« 2008年12月28日 | トップページ | 2008年12月30日 »

2008年12月29日

2008年12月29日 (月)

★警視庁管内 体感治安 レベル2

    首都東京の体感治安(30日)
             (単位・レベル)

  2    解説 年末年始特別警戒実施中

振り込め詐欺が「劇場型」と言われる所以は常

に進化するからだ。そして先週、日本列島では

また新たな振り込め詐欺の手口3件が確認され

た。福岡市では実在する弁護士名を騙り金融取

引業者の倒産で損失した人から被害回復のため

の着手金名目で現金をだまし取る手口だ。「警察

官を騙る詐欺」同様、事前にBye1 電話で「後ほど自宅

を訪れて金を受け取る」のが手口だ。2件目が還付金詐欺の進化型。北九州市で確認されたもので、区役所の職員を名乗り「医療費の還付金がある」とお年寄り宅に電話。「警察官を騙る」詐欺同様に自宅を職員が訪れるもの。3件目は新型。「裁判員制度」利用詐欺だ。岩手県内で相次いだもので「裁判所からの呼び出しを断る手続きを代行する」とし、手数料をだまし取ろうとする手口。防犯協会を名乗る男が、高齢者の女性宅を訪れ「あなたの名前が裁判所に登録されている」と言い、「仙台や盛岡の裁判所から呼び出されると、交通費などの実費がかかる。費用を払えば手続きを代行する」と現金を請求した未遂事犯。いずれも「自宅を訪れる」点に逮捕のチャンスがある。来年はこれに給付金詐欺が加わり厳重警戒が求められている。産経から抜粋した「振り込め詐欺撲滅へ正念場」は警察庁幹部へのインタビュー記事で「日本列島 本日の振り込め詐は欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.htmlとは別掲した。29日未明東京都豊島区で不審な男を発見した警察官がバールで殴られ負傷。犯人を取り逃がす事件があった。なんとなく不安を感じるが首都東京の体感的は「レベル2(青)」とする。

※ピーポちゃんの位置が現在のレベルを表示しています。パソコンによっては勝手に動くこともありますので、原稿を参照にしてください。クリックすると挨拶します。宜しく。

  【警報警察官騙る詐欺拡大】

Nisshou4_2 警視庁の安全安心サポートニュースで、警察官を騙る詐欺に注意を呼びかけるメールが流れた。都内で爆発しているようだ。「オレオレ詐欺」や「還付金詐欺」につづいて全国に拡大しつつある「警察官騙る詐欺」。最初に明らかになったのは朝日新聞の逮捕の記事だった。今年3月、千葉県警の刑事を名乗る電話があり、被害者が疑問を持ち城東署に相談。「カードを取りに行く」と自宅を訪れた被疑者が逮捕された。実は、平成19年末から千葉都県境で警察官を騙る電話が相次いでいた。城東署で逮捕したので治まるかと思われたが拡大。6月から7月にかけて千葉県内で集中的に発生。7月には神奈川県から兵庫県に飛び火。尼崎東署管内では「大阪府警の警察官」を騙る電話が連続8件も発生。7月26日には神奈川県平塚市内で50万円、8月には名古屋市内で60万円の被害が出た。9月に入ると北へ拡大し、群馬県館林市で150万円の被害。10月には西に拡大し長野県内へ。長野県警で被疑者を逮捕したら東京・江戸川の男だった。西は長野県に止まらず12月には新潟県へと日本海まで行きついた。一方、北コースは群馬県から仙台へと北上、12月には遂に北海道に上陸。まさに日本列島を波状のごとく拡大した。役者は警察官、全国銀行協会員、個人情報保護協会員、検察官から検察事務官、弁護士まで登場。役者そろい踏みでは、もはやオレオレ詐欺を抜いている。文言も「口座を凍結する」「窃盗グループを検挙した」「指紋を採取する」などの専門用語を使っているのが特徴だ。

続きを読む "★警視庁管内 体感治安 レベル2"

| コメント (0)

☆タクシー強盗:運転手刺され死亡 売上金なくなる 兵庫(29日)

Logo_mainichi1_3 29日午前5時35分ごろ、兵庫県稲美町六分一の天満大池公園の駐車場に止まっていたタクシーの横で、「加古川タクシー」運転手、永田三郎さん(54)=同県明石市大久保町大窪=が血まみれになって倒れているのを散歩していた近くの男性が発見、110番した。永田さんは死亡。タクシーの売上金がなくなっており、同県警捜査1課は加古川署に捜査本部を設置、強盗殺人事件として捜査している。調べでは、永田さんはタクシーから数メートル離れたところで、頭から血を流してうつぶせに倒れており、首に複数の刺し傷があった。タクシーは加古川タクシーの車で、永田さんが乗務していたとみられる。タクシーの料金メーターは1万数千円を表示しており、運転席や後部座席に血痕があった。凶器は見つかっていない。捜査本部は同日、永田さんを司法解剖し、死因を特定する。午前4時半ごろ、別の男性が現場にタクシーが停車しているのを目撃していた。現場はJR土山駅から北東約2キロで、住宅が点在している地域。http://mainichi.jp/select/today/news/20081229k0000e040018000c.html

| コメント (0)

