« 2008年11月30日 | トップページ | 2008年12月2日 »

2008年12月1日

2008年12月 1日 (月)

★警視庁管内 体感治安 レベル1

   首都東京の体感治安(12月2日)
             (単位・レベル)

    解説 「マスコミは体感治安を左右する」2_2

「日本列島 本日の振り込め詐欺」のコーナーを

設けたのは10月29日。オレオレ詐欺を含めた

「振り込め詐欺」の被害額が最悪状況にあるこ

とから警察庁が全国の警察に指示。10月を振

り込め詐欺防止の強化月間としました。その月

間が終盤を迎えた時にスタート。以来、11月30

日までの約1ヶ月間にNHKや日本テレビ、北海

道から沖縄までまの新聞各社のホームページを

Bye1_2午前4時から5時と午後9時前後に検索

して掲載した原稿の件数は173件でした。うち逮捕 原稿は最も多く46件。次いで被害原稿が25件、未遂4件で、その他は対策原稿や月間の各県警のまとめ数字でした。結果的に逮捕原稿が多くなり、体感治安は「良」で推移しました。12月1日の「日本列島 本日の振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.htmlは4件。首都東京の治安は平穏につき「レベル1(みどり)」とする。

※ピーポちゃんの位置が現在のレベルを表示しています。パソコンによっては勝手に動くこともありますので、原稿を参照にしてください。クリックすると挨拶します。宜しく。

続きを読む "★警視庁管内 体感治安 レベル1"

| コメント (0)

☆早大でセクハラ相談リストがネット流出 (読売新聞)(1日)

Yomiuri_koudoku1 早稲田大学は1日、セクハラなどの相談内容のリスト約390件分がファイル交換ソフトを介してインターネット上に流出したと発表した。リストには、相談者の名前と所属、「ストーカー」「セクハラ」「パワハラ」など訴えの内容、相手の名前などが書かれていた。同大によると、リストは1999~2005年に、学生らからの相談を受け付ける「ハラスメント防止委員会」の女性嘱託職員が作成した。今年7月、女性職員が受け付けた案件のデータを自宅に持ち帰り、データベース化の方法を尋ねるために知人の男性にメールで送信した際、男性のパソコンのファイル交換ソフトを介して流出したとみられる。 リストに載っていた相談内容は、その後の調査の結果、思い違いだと判明したケースもあるといい、必ずしも実際にセクハラなどがあったことを示すものではないという。同大広報室は「このような事態になり誠に遺憾。関係の皆様に深くおわびをしたい。再発防止を徹底し、信頼回復に努めたい」としている。今後、職員の処分を検討する。 http://news.www.infoseek.co.jp/society/story/20081201_yol_oyt1t00728/

| コメント (0)

☆オウム真理教の観察処分が2009年1月末に期限迎える 公安調査庁、期間更新を請求(1日)

Logo1 団体規制法に基づくオウム真理教の観察処分が2009年1月末に期限を迎えるのを前に、公安調査庁は1日、観察処分の期間更新を公安審査委員会に請求した。オウム真理教は現在、主流派の「アーレフ」と上祐史浩元幹部らが脱退して設立した「ひかりの輪」が中心となり、あわせておよそ1,500人の信者が15都道府県の30施設で活動を続けている。公安調査庁は、2つの組織が現在でも松本 智津夫死刑囚への絶対的帰依を明らかにしていて、その危険な本質は変わらず、団体規制法に基づく観察処分の対象に該当するとして、3年間の観察処分の更新を請求した。オウム真理教への観察処分は2000年1月から始まり、過去2回、期間が更新されてきた。 (12/01 20:53)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00145082.html

| コメント (0)

☆次男の足小指をはさみで切断、傷害容疑で父逮捕 岡山(1日)

