« ☆静岡県警警視が万引、停職1カ月の懲戒処分(27日) | トップページ | ☆【日本の議論】グーグルの無料サービスに“落とし穴” 「情報」めぐるトラブル多発の行方は(27日) »

2008年12月27日 (土)

☆【皇室ウイークリー】(59)雅子さま、健康診断をご受診 ビオラが奏でるご兄弟愛エピソード (27日)

Imp0812200800000s11 Msn_s31          皇太子妃雅子さまは17日、皇居内の宮内庁病院で約2時間にわたって定期健康診断を受けられた。当初は6月後半に受けられる予定だったが、東宮仮御所への引っ越しなどを理由に延期となっていた。先週もご紹介したように、雅子さまの健康診断が注目されたのは、11日の羽毛田信吾・宮内庁長官の定例記者会見での発言がきっかけだった。19日の定例記者会見で、宮内庁の野村一成東宮大夫は、Imp0812200800000s21 雅子さまのご診断結果について「国民の皆さんにお知らせするべきことがあればお知らせしますが、今回はそういうことはございません。従って特に申し上げることはない」と説明した。雅子さまはこれに先立つ14日、学習院大学(東京都豊島区)を訪れ、皇太子さまも参加された「学習院OB管弦楽団第58回定期演奏会」を2年ぶりに鑑賞された。当初は皇太子さまだけがご出席の予定だったが、雅子さまがお風邪から回復したこともあり、急遽(きゅうきょ)、来場された。冒頭は観客席で演奏に耳を傾けられたお二人。曲と曲の間にお顔を近付け、お言葉を交わされる仲むつまじいお姿も見られた。その後、皇太子さまはステージに移ってビオラをご担当。コンサート終了後、皇太子さまが指揮の三石精一氏から花束を受け取られる想定外のシーンがあり、雅子さまも楽しそうに見つめられていた。雅子さまは、懇親会に出席された皇太子さまに先立ち会場を後にされた。その際、近くにいた報道陣に会釈をしたり、観客の「お元気で」という声に笑みで応えられた。お手には皇太子さまが受け取られた花束があった。雅子さまのご様子について、同じ会場にいた野村東宮大夫は19日、「ご体調の点もあろうかと思うが、頑張っておられる感じがした」と話している。胃腸の炎症が確認された陛下のご負担軽減問題では、宮内庁が18日、来年1月2日に皇居で予定されている新年一般参賀について、お出ましの回数を当初予定の7回から5回に減らすと発表した。国民との交流を重視している陛下は一般参賀をとても大切にされており、平成に入ってから回数が減ったことはなかった。 この判断について宮内庁幹部は19日、「天皇誕生日の一般参賀は3回だが、新年は7回ある。国民との接点は少なくなるが、それでも5回はある」と説明。陛下も了解されているという。宮内庁によると、陛下は18日午後から軽いお風邪を召され、19日の執務は皇居・宮殿ではなく、大事を取ってお住まいの御所でされたという。症状はお熱が普段より少し高く、鼻声でいらっしゃるという。ただ、執務をとりやめるほどの症状ではなく、19日は政府関係書類など約30件に署名や押印などをされた。陛下は15日、これもご負担軽減の一環として、皇居で行われた「賢所御神楽の儀」への出席を見送られ、代拝を手塚英臣掌典次長が務めた。ちなみに、ご即位後に天皇陛下がこの儀式で拝礼を見送られたのは初めてだった。御神楽の儀は天照大神が祭られた宮中三殿の賢所に、宮内庁楽部が神楽をささげる恒例の儀式。宮中祭祀(さいし)を担当する掌典職によると、「新嘗祭と並び、少なくとも平安時代までさかのぼることができる最も古い祭事」だ。例年は天皇陛下と皇族方が賢所で拝礼された後、午後6時ごろから深夜まで神楽が披露される。皇室の方々は拝礼後に場を離れられるが、御神楽の儀が行われている間はお休みになることを控えられるそうだ。各宮家は今週もさまざまなご公務を果たされた。

Imp0812200800000s61 15日の御神楽の儀には、皇太子さまとともに秋篠宮ご夫妻、常陸宮ご夫妻、高円宮妃久子さまがご出席。寛仁親王殿下はお風邪のため、次女の瑶子さまはご都合により欠席された。秋篠宮さまは16日、パナソニックセンター東京(江東区)で開催された写真展「黄海-多様なる命の輝き」をごらんになった。この写真展は、秋篠宮さまが名誉総裁を務められる世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)の主催。写真家、中尾勘悟氏が撮影した黄海に生息するゴマフアザラシや、漁村で生活する人々などの作品が展示されている。先ほど皇太子さまのビオラ演奏に触れたが、実は皇太子さまはちょうど20年前の昭和63年、WWFジャパンのために一肌脱ぐ形でチャリティーコンサートに出演されている。同年5月15日、東京都新宿区の新宿文化センター。皇太子さまはアマチュアオーケストラ「俊友会管弦楽団」の一員として、「第7回定期演奏会」にご出演。皇太子夫妻時代の天皇、皇后両陛下、秋篠宮さま、黒田清子さんを含む聴衆約1500人を前に、ビオラの独奏も披露された。この日の収益金は、WWFジャパンの前身に当たる世界野生生物基金日本委員会に寄付されたという。コンサート開始前には同委員会総裁の秋篠宮さまがあいさつに立ち、野生生物保護への理解を訴えられた。あいさつの最後で、秋篠宮さまは「いささか技量不足でお聴き苦しいかもしれませんが、我慢して最後までお聴きいただければと思います」とユーモアたっぷりに締めくくられ、会場が大きな笑いに包まれたというエピソードも残っている。秋篠宮ご夫妻は19日、埼玉鴨場(埼玉県越谷市)を訪れ、外国の駐日大使らを接待された。日本サッカー協会の名誉総裁を務める久子さまは、14日から1泊2日の日程で愛知県を訪れ、サッカークラブW杯の準々決勝をご観戦。17日は国立競技場(東京都新宿区)で行われた準決勝もごらんになった。18日にはレストランひらまつ広尾(港区)で催された日本水難救済会主催の夕食会に出席された。     ◇ 【皇室ウイークリー】は毎週土曜日、「MSN産経ニュース」だけに掲載している企画です。紙面ではあまり触れられない各宮家のご活動や、病気療養中の雅子さまのご様子を含め、宮内庁担当記者がご皇室の1週間を振り返ります。紙面で掲載できなかった写真もご紹介しています。さらに「皇室ウイークリー」だけのために撮影した写真も、アップしています。 また皇室のご動静は、産経新聞社が取材協力している扶桑社の季刊誌『皇室 Our Imperial Family』でも、詳しくご紹介しています。http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/081220/imp0812200800000-n1.htm

« ☆静岡県警警視が万引、停職1カ月の懲戒処分(27日) | トップページ | ☆【日本の議論】グーグルの無料サービスに“落とし穴” 「情報」めぐるトラブル多発の行方は(27日) »

皇室関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆静岡県警警視が万引、停職1カ月の懲戒処分(27日) | トップページ | ☆【日本の議論】グーグルの無料サービスに“落とし穴” 「情報」めぐるトラブル多発の行方は(27日) »