☆「カッとなった」 高2長男に殴られた母親、風呂場で死亡(29日)

Banner_logo_051_9 千葉南署は29日、母親(47)を殴りけがをさせたとして、傷害容疑で高校2年の長男(17)=千葉市緑区=を逮捕した。母親は死亡。同署は司法解剖して詳しい死因を調べる。調べによると、長男は28日午後5時20分ごろ、自宅の風呂場で母親の顔や頭を殴り、けがをさせた疑い。母親は病院で統合失調症の疑いがあると診断され、長男ら家族が生活の面倒をみていた。調べに長男は「入浴させようとしたがなかなか入らず、かっとなって殴った」と話しているという。長男は暴行後に外出し、28日午後10時すぎに帰宅した際、風呂場で倒れたままの母親を発見、自ら119番通報した。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081229/crm0812291642009-n1.htm

| コメント (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺 (29日)2件

振り込め詐欺目的か 携帯電話詐取の男逮捕千葉・市原

Banner_logo_051_7 偽の免許証で携帯電話を詐取しようとしたとして、千葉県警市原署は29日までに、有印私文書偽造・同行使と詐欺未遂の現行犯で、住居不定、無職の坂下昌司容疑者(25)を逮捕、千葉地検に送検した。調べでは、坂下容疑者は27日午後3時40分ごろ、市原市五井の携帯電話販売店で、偽の運転免許証を提示して携帯電話1台をだまし取ろうした。免許証を不審に思った販売店が同署に通報した。坂下容疑者は「富山県で知り合った男に1日1万円で頼まれた。金目当てで今までに千葉県内で10数件やった」と供述しており、同署で余罪を追及するとともに、振り込め詐欺目的と見て調べている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/208645/

相次ぐ携帯電話店荒らし 佐倉で40台盗まれる 千葉

Banner_logo_051_8 29日午前5時20分ごろ、佐倉市鏑木町の携帯電話販売店「ドコモショップ佐倉北口店」で、警報装置が作動したと警備会社から110番通報があった。佐倉署が調べたところ、入り口の自動ドアがこじ開けられ、倉庫内にあった携帯電話約40台(計120万円相当)が盗まれていた。約5分間の犯行だった。調べでは、店の防犯ビデオにフードをかぶった男が映っていたという。佐倉署は窃盗事件として捜査。11月にも八街市で、同様の手口で携帯電話約95台が盗まれており、同一犯の可能性もあるとみている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/208643/

関連ニュース

タイトル更新日付補足情報
12/21 12:47 フォトなしブログ付き特集なし
12/19 12:17 フォトなしブログなし特集なし
12/20 20:52 フォトなしブログ付き特集なし
11/22 14:03 フォトなしブログ付き特集なし
12/13 12:22 フォトなしブログ付き特集なし
12/28 00:12 フォト付きブログ付き特集なし

| コメント (0)

☆警官、バールで殴られ軽傷 東京・巣鴨(29日)

Banner_logo_051_6 29日午前0時55分ごろ、東京都豊島区西巣鴨の個人経営のスーパーで、ドアをバールでこじ開けようとしていた男を、自転車で通りかかった警視庁巣鴨署の男性巡査(25)が発見した。巡査が声をかけたところ、男はバールで巡査の頭部を殴った。巡査が警棒で応戦するなどしたところ、男は逃走。巡査は軽傷で、同署は公務執行妨害、傷害などの容疑で男の行方を追っている。調べでは、男は50歳くらいで、160~170センチ。紺色のジャンパー、ジーンズ姿だった。自転車に乗って逃走しようとしたが、巡査に阻まれたため、徒歩で逃走した。自転車は盗難車だった。現場近くでは、この約3カ月間でバールなどを使った事務所、店舗荒らしが20~30件発生しており、同署で関連を調べている。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/208679/

| コメント (0)

☆山梨で山火事、20ヘクタール焼く 陸自ヘリ消火活動(29日)

140867_c1601 Banner_logo_051_5                    山梨県笛吹市と甲府市の境にある大蔵経寺山の山頂付近で火災が発生。29日午後1時ごろまでに山林約20ヘクタールを焼き、延焼中。山梨県は陸上自衛隊に出動要請した。県の防災ヘリに加え、陸自や長野、埼玉、群馬各県の防災ヘリも消火にあたっている。これまでに民家への延焼やけが人はない。笛吹市消防本部によると、28日午後3時半ごろ、市内の男性から「山頂付近から白煙が上がっている」と119番通報があった。県警などが出火原因を調べている。現場はJR石和温泉駅の北西約2キロ。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/208703/

| コメント (0)

