« 2008年12月18日 | トップページ | 2008年12月20日 »

2008年12月19日

2008年12月19日 (金)

☆東海道新幹線の車内でネット接続 来年3月スタート(19日)

Banner_logo_051_3 はJR東海は18日、東海道新幹線 N700系(東京~新大阪間)の車内インターネット接続サービスについて、2009年3月のダイヤ改正と同時に開始すると発表した。「HOTSPOT」と「Mzone」、「BBモバイルポイント」「UQ Wi-Fi」が対応する。N700系車内でのインターネット接続サービスは、事前に契約した公衆無線LANサービスのIDとパスワードを使って、無線LANによるインターネット接続が可能なサービス。車内での通信速度は、下り最大2Mbps、上り最大1Mbpsになる。また、乗換情報などを掲載したポータルサイトも開設される。JR東海では、2006年6月にサービス概要を公開。その後、2008年6月にNTTブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)と提携して、サービス準備を進めていた。今回、2009年3月のダイヤ改正に合わせて、車内インターネット接続サービスの提供を決定。当初の対応サービスは。NTTコミュニケーションズの「HOTSPOT」、NTTドコモの「Mzone」「mopera U(U『公衆無線LANコース』)」、ソフトバンクテレコムの「BBモバイルポイント」、UQコミュニケーションズの「UQ Wi-Fi」。上記サービスの契約者であれば、車内インターネット接続サービスのほか、東海道新幹線の全17駅での無線LANサービスの利用が可能になる。駅内での通信速度は、最大54Mbps。なお、対応サービス事業者のうち、UQコミュニケーションズ(UQ Com)の「UQ Wi-Fi」は新規の公衆無線LANサービスとなる。UQ Comでは、2009年2月よりモバイルWiMAXの提供を予定しているが、ユーザー利便性を向上させるため公衆無線LANサービスの提供を決定したという。 UQ comによれば、具体的な料金体系やサービス開始日は、2009年以降に予定するモバイルWiMAXのサービス発表と合わせて公表する考えという。なお、今回のN700系および東海道新幹線の駅以外の提供エリア拡大は、現時点で未定としている。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/206169

| コメント (0)

★小説 警視庁薬物特命捜査官(33)

   佐渡島の捜索

080713_164028_m こうして新潟県警による佐渡通信関係の家宅捜索は一斉に着手された。警察庁に着手報告されたの午前九時三分。六月にしては蒸し暑い日だった。警視庁新橋分室の風間理事官卓上の電話が鳴った。鬼頭からだった。
 「理事官ですか?。鬼頭です。今、着手しました。凄いですよ。四十人体制ですよ」
 「ご苦労だね。そうすると今回は押収資料の分析までそっちにいることになるね」

 風間の皮肉な言葉が出た。そして鬼頭も負けてはいなかった。ジャブの応酬がつづく。
 「出た物次第ですが…多分、そうなるでしょう」

「『出たとこ勝負』だからと言って本拠地を抜け出して佐渡島などに『出て行って』遊ばないようにしてくれよ…これ冗談だがね…」
 「いいですね。そのアイディアはもらいました。いや冗談ではなく今回の捜索箇所に佐渡島営業所がありましてね。覚せい剤の粉末でも出れば、私が行かないとね…」
 「行けば良いんじゃないですか。そのかわりだがね、戻ってもこっちの机は無いものと思ってもらわないと…」
 部屋にいるか本部庁舎に行くか警察庁に出向くかなど、行動半径の狭い風間にとっては、うらやましい仕事と思っているのだろうと鬼頭は思った。
 正午のニュースはテレビ各社ともトップニュース扱いだった。局によっては「北朝鮮の覚せい剤販売組織にメス」などとオーバーに表現するところもあった。
 部屋でテレビを見ていた牛島新潟県警本部長に電話が入った。警察庁の瀬上生安局長からだった。
 「派手にやってますね。期待しているんだけどさ、スイス銀行の口座なんていうのがあるだろうな。国内でも良いが、とにかく組織犯罪という裏付けを頼むよ」

