« 2008年12月10日 | トップページ | 2008年12月12日 »

2008年12月11日

2008年12月11日 (木)

☆女性のバッグを引ったくり 男2人を逮捕 埼玉(12日)

Noimage_120x901_2 さいたま市などで、2人乗りのバイクで女性の背後に近づき、バッグを引ったくったとして、警察は11日、男2人を逮捕した。2人は「約150件はやった」と供述している。 窃盗の疑いで逮捕されたのは、さいたま市の無職・徳永翔容疑者(26)と、無職・武田泰典容疑者(24)。2人は先月14日午後9時過ぎ、埼玉・川口市で、自転車で通行中の女性の背後に2人乗りしたバイクで近づき、ショルダーバッグを引ったくったほか、5分後にさいたま市内で歩行中の女性からバッグを引ったくり、現金などを奪った疑いが持たれている。2人は容疑を認めた上で、「今年6月から約150件はやった」などと話している。警察は、被害総額は約800万円に上るとみて調べている。 http://www.news24.jp/124882.html

| コメント (0)

★警視庁管内 体感治安 レベル2

    首都東京の体感治安(12日)
             (単位・レベル)

  2   説 列島振り込め詐欺劇場

朝日新聞によると、振り込め詐欺に利用された

銀行口座から金が不正に引き出された事件で逮

捕された京都家裁書記官が不正送金の前後に新

車を購入していたことが明らかになった。また口座

からATMで金が引き出された際に防犯カメラに映

Bye1ていた人物が同書記官と似ていたことも判明。さ

らに振り込むよう銀行に依頼した書類からも同書記官の指紋が採取された。振り込み依頼書は振込先口座の名義人「馬場」氏の名前で送られていたが、埼玉県警は、書記官一人で不正を仕組んだとの見方を強めている。11日の「日本列島 本日の振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-2066.html#moreは同件を含めて8件。だが、残念ながら警察官や検事、銀行員を名乗る振り込め詐欺で遂に被害者が出てしまった。新潟県警の調べでは、9日午前、70歳代の女性宅に県警捜査2課の警察官を名乗る男から「詐欺事件の捜査中にあなた名義の銀行通帳が見つかった」と電話があり、さらに全銀協職員を装った男から「口座を凍結するので現金を全額引き出してください。あとで検事が取りに行きます」と電話があった。女性は銀行の窓口で約430万円を引き出し、同日夕に訪ねてきた検事役の男に渡してしまった。首都の治安は、東京・板橋区で連続放火事件があり「レベル2(あお)」とする。

※ピーポちゃんの位置が現在のレベルを表示しています。パソコンによっては勝手に動くこともありますので、原稿を参照にしてください。クリックすると挨拶します。宜しく。

続きを読む "★警視庁管内 体感治安 レベル2"

| コメント (0)

☆警視庁からだるま返還 前橋市へ(11日)

News_pic1_4 前橋市が事件の早期解決を祈って毎年、警視庁捜査一課に贈っているだるまが、ことし一年間の役目を終えて市に返されました。前橋市は昭和30年代に放送された民放のドラマ、「七人の刑事」に群馬県出身の俳優、天田俊明さんが出演していた縁で、毎年、年始めに事件の早期解決を願って警視庁捜査一課にだるまを贈り、年末には役目を終えただるまを受け取っています。11日は警視庁捜査一課の職員2人が、前橋市役所を訪れ、ことし始めに贈られた直径およそ60センチのだるまを市に返しました。捜査一課では、だるまの背中に毎年、その年に解決した主な事件名を書き込んでいて、ことしのだるまには「秋葉原の通り魔事件」や「江東区のマンションで女性が殺害された事件」など12の事件名が書かれています。前橋市ではこのだるまを1月9日に行われる「前橋初市まつり」で炊きあげて供養し、来年も新しいだるまを捜査一課に贈ることにしています。前橋市は「縁起のいいだるまが、事件の早期解決に少しでもつながるよう祈っています」と話しています。http://www.nhk.or.jp/maebashi/lnews/04.html

| コメント (0)

☆皇位継承不安定さなど 心労に(11日)

