の阿多孝治署長は拳銃発砲について「現時点では、適正な執公務と考えている」とコメントした。 http://www.asahi.com/national/update/1231/TKY200812300170.html

【ブロガーコメント】

Nisshou4 ひやりとさせられた事件でした。けん銃はまさに、この様な制圧のため使用するというお手本のような事例です。安全と水はただじゃなくなったのに加え、国民が自己防衛するにしても日本では、銃はもちろんのこと、護身用の催涙ガススプレーでも簡単には持てないようになっているんです。では、どうして命を守るのか?警察官に守ってもらうしかないのです。訓練を受けた警察官が、国民の命を守るために使用するけん銃。使用しやすい環境をつくってやりましょうよ。

« ☆追い出し屋、詳細手引き書 弁護士ら「不法行為裏づけ」(31日) | トップページ | ☆スプレー強盗、奪った200万円落として逃走 大阪(31日) »

街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆追い出し屋、詳細手引き書 弁護士ら「不法行為裏づけ」(31日) | トップページ | ☆スプレー強盗、奪った200万円落として逃走 大阪(31日) »