« ☆倉庫のケースから女性遺体、殺人か 神戸市(26日) | トップページ | ☆男性襲われ710万円奪われる 東京・大久保の路上(26日) »

2008年12月26日 (金)

☆【舞鶴高1女子殺害】捜査越年へ 「できることはやりつくす」と幹部ら(26日)

Banner_logo_051_8 京都府舞鶴市の府立高校1年、小杉美穂さん=当時(15)=殺害事件で、舞鶴署捜査本部の捜査は、年明け以降も続く見通しとなった。捜査本部はこれまでに、殺人・死体遺棄容疑で遺体発見現場近くに住む無職の男(60)=窃盗罪で起訴=宅で延べ6日間にわたる家宅捜索を行い、膨大な押収品についての分析を続けている。府警幹部の一人は「できることはすべてやり尽くす」と解決に決意をにじませている。クリスマスの25日、府警の熊崎義純本部長が、舞鶴署東庁舎3階にある捜査本部を訪れた。樋口文和・捜査1課長から捜査状況などについて説明を受けた熊崎本部長は、約20人の捜査員に対し「被害者、遺族の無念を晴らすため、解決に向けて全力を挙げてほしい」と激励した。捜査本部は、11月28日から12月3日まで行った家宅捜索で、自転車や衣類、スコップなど約2000点を押収。捜索と並行し、室内に美穂さんの血液や毛髪がないかを調べる現場検証を行った。その後は、未発見の凶器となりうる工具類や、美穂さんとの接触をうかがわせる微物の有無などについて詳しく分析。押収品の一部は、舞鶴署から府警科学捜査研究所に送って精密な鑑定を進めており、男が事件に関与していないかを慎重に調べている。ある府警幹部は「手の内を明かすことはできないが、押収品の分析を粛々と進めている。事件の全容解明のため、できることはすべてやり尽くす」と話した。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/208151/

« ☆倉庫のケースから女性遺体、殺人か 神戸市(26日) | トップページ | ☆男性襲われ710万円奪われる 東京・大久保の路上(26日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆倉庫のケースから女性遺体、殺人か 神戸市(26日) | トップページ | ☆男性襲われ710万円奪われる 東京・大久保の路上(26日) »