News_pic1_3 宮内庁の羽毛田信吾長官は11日の記者会見で、胃や腸の炎症などで一部の公務を取りやめられている天皇陛下の体調不良について、将来にわたる皇位継承の不安定さと雅子さまの適応障害をめぐる皇室への批判などが心労になっていると述べました。天皇陛下は、不整脈によるとみられる胸の変調や胃と十二指腸の炎症のため、先週、一部の公務を取りやめて5日間にわたって静養されました。こうした症状は精神的、身体的なストレスが原因と考えられることから、医師団は、体の負担を軽くすることが必要だとして、年末年始の行事などを見直すよう宮内庁に要請しています。羽毛田長官は11日の記者会見で、個人的な考えと断ったうえで、天皇陛下の心労について「ここ何年かにわたり、常に心から離れることのない将来にわたる皇統の問題をはじめ、皇室にかかわるもろもろの問題に憂慮されている様子だ」と述べ、皇位継承の不安定さなどに心を痛められているという見方を示しました。さらに「皇太子妃の雅子さまの適応障害の原因について『皇室そのものがストレスになっている』などとする一部の報道が皇室の伝統を受け継いで働き続けてこられた両陛下を深く傷つけた」と述べました。また、今後の公務については、天皇誕生日や年末年始の行事などがあるここ1か月程度は可能なかぎり軽いものにするため、出席自体を取りやめるものや、時間を短くするもの、形を変えて負担を軽くするものなど、ケースに応じて見直しを進めていく考えを示しました。羽毛田長官は、今年2月には皇太子さまがご家族で両陛下のお住まいを訪ねる「参内」の機会を増やすと発言されたことについて「ご発言を大切になさっていただければと思います」と、皇太子ご一家の訪問が増えることを望むという異例の発言をしています。http://www3.nhk.or.jp/news/t10015949771000.html

| コメント (0)

☆小田原の変死体は横浜市旭区の54歳女性(11日)

Logo3_3 神奈川県小田原市国府津3丁目の海岸で10日、砂に埋まった女性の遺体が見つかった事件で、県警は11日、女性は横浜市旭区今宿東町のパート従業員片川美津子さん(54)と判明したと発表した。 県警によると、11日午前、「母親が帰ってこない」と片川さんの息子(22)が旭署に届け出た。片川さんは息子と2人暮らし。8日午後0時半に横浜市中区で会ったのを最後に連絡が取れなくなったと話しているという。 http://www.asahi.com/national/update/1211/TKY200812110276.html

| コメント (0)

☆首都圏の駅、全面禁煙へ=来年4月から-JR東(11日)

Top_header_logo1 JR東日本は11日、首都圏の226駅について、東京など4駅の一部に設けられた喫煙ルームを除き、来年4月から全面禁煙を実施すると発表した。同社は昨年3月から、新幹線や在来線特急の車内でも、他社と直通運転している一部特急を除き全面禁煙となっている。今後、愛煙家は駅に着くまでに喫煙を済ませる必要がありそうだ。同社によると、226駅のうち25駅については、ホームの広さの問題などから既に全面禁煙となっているが、残り201駅では、朝夕の一定時間以外はホームの端などに設けられた灰皿付近での喫煙が可能だった。4月以降喫煙できるのは、東京、大宮の新幹線ホームと上野、新宿の特急専用ホームなどにある喫煙場所だけとなる。同社は「多くのお客様のご意見や社会における禁煙志向の高まりを受けた措置」としている。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081211-00000142-jij-soci

| コメント (0)

☆暴走族とのトラブル捜査 浜松の少年殺害(11日)

Banner_logo_051_5 浜松市東区の空き地で11日、少年とみられる男性の遺体が見つかった事件で、静岡県警の調べで、遺体は同市中区上島、職業不詳、吉原大貴さん(17)と判明した。吉原さんの頭に鈍器で殴られたようなあとがあり、県警は殺人、死体遺棄事件と断定、浜松東署に捜査本部を設置した。吉原さんは地元の暴走族に入っていたとの情報があり、トラブルがなかったか調べる。調べでは、現場近くにハンマーの柄のような棒が落ちていた。現場周辺には多量の血痕があったほか、吉原さんの遺体が数メートル引きずられた跡があり、捜査本部は犯人が草むらに隠そうとしたとみている。吉原さんの知り合いの少女の話では、10日夕から吉原さんと携帯電話で連絡が取れなくなった。11日朝に電話を拾った男性が出たため、少女は電話が落ちていた現場周辺で吉原さんを捜し、遺体を見つけた。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/203725/

| コメント (0)

