« 2008年12月4日 | トップページ | 2008年12月6日 »

2008年12月5日

2008年12月 5日 (金)

★警視庁管内 体感治安 レベル1

  首都東京の体感治安(6日)
             (単位・レベル)

    解説 「還付金被害ゼロを達成2_2

警視庁管内の11月の振り込め詐欺のなかで、

新たな手口として昨年登場した「還付金詐欺」

の被害件数がゼロだったことが分かった。振り

込め詐欺被害全体も減少傾向を見せており、

警視庁幹部は「注意喚起が進んだ結果ではな

いか」と分析している。還付金詐欺の電話が初

めてクローズアップされたのは世田谷区の女性

の被害だった。「ATMの前で携帯で指示された

Bye1 通りボタンを押すと知らないうちに相

手の口座にお金が振り込まれた」…進化する劇場型「振り込め詐欺」の究極の手口だった。そして約1年半、その手口の被害がゼロを記録したのである。「日本列島 本日の振り込め詐欺」はここをクリックするhttp://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html。東京・大田区のアパートで、60歳の男性が殺害される事件があったが、警視庁は男性の22歳の次男の逮捕状を請求した。都民を震撼させる事件発生はなく「レベル1(みどり)」とする。

※ピーポちゃんの位置が現在のレベルを表示しています。パソコンによっては勝手に動くこともありますので、原稿を参照にしてください。クリックすると挨拶します。宜しく。

続きを読む "★警視庁管内 体感治安 レベル1"

| コメント (0)

☆小説 警視庁薬物特命捜査官(31)

 新潟県警にかけられた期待

080713_164028_m 会議を終えた重森は、鬼頭警部と風間理事官を誘い18階の瀬上生安局長室を訪れることにした。16階の会議室からエレベーターで18階に向かった。 
 局長室の入り口を入ると会議用のテーブルがあり、局長の机は入り口から7、8㍍先の窓側にあった。広い部屋である。重森らの姿を見た瀬上は「やぁ」と言って右手を挙げた。

 瀬上は机の前にあるにソファを手で示しながら「どうぞ、こちらへ」と3人を迎えた。

 「局長、宜しくお願いします」
 鬼頭と風間は座りながら頭を下げた。瀬上が鬼頭の顔を見ながら言った。
 「鬼頭さん、かねがね噂は聞いていますよ。定年が近いようですね。風間君、もったいないよなぁ。日本警察の財産だぜ」
 瀬上は警視庁の経験はないが「常に日本警察は警視庁がリードしている」と信じているうちの一人だ。
 瀬上局長卓上の電話が鳴った。ソファから立ち上がり受話器をとった。
 「今、打ち合わせ中なのでこちらから連絡します」

 電話を終えた瀬上は、座りながら言った。
 「すまない。次長の言う通り、国税はなんでもかんでも持っていくから困るんだよね。うちとしては銀行の金の流れを見たいんでしょう。国税が引かない場合は、警察として押さえたいリストをもらえませんか?どこまでやれるか分かりませんが…鬼頭さんのためにも努力しますよ」
 続けて重森が口を開いた。
 「きょうは田中局長が大変失礼なことを申し上げてすみません。あの方は悪意がないので気にしないで下さい」

 4人の話題は事件とは全く別の警視庁の人事の内容だった。
 重森、鬼頭らが引き揚げたあと瀬上局長のもとを毎朝新聞の警察庁担当、上沼記者が訪れた。先ほどの電話の主だった。開口一番上沼がこう切り出した。
 「大阪府警で通信傍受を実施したそうですね」
 いきなりの切り出しに瀬上局長が驚いた。しかし、ここで顔色を変えると全てがバレてしまう。かと言って嘘は付けない。困った顔をすると心を読まれてしまう。ましてや上沼記者は敏腕として名高い。
 「実施しました。国会報告が求められている事案なので正直に申し上げます。しかしね上沼さんよ。頼みがある。通信傍受と言うのは実施しても収穫がなければ実施しないのと同じなんです。例の工作船で押収して携帯の記録からやりました。既に海保のニュースでご承知でしょう?。ですから、ここのところは押さえてもらえませんか」
 「押さえるのはいいのですが、大阪府警の担当者が掴んだものですから…。他社はどうですか?」
「まったく当たりはありません。タイミングを見て配慮させて頂きます。今回の一連の事件では毎朝さんがリードしていることは重々分かっております。正直言いまして海保の二の足を踏みたくないのです。今が大事な時期にきているのです」
 瀬上はさらに続けた。
 「それに、たったの二回だけ聞きました。うち一回は雑音が多くて良く分からなかったのです。もう一度令状を請求する予定です」
 「分かりました。しかし私の一存では決めかねられないので…。後で返事することではいけませんか?」
 上沼のこの人柄が警察庁内でも好感を呼んでいる。瀬上は前任者の鈴木記者とは信頼関係を築いていた。その鈴木は、社会部のデスクに昇格している。鈴木にお願いする手もあるがこの際は上沼に期待することにした。「何か謝礼を」と考えた瀬上は言った。
 「風営法の改正をしたいと考えているのですが、興味ありませんか?」
 「どんなことですか?」
 

続きを読む "☆小説 警視庁薬物特命捜査官(31)"

| コメント (0)

