« 2008年12月25日 | トップページ | 2008年12月27日 »

2008年12月26日

2008年12月26日 (金)

☆液体まき現金強奪、容疑の男逮捕 愛知の消費者金融(26日)

Logo3_2 愛知県警春日井署は26日、同県瀬戸市松原町3丁目、無職田渕明容疑者(67)を強盗の疑いで現行犯逮捕したと発表した。 同署によると、田渕容疑者は同日午後3時10分ごろ、同県春日井市鳥居松町6丁目の愛知土地ビル3階の消費者金融「武富士春日井支店」に押し入り、ペットボトルに入れた灯油のような液体をまき散らし、男性店員(36)を包丁で脅し現金4万6千円を奪って逃げた疑い。田渕容疑者は、別の男性店員(25)に約120メートル先の路上で取り押さえられた。店内に客はなく、店員4人にけがはなかった。田渕容疑者は「生活費が欲しかった」と供述していると同署は説明している。 http://www.asahi.com/national/update/1226/NGY200812260009.html

| コメント (0)

☆男性襲われ710万円奪われる 東京・大久保の路上(26日)

Banner_logo_051_9 26日午後5時ごろ、東京都新宿区大久保の路上で、帰宅途中だった同区の金融会社社長の男性(67)が、2人組の男になぐられ、現金約710万円の入ったバッグを奪われた。2人組は逃走し、警視庁新宿署で強盗事件として行方を追っている。男性にけがはなかった。
 調べによると、逃げた男の1人は、年齢30歳ぐらいで身長約160センチ。短髪でがっちりとした体型をしており、黒いジャンパーを着て、黒いスエットをはいていた。2人は男性を前後からはさみ込み、殴ったり足げにしたりしたという。現金は男性の会社の資金で、男性が帰宅する際に毎日持ち帰っていたという。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/208119/

| コメント (0)

☆【舞鶴高1女子殺害】捜査越年へ 「できることはやりつくす」と幹部ら(26日)

Banner_logo_051_8 京都府舞鶴市の府立高校1年、小杉美穂さん=当時(15)=殺害事件で、舞鶴署捜査本部の捜査は、年明け以降も続く見通しとなった。捜査本部はこれまでに、殺人・死体遺棄容疑で遺体発見現場近くに住む無職の男(60)=窃盗罪で起訴=宅で延べ6日間にわたる家宅捜索を行い、膨大な押収品についての分析を続けている。府警幹部の一人は「できることはすべてやり尽くす」と解決に決意をにじませている。クリスマスの25日、府警の熊崎義純本部長が、舞鶴署東庁舎3階にある捜査本部を訪れた。樋口文和・捜査1課長から捜査状況などについて説明を受けた熊崎本部長は、約20人の捜査員に対し「被害者、遺族の無念を晴らすため、解決に向けて全力を挙げてほしい」と激励した。捜査本部は、11月28日から12月3日まで行った家宅捜索で、自転車や衣類、スコップなど約2000点を押収。捜索と並行し、室内に美穂さんの血液や毛髪がないかを調べる現場検証を行った。その後は、未発見の凶器となりうる工具類や、美穂さんとの接触をうかがわせる微物の有無などについて詳しく分析。押収品の一部は、舞鶴署から府警科学捜査研究所に送って精密な鑑定を進めており、男が事件に関与していないかを慎重に調べている。ある府警幹部は「手の内を明かすことはできないが、押収品の分析を粛々と進めている。事件の全容解明のため、できることはすべてやり尽くす」と話した。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/208151/

| コメント (0)

☆倉庫のケースから女性遺体、殺人か 神戸市(26日)

Noimage_120x901 神戸市西区の運送会社の倉庫で26日昼前、プラスチックケースに入れられた女性の遺体が見つかった。警察は、殺人事件の可能性があるとみて捜査を始めた。遺体が見つかったのは、神戸市西区にある運送会社「フットワークエクスプレス」西神戸支店の倉庫。26日午前11時半ごろ、この会社の社員がプラスチックケースに入れられた女性の遺体を発見し、警察に通報した。 警察によると、女性は成人とみられ、死後数日は経過しているということで、身元はまだわかっていない。警察は遺体の司法解剖を行い、詳しい死因を調べるとともに、殺人事件の可能性があるとみて捜査を始めた。 http://www.news24.jp/125867.html