☆偽「国立印刷局製造印」で中古車売却 業者ら2人逮捕(11日)

Banner_logo_051_4 中古車の輸出先業者に示す文書に「国立印刷局製造」との公的な刻印をして書類を偽造したとして、大阪府警国際捜査課と大阪水上署は11日、公記号偽造の疑いで、大阪市港区の中古車輸出会社「メモリープラン」役員、野間壮一容疑者(37)と大阪市鶴見区の会社員、瀧波利高容疑者(30)を逮捕したと発表した。間容疑者らは偽造書類を使って中古車を実際よりも高く売却。今年に入り約30台を輸出し、約150万円の不正利益を得ていた。「将来的には4000台を輸出し、2億円ほどの利益を出そうと思っていた」と供述しているという。調べでは、野間容疑者らは1~8月、特殊な透かしや刻印の施された「輸出予定届出証明書」の偽造を中国の知人女性に依頼。国立印刷局で発行したことを示す「国立印刷局製造」との印字を施し、用紙を偽造した疑い。 野間容疑者は「メーターの改竄(かいざん)で1台につき5万~6万円は高く売れた」と供述。証明書には車検時の走行距離が記載されるため、証明書そのものを偽造していた。8月12日、中国から国際スピード郵便で偽造用紙100枚が届いたのを大阪税関が発見。連絡を受けた府警が捜査していた。野間容疑者の会社が組織的にかかわったとみられ、府警は同社社長の男性(58)からも事情を聴き、公文書偽造の疑いでも調べている。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/203756/

| コメント (0)

☆事件から1年「情報提供を」 東京・渋谷の書店殺人事件(11日)

News_pic1_2 去年12月、東京・渋谷区の書店の事務所で、従業員の男性が殺害されて現金が奪われた事件から丸一年となった10日、警視庁は、有力な情報の提供者に報奨金を出す制度が設けられたことを記したチラシを現場近くで配って、情報提供を呼びかけました。この事件は、去年の12月10日、渋谷区代々木の書店の事務所で従業員の磯島護さん(当時51)が、男に頭を殴られ、現金およそ10万円を奪われたものです。未解決のまま1年がたちましたが、10日から、事件の解決につながる情報の提供者に最高で300万円の報奨金が出されることになり、警視庁は、現場に近いJR代々木駅前でチラシを配り、改めて情報提供を呼びかけました。チラシには薄緑色の目出し帽をかぶり、灰色のジャンパーを着た犯人の男の特徴も書かれ、捜査員らが通りがかった人に手渡していました。女性の1人は、「よく行く本屋さんで起きた事件なので当時はびっくりしました。早く犯人を捕まえて欲しいです」と話していました。一方、磯島さんの妻の京子さんは、「大切な人を失って思うことは、亡くなった人は帰ってこず、何も元通りにはならないのだということです。未来を奪われた夫のため、貴重な情報が得られ事件解決の糸口になることを願っています」とコメントしています。
情報は、原宿警察署の捜査本部、03−3408−0110までお寄せ下さい。http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/06.html

| コメント (0)

☆「もみじマーク」 警察庁、適正診断結果によって表示を猶予する方針見送り(11日)

Logo1 75歳以上のドライバーに表示が義務づけられている「もみじマーク」について、表示を猶予する方向で検討していた警察庁は、「運転者間の差別を生む」として、この方針を見送った。「もみじマーク」は、2008年6月の道路交通法の改正で、75歳以上の高齢運転者に表示が義務づけられている。違反した場合は反則金4,000円と行政処分1点が科されるが、「高齢者いじめだ」との声が上がったことから、警察庁の有識者委員会は、動体視力検査や運転シミュレーターなどの「適正診断」の結果で、その能力に応じて表示をしなくてもよいとする「表示の猶予」を検討していた。しかし、逆に「高齢運転者間の差別を生む」との懸念から、当面この方針を見送ることになった。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00145641.html

| コメント (0)

☆警察庁:治安の展望 北朝鮮、オウム真理教など警戒・分析(11日)