Logo3_4 次男の左足小指を切断したとして、岡山県警捜査1課と岡山南署は1日、岡山市の無職の男(39)を傷害容疑で逮捕したと発表した。「身に覚えがない」と否認しているという。 同署の説明では、男は07年9月17日午後3時半ごろ、自宅で次男(当時4歳)の左足小指をはさみのようなもので切断し、全治6週間のけがを負わせた疑いが持たれている。次男は、皮だけで指がつながっている状態で入院。児童相談所からの告発を受け、同署が調べていた。 次男の上半身にはやけどの跡があり、虐待が常態化していた可能性もあるとみて、関連を調べている。 http://www.asahi.com/national/update/1201/OSK200812010091.html

| コメント (0)

☆「無燃料で永久発電、開発した」700万円詐欺容疑(1日)

Logo3_3 「無燃料で永久に発電するシステムを開発した」などと称して、存在しない未公開株の購入代金として男女4人から計700万円をだまし取ったとして、高知県警捜査2課と高知署は1日、会社役員石崎貞利容疑者(60)=高知市上町1丁目=と、会社役員西本昌司容疑者(48)=札幌市中央区=を詐欺の疑いで逮捕した、と発表した。県警は2人が全国の約70人から総額約1億円を集めたとみている。石崎容疑者は「金を集めたことは間違いない」、西本容疑者は「悪いことをした」と供述しているという。 県警によると、両容疑者は共謀して、企業が「無風力発電システム」を開発したなどと称して、講演会で、ありもしない未公開株について「1株35万円が数倍にもなる」などとうそをついて購入を持ちかけ、05年9~12月、大阪、兵庫、和歌山などの男女4人から現金計約700万円をだまし取った疑いが持たれている。 http://www.asahi.com/national/update/1201/OSK200812010059.html

| コメント (0)

☆兄を殴り逮捕の男が自殺未遂 警視庁青梅署(1日)

Banner_logo_051_7 東京都青梅市のマンションで、細谷青志(せいじ)さん(53)が死亡しているのが見つかった事件で、傷害容疑で逮捕された実弟の無職、細谷延央(のぶおう)容疑者(47)が警視庁青梅署の留置室で首つり自殺を図っていたことが1日、分かった。署員がすぐに発見し、けがはないという。同署によると、延央容疑者は11月29日午後11時5分ごろ、留置室のトイレの扉の角に、枕カバーとズボンを結んで引っかけ、首をつろうとしていた。巡回中の署員がすぐに気付き、保護した。延央容疑者は同日、細谷さんの顔を殴るなどし重傷を負わせたとして、傷害容疑で逮捕されていた。同署の虻川政男副署長は「署員の対応に問題はなかった。再発防止につとめたい」としている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/200531/

| コメント (0)

☆万引のNHK職員「プロジェクトXに傷をつけてしまった」(1日)

Banner_logo_051_6 人気番組「プロジェクト」の製作統括を務めた敏腕エグセグティブ・プロデューサーが万引で検挙されたことを受け、NHKは1日午後、緊急記者会見を開き、コンプライアンス担当の八幡恒二理事が「信頼回復に全力を挙げているさなか、大変遺憾で重く受け止めている。視聴者のみなさまに深くおわびします」と陳謝した。 八幡理事によると、検挙されたのは制作局番組開発グループのエグゼクティブ・プロデューサーで、局次長クラスに相当する幹部。文化庁芸術作品賞や菊池寛賞などの受賞歴があり、「外部での講演も多く、非常に意欲的で優秀という評判だった」(八幡理事)という。最近は「東京カワイイ★TV」など若者向けコンテンツの開発に取り組んでいたが、勤務態度に問題はなく、金銭に困った様子もなかったという。NHKの内部調査に対し、エグゼクティブ・プロデューサーは「『プロジェクト』という番組に傷をつけてしまい、耐え難い気持ち。(NHKが)回復期に向かっているなかで、こうした事態を招いてしまい大変申し訳ない」と反省しているという。ただ、動機や詳しい状況については、「警察の捜査中」(八幡理事)として明らかにしなかった。NHKが事実を把握したのが発生から2日遅れの1日午前になってからだったことについて、八幡理事は「指導するクラスの人間であり、本人からすぐに連絡がほしかった」とし、「警察の処分や事実確認が終わってから、厳しい処分をしたい」と話している。おりしもこの日は、NHKが力を入れるインターネットによる配信サービス「NHKオンデマンド」がスタートした当日。配信されるコンテンツの中にはこのエグゼクティブ・プロデューサーが手がけた番組が多数入っている。この点について、NHK広報部では「番組とは切り離して考えたい」としている。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/200617