☆突風発生、横浜と東京で瓦や屋根が飛ぶ被害(5日)

Noimage_120x901 活発な寒冷前線が関東地方を通過しているため、横浜市や東京・品川区では5日、突風が発生し、住宅の屋根の瓦が飛んだり、トタン屋根がはがれたりするなどの被害が出た。横浜市によると、5日午後3時過ぎ、横浜市港南区下永谷などで突風により民家数軒の屋根が壊れ、窓ガラスが割れるなどの被害が出た。また、畑のビニールハウスが風で押しつぶされたほか、牛小屋がつぶれるなどの被害も出た。横浜市によると、3人がケガをした。 また、東京・品川区中延では、5日午後3時40分ごろ、「トタン屋根が飛んだ」「屋根の瓦が飛んだ」などの通報が相次いだ。警視庁などが調べたところ、品川区西中延3丁目の民家のトタン屋根がすべてはがれ落ちて隣の民家にかぶさったほか、品川区中延3丁目でも民家の瓦が落下し、数十メートルにわたり散乱した。 現在、警視庁や東京消防庁などが応急処置を行い、ほかにも被害がないか、調べている。http://www.news24.jp/124505.html

| コメント (0)

☆歌舞伎町の風俗店から依頼、無資格で司法書士業務を行っていた46歳男逮捕(5日)

Logo1_2 東京・歌舞伎町の風俗店から依頼を受け、無資格で司法書士の業務を行っていた46歳の男が警視庁に逮捕された。司法書士法違反の疑いで逮捕されたのは、自営業・槌谷洋一(つちや・よういち)容疑者(46)。槌谷容疑者は、司法書士の資格がないにもかかわらず、ホストクラブなどの風俗店から依頼を受けて、法人登記の変更などを申請した疑いが持たれている。槌谷容疑者は、歌舞伎町に事務所を構え、風俗業界では有名な偽司法書士だということで、正規ではおよそ30万円かかる法人登記の申請を、5万円で請け負っていた。槌谷容疑者は、大筋で容疑を認めていて、警視庁は余罪を追及している。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00145324.html

| コメント (0)

☆東京・大田区のアパートで60歳男性が殺害される 殺人の疑いで22歳次男の逮捕状請求

Logo1 東京・大田区のアパートで、60歳の男性が殺害されているのが見つかり、警視庁は、殺人の疑いで男性の22歳の次男の逮捕状を請求した。近所の人は「ガタンゴトンと音がした」、「酔っぱらいが入ってきたのかと思った」などと話した。5日午前1時ごろ、大田区大森西のアパートで、この部屋に住む吉川 茂さん(60)が、頭を殴られて死亡しているのが見つかった。吉川さんは家族4人暮らしで、警視庁は、事件直後に行方がわからなくなっていた吉川さんの次男(22)の身柄を確保し、殺人の疑いで逮捕状を請求した。
調べに対して、次男は意味不明なことを話しているという。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00145325.html

| コメント (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺 (5日)3件

振り込め詐欺グループ 逮捕 愛知県警

News_pic1_3 今年7月、千葉県市原市の71歳の女性から息子をかたって現金 380万円余りをだまし取ったなどとして、オレオレ詐欺グループのメンバーの札幌市の布団販売会社の役員、井上哲治容疑者(30)ら6人が、愛知県警察本部に4日までに逮捕されました。警察は愛知県内でも同様の手口の振り込め詐欺が相次いだことから捜査していたところ、名古屋市のコンビニのATMから現金を引き出しているメンバーの1人を見つけ、逮捕するとともに携帯電話の通話記録などからほかのメンバーの割り出しを進めていました。このグループは、札幌市のマンションを拠点に、振り込め詐欺をしており、警察は、少なくとも 250人から7億円以上をだまし取っていたとみて調べていますhttp://www.nhk.or.jp/gifu/lnews/05.html

架空請求詐欺で被害

News_pic1_3「携帯電話の有料サイトの料金が未払いになっている」というメールが来た和歌山市の会社員が電話した業者に「関係する訴訟を取り下げる費用が必要だ」などと言われて約170万円をだまし取られる事件があり、警察では振り込め詐欺の一種の架空請求詐欺とみて捜査しています。警察によりますと、先月19日、和歌山市に住む29歳の会社員の男性の携帯電話に「登録している有料サイトの料金が支払われておらず、民事訴訟が起こされる可能性がある」として至急、連絡するよう求めるメールが送られてきました。男性は数年前に有料サイトを使った覚えがあったことから、メールに書かれていた「株式会社ネットエイジア」と名乗る業者の電話番号に電話すると「弁護士が身辺調査で動いているので、調査費用が必要」とか、「訴訟を取り下げる費用が必要」などと言われ、現金を、エクスパックと呼ばれる郵便小包で送るよう指示されたということです。このため、男性は4回にわたって計168万円を送りましたが、その後、会社と連絡が取れなくなったため詐欺と気づき、4日、警察に被害届を出しました。警察では、振り込め詐欺の一種の架空請求詐欺とみて捜査しています。http://www.nhk.or.jp/wakayama/lnews/02.html

