« ☆ストーカー:リタリン大量処方の医師を違反容疑で逮捕(2日) | トップページ | ☆男子中学生を買春 小学校教諭の男ら逮捕(2日) »

2008年12月 2日 (火)

★日本列島 本日の振り込め詐欺 (2日)6件

振り込め詐欺で200万円被害

News_pic1 えびの市の60歳の男性が、息子を名のる男に、電話で「会社の金を使い込んだ」と言われ、指定された口座に200万円を振り込んでだましとられる被害があり、警察は、振り込め詐欺事件として捜査するとともに、同じような不審な電話に注意するよう呼びかけています。
警察によりますと、11月30日、えびの市の60歳の男性の自宅に息子を名のる若い男の声で、「携帯電話の番号が変わった。相談があるのであす連絡する」という内容の電話がありました。翌日になっても連絡がなかったことから、男性が男から教えられた携帯電話に電話したところ、「会社の金を使い込んだ。弁償しないと首になる。午前11時までに200万円を振り込んでほしい」と言われ、男性は、えびの市内の金融機関から男が指定した口座に200万円を振り込んだということです。男性は、その後、不審に思って息子が以前使っていた携帯電話の番号に電話したところだまされたことに気づいて警察に届け出ました。警察は、振り込め詐欺事件として捜査するとともに、同様の手口で被害が広がるおそれがあるとして不審な電話には注意するよう呼びかけています。http://www.nhk.or.jp/miyazaki/lnews/01.html

振り込め詐欺被害 更に減少

News_pic1先月、東京都内で寄せられた振り込め詐欺の被害はおよそ2億6千万円で、去年の同じ月と比べて60パーセント減りました。警視庁のまとめによりますと、先月東京都内で寄せられた振り込め詐欺の被害は126件、2億5700万円で、前の年の同じ月と比べて件数が3分の1になったほか、60パーセント減りました。警視庁がATMに警察官を配置して被害が大幅に減少した今年10月と比べても、さらに30パーセント以上減っています。また、税金の還付金があるなどとうそを言ってATMを操作させ、現金を振り込ませるいわゆる還付金詐欺の被害は、おととし7月から確認されていますが、先月は1件も寄せられませんでした。
警視庁は1日、緊急の副署長会議を開き、植松信一副総監が「メディアの報道で、社会全体が振り込め詐欺への強い関心を持ってくれている。この流れを維持するため、さらに取り組みを強化してほしい」と訓示しました。警視庁は今後、定額給付金の支給を装う新たな手口の振り込め詐欺が起きる恐れがあるとして、金融機関などと協力して被害の防止を図るとともに、取り締まりを強化することにしています。http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/03.html

振り込め詐欺使用携帯、7割がソフトバンク製 警察庁、本人確認徹底を要請

Banner_logo_051_5  過去最悪のペースで被害が続いている振り込め詐欺で、今年1~6月に詐欺への使用が判明した携帯電話は約2300台あり、約7割がソフトバンク製だったことが2日、警察当局の調べで分かった。契約時の本人確認が不十分なケースが多いとみられ、警察庁は同社を含めた携帯電話各社に、改めて本人確認の徹底を要請している。全国の警察が振り込め詐欺への使用を把握した携帯電話約2300台を調べたところ、ソフト社が約7割を占め、NTTドコモは約2割、KDDIは1割未満だった。ソフト社の市場シェアは6月末時点で18・4%にすぎず、同社の割合が突出している。ソフト社機種が多い理由について、同社は「分からない。本人確認を徹底する対策や指導はいろいろ取り組んでいる」としている。携帯電話の契約には、運転免許証やパスポート、外国人登録証などによる本人確認が必要で、大半は免許証が使われる。しかし、警察幹部は「以前は契約台数を増やすため、アルバイト販売員がOKといえば認めてしまう審査の甘い店があった」と指摘するほか、別の同幹部も「免許証のコピーで済ます店も一部にあった」としている。身分証明書の偽造も多いが、真正かどうかの見極めは、販売員が運転免許証の厚みなどを手で触っているのが現状。業界関係者は「経験に頼っている部分が大きい」としており、不正を見抜けずに契約するケースが少なくないという。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/200951