| コメント (0)

☆南日本新聞、2月末で夕刊を休刊(1日)

南日本新聞社(鹿児島市)は1日、夕刊を来年2月末で休刊すると発表した。 同社は1日付の朝刊1面に「読者の皆さまへ」と題する社告を掲載。休刊の理由として、発行部数や広告収入の減少、用紙代など製作コストの増大などを挙げている。同社によると、夕刊は、1934年から始まり、鹿児島県内で約2万3000部を発行している。同社経営企画局は「残念の極み。今後は、ウェブ速報体制に力を入れたい」としている。朝刊については、同県、宮崎県南部をエリアに約37万6000部を発行している。

(2008年12月1日11時48分  読売新聞)
0クリップ  この記事をクリップ ヘルプhttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081201-OYT1T00429.htm

| コメント (0)

☆大阪・道頓堀で1億円相当の宝石強奪(1日)

Msn_s1_2 1日午後1時ごろ、大阪市中央区道頓堀の路上で、宝石店の男性社員が歩いていたところ、後ろからきた乗用車にはねられた。男性が転倒したところ、車から降りてきた男2人組が顔面などを殴り、消火器を噴霧。男らは男性が持っていた時価計1億円相当の宝石約500点が入ったアタッシェケースを奪って逃走した。南署は強盗致傷事件として男らの行方を追っている。調べでは、2人組は覆面をしていたという。現場は大阪・ミナミのマンションなどが並ぶ一角。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081201/crm0812011534030-n1.htm

| コメント (0)

☆車内で一家5人死亡 練炭で心中か、手帳に遺書?も(1日)

Banner_logo_051_5 1日午前9時ごろ、宮城県名取市高舘熊野堂名取川右岸の河川敷に止まっていた乗用車の中で、男女5人が倒れているのを通行人の男性(60)が見つけ、110番通報した。5人は家族で、目立った外傷はなく全員死亡していた。車内からは炭の燃えかすと、遺書らしいものが見つかっており、県警岩沼署は、一家で心中を図った可能性が高いとみて、詳しい死因などを調べている。同署によると、死亡していたのは、仙台市太白区東中田のタクシー運転手、板垣真剛(しんごう)さん(48)▽板垣さんの妻でパート店員、恵美さん(43)▽長女の短大2年、遥香さん(20)▽次女の高校1年、夏海(なつみ)さん(16)▽長男の小学5年、佑亮くん(11)-の5人。車は3列シートのステーションワゴンで、発見当時、運転席に恵美さん、助手席に夏海さん、2列目に板垣さんと佑亮くん、3列目に遥香さんがそれぞれ倒れていた。車内は粘着テープで目張りがされていた。2列目のシートには、10個を超えるこぶし大の炭の燃えかすが、バーベキュー用の鉄板の上に置かれていたほか、車内から遺書めいた記述のある恵美さんの手帳が見つかった。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081201/crm0812011724032-n1.htm

| コメント (0)

☆妻のケータイに男性名の着信履歴、立腹し妻刺した男逮捕(1日)