寸劇で振り込め詐欺防止教室 徳島県警

News_pic1_3相次ぐ振り込め詐欺の被害からお年寄りを守ろうとつるぎ町できょう、地元の警察官が寸劇で犯行の手口を紹介する被害防止教室が開かれました。これは、つるぎ警察署が振り込め詐欺の被害にあいやすいお年寄りの人たちに詐欺のさまざまな手口を知ってもらい注意してもらおうと管内の各地で開いています。つるぎ町貞光で開かれた被害防止教室には、65歳以上のお年寄り35人が参加し、まずつるぎ警察署刑事生活安全課の小笠原文生係長が振り込め詐欺の典型的な手口である「オレオレ詐欺」や「架空請求詐欺」、それに「還付金詐欺」などについて説明しました。そのあと、小笠原係長が犯人役となり、警察官が被害者役のお年寄りにふんして電話を使った振り込め詐欺の寸劇を披露し、「警察ですが息子さんが、交通事故を起こしたので示談金としてすぐに200万円を振り込んでください」や「役場の税務課ですが、お支払いしてもらった税金が払いすぎており、返しますのですぐに指定するATMに行ってください」などと最近見られる犯行の手口を具体的に紹介しました。
その上で被害に遭わないために「電話がかかってきても、すぐに信用せずにいったん電話を切って家族や警察に相談してください」などと呼びかけました。
県内のことしの振り込め詐欺による被害は11月末までで97件起きていて、被害額はあわせておよそ1億1千万円に上るということです。http://www.nhk.or.jp/tokushima/lnews/05.html

| コメント (0)

☆天皇陛下の公務再開 来週判断(5日)

News_pic1_2 体調不良を訴え静養中の天皇陛下は、5日も宮内庁病院で検査を受け、午後にはお住まいの御所で一部の公務を務められました。本格的な公務の再開は、来週の月曜日にあらためて判断される見通しです。天皇陛下は、不整脈によるとみられる胸の変調を訴え、今月2日の夜に血圧がふだんよりも高かったことなどから、4日までの2日間、すべての公務を取りやめられました。宮内庁によりますと、5日は予定されていた外国に赴任する大使の認証式などを取りやめ、午前と午後の2回にわたって宮内庁病院で検査を受けられました。この合間に、政府関係書類に署名するなど一部の公務を、ふだん行っている皇居の宮殿ではなくお住まいの御所で務めながら静養されているということです。天皇陛下は5日も血圧の上昇はみられず、胸の変調を訴えられることもないということです。6日と7日は公務の予定はなく、来週月曜日に国際生物学賞の授賞式でおことばを述べることになっていますが、出席するかどうかは当日の朝、判断される見通しです。http://www3.nhk.or.jp/news/t10015824241000.html

| コメント (0)

☆ネットで万引求人、医薬品盗む 新潟(5日)

Msn_s1_3 組織的に医薬品を盗んだとして、新潟県警新潟東署と県警捜査3課は神奈川県警と合同で、窃盗容疑で東京都立川市幸町、無職、石井貴彦容疑者(33)ら、犯行当時未成年1人を含む男4人を逮捕した。調べでは、今年10月8日、石井容疑者ら2人は埼玉県入間市春日町の薬局店でビタミン剤26点(約2万2000円相当)を盗んだ疑い。他の2人は盗品を知りながら買い取った疑い。8月に新潟市内のドラッグストアから禁煙補助薬などを万引した18歳と19歳の少年を逮捕、その後の捜査で主犯格の石井容疑者らを摘発した。石井容疑者はネットで「高収入になる仕事がある」と求人募集し、応募した少年3人と共謀して万引していたという。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081205/crm0812051951025-n1.htm

| コメント (0)

☆有害な携帯サイトから子供を守る “親への教育”も必要(5日)

Banner_logo_051_6 携帯電話で有害サイトを閲覧するのを防ぐ「フィルタリングサービス」が平成21年から、18歳未満の既存契約者にも拡大される。ただ、保護者が携帯電話会社にサービスの解除を申し出ると、有害サイトを見ることができるなど十分な措置ではないとの見方もある。実際、過半数の保護者が子供に頼まれたら解除すると回答した調査結果もあり、専門家は子供や親への教育充実を訴える。(森本昌彦)

 ≪運営者招き説明会≫
 「中学生の23・4%、高校生の29・2%がインターネットや携帯ネットでトラブルを経験」。これは、10月に東京都教育委員会が公表したアンケート結果だ。公立の小中学校、高校、特別支援学校の児童・生徒や保護者を対象にした調査は、青少年をめぐる携帯電話、インターネットの状況の深刻さを改めて浮き彫りにした。教育現場は危機感を強めている。私立京華女子中学・高校(東京都文京区)では11月26日、同校の教諭を対象に、子供と携帯電話をめぐる現状を学ぶ説明会が開催された。携帯電話やインターネットのサイトを運営する「サミーネットワークス」(港区)の執行役員、倉垣英男さん(40)を招き、子供が巻き込まれやすいトラブルなどについて説明を受けた。「子供はどこから危険なサイトに入っていくのか」「携帯電話を持っている子供のほとんどが危険なサイトを知っているのか」…。説明会では、教諭からこうした質問が飛んだ。中学2年の担任を務める田中裕佳さん(27)は「普段からホームルームで携帯電話の危険な面について伝えているが、個人情報は漏らさないなど、もう一度念を押したい」と感想を語る。