☆東北、秋田、山形、上越、長野の各新幹線で運転再開 運行システムにトラブル(29日)

Dst0812290720002s61 Msn_s1_3          JR東日本の東北、上越、長野、山形、秋田の各新幹線は29日、運行管理システムに障害があり、始発から運転を見合わせた。同社によると、障害があったのは東京都千代田区丸の内の新幹線運行本部内にあるコスモス(COSMOS)と呼ばれる運行を管理するメーンシステム。29日午前0時から午前6時までのシステム切り替え作業中に障害が発生し、システム内の日付が切り替わらなくなったとみられる。前日までに悪天候や車両トラブルの影響でダイヤの乱れが相次いだことで入力作業に時間がかかったらしい。JR東でトラブルの原因が、ソフトウエアの不具合なのか、人的要因によるものなのか、詳しく調Dst0812290720002s11 査しているが、午前9時までに全線で運転を再開した。

| コメント (0)

☆タクシー運転手殺される 兵庫・加古川(29日)

Msn_s1_2 29日午前5時40分ごろ、兵庫県稲美町六分一の天満大池公園の駐車場で、タクシー運転手の男性が血まみれで倒れているのを通行人が発見して110番。県警が調べたところ、男性は首を刺されて死亡しており、近くに止めていたタクシーから売上金がなくなっていることから、県警捜査1課は加古川署に捜査本部を設置し、強盗殺人容疑で捜査を始めた。調べでは、男性は同県明石市大久保町、加古川タクシー運転手、永田三郎さん(54)。永田さんは首を刃物のようなもので刺された跡があったという。付近で凶器は発見されていない。現場はJR山陽本線土山駅の北東約2キロ。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081229/crm0812291143003-n1.htm

| コメント (0)

☆滑落女性を救出 北アルプス・西穂高岳(29日)

Msn_s1 岐阜県警山岳警備隊は29日朝から、同県高山市の北アルプス・西穂高岳(2908メートル)で28日に滑落した西川良子さん(36)=大阪府和泉市=の捜索を再開、西川さんを見つけ、ヘリコプターで救出した。足にピッケルが刺さり、重傷を負っている。また、北アルプス抜戸岳(2812メートル)で27日に雪崩に巻き込まれて行方不明となった高校教員、桑原義仁さん(48)=静岡市葵区=と、会社員、塚田征義さん(39)=静岡市駿河区=の捜索も再開した。 岐阜県警によると、西穂高岳の尾根では、同志社大山岳部の学生2人が自力で下山できなくなりビバークしているのも見つかった。命に別条はないという。北アルプスは雪やガスで視界が悪く、捜索は28日午後にいったん打ち切られていた。http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/081229/dst0812290844003-n1.htm

| コメント (0)

★世田谷一家殺人事件まもなく8年、公的懸賞金効果は?(29日)

Banner_logo_051_4 2000年12月30日、東京・世田谷で一家4人の命が奪われた事件から、もうすぐ8年が経つ。同事件をはじめとする未解決の凶悪事件を迷宮入りに終わらせないため、警察庁は昨年4月、日本初の公的懸賞金捜査特別報奨金制度」を打ち出した。運用開始から1年半、同制度は事件解決の決め手となるのか。その中身を検証した。警察白書によると、犯罪検挙率は1989年から50%を割り込み、01年に史上最低の19.8%を記録。昨年は刑法犯の認知件数約191万件に対し、検挙率は31.7%にとどまっている。「検挙率は明らかに悪化している。とくに、栃木・今市市の女児殺人など世間に大きな印象を与えた重大事件が軒並み解決していない。11月の元厚生次官連続襲撃事件は犯人の自首でスピード解決したが、長期化も懸念された。報奨金制度導入は、こうした現状を打開したい狙いがある」と話すのは警察問題に詳しいジャーナリストの大谷昭宏氏。これまでも遺族が自主的に懸賞金をかけたり、各種団体が懸賞広告を実施するケースはあった。82年に愛媛・松山市で起きたホステス殺人事件では、総額400万円の懸賞金がかけられたことで、犯人の福田和子元受刑囚(服役中に死亡)が時効寸前に逮捕。そのほか、02年の千葉・松戸市マブチモーター社長宅強盗放火殺人事件など計5件の“成功例”がある。ただ、警察庁が懸賞金をかけた事件については、まだ残念ながら「検挙に至ったケースはない」(広報室)。それでも、「数カ月間、情報がなかったものが、急に情報が寄せられるようになったり、1カ月あたり数件に過ぎなかった通報が数十件に増えるなどの効果がみられる」(同)という。「懸賞金の上限額は対象事件ごとに刑事局長が決定するが、警察庁特別手配等重要な指名手配事件は上限100万円、社会的反響の大きい特異または重要な事件は300万円」となっている。 これまでに同制度の対象となったのは延べ37件。東京・世田谷一家4人殺人事件は300万円、千葉・市川市の英国人女性殺害事件は100万円の懸賞金がかけられている。懸賞金の対象期間は1年だが延長もあり、世田谷一家の事件は今月初めに1年延長された。前出の大谷氏は「おカネで情報を釣ろうというやり方が日本の風土になじむかどうか。これまでも、これからも犯人逮捕に直結するのは『市民の正義感』と『捜査員の執念』。カネ目当てのでたらめな情報が殺到することも懸念されるので、情報の精度の見極めが課題」と語るが、どんな形でもいいから事件が解決してほしいというのは関係者全員の願いだろう。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/208587/