1日午前1時頃、大阪市生野区巽北1、トラック運転手嶋田徳一容疑者(42)が「妻を刺した」と119番した。消防から通報を受けた生野署員が駆けつけたところ、妻の稚奈(わかな)さん(29)が胸や腹など数か所を刺されて洗面所で倒れていた。同署は嶋田容疑者を殺人未遂容疑の現行犯で逮捕。稚奈さんが搬送先の病院で死亡が確認されたため、殺人容疑に切り替えて調べている。発表によると、嶋田容疑者は、稚奈さんが入浴中に携帯電話の着信履歴を確認し、男性からの着信があったのを見つけて腹を立て、稚奈さんを出刃包丁(刃渡り約16センチ)で刺したという。嶋田容疑者は「妻が浮気をしていると思い、カッとなってやった」と認めている。 最終更新:12月1日15時0分読売新聞

| コメント (0)

☆給食費33カ月滞納、給与差し押さえ 宮城・登米市(1日)

Banner_logo_051_4 宮城県登米市教育委員会は1日、支払い能力があるのに市立中学校の給食費を滞納していた保護者1人の給与を差し押さえたと発表した。市教委によると、この保護者は給与があるのに平成17年6月~20年3月のうち33カ月分、月額4500~5000円の給食費計約15万円を滞納。市は戸別訪問や簡裁からの支払い督促申し立てで再三支払いを求めたが、保護者からの返答は一切なかった。市は11月中旬に仙台地裁に債権差し押さえ命令を申し立てていた。市教委は「きちんと給食費を支払っている保護者と均衡を欠かないよう今後も必要なら法的手段を活用し未納の解消に努める」としている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/education/200577/

| コメント (0)

☆接骨院の顔なじみ同士 交通事故装い身内で保険金詐欺(1日)

Banner_logo_051_3 交通事故を装って保険金約239万円をだまし取ったとして、群馬県警交通指導課と前橋署は1日、詐欺の疑いで同県玉村町樋越、塗装業、掛川隆容疑者(38)ら5人を逮捕した。同課は、身内ぐるみの詐欺事件で、さらに数件の余罪があるものとみている。 他に逮捕されたのは、同容疑者の姉の無職、掛川あゆみ(42)、おいの塗装工、雄也(21)、隆容疑者の同居人で専門学校生の高橋千鶴(25)の3容疑者と、同県高崎市江木町、元柔道整復師、栗原伝二郎容疑者(61)の4人。調べでは、5人は昨年1月6日午後9時5分ごろ、玉村町内の国道354号交差点で、掛川容疑者らが乗った乗用車に、高橋容疑者の乗用車をわざと追突させ、栗原容疑者が偽造した通院証明書を使い、共済保険から休業補償費などとして現金約239万円をだまし取った疑い。掛川容疑者らは栗原容疑者が経営していた接骨院に通院していたことがあり、顔なじみだった。調べに対し、あゆみ容疑者は「生活費がほしかった」などと容疑を認めているが、他の4人は「偽装でない」などと否認している。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/200563

| コメント (0)

☆「高収入の仕事」メール詐欺(1日)

News_pic1_3 「高収入の仕事やりませんか」などとうそのメールを送りつけ、女性から預託金として現金をだまし取ったとして東京の無職の男が逮捕され、警視庁は同じ手口で、およそ180人から1000万円以上をだまし取っていたとみて調べています。逮捕されたのは東京・目黒区の無職、高橋清二容疑者(39)です。警視庁の調べによりますと、高橋容疑者は先月、新宿区の23歳の女性に「高収入の仕事やりませんか」などとうそのメールを携帯電話に送りつけたうえ、「預託金が必要だ」として現金6万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いが持たれています。これまでの調べによりますと、高橋容疑者はメールの中で「携帯電話のICカードを運ぶ仕事で60万円渡します」などとともちかけ、自宅のマンションの郵便受けに現金を入れるよう指示していたということです。郵便受けの中には、ペットボトルが入った袋と地図があり、女性は地図で指定された豊島区のビルに向かいましたが、その後メールの返信が来なくなったということです。調べに対し、高橋容疑者は容疑を認め「生活に困っていた。だまし取った現金は家賃や生活費にあてた」などと供述しているということです。警視庁は同じ手口で、およそ180人から1000万円以上をだまし取っていたとみて調べています。http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/02.html

| コメント (0)