Logo_mainichi1_2 警察庁は10日、今年の国内外の治安情勢と今後の展望を分析した08年版「治安の回顧と展望」をまとめた。北朝鮮の金正日総書記について「脳関係の疾患により倒れたなどとする健康悪化説が一般的」とする一方で、引き続き重要決定が行われていることから「一定の判断能力を有した上で、国政運営が行われているとする見方が有力」と分析。今後も「日本の孤立化をねらった対日非難を展開する」などと警戒している。オウム真理教については、今年1カ所の施設が新設され、15都道府県に30カ所の拠点を確認(11月16日現在)。インターネットを通じた信者獲得を図っていることから「組織拡大に取り組んでいる」と分析している。http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081211k0000m040112000c.html

| コメント (0)

☆内定切り:悪質「自己都合で辞退と書いて送れ」(11日)

Logo_mainichi1 雇用状況の悪化に伴い、来春卒業予定の大学生の内定取り消しが相次いでいる問題で、連合は10日までの2日間、緊急電話相談を実施した。2日間に寄せられた相談は21件。内定した職種の変更を迫られたり、採用してもすぐ解雇することを明言された例があり、内定者が入社前から退職勧奨を受けているような状態にあることが浮かび上がった。【東海林智】 悪質なケースとしては、内定取り消しを通告された男子学生が理由を聞くと「内定だから、説明する必要はない」と言われた例があった。会社は「こちらの取り消しではなく、自己都合で辞退すると書いて書面で送れ」と言い、学生が拒否して働くことを希望すると「採用してもすぐに解雇する」と言われたという。内定は実質的な雇用契約で、取り消す場合は基本的に解雇と同じ扱いになる。やむなく取り消す場合も合理的な理由の説明などが求められる。内定は設計などの職種で得たのに営業職でないと仕事がないと言われた例や、「大阪で仕事をするという内定を取り消し東京でならば可能性がある」などと伝えられた例もあった。「経営が厳しく採用を延期する」と言いながら、延期期間を明確にしないケースも。連合は、自ら内定を辞退させるための嫌がらせとみている。連合は11、12日も午前10時~午後8時まで、非正規雇用労働者の解雇・雇い止め、内定取り消しの相談に応じる。相談電話は全国共通(0120・154・052)。http://mainichi.jp/select/today/news/20081211k0000m040107000c.html

| コメント (0)

☆勝木容疑者、4日前に別の女児をつけ回しか(11日)

Yomiuri_koudoku1 千葉県東金市の保育園児成田

(

幸満

)

ちゃん(当時5歳)の死体遺棄事件で、同市東上宿、無職

(

勝木

容疑者(21)が事件4日前にも、自宅マンション近くで、女児(10)をつけ回していた疑いがあることが分かった。 東金署捜査本部は、勝木容疑者が女児に強い関心を抱いていたとみて、事件の動機の解明を進めている。捜査幹部によると、勝木容疑者とみられる男が9月17日夕、近所に住む女児の後をつけたが、不審に思った女児は自宅まで逃げ帰り、何事もなかった。事件後、捜査員の聞き込みで分かった。このほか、捜査本部は、現場周辺で事件の前後にあった2件のつけ回しも関与したとみている。4月下旬、勝木容疑者のマンション近くで、小学4年の女児(10)が追いかけられたうえ、手をつかまれ、「よその子でしょ」と声をかけられた。また、事件後の9月末には、勝木容疑者と同じマンションに住むアルバイト女性(21)がエレベーターを降りて自室に向かうところを無言で追いかけられ、女性が部屋に入った後、インターホン越しに「話がある」などと迫られた。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081211-OYT1T00030.htm?from=main2

| コメント (0)

☆海岸の女性遺体、殺人・遺棄事件と断定 神奈川県警(11日)