【ブロガーコメント】

Nisshou4 これまでも懸賞金を実施した事件では昭和年の愛媛県松山市で起きたホステス殺人事件では、総額400万円の懸賞金がかけられ、犯人の福田和子元受刑囚(服役中に死亡)が時効寸前に逮捕されるなど計5件の成功例があるという。ただ、警察庁が懸賞金をかけた事件については、まだ残念ながら検挙に至ったいません。 今回の懸賞金で成功例が少ないのは、訳があるのです。福田の時はワイドショーの全盛期。被疑者が整形手術をして逃げているものだから、ワイドショーの恰好のネタだった。それに整形手術した医者が絡み、朝、昼のワイドショーで盛り上げるものだから、全国各地から情報が寄せられたのです。ところが、警察庁の今回の懸賞金制度は、はっきり言って「投げやり」。懸賞金のポスターを貼って、はい終わり。ネタを出さないから、国民の関心をひかないのです。過去の成功例は、マスコミが書きまくっているのです。現在の警察には、残念ながら「書いてもらう」と意識がない。だからネタの提供がない。マスコミは取り上げない。国民が盛り上がらない。それの繰り返しなんです。

続きを読む "★世田谷一家殺人事件まもなく8年、公的懸賞金効果は?(29日)"

| コメント (0)

☆ガザ空爆:死者287人に イスラエル軍、境界に地上部隊(29日)

Logo_mainichi1 【エルサレム前田英司】イスラエル軍は28日、パレスチナ自治区ガザ地区を実効支配するイスラム原理主義組織ハマスの関連施設に対し、2日連続で大規模な空爆を続けた。ロイター通信によると、パレスチナ人の死20081229k0000m030069000p_size41 者は287人、負傷者は700人超に達した。同軍はガザとの境界付近に戦車数十両を含む地上部隊を集結。一方、イスラエル・メディアによると、ガザから同日、イスラエル領内にロケット弾や迫撃弾約40発が撃ち込まれた。イスラエル政府は28日に閣議を開き、予備役6500人の招集を了承した。オルメルト首相は「大きな痛みを伴う、長く難しい戦いになる」と説明。ガザ侵攻と地上戦が展開される可能性が出てきた。2日間で地区内の警察署、行政機関、ロケット弾関連施設など約230カ所が爆撃された。犠牲者は初日だけで230人以上に達し、女性や子供15人が含まれるという。自治区へのイスラエル軍の攻撃による1日の死者数としては過去最悪だ。軍は28日、ハマス系のテレビ局やモスク(イスラム礼拝所)のほか、ガザ地区からエジプト側へ通じる40カ所以上の越境トンネル付近を空爆した。これに対し、シリア亡命中のハマス指導者メシャール氏は中東の衛星テレビを通じて、「自爆攻撃による第3次インティファーダ(反イスラエル抵抗闘争)」の開始を支持者に呼びかけた。一方、国連安保理は28日、ガザ地区でのすべての軍事行動を即時停止するよう声明を発表した。http://mainichi.jp/select/today/news/20081229k0000m030056000c.html