女性遺体:運送会社の元従業員?クーラーボックスに 神戸

Logo_mainichi1 26日午前11時半ごろ、神戸市西区見津が丘3の運送会社「フットワークエクスプレス西神戸支店」の倉庫2階で、クーラーボックスの中から女性の遺体が見つかった。遺体は同支店の元従業員(24)とみられ、兵庫県警捜査1課は死体遺棄事件として神戸西署に捜査本部を設置した。女性と交際していた同支店の配送責任者の男性(39)の所在が分からず、捜査本部は何らかの事情を知っているとみて捜査している。調べでは、女性は青色セーター、紺色ジーンズ姿。体を折り曲げるようにしてクーラーボックス(縦1メートル、横60センチ、高さ50センチ)の中に入れられていた。死後数週間とみられ、目立った外傷はなかった。27日に司法解剖する。クーラーボックスは倉庫2階にある階段の隅に放置されており、従業員が見つけて110番通報した。今月19日、女性の家族が配送責任者の男性と一緒に同署を訪れ、「約1カ月前から音信不通になった」と相談。男性は「最後に会ったのは11月中旬」と説明したという。男性は県警の任意の聴取に応じた後の25日午後7時ごろ、「残業がある」と言って署を出て所在不明になった。男性が数日前に現場近くでクーラーボックスを持っている姿を見たとの証言もある。同支店は24時間態勢で、日中は50~60人が勤務、夜間は時間帯によって人数が減るという。【米山淳、岩嶋悟】http://mainichi.jp/select/today/news/20081227k0000m040110000c.html

| コメント (0)

☆ガソリンスタンド襲い18万円奪う さいたま市(26日)

140096_c1601 Banner_logo_051_7            26日午前4時ごろ、さいたま市南区辻、ガソリンスタンド「セルフ南浦和SS」に男2人が押し入り、男性警備員(59)に拳銃のようなものを向けて脅し、セルフ給油機の料金箱2カ所を壊して現金約18万円を奪った。2人は別の男が運転する車で逃走、浦和署が強盗容疑で3人の行方を追っている。店の防犯ビデオには男が拳銃を向けたり料金箱を壊したりする様子が写っていた。調べでは、押し入った2人はいずれも20~25歳ぐらいで、黒いニット帽と白い手袋を着用。警備員が車のナンバーを確認しようと近づいたところ、無言で拳銃を向けたという。警備員の証言によると、3人組は銀色のワンボックスカーで乗り付け、逃走するまでは1分半ほど。「早く次やれ、早く次やれ」などと日本語で話していたという。

| コメント (0)

☆高級デリヘル狙い昏睡強盗「120件」 サービス料も踏み倒し(26日)

Banner_logo_051_3 ホテルに呼んだデリバリーヘルス(派遣型風俗店)の女性に睡眠薬入りの酒を飲ませ、現金を奪ったとして、昏睡強盗の疑いで逮捕、起訴された男が、13年前から同じ手口で約120件の犯行を繰り返していたと供述していることが26日、警視庁捜査1課の調べで分かった。料金5万円前後の高級店ばかり狙い、サービス料も踏み倒していたという。男は東京都足立区加平、無職、横木正行被告(44)。「テレビや雑誌をみて手口を思いついた。失業して仕事が見つからず、イライラした気持ちを紛らわすためにやった」と犯行を認めているという。調べでは、横木被告は平成7年から、東京都、千葉県、埼玉県で約120件の犯行を繰り返し、約500万円を奪ったとみられる。犯行に使った睡眠薬は、都内の病院に「不眠症」と偽って処方を受けていた。今年7月17日未明に豊島区巣鴨のホテルにデリバリーヘルス勤務の女性(24)を呼び、睡眠薬入りの酒を飲ませて現金6万2000円を奪ったとして、捜査1課が8月、横木被告を昏睡強盗の疑いで逮捕。これまでに同罪など6件で起訴されている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/208044

| コメント (0)

☆土中から妹?の遺体発見 兄の50歳男を逮捕「病死したので埋めた」(26日)