Logo3_2 神奈川県小田原市国府津3丁目の海岸で10日朝、砂に埋まった変死体が見つかった事件で、県警は同日、遺体は50~70代の女性とみられると発表した。首に絞められた跡があることから殺人・死体遺棄事件の可能性が高いと判断し、小田原署に捜査本部を設置した。 県警によると、遺体は身長約160センチ。ベージュの革製ジャケットに焦げ茶色のズボン姿で、茶色いショートブーツを履いていた。着衣に乱れはなかった。10日夜の司法解剖の結果、死因は首を絞められたことによる窒息死で、8日夜から9日未明にかけて死亡したとみられるという。県警の調べでは、遺体はうつぶせの状態で、首にはひも状のものが巻かれていた。5~10センチの厚さで砂がかけられており、足の一部が地上に見えていたという。http://www.asahi.com/national/update/1210/TKY200812100324.html

| コメント (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺 (11日)8件

振り込み依頼書から書記官の指紋

Logo3 振り込め詐欺に利用された銀行口座の金が不正に引き出された事件で、引き出された金を別の口座に振り込むよう銀行に依頼した書類から、埼玉県警が、偽造有印私文書行使の疑いで逮捕した京都家裁書記官広田照彦容疑者(35)の指紋を採取していたことがわかった。振り込み依頼書は振込先口座の名義人「馬場(ばんば)」氏の名前で送られていた。県警は「馬場」氏が借りた大阪府島本町のマンションから広田容疑者の名前が記された封筒も発見。いずれも広田容疑者が「馬場」氏になりすまして依頼書を偽造した容疑を裏付けるものとみている。 捜査関係者によると、振り込め詐欺に利用された銀行口座は「馬場」氏が起こした京都地裁での訴訟の偽造判決を根拠に「凍結」を解除され、金が引き出せる状態になった。凍結解除後、「馬場」氏は銀行側に振込先を指定するための振り込み依頼書を送付。この書類から指紋が採取され、広田容疑者の関与が浮かび上がったとみられる。「馬場」氏は07年秋に大阪市内のアパートに入居。それ以降、同市内や島本町のマンションを転々としていたとみられる。県警が、「馬場」氏が今年8月に借りていた部屋を家宅捜索したところ、広田容疑者の名前が記された封筒が見つかったという。 このため、県警は、広田容疑者が住民票を得たり、裁判所などと郵便をやりとりする拠点としたりするため、1年以上前から架空の人物である「馬場」氏になりすまし、これらの物件の賃貸契約を結んだ可能性があるとみている。 「馬場」氏は07年9月、記憶喪失を理由にした偽の京都家裁の書類で戸籍の取得を許可されたが、書類には担当書記官として広田容疑者の名前があった。「馬場」氏はその後、京都府の旅館の住所を本籍として戸籍を取得し、今回の振込先口座を開設していたことがわかっている。 http://www.asahi.com/national/update/1210/TKY200812100327.html

ボーナス支給日に集中警戒 山梨県警

News_pic1 多くの官公庁や企業でボーナスが支給された10日、警察は振り込め詐欺やひったくりの被害を防ごうと甲府市の銀行などでパトロールを行いました。これは多くの官公庁や企業で10日ーナスが支給されたことから警察が集中的な警戒を行ったものです。このうち甲府市の山梨中央銀行本店の前では警察や銀行の行員などおよそ25人が利用者や通りがかった人たちに振り込め詐欺やひったくりに注意するよう呼びかけました。県内では▼振り込め詐欺が夏まで急増し、その後も被害が続いているほか▼今年10月には甲府市で車で運んでいた給料2000万円が交通事故を装って近づいてきた男らに盗まれる事件も起きています。このため警察では甲府市内の銀行やコンビニエンスストアにあるATMー現金自動預払機およそ120か所をパトロールしました。警察では年末年始にかけても県内の銀行やコンビニエンスストアなどを中心に毎日パトロールをして警戒することにしています。http://www.nhk.or.jp/kofu/lnews/01.html

女性警察官“振り込め詐欺”実演、注意喚起<12/11 4:29>
0812110151  Noimage_120x901 横浜市青葉区のショッピングセンターの広場で10日、神奈川県警音楽隊の女性警察官が振り込め詐欺の手口を実演する寸劇を行った。 神奈川県内では今年に入ってから振り込め詐欺の被害額が30億円以上に上るなど、被害が急増しており、女性警察官らは注意を呼びかけていた。http://www.news24.jp/124830.html

警察→銀行→検事装い430万円詐欺 新潟の女性被害

Banner_logo_051_6 新潟地検検事や警察官、全国銀行協会(全銀協)職員などを装った男らから「口座を凍結する」などとうその電話を受けた新潟県新発田市の70代女性が、自宅を訪れた男に現金約430万円をだまし取られていたことが11日、分かった。新発田署は詐欺事件として捜査している。調べでは、女性宅に9日午前、県警捜査2課の警察官を名乗る男から「詐欺事件の捜査中にあなた名義の銀行通帳が見つかった」と電話があり、さらに全銀協職員を装った男から「口座を凍結するので現金を全額引き出してください。あとで検事が取りに行きます」と電話があった。女性は銀行の窓口で約430万円を引き出し、同日夕に訪ねてきた男に渡したという。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/203711/