ガザ空爆:ハマス幹部「醜い虐殺だ」病院にあふれる負傷者

Logo_mainichi1_2  【エルサレム前田英司】イスラエル軍は28日もパレスチナ自治区ガザ地区を実効支配するイスラム原理主義組織ハマスの関連施設に対する空爆を続行、犠牲者数は拡大するばかりだ。今回の猛攻は、イスラエルによる厳しい境界封鎖にさらされてきたガザ住民に追い打ちとなっており、食料支援が滞るなどの人道危機の懸念も高まっている。ガザ在住の毎日新聞助手によると、ガザ市内は28日も断続的な爆撃にさらされ、大きな爆発音がとどろいた。民家の多くは爆風でガラスが割れるなどの被害を避けるため、窓を開放。停電を強いられる中で暖房器具を使えず、毛布で暖を取っている状況だ。市民の間には、終わりの見えないイスラエル軍攻撃への不安が広がっている。商店の大半がシャッターを閉めたままの一方で、開店中のパン屋の前には買いだめに走る人々が殺到した。多くが外出を避けて家の中に閉じこもり、「家族全員、死ぬのも生き残るのも一緒だ」(地元住民)と息を潜めているという。ガザ市内の病院には大量の負傷者が次々に運び込まれている。しかし、ガザ境界封鎖による物資不足の影響で、約100台ある救急車の半数は整備不良などに陥って動かず、薬の在庫も不十分なため、過去最大規模の惨事に対応できる状況でないという。支援団体からは人道危機の誘発を懸念する声が上がっている。イスラエル軍は境界での検問態勢を強化しており、外国報道機関のガザ入りも許可していない。ハマス最高幹部のハニヤ氏は27日、「パレスチナ人に対するこれほどまでに醜い虐殺は見たことがない」とイスラエル軍の攻撃を激しく非難し、自爆テロを含む報復を宣言した。イスラエル紙ハーレツによると、既に東エルサレムやヨルダン川西岸自治区でパレスチナ人による抗議デモが頻発。西岸の中心都市ラマラでは、数十人のパレスチナ人がイスラエル軍に投石し、軍がゴム弾などで応戦する事態に発展した。西岸の別の町ヘブロンでも同様の衝突が起きた。イスラエル警察は国内でガザ空爆に対する「報復テロ」の恐れがあるとして警戒を強化、緊迫した空気が漂っている。中島勇・中東調査会主席研究員の話 ロケット弾攻撃を受けていたイスラエルは、国民向けに力強いメッセージを発する必要があり、空爆に踏み切ったのだろう。ただし、イスラエルはハマスを壊滅するつもりはない。空爆の巻き添えで多数の市民が犠牲になっているのは悲惨だ。イスラエルの攻撃のやり方は疑問だが、問題はガザ地区を「支配」しているハマスの無策にもある。ハマスは政治担当能力がなく、何の戦略も目的も持っていないからだ。アラブ諸国はイスラエルを非難しているが、大半の国はハマスを助けようとは思っていない。ガザ地区の住民は経済封鎖などでこれ以上、苦しい生活には耐えられないだろう。事態打開のためにはハマス自体が変わり、国際社会との政治的対話の場につくことが先決だ。岡真理・京都大学准教授(アラブ文学)の話 ガザ地区のパレスチナ人からメールで情報が届いている。ある女性は10人の家族を失い、通学途中の子供も犠牲になった。ハマスのロケット弾攻撃に対する、拠点への限定的な攻撃だというのは口実だ。実際は、封鎖された地区の住宅密集地で非戦闘員への攻撃であり、虐殺といえる。パレスチナ人やアラブも、そう受け止めると思う。大規模な予備役招集は、自治区にイスラエル軍が侵攻した00年の第2次インティファーダの時と同じだ。服従しなければこうなるという、パレスチナ人への見せしめだ。http://mainichi.jp/select/today/news/20081229k0000m030070000c.html

| コメント (0)

☆巡査部長が女性はね死なす 愛知県瀬戸市(29日)

Banner_logo_051_2 28日午後6時10分ごろ、愛知県瀬戸市陶生町の市道で、瀬戸署地域課の水野孝信巡査部長(55)=同市田中町=の乗用車が、道を横断しようとした近所の無職、水野順子さん(83)をはねた。水野さんは頭を強く打ち間もなく死亡した。瀬戸署は自動車運転過失致死の疑いで水野巡査部長から事情を聴いている。同署によると、水野巡査部長は非番で、買い物帰りだった。調べに対し「ぶつかる直前まで気付かなかった」と話しているという。同署の鈴木忠副署長は「署員の指導を徹底し、再発防止に努めたい」としている。http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/081228/dst0812282240017-n1.htm

| コメント (0)

☆茨城・阿見町82歳男性ひき逃げ死亡事件 68歳のトラック運転手を逮捕(29日)

Logo1_2 茨城・阿見町で27日夜、82歳の男性がひき逃げされ死亡した事件で、トラック運転手が逮捕された。逮捕されたのは、千葉・山武市のトラック運転手・保谷興作容疑者(68)。保谷容疑者は27日午後11時ごろ、阿見町の横断歩道でバイクと接触し、転倒した手塚精二さん(82)を大型トラックでひき逃げし、死亡させた疑いが持たれている。保谷容疑者は、調べに対して「何かを踏んだ気がする」と供述しているという。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00146731.html