【ブロガーコメント】

ソフトバンクの名誉のため言っておくが、かつては、架空請求メールに利用されたのはソフトバンクが多かった。メールが無料で文字数の制限がなかったからだ。最近は通信停止という対策が功を奏して、現在はauとドコモが多くなっている。

詐欺口座開設の中3女子を家裁送致

Msn_s1_5 2008.12.2 18:13  自分が使うように装い、不正に銀行口座を開設したとして、千葉地検松戸支部は2日、詐欺の非行事実で、柏市立中学3年の女子生徒(15)を千葉家裁松戸支部に送致した。地検松戸支部は「保護処分相当」と意見を付けた。この口座は昨年11月、還付金詐欺の被害に遭った松戸市の女性が犯人から指定され、約200万円を振り込んだ口座だった。 非行事実によると、女子生徒は昨年11月2日、柏市内にある都市銀行の支店窓口で、自分が使うように装って普通預金口座の開設を申請。通帳とキャッシュカードの交付を不正に受けてだまし取った。 女子生徒は調べに「インターネットを通じて知り合った男に『口座を作って渡すとカネになる』などと持ちかけられ、口座を渡した」と供述しているという。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081202/crm0812021813033-n1.htm

還付金詐欺使用の通帳詐取 千葉県警

News_pic1いわゆる還付金詐欺に使われた口座を開設して銀行から通帳をだまし取ったとして、船橋市の無職の女が1日、逮捕されました。逮捕されたのは船橋市山手の無職、増田裕子容疑者(35)です。警察の調べによりますと、増田容疑者はことし7月、他人に譲り渡す目的で船橋市内の銀行で自分名義の銀行口座を開設し、通帳1通とキャッシュカード1枚をだまし取ったとして詐欺の疑いが持たれています。ことし8月、徳島市内に住む57歳の女性が「還付金詐欺」でおよそ200万円をだまし取られた事件で、増田容疑者が開設した口座が金の振込先になっていたということです。調べに対し増田容疑者は、容疑を認めてますが、誰に譲り渡したかなどは供述していないということで、警察は口座が振り込め詐欺の犯行グループに渡ったいきさつなどを調べています。http://www.nhk.or.jp/chiba/lnews/06.html

振り込め詐欺対策に全力

News_pic1島根県内でも今年、急増している振り込め詐欺について島根県警察本部の大橋亘本部長は、県議会の本会議で、「政府の定額給付金を装う新たな手口の詐欺も懸念される」などとして今後も関係機関と連携して被害防止や検挙に努める姿勢を示しました。11月定例県議会は、一般質問が行われ、議員が振り込め詐欺の発生状況などについて質しました。島根県警察本部の大橋亘本部長は、振り込め詐欺は県内では平成16年をピークに減少傾向にあったものの、ことし再び増加に転じ、10月末までの被害額は6380万円と前の年の同じ時期の1点4倍に上っていることを説明しました。その上で、今後は、政府が今年度中の支給を計画する定額給付金を装った新たな手口の詐欺も懸念されるため、金融機関など関係機関と連携して被害防止や検挙にあたり、振り込め詐欺の撲滅に全力であたる姿勢を示しました。http://www.nhk.or.jp/matsue/lnews/03.html

« ☆ストーカー:リタリン大量処方の医師を違反容疑で逮捕(2日) | トップページ | ☆男子中学生を買春 小学校教諭の男ら逮捕(2日) »

振り込め詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆ストーカー:リタリン大量処方の医師を違反容疑で逮捕(2日) | トップページ | ☆男子中学生を買春 小学校教諭の男ら逮捕(2日) »