 ≪別のURLで再び開設も≫子供を携帯電話のトラブルから守るための手段の一つが、有害サイトを閲覧できないようにするフィルタリングサービスだ。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルはすでに、未成年の新規契約者に対する適用を始めている。各社は21年1~2月に、さらに18歳未満の既存契約者についても適用に乗り出す。しかし、フィルタリングサービスがそれほど有効でないとの見方もある。いったん閲覧不可能となった有害サイトが別のURLで再び開設される恐れがあるほか、保護者が「サービスは不要だ」と携帯電話会社に申告すれば、解除することが可能だからだ。携帯電話の利用者は18歳未満だが、契約者は18歳以上というケースへの対応も課題として残る。携帯サイトの制作などを手がける「IMJモバイル」(品川区)が今年2月、携帯電話を保有する12~18歳の子供を持つ父母計516人を対象に行ったインターネット調査では、9割以上の保護者がフィルタリングサービスを「必要」と答える半面、55・9%の保護者が解除する意向を示した。 同社事業開発室長の森直樹さん(33)は「携帯電話に対して漠然とした不安はあるが、子供から『不便だ』と言われたら話し合って解除する保護者が多いのでは」と推測する。 ≪望まれる教育プログラム≫
 携帯電話会社は、携帯電話の正しい知識を身につけてもらおうと、啓発活動などに力を入れている。NTTドコモは、有害サイトの危険性などを伝える安全教室の開催や、映像教材を無料配布。KDDIも教室を開くほか、10月には音声通話とGPS機能しか利用できない機種を発売した。ソフトバンクモバイルも小冊子を配布したり、利用機能を音声通話とGPSに設定することが可能な機種を発売したりしている。携帯電話に潜む危険性を学ぶ携帯サイトもある。サミーネットワークスが運営する「こころ部」では、架空請求などの手口を疑似体験することができるほか、携帯電話に関する悩みを受け付けるコーナーもある。フィルタリングサービスについて、慶応大学大学院の中村伊知哉教授(メディア政策)は「ひとまずの応急措置で、万全ではない」としてたうえで、「子供たちは泳ぎ方を知らないと水におぼれてしまう。どうすると危ないかを知らせる教育プログラムを作る必要があるし、親がきっちりと問題を知ることが何よりも大事だ」と訴えている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/201879/

| コメント (0)

☆南烏山拠点などオウム4施設に立ち入り 公安庁(5日)

Banner_logo_051_5 公安調査庁は5日、団体規制法に基づき、オウム真理教の鎌ケ谷施設(千葉県鎌ケ谷市)、南烏山施設(東京都世田谷区)、横浜施設(横浜市神奈川区)、小諸施設(長野県小諸市)をそれぞれ立ち入り検査した。公安庁によると、南烏山施設には、教団主流派の「アレフ」と、分派した上祐史浩氏が率いる「ひかりの輪」がそれぞれ拠点を置くが、今回の立ち入り検査は、ひかりの輪の使用部分が対象。横浜施設は、アレフの拠点の1つで、公安庁は横浜市中区から11月末に移転し、使用を開始したとみて内部状況を確認する。鎌ケ谷、小諸の両施設は、ひかりの輪が入っている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/201938/

| コメント (0)

☆マヨネーズ“発射”しひったくり 少年2人逮捕(5日)

Banner_logo_051_4 原付きバイクで通行人に近づきマヨネーズを“発射”しながら、ひったくりをしたとして、警視庁少年事件課は窃盗の疑いで、東京都足立区の内装解体工と高校1年の16歳の少年2人を逮捕した。「遊ぶ金がほしかった。盗んできたマヨネーズを遊びでかけた」と供述しているという。同区などでは11月30日から12月1日にかけて、バイクの男に通行人がマヨネーズをかけられる事件が9件発生。棒のようなもので殴られ10人が軽傷を負う被害も出ている。2人は一部について関与を認めており同課で余罪を追及する。調べでは、少年らは11月30日夜、同区六町でバイクに二人乗りして、女性(32)から現金約3万円などが入ったバッグをひったくった疑い。犯行前後にマヨネーズを飛ばしたが女性には掛からなかった。 同課が押収したバイクの荷物入れには、市販のマヨネーズ(500ミリリットル)が数本入っていた。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/201941/

| コメント (0)

☆仏像150体盗む 容疑の2人追送検(5日)

Banner_logo_051_3 寺院などから仏像約150体を盗んだとして、静岡県警は5日、窃盗と建造物侵入の疑いで同県藤枝市本町、古物商、増井延巳容疑者(55)=窃盗罪などで起訴=ら2人を追送検した。県警によると、2人は古美術品を扱うオークションを利用して仏像を売却し約500万円の売り上げを得ていたという。調べでは、増井容疑者らは平成18年から今年9月にかけ、県内の無施錠の寺を狙って侵入、仏像約150体を盗んだ疑い。2人は同県島田市の寺から市指定文化財「千手観音立像」(300万円相当)を盗んだとして逮捕、起訴されている。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/201950/

| コメント (0)