 牛島と瀬上は旧知の仲だ。性格も似ていた。
 「了解、了解。刑事連中の話しを聞くと、確かに税務への申告というか年商が八千万ぐらいと言うのは少なすぎるですよね」と牛島。

 そして瀬上は言った。
 「地下銀行発覚なんていう新聞の見だしに期待していますよ」

 瀬上は間をおいて続けた

 「ところで新潟ではゴルフはやっているの?。雪でできねぇか」

 同期の牛島が答えた。
 「瀬上さんよ。新潟って言ってもね、年から年中雪があるわけでないの。いいですよ自然は。空気が澄んでいてね…」

続きを読む "★小説 警視庁薬物特命捜査官(33)"

| コメント (0)

☆公安調査庁「回顧と展望」 「ひかりの輪」を“麻原隠し”として注視(19日)

Msn_s1_2 公安調査庁は19日、国内外の公安情勢をまとめた平成21年版「内外情勢の回顧と展望」を公表した。北朝鮮の核問題では、無能力化作業の中断などにより米朝協議を実施し、テロ支援国家指定解除を引き出した状況にふれ、「さらなる実利獲得を目指すとみられ、再び『瀬戸際戦術』を駆使する可能性」を指摘。拉致問題調査でも、同指定解除を契機に対日非難を活発化させたことから「拉致問題への対応をカードに硬軟両様の揺さぶりを展開する」と警戒する。一方、金正日総書記の「健康異変」で、「後継体制構築に向けた動きや、幹部間の対立」に注目している。国内では、オウム真理教に対する3回目の観察処分更新請求を行った。教祖・麻原彰晃死刑囚に対する絶対的帰依を強化した“麻原回帰”の主流派(現アレフ)と、観察処分を逃れるための“麻原隠し”として設立された新団体「ひかりの輪」の動きに注視。「無差別大量殺人行為に及ぶ危険性」が認められ、その活動状況を継続して明らかにする必要がある-とした。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081219/crm0812191757024-n1.htm

| コメント (0)

☆御殿場の強姦未遂:処分取り消し求める男性、改めて冤罪主張--審判 /静岡(19日)

Logo_mainichi1_4 01年9月に御殿場市内で起きたとされる少年10人による強姦(ごうかん)未遂事件で、少年院送致とされた保護処分の取り消しを求めている男性(23)=当時16歳=の、再審にあたる少年審判の第3回審判が17日、家裁沼津支部(原啓裁判長)で非公開で行われた。男性の弁護士によると、弁護士と検察官がそれぞれ最終意見を述べ、男性が「やっていない」と改めて冤罪(えんざい)を主張して審理を終えた。結論が出される期日は未定。
 弁護士によると、弁護側は「事件日とされる9月9日は雨が降っていたのに、事件の被害者である少女や少年たちの供述は、雨についてほとんど触れていない」と矛盾点を改めて主張した。弁護側は前回審判で、気象専門家3人の鑑定結果を新証拠として提出。この日の審判で「当時現場では2~3ミリの雨が降っていた」などと結論付けた鑑定結果を改めて強調したという。これに対し検察側は、少女や少年たちの供述に不自然な点はないとする従来の主張を繰り返したという。この事件を巡っては別の元少年5人が有罪判決を不服として最高裁に上告中。【山田毅】http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081218-00000019-mailo-l22

| コメント (0)

☆取り調べで問題行為15件=飲食物提供、机ける-監督制度3カ月半・警察庁(19日)

Top_header_logo1 鹿児島の県議選買収無罪事件と富山県の強姦(ごうかん)冤罪(えんざい)事件を受け、全国の警察が試験運用している取り調べの監督制度で、警察庁は19日、9月から今月15日までの3カ月半に計15件の問題(監督対象)行為が認められたと発表した。飲食物の提供や机をけるなどで、取調官はいずれも口頭注意を受けた。吉村博人長官は18日の記者会見で、問題行為が認められたことについて「監督制度が有効に働いているが、決して許されることではなく、絶無を期して指導教養を徹底したい」と述べた。問題行為は、「事前の承認がない深夜、長時間の取り調べ」が最多の8件。たばこやチョコレート菓子、コーラを与えた「便宜供与」も4件あり、机の脚をけった「有形力の行使」▽腕をつかんで座らせた「身体接触」▽机を取り払ってひざ詰め状態で2日間向き合った「不安を覚えさせる言動」-が各1件だった。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081219-00000118-jij-soci

| コメント (0)