Banner_logo_051_2 遺体を自宅の庭に埋めたとして、千葉県警市原署は26日、死体遺棄容疑で市原市椎津、無職、神山利夫容疑者(50)を逮捕した。「今年6月に同居の妹が病死した。遺体を部屋に置いていたが、8月ごろ処理に困って一人で庭に埋めた」と供述しているという。市原署によると、神山容疑者の供述に基づいて自宅の庭を捜索した結果、深さ約50センチの土中から白骨化した遺体が発見された。妹(48)とみて、身元や詳しい動機を調べている。神山容疑者は、この妹と二人暮らしだった。25日夜、神山容疑者が県内に住む別の妹(45)に付き添われて市原署に自首。「自宅を訪れた妹に問い詰められた」と話しているという。調べでは、神山容疑者は今年8月ごろ、遺体を庭に埋めた疑い。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/207965

| コメント (0)

☆悪質商法など被害3兆4000億円 国民生活白書、「消費者」に焦点(26日)

Banner_logo_051 内閣府は26日、「消費者市民社会への展望」と題した平成20年版の国民生活白書を公表した。悪質商法などによる被害額は最大で約3兆4000億円に上るという推計を示し、被害者救済の実効ある仕組みづくりや、消費者被害防止に役立つ教育を進めることの重要性を強調した。消費者行政一元化に向けて09年度に消費者庁が創設される予定のため、「消費者」を本格的に取り上げた。内閣府は通信販売や訪問販売を通じた悪質商法に加え、欠陥商品や食品偽装による損失額を推計。07年度は契約金額ベースで最大3兆3922億円、国内総生産GDP)比で約0・7%に相当するとした。また、悪質商法などの被害件数のうち約4割は、被害額5万円以下の少額被害であると分析。少額被害者は解決にかかる費用を考えて泣き寝入りする可能性が高く、損害を集団的に救済する仕組みが必要だと強調した。一方、約7割の消費者は国民生活センターなど公的機関に消費者の権利が守られてないと感じているとの調査結果を提示した。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/208046

| コメント (0)

☆食品偽装の摘発 最多ペース(26日)

News_pic1 食品の産地偽装など不正な表示を行った業者に対して、国や自治体が改善の指示や命令をした件数は今年度、83件と今の制度が始まって以来、最も多いペースになっており、農林水産省は今後も警察との連携を強め、厳しく対処していくことにしています。農林水産省は、今年度3000件以上の一般からの情報提供を受けて、外国産を国産として販売するなど食品の不正な表示について調査を行ってきました。その結果、業者に対して国や自治体が表示の改善を指示したり、命令を行ったりした件数は今年度あわせて83件に上っています。これはJAS法が改正されて改善指示や命令が行われるようになった平成12年度以来、過去最多のペースになっています。ことしの傾向として、架空の会社を使った大規模なうなぎの産地偽装事件が発覚するなど巧妙で悪質な偽装が目立っているということです。この1年余りで農林水産省からの情報をもとに、警察が家宅捜索などの強制捜査に乗り出したものは15件あり、このうち4件では関係者が逮捕されています。農林水産省では「これだけ食品の偽装が社会問題になっているのに、まだ不正を行う業者がいることが驚きだ。厳しく対処していきたい」と話しており、今後も警察との連携を強化していくことにしています。http://www3.nhk.or.jp/news/k10013250661000.html

| コメント (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺 (26日)4件

群馬県で起きた振り込め詐欺事件で現金を引き出すいわゆる「出し子」の画像を公開

Bs200812252202_531 Logo1           2008年3月、群馬県で起きた振り込め詐欺事件で、千葉県から現金を引き出すいわゆる「出し子」の画像が公開された。
白い野球帽に黒い縁の眼鏡をかけた男は、2008年3月、群馬・館林市の男性2人が振り込んだ現金あわせて132万円を、千葉・船橋市のコンビニエンスストアなどのATM(現金自動預払機)から引き出していた。群馬県警などは、男が振り込め詐欺グループの一味とみて、情報提供を呼びかけている。

情報提供は「群馬県警 027-243-0110」、「千葉県警 043-227-9131」まで。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00146552.html