☆ごみ捨て場に図書館の本611冊 北九州、無断持ち出しか(5日)

Banner_logo_051_2 北九州市立中央図書館は5日、同市小倉南区北方のマンションのごみ捨て場に、同図書館や分館を含む12施設の蔵書計611冊が、段ボール箱10個に入れられて放置されているのが見つかったと発表した。中央図書館によると、放置されていたのは哲学や宗教、心理学の専門書と小説など。中央図書館の350冊分については貸し出し記録がなく、同図書館は無断で持ち出されたとみて福岡県警に被害届を出す方針。マンションの清掃員が2日に本の入った段ボール箱を発見。4日もそのままになっていたことから図書館側に連絡した。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/201998/

| コメント (0)

☆茨城で送迎車と車衝突、3人死亡 男児含む5人負傷(5日)

47newslogo1 4日午後4時5分ごろ、茨城県稲敷市下太田の市道交差点で、老人福祉施設「稲敷市いこいのプラザ」の教室に参加した5人を乗せた送迎車=職員横田映子さん(51)運転=と乗用車が衝突し、送迎車の女性3人が死亡、横田さんを含む3人が軽傷。乗用車の同県河内町の無職篠田祐子さん(27)と男児(6)も軽傷を負った。稲敷署によると、死亡したのは稲敷市柴崎、無職橋本百合子さん(81)と同市中山の無職渡辺寿子さん(73)と無職小菅多喜子さん(81)。調べによると、現場は信号機のない見通しの良い交差点。送迎車の左側に車が突っ込み、2台とも脇の田んぼに落ちた。送迎車側に一時停止義務があった。「いこいのプラザ」によると、送迎車の5人は同日午後2時からあった認知症を予防するための手芸教室に参加した後、自宅まで送ってもらう途中だった。http://www.47news.jp/CN/200812/CN2008120401000918.html

| コメント (0)

☆生活保護詐欺 職員の給与削減(5日)

News_pic1 北海道・滝川市で元暴力団員の男と妻がおよそ2億円の生活保護費をだましとっていた事件で、国から生活保護費の返還を求められている滝川市は、幹部に加えて一般職員680人の給与もカットして返還に充てる方針を固め、4日夜この方針を職員に説明しました。この事件は、滝川市で生活保護を受けていた元暴力団員の男と妻が介護タクシー代の名目で架空請求を繰り返していたもので、市はだまし取られた生活保護費1億8000万円を来年3月までに国に返すよう求められています。滝川市は返還の期限を守るため、とりあえず災害時の基金を取り崩して支払うことを決めたうえで、返還額をどうねん出するか検討を続けてきました。これまでに市長ら幹部が給与の一部を拠出することを明らかにしていましたが、新たに680人に上る一般の職員の給与も減額して充てる方針を固め、4日夜から職員に対する説明を始めました。説明会に参加した職員からは「不正をチェックできなかった責任を一般の職員に押しつけるのはおかしい」という声も聞かれました。滝川市は今後も説明会を開いて協力を求めることにしていますが、職員の反発は強く調整に難航も予想されています。http://www3.nhk.or.jp/news/k10015807981000.html

| コメント (0)

☆フリーメーソンかたり虚偽の風説流布 信用棄損で男3人書類送検へ 警視庁(5日)

Banner_logo_051 世界的な秘密結社「フリーメーソン」を名乗り、製粉最大手の「日清製粉」(東京都千代田区)の取引先に虚偽のファクスを送って同社の信用を傷つけたとして、警視庁組織犯罪対策3課は4日、信用棄損の疑いで、いずれも無職の61歳と58歳、36歳の男3人を近く書類送検する方針を固めた。秘密結社を名乗って企業をゆするケースは珍しいという。 調べでは、3人は6月下旬、フリーメーソンなどを名乗って、丸紅や山崎製パンなど日清製粉の取引先に「不正があることが判明した」「国際的に不正をただす」「全世界のフリーメーソンを通じて糾弾する」などとする内容のファクスを送信。虚偽の風説を流して同社の信用を傷つけた疑い。3人は以前、日清製粉の関連会社を懲戒免職となった知人を通じ、日清製粉とかかわりを持つようになったという。ファクス送信の直前には同社を直接訪れ、書面を手渡そうとしたが断られていた。送信された文書には現金を直接要求する文言はなかったが、警視庁は同社の信用を傷つけるものだったと判断した。 調べに対し、3人は容疑を認め「フリーメーソンだった知り合いがいた。名前を使ったら、(同社から現金の提供を受けるなど)うまくいくと思った」などと供述している。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/201788/

| コメント (0)

☆元次官宅襲撃:「3日で4カ所」計画…小泉容疑者再逮捕(5日)