千葉・成田市で40歳中学校教師が酒気帯び運転で大型トラックに衝突 現行犯逮捕

Logo1_3 千葉・成田市で、中学校教師が酒気帯び運転で大型トラックに衝突し、現行犯逮捕された。
酒気帯び運転の現行犯で逮捕された富里中学校教師・山中裕治容疑者(40)は、成田市内の居酒屋で同僚の男性と酒を飲んだあと、乗用車で帰宅途中だった28日午前1時ごろ、路肩に止まっていた大型トラックに衝突した。山中容疑者は、待ち合わせ時間に間にあわないと思い、車で居酒屋に向かったという。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00146729.html

| コメント (0)

☆IDなど不正使用で被害急増 ヤフーオークション(29日)

News_pic1_4 国内最大手のインターネットのオークションを運営するヤフーのサービスで、利用者を識別するIDとパスワードが何者かに盗まれ、不正な品物の販売に使われる被害が急増していることがわかり、ヤフーではパスワードの管理に注意を呼びかけています。ヤフーによりますと、オークションの利用者のIDとパスワードが盗まれ、不正に利用されたという被害は、ことしの8月ごろから増え始め、これまでに5000人以上に上っています。盗まれたIDは、偽ブランド品や海賊版のDVDなど不正な品物の販売に使われているほか、オークションへの出品には一定の料金がかかるため、利用者からは、ヤフーから身に覚えのない料金が請求されたという苦情が相次いでいます。ヤフーによりますと、ことしの夏以降、中国や東南アジアなどのコンピューターから、利用者のIDとパスワードを盗もうとするアクセスが増えており、IDとパスワードが同じだったり、ヤフー以外の複数のサービスで同じパスワードを使っていたりする利用者がIDとパスワードを盗まれ、被害にあったのではないかということです。ヤフーでは、不正な利用による被害は補償するとともに、利用者にはパスワードを定期的に変更するよう注意を呼びかけています。http://www3.nhk.or.jp/news/k10013291821000.html

| コメント (0)

☆いわき死体遺棄:「盗み見つかり絞殺」容疑者が供述 福島(29日)

Logo_mainichi1_3 福島県いわき市の民家で男性の遺体が見つかった事件で県警は28日、死体遺棄容疑で逮捕した住所不定、無職、鈴木智勝容疑者(30)が「盗みに入ったら見つかったので、首を絞めて殺した」と供述していることを明らかにした。強盗殺人容疑も視野に入れて調べる。県警いわき中央署の調べでは鈴木容疑者は23日ごろ、同市平豊間、無職、遠藤利吉さん(79)方2階廊下で、遠藤さんの遺体に布団をかぶせて遺棄した疑い。布団は風呂敷に包まれていた。死因は首を絞めたことによる窒息だった。室内は物色した形跡があるが、盗まれたものがあるかは不明。鈴木容疑者の実家は遠藤さん方に近く、鈴木容疑者が遠藤さんの乗用車に乗っているところを署員に発見された。【松本惇】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081229k0000m040038000c.html

| コメント (0)

☆遭難相次ぐ 北アルプス・抜戸岳で雪崩、静岡の2人不明のまま 山形では埼玉の公務員(29日)

Logo3_4 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂の北アルプス・抜戸(ぬけど)岳(2813メートル)で、27日午後3時半ごろに雪崩があり、静岡山岳会のパーティー4人のうち2人が巻き込まれた。下山した他の2人から届けを受けた岐阜県警などが28日朝から付近を捜したが、2人は見つからなかった。29日も早朝から捜索に向かう。 高山署によると、行方不明になっているのは、私立常葉学園橘高校教諭桑原義仁さん(48)=静岡市葵区上足洗1丁目=と三菱電機社員塚田征義さん(39)=同市駿河区池田。2人は27日午後2時半ごろ、標高1480メートルの小池新道入り口付近でベースキャンプを設営後、ルート偵察のため約500メートル北に進んだ際に雪崩に巻き込まれたらしい。テントを張る作業をしていた静岡山岳会会長の県立静岡南高校教諭小田直美さん(54)=静岡県岡部町内谷=と無職風岡征治さん(65)=同県芝川町内房=が雪煙を見て雪崩に気づき、約1時間半にわたって2人を捜したが、見つからなかったという。 雪崩が起きたのは標高約1500メートルの東斜面。雪崩の幅は50~60メートルで深さは約2.4メートル。28日は岐阜県警山岳警備隊員や小田さんら23人が、約4時間にわたって付近を捜した。日没を前にした午後2時に捜索を打ち切った。視界が悪いためヘリコプターによる捜索もできなかった。桑原さんらは、自分の位置を電波で知らせるビーコンを持っていたが、遭難直後から反応はないという。署によると、4人は27日午前7時すぎに新穂高温泉から入山。29日に抜戸岳山頂をめざし、30日に下山する予定だった。桑原さんは登山歴20年(冬山登山歴10年)、塚田さんは3年(同3年)という。小田さんは28日、取材に対し「テントを張り終えたころ、突然、風が吹くような音と気配がして桑原さんらが走り出した。山頂側の岩の間から雪崩が見え、雪煙がテントにも押し寄せてきて数分間は何も見えなかった」と話した。 http://www.asahi.com/national/update/1228/NGY200812270011.html

北ア・西穂で大阪の女性滑落、自分で簡易テントかぶる?