警察官名のる電話、男2人逮捕 長野県警

News_pic1_510日東信地域を中心に警察官を名のる不審な電話が相次ぎ、警察は佐久市の60代の女性の家を訪ねてキャッシュカードをだましとろうとしたとして10日夜、無職の男2人を詐欺未遂の疑いで逮捕しました。逮捕されたのはいずれも無職で住所不定の岡崎多男容疑者(50歳)と高県大月町の福島隆起容疑者(39歳)の2人です。警察によりますと、岡崎容疑者らは、10日午後、「銀行相談センター」という団体の職員を名のって佐久市の60代の女性の家を訪ね女性からキャッシュカードをだましとろうとした詐欺未遂の疑いが持たれています。警察では10日午前中女性から「警察官を名のる不審な電話があり、キャッシュカードの暗証番号を教えてしまった。キャッシュカードを取りに来ると言っていた」という通報を受け、警察官が女性の家で話を聞いていたときに岡崎容疑者らが訪ねてきたということです。警察の調べに対し、2人は容疑を否認しているということです。10日は佐久市や小諸市をはじめ、東信地域から南信地域にかけての7つの市と町で同じような電話が相次ぎ、警察に合わせて67件の相談が寄せられていました。警察は逮捕された2人がこれらの不審な電話にかかわっているのではないかと見て調べています。http://www.nhk.or.jp/nagano/lnews/05.html

続きを読む "★日本列島 本日の振り込め詐欺 (11日)8件"

| コメント (0)

☆【幸満ちゃん事件】「レジ袋け飛ばした」 通行人が証言(11日)

Msn_s1_2 千葉県東金市の保育園児、成田幸満(ゆきまろ)ちゃん=当時(5)=が遺体で見つかった事件で、勝木諒(りょう)容疑者(21)=死体遺棄容疑で逮捕=が住むマンション脇で見つかった幸満ちゃんの衣服と靴が入ったレジ袋2つのうち1つが、発見前に第三者によって動かされた可能性があることが10日、分かった。通行人が「レジ袋をけ飛ばした」と東金署捜査本部に証言したという。レジ袋の1つは乗用車の下で見つかっており、勝木容疑者の住居があるマンション3階から投げ落とされて、車体の下に入り込むか疑問視されていた。捜査本部は、供述と袋が見つかった状況の矛盾をなくす重要な証言とみている。調べでは、レジ袋は遺体発見後まもなく、1つがマンション脇駐車場に止めた乗用車の車体後部の下、もう1つはタイヤの脇で見つかった。証言した通行人は車体下に入った袋をけったとみられる。勝木容疑者は「女の子の靴と衣類を袋に入れて捨てたのは僕です」と供述。捜査本部はマンション3階から実際に袋を投げ落とす実験を週内にも行う。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081211/crm0812110120001-n1.htm

| コメント (0)

☆女性看護師、車にはねられ背中刺される 運転手も自分の腹刺す(11日)

Banner_logo_051_3 10日午後5時ごろ、群馬県太田市高林寿町の市道を歩いていた同市に住む看護師の女性(36)が前から来た乗用車にはねられた。女性は車から降りてきた男に背中を果物ナイフ(刃渡り約12センチ)で複数回刺され重傷。男はその後、自分の腹も刺し意識不明の重体。群馬県警太田署によると、男は現場近くに住む無職の男(35)とみられ、女性は「知らない男性だった」と話しているという。同署で殺人未遂事件として捜査している。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/203494/

| コメント (0)

☆「院内暴力」に行政もようやく対策 防止ポスターやマニュアル整備へ(11日)