Logo_mainichi1 元厚生事務次官宅連続襲撃事件で、警視庁と埼玉県警の共同捜査本部は4日、さいたま市南区の山口剛彦さん(66)美知子さん(61)夫妻に対する殺人と、東京都中野区の吉原靖子さん(72)に対する殺人未遂の両容疑20081205k0000m040171000p_size41 で、小泉毅(たけし)容疑者(46)=銃刀法違反容疑で逮捕=を再逮捕した。両警察は埼玉県警刑事部長をトップとして指揮を一本化する合同捜査本部を改めて設置し、詳しい動機の解明を目指す。今年4月時点での襲撃対象者は、元厚生事務次官5人と元社会保険庁長官2人の計7人で、11月17日から3日連続で4人を襲撃する計画を立てていたことが新たに明らかになった。再逮捕の容疑は、11月17日午後7時ごろ、さいたま市南区別所2の山口さん宅で、山口さんと妻美知子さんの胸などを刃物で刺して失血死させ、翌18日午後6時25分ごろには、東京都中野区上鷺宮2の吉原健二さん(76)宅で靖子さんの胸などを刺し全治3カ月の重傷を負わせた疑い。「二つともやった」と容疑を認めているという。捜査本部によると、昨年9月ごろ、何らかの理由で「人生に未練がなくなった」として殺害事件を起こすことを決意。今年4月までに襲撃対象者になったのは、山口さん、吉原さんの2人のほか、元事務次官が3人、元社会保険庁長官が2人の計7人だった。最終的に実行に移す予定だったのは、11月17日に山口さん、18日に吉原さんと東京都内の元社保庁長官、19日に千葉県内の別の元社保庁長官の計4人とその家族。しかし、18日の元社保庁長官は95年に亡くなっており、19日は、報道で騒ぎが大きくなり断念したという。22日夜になって東京・霞が関の警視庁本部に出頭した。【古関俊樹、神澤龍二】

 ◇解説…昨秋以降の行動、解明必要

 小泉毅容疑者は22日の出頭以来、連続襲撃の動機を「34年前に保健所で処分された『チロ』の仇(あだ)を討った」と一貫して供述している。しかし、愛犬を巡る恨みが34年の時を経て元次官襲撃に結びつくのかという疑問は消えない。昨年9月ごろ、「人生に未練がなくなった」と襲撃を決意していることから、このころ事件の引き金があった可能性がある。当時の行動と心理状態を確認するのが、動機解明のポイントになる。捜査本部によると、小泉容疑者は小学校時代にそれほど犬に執着していなかったとの情報もある。このため、「チロの話は後付け」との見方も根強い。近年の凶悪事件の動機は、この事件同様に、常識ではとらえきれないケースがある。今年6月の東京・秋葉原の17人殺傷事件でも、容疑者は「インターネットの世界の住人に自分の存在を気付かせるため」と話し、「身勝手で、理解しがたい動機」(捜査幹部)でダガーナイフを振り回した。それでも派遣先の企業での処遇が不満の背景になっていた。今回の事件も、34年前の心の動きよりも、昨秋の心の動きを追うことが、動機の解明につながるのは間違いない。そこに、襲撃に駆り立てた何かがあるはずだ。それを見つけることが、「見知らぬ人からの恨み」という恐怖を味わった国民の安心にもつながる。【佐々木洋】http://mainichi.jp/select/today/news/20081205k0000m040168000c.html

| コメント (0)

☆天皇陛下、5日も午前中に検査(5日)

Yomiuri_koudoku1_3 不整脈などで3日と4日の公務を取りやめた天皇陛下(74)は4日、午前と午後に1回ずつ、宮内庁病院で検査を受けられた。宮内庁によると、陛下は検査以外の時間を御所でゆったりと過ごされており、不整脈や血圧の上昇は見られないという。5日も午前中に検査を受ける予定で、同日中に公務を再開されるかどうかについては、その結果などを踏まえて判断するという。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081204-OYT1T00817.htm

| コメント (0)

☆着衣に燃え移る死亡事故相次ぐ、目立つ高齢の犠牲者(5日)

Yomiuri_koudoku1_2 調理中やストーブで暖を取っている最中に火が服に燃え移り、死亡する事故が相次いでいると、国民生活センターが4日、発表した。全国の病院20か所から同センターに寄せられた事故情報によると、2003年度以降、着衣に移った火が原因で大やけどを負ったり死亡したりする事故が計58件あった。死亡した8人のうち5人が65歳以上だった。消防庁の統計では、06年に着衣に燃え移った火が原因で死亡した128人のうち、98人が65歳以上。同センターは、高齢者に防炎性のエプロンやアームカバーなどの利用を勧めている。

| コメント (0)

☆大麻所持容疑で高3女子を逮捕…神戸(5日)

Yomiuri_koudoku1 兵庫県警が、乾燥大麻を持っていたとして神戸市内の私立高校に通う3年生の女子生徒(19)を大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕していたことが4日、わかった。調べに対し、女子生徒は「これまでに数回吸ったことがある」と容疑を認めているという。捜査関係者によると、女子生徒が10月末、神戸市内で落とした財布の中から運転免許証とともに乾燥大麻0・07グラムが見つかったことから、先月25日に逮捕した。調べに対し、女子生徒は「大麻は以前に通っていた別の学校の時から持っていた」などと供述しているという。

| コメント (0)

☆「派遣切るな」2千人 怒りと不安、東京・日比谷(5日)