偽造判決書で供託金差し押さえも 家裁書記官起訴 

Banner_logo_051_4 偽造判決書で振り込め詐欺に使われた口座の凍結が解除され現金が引き出された事件で、さいたま地検は26日、詐欺などの罪で、京都家裁書記官、広田照彦容疑者(36)を起訴した。広田被告はこのほか、偽造判決書を使って他人の供託金約3000万円を差し押さえて不正に取得していたことも、埼玉県警捜査2課などの調べで新たに判明。県警は余罪を追及する。県警の調べでは、広田被告は平成19年2月、神戸法務局にある関西地方の男性の供託金約3000万円を、京都地裁の偽造判決書を利用し、知人名義で差し押さえた。手口は、広田被告がなりすました「馬場(ばんば)」が男性に債権があるとした判決書を偽造。その上で、馬場の債権を広田被告の知人に譲渡したように見せかけ、知人名義で裁判所に偽造判決書を送り、供託金を差し押さえるというものだった。広田被告は19年9月に偽造の裁判書類で馬場の戸籍を取得していた。2月段階では馬場名では差し押さえを申し立てられなかったため、知人に債権譲渡したように装ったとみられる。知人は供託金を小切手で受け取り現金化し、広田被告に渡したという。県警は知人も調べている。広田被告はこのほかにも昨年12月、偽造文書で認知症の資産家の遺産約3000万円を差し押さえ取得するなど、不正に得た現金は計約6400万円に上るとみられる。広田被告は一連の事件への関与をほのめかしており、県警は余罪を追及する。広田被告は株取引をしていたが、昨年秋ごろ、多額の損失を出していたという。県警は不正に取得した金が株の損失の穴埋めに使われた可能性もあるとみて調べている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/208040/

還付金詐欺に新たな手口

News_pic1_3 今月になって北九州市で、戸畑区役所の職員を名乗る男が医療費の還付金があると偽り、お年寄りの自宅まで訪ねて現金をだましとる手口の被害が相次いでいます。市や警察はATMを使わずに自宅まで訪ねてだまし取る新たな手口として注意を呼びかけています。北九州市によりますと、25日午後7時半すぎ、北九州市戸畑区に住む78歳の女性の自宅に戸畑区役所の職員を名乗る男から「医療費の還付が9万円あります。受け取るには事前に4万8000円を支払う必要があるので、いまから部下を集金に行かせます」という電話がありました。電話で指定されたおよそ30分後、20歳から30歳くらいの男が女性の自宅を訪れて4万8000円を受け取りました。女性が領収書を求めましたが、男は「時間外なので領収書は出せない」と話して立ち去ったということです。戸畑区では今月15日にも、同じような手口で別の78歳の女性が3万1000円をだまし取られる被害があったということです。還付金詐欺については、金融機関などのATM・現金自動預け払い機をことば巧みに操作させて現金を振り込ませる手口が相次いでいますが、警察によりますと、自宅まで訪ねて現金をだまし取る手口は県内ではこれまでになかったということです。警察は新たな手口として捜査を進め、市なども注意を呼びかけています。http://www.nhk.or.jp/kitakyushu/lnews/02.html

続きを読む "★日本列島 本日の振り込め詐欺 (26日)4件"

| コメント (0)

☆「全身を風呂に突っ込んだ」勝木容疑者が供述…女児死体遺棄(26日)

Yomiuri_koudoku1 千葉県東金市、保育園児成田

(

幸満

)

ちゃん(当時5歳)の遺体が9月、路上で見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された無職勝木諒

)

容疑者(21)が、「女の子(幸満ちゃん)の全身を風呂に突っ込んだ。風呂には結構、水が入っていた」と供述していることが分かった。東金署捜査本部は、浴槽に相当量の水があったと認識しながら、小さな子どもを沈めれば死ぬことを十分に認識できたとみており、26日、勝木容疑者を殺人容疑で再逮捕する。捜査関係者らによると、勝木容疑者は浴槽に沈めた状況について、浴槽の中に全身を突っ込むように入れて沈めたと話し、「そうしたら、動かなくなった」としている。

| コメント (0)

☆医学書など押収 点滴異物混入、殺人未遂容疑で母送検(26日)