Logo3_5 岐阜県警に28日午後2時ごろ入った連絡によると、北アルプスの西穂高岳(2909メートル)に登っていた長野県の山岳会の女性3人パーティーのうち、大阪府和泉市緑ケ丘1丁目、西川良子さん(36)が、山頂からピラミッドピークと呼ばれる頂の一つへ下りる途中の岩場で足を滑らせ、約300メートル滑落した。同行者によると、滑落後に自分で簡易テントをかぶったのが見えたといい、意識はある模様だ。天候が悪いためヘリコプターでの捜索は見送り、県警などは29日朝、天候の回復を待って救出に向かう。 http://www.asahi.com/national/update/1228/NGY200812280012.html

中央アルプス 東京の男性が檜尾岳近くで滑落、不明

Logo3_6 28日午後0時45分ごろ、長野県警駒ケ根署に、東京都内の三峰山岳会事務局から「中央アルプスを縦走中の男性が滑落したようだ」と通報があった。一緒に登っていた千葉県の女性(51)から同日昼ごろ、所属する同山岳会へメールで連絡があったという。この女性自身は山小屋に避難したという。同署によると、滑落したのは東京都狛江市岩戸南3丁目の森啓(あきら)さん(34)。森さんら2人は27日に中央アルプスの千畳敷から入山。女性からのメールによると、森さんは檜尾(ひのきお)岳(2728メートル)付近の稜線(りょうせん)で滑落した。 通報を受けた県警はヘリコプターで捜索したが、風速30メートルと悪天候のため29日早朝から再開する予定。http://www.asahi.com/national/update/1228/TKY200812280180.html

続きを読む "☆遭難相次ぐ 北アルプス・抜戸岳で雪崩、静岡の2人不明のまま 山形では埼玉の公務員(29日)"

| コメント (0)

☆69歳の祖父、8歳の孫娘を追いかけ回して刺した疑い(29日)

Logo3_3 同居する孫娘を包丁で刺してけがをさせたとして、神奈川県警平塚署は28日、平塚市御殿3丁目、無職浅香照夫容疑者(69)を傷害容疑で逮捕したと発表した。調べに対し浅香容疑者は「よく覚えていない」と話しているという。 平塚署によると、浅香容疑者は同日午前3時15分ごろ、2階の同じ部屋で寝ていた孫で小学2年生の芳賀ゆり乃さん(8)の布団に入って嫌がられたことに腹を立て、台所から持ち出した包丁(刃渡り約24センチ)でゆり乃さんを追いかけ回し、背中と左手甲を刺して約2週間のけがを負わせた疑いがもたれている。ゆり乃さんは2階の姉の部屋にたまたまかかっていたはしごを伝って逃げ、近所の友人宅から119番通報した。同署によると、浅香容疑者は事件直前、焼酎やビールとともに睡眠導入剤を服用。意識がもうろうとしていたという。ゆり乃さんは浅香容疑者と姉(13)、母親(39)の4人暮らし。事件当時、姉は自室で就寝中で、母親は外出中だったという。 http://www.asahi.com/national/update/1228/TKY200812280192.html

| コメント (0)

☆【衝撃事件『未解決』の核心】事件の筋は“性犯罪”か 豊田女子高生殺害の無念いまだ(29日)

Msn_s1_2 今年5月、部活動からの帰宅途中に愛知県豊田市の愛知教育大附属高校1年、清水愛美さん=当時(15)=が自宅近くの農道で殺害された事件は、下着やジャージーが奪われていたことから、変質者による犯行との見方が強まっている。約15キロ離れた場所では愛美さんのバッグが発見されており、豊田署捜査本部では「2つの地点を結ぶところに必ず犯人はいる」と、寄せられた情報の捜査と不審者の洗い出しに全力を挙げている。