Logo3_2 世界不況のあおりを受けて、非正社員らを減らす勢いが加速している。相次ぐ「派遣切り」に、不安を抱える労働者からは、対策を求める大合唱が起きている。4日夜、東京・日比谷野外音楽堂は、2千人の非正社員や労働組合の関係者らで埋まった。怒りと不安が満ちていた。 「僕たちにも2009年を迎えさせて下さい」「寮から追い出さないで下さい」「どうかホームレスにしないで」壇上にのぼった派遣社員の叫びが、会場に響き渡る。「厳冬のなか、数十万人が放り出されようとしている」。日本労働弁護団の棗(なつめ)一郎弁護士も訴えた。発言者のうち1人は50代。神奈川県内の自動車関連工場で働いていた。「暇になってきたのでダメですね」。10月31日、派遣会社の営業担当者から突然、契約打ち切りを宣告された。会社が借り上げているアパートは今月16日までに出なければならない。「年末年始をしのぐため必死で仕事を探しているが、見つからない。こんな切り方をされるとは思ってもみなかった」 自動車、電機、工作機械……。製造業を中心に非正社員の大規模な削減が相次ぐ。その数は厚生労働省が把握しているだけでも来年3月までに約3万人。日ごとに増える。 減産を理由に期間従業員や派遣社員ら440人が契約打ち切りを通告されたいすゞ自動車栃木工場(栃木県大平町)では、期間従業員の松本浩利さん(46)らが労組を結成。4日午前、同僚らと解雇の撤回などを同社に求め、仮処分を申し立てた。松本さんらは10月に来年4月までの契約更新をしてから1カ月後、11月末での契約打ち切りを告げられた。「期間従業員というだけでの解雇は、納得がいかない」。泣き寝入りする非正社員が多い中、法的手段に訴えるのは異例だ。同社は「世界不況の大波が、想像を超えていた」(広報部)。

■幅きかす「経営の論理」

 「雇用に深刻な影響が出ている。悪化のスピードが速く、早いうちに手をうたねば深みにはまる」 4日午後、首相官邸であった「政労会見」。連合の高木剛会長は、麻生首相にこう切り出し、雇用対策本部を設けて、解雇・雇い止めで仕事や住む場所を失う労働者を支援するよう要請した。麻生首相も「今回は世界規模的な危機であり、普段とは違う。生活者の不安も高まっており、知恵を絞りたい」と応じた。新卒者の内定取り消しを自ら取り上げ、「ふざけている。経営者には雇用の確保につとめてもらいたいと先日も経団連に伝えた」。雇用対策に前向きな言葉を連発した。 だが、麻生首相が1日、経団連会長の御手洗冨士夫キヤノン会長を官邸に呼び、非正規雇用の維持を求めたわずか数日後、キヤノンのカメラ生産子会社、大分キヤノン(大分県国東市)が同社で働く請負会社の従業員を年内に約1100人削減する見通しが明らかになった。政治の要請も、景気低迷から身を守る経営の論理にのみ込まれた格好だ。 政府や与野党は雇用対策への取り組みを強めている。与党のプロジェクトチーム(PT)は3年間で100万人の雇用を支えるために、派遣社員を直接雇用した派遣先に最大100万円を助成するなどの対策を検討している。「支出は増えるが、ちゅうちょしている時ではない」(川崎二郎PT座長) 民主党も2日、緊急雇用対策本部を設置し、敷金や礼金など住宅に入居するための費用や、就職活動中の生活費の支援などの対策を検討中だ。 ただ、いずれも年内に実現する見通しは立っていない。派遣ユニオンの関根秀一郎書記長は危機感を募らせている。「急がないと、このままでは年末には路上に大量の失業者があふれかねない」 http://www.asahi.com/national/update/1204/TKY200812040348.html

| コメント (0)

☆妻が財布から抜いた万札、実は「お手製」 容疑の夫逮捕(5日)

Logo3 カラーコピー機を使って自宅で1万円札数枚を偽造したとして、兵庫県警芦屋署は4日、住所不定、無職北嶋陽一容疑者(30)を通貨偽造の疑いで逮捕したと発表した。容疑を認めているという。 芦屋署によると、北嶋容疑者の妻が7月、同容疑者の財布から1万円札を抜き取り、銀行の現金自動出入機(ATM)で預金しようとした。入金できなかったため、不審に思った妻は「偽札では」と芦屋署に届け出たという。北嶋容疑者は同署に事情を聴かれた際、「拾ったのかな」と話していたが、その直後に家を出て行方をくらませた。11月中旬、神戸市内で路上に寝ていた男性から財布を盗んだ窃盗容疑で同県警生田署に逮捕され、その後、芦屋署員に偽札造りを認めたという。妻は「まさか夫が偽札を造っていたとは」と驚いているという。 http://www.asahi.com/national/update/1204/OSK200812040089.html

| コメント (0)

☆【舞鶴高1少女殺害】「前かご自転車」も押収 無職男宅捜索で(5日)