Banner_logo_051_2 医師や看護師らが、患者やその家族から暴力を受ける「院内暴力」がまた表面化した。各地の病院で患者の暴力は起きているが、明るみになることは少なく、問題を院内で抱え込むケースが後を絶たない。病院側の持つ「患者は弱者」という意識が背景にあるが「モンスターペイシェント」とも呼ばれる悪質な患者対策に、行政もようやく重い腰を上げ始めている。全日本病院協会が協会加盟の2248の病院や診療所を対象に実施したアンケートによると、昨年1年間に病院職員が患者や家族から暴言を浴びせられたり、身体的暴力を受けたと回答した医療機関は52・1%で計6882件。このうち警察に届け出たのは5・8%、弁護士に相談したのは2・1%にとどまった。医師らの対応や待ち時間への不満が引き金となる事例が多いが「病気を抱えた患者と争うことは極力避けたい」という病院側の配慮が、暴力の“潜在化”という新たな問題となって、医療現場に混乱を与えているという。同協会は「対応マニュアルなどの整備が必要」と指摘。対策にいち早く取り組んできた千葉県の船橋市立医療センターは、救急外来のロビーに「暴言・暴力お断り」と訴えるポスターを掲示している。また、東京や大阪の民間病院では警察OBを雇用したり、護身用スプレーを常備するなどして暴力対策に乗り出すケースもあるが、対応は病院ごとにまちまち。「個別の対策では追いつかない」と危惧(きぐ)する病院関係者も多い。こうした現状を受け、対策に乗り出す自治体もある。大阪府は有識者でつくる戦略会議の設置や啓発用のチラシ作成などへの予算化を検討。香川県は今月3日、患者の行動規範を示した手引き「患者が守るべきルールとマナー」の素案を公表、年度内に全医療機関への配布を決めた。「誰が日本の医療を殺すのか」などの著書がある済生会栗橋病院副院長の本田宏医師は「患者の権利意識の高まりによって、医療をサービスと勘違いしている節がある。暴力による現場の混乱が医療崩壊を加速させる一員になっているのが現実で、問題の解決を病院だけに委ねるのは限界にあと言わざるを得ない」と話している。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/203509/

| コメント (0)

☆警察官が風俗店で女性とトラブル、自ら110番(11日)

Banner_logo_051 兵庫県警の30代の巡査部長が派遣型風俗店を利用した際に、女性従業員とトラブルになり、自ら110番して助けを求めていたことが10日分かった。県警は巡査部長がこの女性に不適切な言動をしたとして、警務部長注意の処分にした。県警によると、巡査部長は10月3日夜、神戸市の派遣型風俗店の事務所を訪れて希望する女性を選び、ホテルに2人で入室。サービスを受けた後に言い争いになり、女性が呼び出した男性従業員が「事務所に来い」とすごんだという。危険を感じた巡査部長は110番して助けを求め、駆けつけた警察官がその場を収めた。関係者によると、巡査部長は当時、酒に酔っていた。サービス後も追加の要求を繰り返したことがトラブルの原因とみられ、これが処分の理由になったという。県警によると、警察官の風俗店利用禁止の規則はない。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/203515

| コメント (0)

☆女児死体遺棄事件取り調べに注文 「言語化にハンディある」弁護士(11日)

47newslogo1_2 千葉県東金市の保育園児成田幸満ちゃん(5)が遺体で見つかった事件で、死体遺棄の疑いで逮捕され、軽度の知的障害があると発表された勝木諒容疑者(21)の弁護を担当する副島洋明弁護士が10日までに、共同通信のインタビューに応じた。同弁護士は「勝木容疑者のような知的障害者は記憶を言語化する力にハンディがある。取り調べの可視化に加え、調書も一問一答形式にすべきだ」などと述べ、弁護活動の課題も明らかにした。副島弁護士は、2004年に2件の強盗容疑で逮捕された宇都宮市の知的障害者が虚偽の自白調書を作成され、後に無罪になった事件などを担当。勝木容疑者への初めての接見に先立ち8日午後、都内の事務所で2時間余りのインタビューに応じた。副島弁護士は、知的障害があると記憶を言葉で再現するのに通常の5、6倍の時間はかかり「『死ぬ』と『殺す』の区別もつかない」とも指摘。「自白の任意性を確保するため、供述調書は(独白のような)物語形式ではなく(調べ官との)一問一答形式が望ましい」と述べた。http://www.47news.jp/CN/200812/CN2008121001000618.html

| コメント (0)

☆加藤一二三九段:野良猫餌付けしふん尿被害 住民が提訴(11日)