Logo3 入院中の1歳10カ月の娘の点滴に母親(35)が古くなったスポーツドリンクなどを注入したとされる事件で、京都府警は25日、殺人未遂容疑で逮捕したこの母親=岐阜県関市=を同容疑で京都地検に送検した。府警は同日、母親の京都での宿泊先や関市の自宅を家宅捜索し、医学書などを押収したことを明らかにした。 娘は京都市内の病院に入院中だった。これまでの府警の調べに対し、母親は「子どもが病気になると付き添って看病してやれる」などと供述しているという。 府警によると、家宅捜索では小児医学のテキストや雑誌数冊の他、注射器数本、ペットボトルに入った飲料水のようなものなどを押収したという。母親が医療関係の仕事についた記録は確認されていないという。府警は、母親が点滴に異物を混入させると病気になる可能性を知っていたかどうかなどを慎重に調べている。 http://www.asahi.com/national/update/1225/OSK200812250077.html

| コメント (0)

☆冷蔵庫から女性遺体 福島・白河(26日)

Msn_s1 25日正午すぎ、福島県白河市の女性(52)から「妹の家の冷蔵庫内に遺体がある」と県警白河署に通報があった。署員が同市年貢町の妹の家に駆けつけたところ、台所にあった冷蔵庫(高さ約1・5メートル)から正座した格好の女性の遺体を見つけた。同署は、遺体が女性の40代の妹である可能性が高いとみて、事件と自殺の両面から調べている。同署などによると、遺体は腐敗が進んでおり、死後1年以上たっているとみられる。遺体に目立った外傷はなく、家は内部から施錠されており、事件に巻き込まれた形跡は見つかっていない。また、この家は数年前からガスや電気などは止まっており、女性は妹と連絡が取れなくなっていたという。同署は26日に遺体を司法解剖し、死因や身元などを特定する方針。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081225/crm0812252116032-n1.htm

| コメント (0)

☆アパートで男性死亡、妻「自分が殺した」(26日)

Noimage_120x901_2 埼玉・鶴ヶ島市のアパートで25日、78歳の男性が死亡しているのが見つかった。71歳の妻が「自分が殺した」と話しており、警察は慎重に調べている。25日午前11時過ぎ、鶴ヶ島市にあるアパートの寝室で、この部屋に夫婦で住む山根芳男さんが死亡しているのを、訪ねてきた長女が見つけた。また、アパートの浴室では、山根さんの妻が手首から血を流して倒れていて、病院に搬送された。妻は軽傷で、警察の調べに対し「自分が夫を殺した。介護に疲れていて、自分も死のうと思った」などと話しているという。 しかし、山根さんの遺体には目立った外傷がなく、警察は司法解剖を行い、慎重に死因を調べる方針。 http://www.news24.jp/125795.html

| コメント (0)

☆傷害:後輩けりけが 巡査長を書類送検 埼玉県警(26日)

Logo_mainichi1 埼玉県警監察官室は25日、後輩をけってけがをさせたとして、警備部所属の男性巡査長(27)を傷害と銃刀法違反(所持)容疑などで書類送検し、停職3カ月の懲戒処分としたと発表した。巡査長は25日付で依願退職した。巡査長は機動隊員だった3月、独身寮の自室で後輩の巡査長(28)と格闘技のまねごとをしていて顔を殴った疑いと、4月に機動隊事務室内で、同じ巡査長にナイフを押し付けて脅したり、すねをけるなどした疑い。別の巡査(25)も同じ巡査長を殴った暴行容疑で書類送検し、警務部長訓戒にした。【浅野翔太郎】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081226k0000m040112000c.html

| コメント (0)

☆高1女子自殺、ブログに「死ね」…元同級生を家裁に書類送致(26日)

Yomiuri_koudoku1_4 北九州市小倉北区の私立高1年の女子生徒(当時16歳)が今年5月、「ホームページ上で『死ね』と書かれた」などと記した遺書を残して自殺した問題で、福岡地検小倉支部は25日、元同級生の少女(15)(自主退学)を侮辱の非行事実で福岡家裁小倉支部に書類送致した。少女は在学中の5月26、27日、誰でも閲覧可能なインターネット上の自分のブログに「死ね」などと書き込み、女子生徒を侮辱した容疑で10月、福岡県警から書類送検されていた。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081225-OYT1T00612.htm

| コメント (0)

« 2008年12月25日 | トップページ | 2008年12月27日 »