Msn_s1_2 京都府舞鶴市の高校1年、小杉美穂さん=当時(15)=殺害事件で、舞鶴署捜査本部が行った遺体発見現場近くに住む無職の男(60)=窃盗罪で起訴、勾留(こうりゅう)中=宅の家宅捜索で、前かごの付いた自転車など数台が押収されていたことが4日、分かった。事件では、防犯カメラに写っていた美穂さんと一緒に歩く男が前かご付き自転車を押しており、捜査本部は今後、関連の有無を調べる。捜査本部は、6日間延べ約40時間にわたった殺人、死体遺棄容疑での家宅捜索で、自転車のほか衣類やスコップなど計約2000点を押収。膨大な押収品の選別や現場検証などに時間を要したため、当初2日間の予定だった捜索は大幅に延長された。捜査本部は今後、押収品を詳しく調べ、まだ見つかっていない凶器となり得る工具類や美穂さんとの接触をうかがわせる微物が残っていないかなどについて分析。男が事件に関与していないか慎重に捜査する。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081204/crm0812042340050-n1.htm

| コメント (0)

☆大手企業で非正規社員の削減相次ぐ ホンダ490人、東芝540人(5日)

Msn_s1 世界的な景気減速を受け、国内大手企業で非正規従業員を削減する動きが続いている。すでに1万人を超える削減見通しとなっている自動車業界で4日、ホンダが新たに国内4工場で来年1月末までに約490人の期間従業員を削減すると発表した。電機業界でも東芝が同日、約540人を追加削減することが明らかになったほか、キヤノンも1100人以上の請負社員を削減する。ホンダの削減対象は埼玉製作所(埼玉県狭山市)、浜松製作所(静岡県浜松市)、熊本製作所(熊本県大津町)、栃木製作所(栃木県真岡市)。すでに埼玉製作所では期間従業員270人の削減方針を示しており、これで計760人を削減することになる。 東芝は来年3月末までに半導体を生産する大分工場(大分市)で期間従業員380人を削減するほか、北九州工場(北九州市)でも全派遣社員の8割強にあたる162人と来年以降の契約更新をしなかった。同社は今年7月以降、半導体生産の四日市工場(三重県四日市市)と岩手県北上市の子会社工場でも派遣社員や期間従業員約380人をすでに削減している。キヤノンは、年内にカメラの生産子会社、大分キヤノン(大分県国東市)で請負社員1097人を削減、複写機関連の生産子会社、大分キヤノンマテリアル(同県杵築市)でも80人を減らす。ほかにもトヨタ自動車北海道(苫小牧市)が今月25日に同市の5工場すべてで生産を休止することが同日判明。休止に伴い、人員削減も必至とみられる。http://sankei.jp.msn.com/economy/business/081205/biz0812050106000-n1.htm

| コメント (0)

☆警視庁は年の瀬控え「金融機関等防犯対策会議」開く(5日)

~金融機関等を対象とした強盗等の犯罪防止へ~

Topbanner01logo1 警視庁は、年の瀬を控え、金融機関等を対象とした強盗等の犯罪を防止するため、「金融機関等防犯対策会議」を開いた。東京銀行協会、全国地方銀行協会、第二地方銀行協会等14団体、15人を招き、▽金融機関等を巡る犯罪情勢と防犯対策▽現金輸送時の防犯対策▽振り込め詐欺防止対策-についてそれぞれ担当管理官から説明があり、質疑応答した。日刊警察新聞http://www.police-ch.jp/news/

| コメント (0)

☆松本の強盗傷害事件で6人逮捕 長野県警(5日)

News_pic1_2 ことし10月、長野県松本市の住宅に押し入り、家にいた男性を殴るなどした上、現金およそ50万円を奪って逃げたとして、中国人と日本人の合わせて6人の男が強盗傷害などの疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、
▼群馬県前橋市に住む中国人で 無職の南虎哲容疑者(28歳)ら4人の中国人と、
▼同じ前橋市の店員、
萱間正美容疑者(57歳)ら2人の日本人です。警察によりますと、南容疑者らはことし10月14日、松本市の住宅に押し入り、28歳の男性を殴ったり車のトランクに閉じこめて山中を連れ回したりした上、現金およそ50万円を奪ったとして、強盗傷害や逮捕監禁などの疑いが持たれています。警察が、男性の自宅周辺などで聞き込みをした結果、不審な車のナンバーの目撃情報などから南容疑者らが犯行に関わった疑いが強まり、4日までに逮捕されました。警察の調べによりますと6人はおおむね容疑を認めていて、被害にあった男性は南容疑者と顔見知りだったということです。警察では、さらに複数の共犯者がいるものとみて、捜査を進めています。http://www.nhk.or.jp/nagano/lnews/01.html

| コメント (0)

☆顧客から現金詐取 東和銀行の元行員を逮捕(5日)

Noimage_120x901_2 顧客の定期預金を無断で解約し、現金約550万円をだまし取ったとして、警察は4日、群馬県の「東和銀行」元行員の男を逮捕した。詐欺の疑いで逮捕されたのは、東和銀行伊勢崎支店の元行員で、渉外係をしていた木村英世容疑者(39)。警察の調べによると、木村容疑者は06年6月と07年3月、顧客の70歳代の女性にウソの説明をして定期預金の解約に必要な書類に印鑑を押させ、銀行から約550万円をだまし取った疑いが持たれている。調べに対し、木村容疑者は容疑を認めている。警察は、木村容疑者が別の顧客の預金からも80回以上にわたって不正に金を引き出し、総額6000万円以上をだまし取っていたとみて、余罪を追及している。 http://www.news24.jp/124450.html

| コメント (0)

« 2008年12月4日 | トップページ | 2008年12月6日 »