Logo_mainichi1_4 将棋の元名人の加藤一二三九段(68)=東京都三鷹市=が自宅マンションそばで野良猫を餌付けしたため、ふん尿をまき散らされるなどの被害を受けたとして、マンションの他の住人や管理組合が加藤九段を相手取り、慰謝料など約650万円の賠償を求める訴訟を東京地裁八王子支部に起こしていたことが分かった。訴状などによると、加藤九段は93年ごろから、野良猫を餌付けした。多い時には10匹以上が餌を求めてマンション付近に集まるようになり、ふん尿をまき散らし、住人所有の車に乗って傷を付けるなどの被害が出た。事態を重視した管理組合は、餌付けしないことを求めた決議や要請を繰り返し行ったが、加藤九段は応じなかったという。加藤九段は「三鷹市などとも相談のうえ、環境が悪化しないように配慮してきました。私の考えは法廷で明らかにしていきます」と話している。【内橋寿明】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081211k0000m040093000c.html

| コメント (0)

☆元大阪府議を脱税容疑で逮捕 逃亡先の比から強制送還(11日)

Logo3_6  大阪・キタのビルの転売益約7億円を隠し、所得税約2億5千万円を脱税したとして、大阪地検特捜部は10日夜、逃亡先のフィリピンから強制送還された元大阪府議で弁護士の小川真澄容疑者(64)=大阪市都島区=を所得税法違反(脱税)などの疑いで逮捕した。 小川弁護士は10日夜、フィリピンに派遣された地検の係官に付き添われ、逃亡から1カ月ぶりに関西空港に到着した。小川弁護士は容疑を認め、「弁解はありません。みなさんに多大なご迷惑をおかけし、心よりおわびします」と述べているという。 http://www.asahi.com/national/update/1210/OSK200812100077.html

| コメント (0)

☆中3女子が男に手を切られ軽傷 札幌(11日)

Banner_logo_051_7 10日午後5時10分ごろ、札幌市中央区の路上で帰宅途中の近くに住む、中学3年の少女(14)が、男とすれ違いざまにカッターナイフのようなもので切りつけられた。少女は手首に軽傷を負った。南署は傷害事件として、逃げた男の行方を追っている。男は40代後半で身長約170センチ。無精ひげがあり、白のフード付きジャンパー姿だったという。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/203468/

| コメント (0)

☆覚せい剤密輸船、門司港のお荷物 船主も逃げちゃった(11日)

Logo3_5 北九州市の門司港に覚せい剤約300キロが密輸された事件から1カ月。岸壁に残された密輸船の扱いが宙に浮いている。福岡県警や第7管区海上保安本部など合同捜査本部の調べでは、船を引き取るべき船主らが中国マフィアの関係者とみられることが判明。船主は行方をくらまして連絡が取れない状態が続いており、関係者は苦り切っている。問題の船は、シエラレオネ船籍の貨物船UNIVERSAL(1195トン)。11月10日、肥料に使うリン鉱石を積んで中国から門司港の田野浦6号岸壁に入港。翌11日に捜査当局が船内を捜索し、大量の覚せい剤を押収。インドネシア人船員全12人と、受け取り側とみられる日本人2人を覚せい剤取締法違反容疑で逮捕した。その後、船員12人と日本人1人が起訴された。積み荷のリン鉱石は11月下旬、付近の化学工場に引き渡された。しかし、船自体はそのまま放置され、岸壁を長期間占拠していた。 同じ岸壁に次の船が来る今月9日を前に、北九州市港湾空港局や海運代理店などが協議。8日午前、代理店側がタグボートなどを用意し、約200メートル離れた8号岸壁に船を移動させた。代理店の担当者は「岸壁の使用料は1日約1万円。移動にかかる費用なども本来はうちの負担ではないのに」と困惑気味。港湾空港局によると、11月分の岸壁使用料は、12月下旬に代理店側に請求する予定という。今のところ、8号岸壁が利用できるのは来年1月5日まで。港湾空港局の担当者は「責任のある船主がいない以上、誰かに負担を押しつけるわけにも行かず、妙案は浮かんでこない」と話す。(大畑滋生) http://www.asahi.com/national/update/1210/SEB200812100004.html

| コメント (0)

« 2008年12月10日 | トップページ | 2008年12月12日 »