« ☆東金女児死亡、容疑者が謝罪の言葉(7日) | トップページ | ☆暴力団本部移転懸念の施設を家宅捜索 福岡・佐賀両県警(7日) »

2008年12月 7日 (日)

★警視庁管内 体感治安 レベル1

  首都東京の体感治安(8日)
             (単位・レベル)

      解説 家裁書記官を逮捕2_2

警察や各官庁、各金融機関からボランティア団

体まで国民が防止に必死になっている「振り込

め詐欺事件」。なんと現職の家裁の書記官が、

警察が振り込め詐欺で凍結した預金口座から

現金数百万円を別の口座に移した事実が明ら

かになり埼玉県警に逮捕された。警察は振り込

め詐欺の被害拡大防止とマネーロンダリングの

観点から犯罪に利用された銀行口座を凍結して

いる。凍結口座に引き出されずに残っていた場合

は、Bye1_3被害者の「組戻し」手続きにより、返金される。

ところ が書記官は、凍結口座から数百万円を別の口座に移したことが明らかになり、埼玉県警が捜査していた。その手段として書記官は、京都地裁の偽の判決文を作成。さいたま地裁熊谷支部に届けて、口座の凍結を解除させて現金を他の口座に移していた。偽判決文の送付は6裁判所にのぼるという。7日の「日本列島 本日の振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.htmlは、以上の内容が中心。千葉県警の女児の全裸死体遺棄事件の解決も含めて首都東京の治安は「レベル1(みどり)」とする。

※ピーポちゃんの位置が現在のレベルを表示しています。パソコンによっては勝手に動くこともありますので、原稿を参照にしてください。クリックすると挨拶します。宜しく。

 ★【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦ました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪 ポイント100~80
レベル4 治安の悪化    ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向 ポイント 59~40
レベル2 治安の悪化の兆し ポイント 39~20
レベル1 平穏                ポイント 19以下
   【ポイント概数】
テロ・無差別殺人事件等         80~50 
路上殺人や連続殺人・連続強盗・強姦70~60
広域重要事件               50~40
肉親殺人事件(家族の皆殺し事件)    40~50
放火殺人                  50~30
強盗殺人                  50~20
連続放火              40~30
各項目に少年が絡む場合   +20~10
犯人逮捕記事は上記のポイント総数から -50から-10とする

その他、外的検討要件として外国や他県発生事件を判断基準に加えた。これら事件の新聞・テレビの扱い程度(新聞では1面か社会面か。扱い段数等)、ネットではブログニュースのアクセス人気度なども加えて総合的に判断した。

« ☆東金女児死亡、容疑者が謝罪の言葉(7日) | トップページ | ☆暴力団本部移転懸念の施設を家宅捜索 福岡・佐賀両県警(7日) »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆東金女児死亡、容疑者が謝罪の言葉(7日) | トップページ | ☆暴力団本部移転懸念の施設を家宅捜索 福岡・佐賀両県警(7日) »