« ☆消費者庁 警察OBなどを採用(24日) | トップページ | ★日本列島 本日の振り込め詐欺 (24日)3件 »

2008年12月24日 (水)

☆ヤミ金融対策 新システム導入=五菱会事件(24日)

News_pic1_2 「ヤミ金融の帝王」と呼ばれた元暴力団幹部らによる事件で、被害者のもとに金を振り込んだ証拠となる資料が残されていないことなどから、被害の回復を求める申請が全体のわずか6%にとどまっていることがわかり、東京地方検察庁は、資料が無くても被害を申請すれば確認できる新たなシステムを導入しました。「ヤミ金融の帝王」と呼ばれた元暴力団幹部の梶山進受刑者らがスイスの銀行に隠していた不正な収益金29億円について、東京地方検察庁は、ことし7月から被害者に分配する全国で初めての手続きを進めています。ところが、被害者のもとに金を振り込んだ証拠となる資料が残されていないことなどから、これまでに被害を申請した人はあわせて2280人と、3万6000人に上るとされる被害者全体のわずか6%にとどまっていることがわかりました。このため、東京地検は、資料が無い被害者も救済できるよう、ヤミ金融の口座に振り込みをした人の記録を一覧にし、申請があれば照合して確認する新たなシステムを導入しました。手続きの受け付けは来月26日までで、その後、被害が確認できた人に対して給付が行われることになっています。東京地検の大谷晃大総務部長は「証拠が残っていないために申請をためらっている人も多いと思うが、まずは届け出てもらい、1人でも多くの被害を回復したい」と話しています。http://www3.nhk.or.jp/news/k10013193791000.html

« ☆消費者庁 警察OBなどを採用(24日) | トップページ | ★日本列島 本日の振り込め詐欺 (24日)3件 »

生活関連事件(生安部の事件 風営法等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆消費者庁 警察OBなどを採用(24日) | トップページ | ★日本列島 本日の振り込め詐欺 (24日)3件 »