☆「家においで」…登校中の女児2人を自宅連れ込み 76歳男を逮捕(19日)

Banner_logo_051_2 福岡県警久留米署は19日、小学1年の6歳の女児2人を自宅に連れ込み体を触ったとして、わいせつ目的誘拐の疑いで、久留米市西町、無職、十川春作容疑者(76)を逮捕した。容疑を認めているという。調べでは、十川容疑者は19日午前8時ごろ、久留米市内の路上で登校途中の女児2人に「家においで、心配せんでいいよ」と声をかけ、アパートの自室に連れ込んで体を触るなどした疑い。2人にけがはなかった。2人が登校しないのを心配して周辺を捜していた小学校の男性教諭が、十川容疑者と一緒に歩いている2人を発見。2人が「声を掛けられた」と話し、様子がおかしかったことから学校を通じて久留米署に通報した。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/206141/

| コメント (0)

☆ウォーターゲート事件「ディープスロート」死去(19日)

138512_c1601 Banner_logo_051                     【ロサンゼルス=松尾理也】ニクソン元米大統領を退陣に追い込んだウォーターゲート事件をめぐり、「ディープスロート」と呼ばれた米政府の情報源だった当時の連邦捜査局(FBI)副長官、マーク・フェルト氏が18日、カリフォルニア州サンタローザで、心不全のため死去した。95歳だった。事件をスクープした米紙ワシントン・ポストのボブ・ウッドワード、カール・バーンスタイン両記者に政府内の極秘情報を提供し、報道に重要な役割を果たした。2005年、米誌に「私がディープスロートだった」と認め、「情報源が死亡するまで明かさない」との方針を維持していたポスト紙も事実を確認した。

| コメント (0)

☆小林薫死刑囚が再審請求 奈良、小1女児誘拐殺人(19日)

47newslogo1 奈良県で2004年、小学1年の女児=当時(7)=をわいせつ目的で誘拐、殺害し、自ら控訴を取り下げて1審の死刑判決が確定した小林薫死刑囚(40)が、奈良地裁に再審請求を申し立てたことが18日、分かった。 再審請求は17日、小林死刑囚が収監されている大阪拘置所から郵送され、18日に奈良地裁が正式受理。地裁は奈良地検に申し立てがあったことを通知し、意見を聞いた上で再審が必要かどうかを決定する。今年の死刑執行は10月まで2カ月に1回のペースで5回計15人に上っており、執行者数の公表が始まった1999年以降、最多を更新している。小林死刑囚は、05年4月の公判開始後、情状鑑定や月刊誌「創」への手紙で「女児に睡眠薬を飲ませたらおぼれ死んだ」と殺害行為を否認。しかし、法廷で真偽を問われると「話したくない」と拒んだ。裁判では、殺人前科がなく、金銭目的でもない被害者1人の殺人で、極刑を適用するかが争点になったが、奈良地裁は06年9月、「人格の矯正は極めて困難」と死刑判決を言い渡した。弁護人は即日控訴したが、同年10月、自ら控訴を取り下げて確定した。http://www.47news.jp/CN/200812/CN2008121801000991.html

| コメント (0)

☆北朝鮮「金総書記狙うテロ計画摘発」と発表(19日)

