« ☆パチスロ機販売が儲からず…闇のパチスロ店経営(10日) | トップページ | ☆砂浜から女性遺体、殺人で捜査 神奈川県警(10日) »

2008年12月10日 (水)

☆<警察庁>通信指令の機能強化へ 初動対応力を向上(10日)

Logo_mainichi1_3 警察庁は10日、警察の初動対応力の向上策を検討する推進委員会を開き、通信指令の機能強化を最重要課題とする対策の指針を決めた。今年8月の栃木県鹿沼市の集中豪雨で初動が遅れて死者を出すなど、初動対応を巡る問題が相次いだため。3月末までに警察庁が取り組むべき施策を取りまとめるほか、各警察本部にも実情に応じた具体策を求めた。通信指令部門は、110番を受け、パトカーや警察官に指令を出し、犯人追跡や事故対応を指示する。判断によっては、その後の捜査に大きな影響を及ぼす。だが、事件事故の主管部門と連携が不十分な点もあると指摘されていた。今年3月の茨城県土浦市の8人殺傷事件では、駅周辺で警戒に当たった警察官が無線機を持たず、相互の連携が取れないまま容疑者を見失って次々に人が刺された。鹿沼市の集中豪雨で軽乗用車が水没し、派遣社員の女性(45)が死亡した事故では、110番を受けたにもかかわらず、別の事故と混同し現場に出動しなかった。いずれも初動の遅れが被害を拡大させたため、通信指令の強化が必要と判断した。指針は重点推進事項として▽通信指令機能の強化▽人材の育成強化▽事案対応能力の強化--などを挙げた。通信指令の権限を明確化することや、情報集約を進めることなどを明記。主管部門が捜査に着手するまでの間、司令塔として総合的な指揮にあたる態勢を作るよう求めている。また、携帯電話の通報者の位置情報を示す「発信地表示システム」の整備など、ハード面での強化に加え、人事教育面でも通信指令の技能向上を目指す。この日の委員会で警察庁の安藤隆春次長は「初動は警察の命。初動警察の刷新強化に期待する」と訓示した。同庁は今後、必要な規定の整備や予算措置を検討する。【長野宏美】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081210-00000082-mai-soci

« ☆パチスロ機販売が儲からず…闇のパチスロ店経営(10日) | トップページ | ☆砂浜から女性遺体、殺人で捜査 神奈川県警(10日) »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆パチスロ機販売が儲からず…闇のパチスロ店経営(10日) | トップページ | ☆砂浜から女性遺体、殺人で捜査 神奈川県警(10日) »