カテゴリー

« ★警視庁管内 体感治安 レベル2 | トップページ | ☆バナナから縫い針 神戸のスーパー(15日) »

2008年12月15日 (月)

☆防犯カメラシステム:パソコンいらず 群大工学部e自警ネット研が開発 /群馬(15日)

Logo_mainichi1_4 ◇面倒なソフト操作不要、1カ月分の画像を保存
 群馬大工学部の「e自警ネットワーク研究会」(会長・藤井雄作教授)はこのほど、パソコン不要の新しい防犯カメラシステムを開発した。1秒間に2コマという「動画に近い静止画像」を過去1カ月分残せるほか、画像の記録時に暗号処理することでシステムの管理者以外は画像を開けず、プライバシー保護にも配慮している。今回のシステムは、高画素CCD(電荷結合素子)で撮影するため画像は鮮明で、一定の距離までなら車のナンバーや車体のロゴマークまで読み取ることができ、人の顔も識別できる。最近安価になった16ギガバイトのメモリーを使うことで、1秒当たり2コマをカラー画像で記録する。すべての機能をティッシュペーパーの箱ほどのケースに収納しており、家庭用電源で使える。藤井教授らが2年前に開発した旧タイプは、パソコンに画像を蓄積するもので、ソフトの操作などが複雑だったが、今回は設置するだけ。事件や事故などで画像の検証が必要な場合に限ってシステムの管理者がメモリーを受け取り、パソコンで暗号を解除して画像を読み込むことにすれば、プライバシー保護にも配慮できるという。藤井教授は「商店街や学校、大型施設など、設置地域が増えるほど、不審車両や人の追跡が継続的にでき、事件の早期解決につながり犯罪抑止にもなる」と、普及に期待を寄せる。既に、旧タイプは伊勢崎駅前駐輪場などに設置され実績を上げているという。新タイプも、来年2月には桐生市内などで設置実験を始める予定。来春、5万円程度での発売を目指している。【塚本英夫】

12月14日朝刊 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081214-00000123-mailo-l10

« ★警視庁管内 体感治安 レベル2 | トップページ | ☆バナナから縫い針 神戸のスーパー(15日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ★警視庁管内 体感治安 レベル2 | トップページ | ☆バナナから縫い針 神戸のスーパー(15日) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