0812190061 Noimage_120x901

北朝鮮の秘密警察は18日、「金正日総書記を狙ったテロを摘発した」と公表した。内部の引き締めを図る狙いがあるものとみられる。  「先日、かいらい政府機関から我が首脳部の安全を害するよう、テロ任務を受けた人物が摘発・逮捕された」-朝鮮中央テレビによると、北朝鮮の秘密警察である「国家安全保衛部」は18日夜、韓国の情報機関から金総書記の安全を害するよう命令を受けて活動していたスパイを摘発したと公表した。名指しはしていないが、「革命の首脳部」と金総書記を指す言葉を用い、その現地指導の経路や移動を追跡するための音響装置などを持ち込んだと非難している。 金総書記をめぐっては、頻繁に視察の様子が報道されているが、健康悪化説が払しょくしきれておらず、「テロ計画」を摘発したと主張することで、韓国を非難するとともに内部の引き締めを図る狙いもあるものとみられる。 http://www.news24.jp/125372.html

| コメント (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺 (19日)1件

「馬場は自分だ」 偽造家裁書記官なりすまし認める

Msn_s1 偽造判決書で振り込め詐欺に使われた口座の凍結が解除され現金が引き出された事件で、偽造有印私文書行使容疑で逮捕された京都家裁の書記官、広田照彦容疑者(36)が、埼玉県警の調べに対し、犯行を認める供述を始めたことが18日、分かった。「馬場(ばんば)」という架空の男へのなりすましも認めているという。広田容疑者は、偽造の振り込み依頼書で凍結解除された口座から現金約400万円を「馬場」名義の口座に送金させたとして逮捕された。振り込み依頼書を郵便局から送る際に提出した伝票から、広田容疑者の指紋が見つかっている。逮捕当初は「覚えていない」と否認していたが、最近になって犯行を認める趣旨の供述を始めたという。また、振り込み依頼書の名義人の「馬場」についても、「自分だ」などと供述したという。しかし、口座の凍結解除の根拠となった偽造判決書についての供述はしておらず、県警は動機とともに関与を追及する。「馬場」は昨年9月、偽造の裁判書類で戸籍を取得。大阪府の3カ所で住民登録し、複数の口座を開設している。馬場が借りたマンションに、広田容疑者が出入りしていたことも確認されている。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081219/crm0812190135000-n1.htm

| コメント (0)

☆霊感商法:「神世界」を損賠提訴へ 20人が1月にも(19日)

Logo_mainichi1_3 神奈川県警の元警視が関与したとされる霊感商法事件で、被害者が来年1月下旬にも、有限会社「神世界」(山梨県甲斐市)グループ側を相手取り損害賠償請求訴訟を東京地裁に起こす方針を固めた。原告は20人前後、請求額は1億円近くに上る見通し。詐欺容疑での家宅捜索から20日で1年となるが、弁護団は約2億5000万円の被害を確認している。神世界被害対策弁護団によると、提訴するのは首都圏の30、40代の女性が中心。「祈とう料」や「除霊料」などとして高額な金銭を払わされたり、神世界側による「教え」で適切な医療行為を受けられずに健康被害にあったなどと主張し、損害賠償を求める方向で調整している。弁護団は今年2月から4回、全国で87人、計約2億4600万円の損害賠償をグループ側に請求した。いずれも明確な回答が得られなかったため、18日夜に弁護団会議を開き、提訴を決めた。弁護団の荻上守生事務局長は「被害者の掘り起こしを進め、捜査の動向をみて今後も訴訟を起こす準備をしていきたい」としている。【吉住遊】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081219k0000m040116000c.html

| コメント (0)

☆地下銀行:不正送金で新たに7容疑者逮捕--警視庁(19日)

Logo_mainichi1_2  日中間の企業取引を隠れみのに不正送金をした中国人グループが摘発された事件で、警視庁組織犯罪対策1課は17日、新たに別の中国人グループの7人を銀行法違反(無許可営業)容疑などで逮捕したと発表した。03年6月以降、不法滞在の中国人ら延べ約2400人や企業の依頼で、約19億円を不正送金したとみられる。一連の事件での逮捕者は計22人、不正送金の総額は約43億円となった。逮捕されたのは、中国籍の横浜市鶴見区鶴見中央、無職、廬振恩(30)ら7容疑者。調べでは、今年1~6月、中国籍の計6人の依頼で現金計303万円(手数料含む)を不正送金した疑い。利用者の大半は不法滞在の中国人で、廬容疑者らは手数料として送金額の1%を受け取っていた。顧客からの依頼で、廬容疑者らは中国内のグループに連絡し、プール資金から送金。顧客は送金確認後、廬容疑者らの口座に振り込んでいた。【武内亮】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081218ddm041040187000c.html

| コメント (0)