犯罪多発地区の寂しい農道で事件は起きた

 愛知県豊田市。言わずと知れた自動車の世界的メーカー「トヨタ自動車」の企業城下町だ。だが、犯罪の統計が示す豊田は自動車の街だけではない。豊田市を管轄する豊田署は刑法犯認知件数が愛知県の警察署でトップ。全国でも屈指の犯罪多発地区といえる。「外国人労働者が多いうえ、高速道路が縦横に走りインターチェンジ(IC)も多い。1時間あれば東は浜松まで行き、西は名古屋を越える。交通の利便性は犯罪の利便性でもある」 県警幹部は管内事情をこう説明した。愛美さんはこうした特異な土地柄の被害者でもあったのだろうか。事件現場は県警幹部の言葉を裏付けるような場所であった。愛美さんが殺害されたのは、伊勢湾岸自動車道豊田南IC入口の側道から50メートルほど入った田んぼの一本道だった。情報提供を呼びかける立て看板と、路上に置かれた花束だけが「現場」であることを知らせていた。車1台分しか幅がない農道が住宅街のある南西方向へ1キロ延び、日中は通行人もなく寂しい現場だ。現場から最も近い民家でも約300メートル離れている。大声を出しても高速道路の車の通行音でかき消されてしまう場所で、愛美さんは人生の最期を迎えてしまった。「この辺は夜になると真っ暗になってしまいます。街灯をつけようにも、電柱もない。事件後には、怖くて自転車で学校に行けなくなったという子供もいました」近所の女性(63)はそう言って声を震わせるが、事件から半年以上経過した現在も街灯は設置されていないままだ。愛美さんの命の代償は生かされているのだろうか。 

奪われたジャージーと下着

 殺害方法からは卑劣な犯行が浮き彫りになっている。事件はゴールデンウィーク4連休初日の今年5月3日に発覚した。前日の2日に部活動を終え、午後7時半ごろになっても愛美さんが帰宅しないため、家族が捜索願を出した。捜索に当たっていた知人が変わり果てた愛美さんを見つけた。愛美さんの顔面には、目や鼻を中心に殴られた跡があり、顔色は変色していた。口から首にかけては「電気絶縁テープ」と呼ばれ配管補修工事などで使用される黒いテープ(幅3・8センチ)が7重にも巻き付けられていた。さらに、口の中からは、声が出ないように押し込まれたとみられる白いタオルが見つかった。「25年以上刑事をやってさまざまな現場を見てきましたが、被害者の無念が伝わってくるという点では指折りの事件です」現場に駆けつけた県警捜査員はこう振り返る。執拗に暴力を振るって愛美さんを死に追いやった犯人の狙いはなんだったのか。犯行の状況からは性犯罪の可能性が強いが…。「遺体で見つかった愛美さんには乱暴された形跡はなかった。犯人の体液も検出されていない。だが、愛美さんの下着が奪われていた」(県警幹部)現場から約15キロ離れた岡崎市稲熊町の小呂川土手からは、現場から持ち去られた愛美さんのバッグが発見され、弁当箱などがみつかるが、紺色のジャージーは持ち去られていた。犯人は下着やジャージーを奪うことが目的だった疑いがあるのだ。 さらに注目すべきは、愛美さんが運営していた携帯サイトで自己紹介する「プロフ」である。事件前日には次のような書き込みがあったという。 《なんかこわいんだけどお母さんおそいよお》(19時) 《違うんだよね…?気のせいだよね》(22時7分) 事件の約7時間前にはこう書かれていた。 《気持ち悪い 部活どうしよ》(12時12分) プロフの内容から考えると愛美さんは帰宅途中に連日、不審者や変質者に出くわし、怯えていた可能性もあるのだ。

不安を募らせる地域の住民

 帰宅途中の女子高生が殺害された事件が未解決ということで、付近の住民の恐怖感は高まっている。豊田市教委が警察や学校と連携して不審者情報を提供する緊急配信メールの登録者数は事件前が3078件だったのに対し、事件後の11月末時点では1万1300件に跳ね上がった。「事件が未解決ということが子供を持つ父母の心配を増大させている」(市教委)愛美さんが通っていた愛知教育大附属校も警戒を継続したままだ。事件後に大学内に10台、高校に2台の防犯カメラを新たに設置。不審者情報を共有する連絡網も作成した。愛美さんが部活動帰りに事件に巻き込まれたこともあり、部活動の終了時間は現在も短縮したままだ。愛美さんの教室には1番後ろの列中央に、今も花やぬいぐるみが飾られている。同級生が殺害されたことへの生徒の心の傷も大きく、事件後1カ月は専門のカウンセラーが心のケアに当たったという。「不審者が多く、完全に安全を確保するのは難しいが、危険を予測して回避する力を生徒に養っていきたい。犯人の逮捕は安心できるひとつの要因になるのだが…」山本建一副校長は早期の事件解決を望んでいる。 

続きを読む "☆【衝撃事件『未解決』の核心】事件の筋は“性犯罪”か 豊田女子高生殺害の無念いまだ(29日)"

| コメント (0)

« 2008年12月28日 | トップページ | 2008年12月30日 »