« ☆取り調べで問題行為15件=飲食物提供、机ける-監督制度3カ月半・警察庁(19日) | トップページ | ☆公安調査庁「回顧と展望」 「ひかりの輪」を“麻原隠し”として注視(19日) »

2008年12月19日 (金)

☆御殿場の強姦未遂:処分取り消し求める男性、改めて冤罪主張--審判 /静岡(19日)

Logo_mainichi1_4 01年9月に御殿場市内で起きたとされる少年10人による強姦(ごうかん)未遂事件で、少年院送致とされた保護処分の取り消しを求めている男性(23)=当時16歳=の、再審にあたる少年審判の第3回審判が17日、家裁沼津支部(原啓裁判長)で非公開で行われた。男性の弁護士によると、弁護士と検察官がそれぞれ最終意見を述べ、男性が「やっていない」と改めて冤罪(えんざい)を主張して審理を終えた。結論が出される期日は未定。
 弁護士によると、弁護側は「事件日とされる9月9日は雨が降っていたのに、事件の被害者である少女や少年たちの供述は、雨についてほとんど触れていない」と矛盾点を改めて主張した。弁護側は前回審判で、気象専門家3人の鑑定結果を新証拠として提出。この日の審判で「当時現場では2~3ミリの雨が降っていた」などと結論付けた鑑定結果を改めて強調したという。これに対し検察側は、少女や少年たちの供述に不自然な点はないとする従来の主張を繰り返したという。この事件を巡っては別の元少年5人が有罪判決を不服として最高裁に上告中。【山田毅】http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081218-00000019-mailo-l22

« ☆取り調べで問題行為15件=飲食物提供、机ける-監督制度3カ月半・警察庁(19日) | トップページ | ☆公安調査庁「回顧と展望」 「ひかりの輪」を“麻原隠し”として注視(19日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆取り調べで問題行為15件=飲食物提供、机ける-監督制度3カ月半・警察庁(19日) | トップページ | ☆公安調査庁「回顧と展望」 「ひかりの輪」を“麻原隠し”として注視(19日) »