☆エレベーター事故:東京の高2死亡、点検員を書類送検へ(19日)

Logo_mainichi1 東京都港区のマンションで06年、都立高校2年、市川大輔(ひろすけ)さん(当時16歳)がエレベーターに挟まれ死亡した事故で、警視庁捜査1課は近く、保守管理会社「エス・イー・シーエレベーター」(台東区)の点検担当作業員(28)を業務上過失致死容疑で書類送検する方針を固めた。技術部門の最高責任者の専務(49)についても立件の可否を最終判断する。製造元「シンドラーエレベータ」(江東区)の関係者については、製品に問題がないとして立件を見送る。市川さんは06年6月3日午後7時20分ごろ、港区芝1の自宅マンション12階で、降りようとしたエレベーターが開扉のまま突然急上昇し、建物の天井とエレベーターの床との間に挟まれて死亡した。調べでは、作業員は同年4月から保守点検を担当。事故9日前の5月25日に事故機を点検した際、ブレーキパッドの摩耗で出た黒い粉の堆積(たいせき)などの異常を見逃し、事故で市川さんを死なせた疑い。捜査1課が再現実験した結果、事故機は制御盤からブレーキ解除を伝える役割の電磁コイルがショートし、ブレーキが完全に解除されないまま運転していた。このためパッドが摩耗し、今度はブレーキが機能しなくなり、止まっていたかごが急上昇したとみられる。シ社については、▽設計・構造自体に問題がない▽事故時の保守点検を担当していない--などの点から予見は難しかったと判断した。【佐々木洋、古関俊樹、神澤龍二】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081219k0000m040135000c.html

| コメント (0)

☆子どもの携帯、閲覧制限機能を義務化 兵庫県が条例案(19日)

Logo3_2 18歳未満の子どもが携帯電話でインターネット上の有害情報を見るのを防ぐため、兵庫県は18日、閲覧を制限するフィルタリング機能の利用を、保護者や電話事業者に義務づける県青少年愛護条例改正案の骨子を発表した。19日から県民の意見を募り、来年の2月議会に改正案を提出する方針。成立すれば全国初の規定になるという。 同条例は以前から、性的描写や残虐な映像、犯罪や自殺を助長する情報を「有害情報」と規定。改正案は、保護者には携帯電話の契約時に、フィルタリング機能の利用の申し込みを原則として義務づける。事業者に対しては保護者に同機能について説明し、保護者が断った場合にその理由を記録し保存することを義務づける。 http://www.asahi.com/national/update/1218/OSK200812180093.html

| コメント (0)

☆故・遠藤実さんに国民栄誉賞(19日)

Logo3 麻生首相は、作曲家の故・遠藤実さんに国民栄誉賞を贈る方針を決めた。19日に発表する。「北国の春」など昭和を代表するヒット曲を多数生み出した。国民栄誉賞受賞者は16人目で、作曲家としては4人目になる。日本作曲家協会会長も務めた遠藤さんは今月6日、急性心筋梗塞(こうそく)のため、76歳で死去した。代表曲には千昌夫が歌った「北国の春」のほか、「高校三年生」(舟木一夫)、「星影のワルツ」(千昌夫)、「せんせい」(森昌子)、「こまっちゃうナ」(山本リンダ)など、国民に親しまれた曲が多い。国民栄誉賞が贈られるのは、シドニー五輪女子マラソンで、陸上女子で史上初めて金メダルを取った00年の高橋尚子さん以来。作曲家で受賞したのはほかに古賀政男さん(78年)、服部良一さん(93年)、吉田正さん(98年)がいる。 http://www.asahi.com/national/update/1219/TKY200812180403.html

| コメント (0)

☆社長 5年前からタケノコ偽装(19日)

News_pic1_4 愛知県一宮市の食品加工会社が、中国産のタケノコの水煮を国産に偽装し、偽の生産者の写真を印刷したりして販売していた問題で、この会社の社長が記者会見し、産地の偽装を5年前から行っていたことを明らかにしました。この問題は、愛知県一宮市の食品加工会社「たけ乃子屋」が、中国産やタイ産のタケノコやフキなどの水煮を熊本県産などの国産に偽装して販売していたものです。一部の商品には、偽装にかかわった熊本県の会社の従業員の写真が、生産した農家の人であるかのように印刷され、農林水産省は、悪質な偽装だとして、会社に対してJAS法に基づく改善を指示しました。これを受け、たけ乃子屋の森嘉仁社長は、18日に記者会見を開き、「消費者の信頼を根底から裏切る行為をしたことを心よりおわび申し上げます」と陳謝しました。そのうえで、森社長は、5年前に熊本の取り引き業者に産地の偽装を依頼してから繰り返し行っていて、最近は国産として販売したタケノコの99%が中国産だったことを明らかにしました。また、偽の写真を印刷した商品は、おととし4月以降に116万袋余り作ったことも明らかにし、「熊本の業者に『社員の写真でもよいので』とお願いして、安易に使ってしまった」と説明しました。森社長は、「現在、商品の製造と販売を自粛しているhttp://www3.nhk.or.jp/news/t10013105231000.html

| コメント (0)

☆政府教育再生懇談会、小中学校への携帯電話持ち込み原則禁止など求める提言案まとめる(19日)

Logo1_2 政府の教育再生懇談会は、小中学校への携帯電話の持ち込みを原則禁止とすることなどを求める提言案をまとめた。取りまとめられた案では、子どもによる携帯電話の利用ついて、「有害情報が悪影響を与え、生活習慣を乱す」として、必要がないとしたうえで、教育委員会や学校が小中学校への携帯電話の持ち込みを原則禁止とする方針を明確にするよう促している。また、安全確保の観点から、やむを得ず携帯電話を持たせる場合には、通話など必要な機能に限定した機種とすることなどを求めている。
提言は、2009年1月に麻生首相に提出されることになっている。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00146126.html

| コメント (0)

☆雑居ビル男性刺殺で警備員を逮捕 大阪(19日)

Msn_s1_3 大阪府豊中市の雑居ビルで電気工の男性が胸などを刺され死亡した事件で、府警捜査1課と豊中南署は18日、殺人の疑いで同市三和町、警備員、堀口龍二容疑者(57)を逮捕した。堀口容疑者は否認している。2人は1週間前に女性をめぐってトラブルになっていたという。死亡したのは同市庄内栄町の野本真矢(しんや)さん(30)。調べでは、堀口容疑者は18日午前3時10分ごろ、同市庄内西町の雑居ビル前の路上で、野本さんの胸や首をナイフで数回刺して殺害した疑い。堀口容疑者はこの日、ビル2階のスナックで飲酒して店を出たところ、知人女性を迎えに来た野本さんと鉢合わせになり、口論になったという。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081218/crm0812182005021-n1.htm

| コメント (0)

☆出張宿泊費60万円を着服 NHKカメラマン懲戒免職(19日)

Msn_s1_2 NHKは18日、出張時の宿泊費を不正請求し約60万円を着服したとして、京都放送局技術職員の金沢孝年カメラマン(51)を25日付で懲戒免職にすると発表した。全額弁済したが告訴を検討している。当時の上司2人を減給に、放送技術局長ら2人を厳重注意処分にした。不正請求が始まったのは、平成18年に発覚したスポーツ報道センターの元チーフプロデューサーのカラ出張問題を受けNHKが全部局の経理データをチェックしていた時期だった。NHKによると、金沢カメラマンは東京の放送技術局に勤務していた18年9月から今年4月にかけ、京都府に出張した際に京都市内にある自宅に宿泊。ホテルに宿泊した同行の制作会社社員に自分名義の領収書をもらうよう頼み、宿泊費を請求していた。福祉関係番組制作のため京都府などにたびたび出張しており、計92泊のうち74泊分に不正請求があった。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081218/crm0812182215024-n1.htm

| コメント (0)

« 2008年12月18日 | トップページ | 2008年12月20日 »