☆日立市でまたコンビニ強盗(1日)

News_pic1_2 11月に入ってコンビニエンスストアなどを狙った強盗事件が相次いでいる日立市で30日朝もコンビニエンスストアに男が押し入り、店員をカッターナイフで脅して現金を奪って逃げました。警察は強盗事件として捜査しています。30日午前6時10分ごろ日立市弁天町のコンビニエンスストア「サンクス日立けやき通店」に男が押し入り、31歳の男性の店員にカッターナイフを突きつけ、「レジを開けろ」と脅しました。男性店員がレジから売上金などおよそ5万円を取り出すと男は現金を奪い走って逃げたということです。当時、店に客はおらず男性店員にけがはありませんでした。この事件で警察は店の防犯カメラに写っていた犯人の男の画像を公開しました。男は身長1メートル70センチから75センチくらいのやせ形で灰色のパーカーを着て黒いニット帽と灰色のマフラーを身につけています。警察は強盗事件として逃げた男の行方を捜査しています。現場はJR日立駅から南西に1キロほど離れた市の中心部で、住宅や工場などが多く点在していますが、深夜や早朝は人通りが少ないということです。
日立市では今月24日にコンビニエンスストアと牛丼店を狙った2件の強盗事件が起き、27日には強盗の防犯訓練が別のコンビニエンスストアで行われたばかりでした。http://www.nhk.or.jp/mito/lnews/01.html

| コメント (0)

☆自殺防ぐ相談窓口 検索サイト(1日)

News_pic1 10年連続で3万人を超えている自殺を防ごうと、相談窓口を簡単に検索できるインターネットのサイトの運用が1日から始まります。このサイトのアドレスはhttp://lifelink-db.orgで、1日午前6時から運用が始まります。運用が始まるのは「生きる支援の総合検索サイト」です。ことし硫化水素による自殺がインターネットを通じて広がったことから、自殺の方法ではなく思いとどまるきっかけをつかんでもらおうと、自殺対策に取り組むNPOが初めて作りました。サイトには東京都内の相談窓口の情報およそ1000件が収録されており、仕事や生活の悩みなどの問題ごとに相談窓口を選べるようになっているほか、受付時間などの条件からも検索が可能になっています。また支援を行っている人が情報を登録することもでき、今後全国の相談窓口の情報を集めてサイトを更新していくということです。サイトをつくったNPO「自殺対策支援センターライフリンク」代表の清水康之さんは「景気の悪化で失業者や倒産する企業が増え始めている今の状況は、自殺者が初めて3万人を超えた10年前に非常に似ている。死に追いつめられる人を減らすために情報を提供していきたい」と話しています。このサイトのアドレスはhttp://lifelink-db.orgで、1日午前6時から運用が始まりますhttp://www3.nhk.or.jp/news/t10015701371000.html

| コメント (0)

☆愛子さま:7歳の誕生日迎える(1日)

20081201k0000m040126000p_size41 Logo_mainichi1_2 皇太子ご夫妻の長女愛子さまは1日、7歳の誕生日を迎えた。今年4月には学習院初等科に入学。宮内庁によると、愛子さまは毎朝、お住まいの赤坂御用地の門のあたりで、ご夫妻と愛犬のピッピとまりに見送られ、「行ってまいります」と大きな声であいさつして通学する。初等科の守衛や交番の警察官にも「おはようございます」などと声をかける。2学期になってリレーの選手に選ばれると、帰宅後も走ったり、バトンの受け渡しの練習をしていたという。シナリオを作ることも好きで、授業で習ったダンスを取り入れた劇や音楽鑑賞会、人形劇を企画して、ご夫妻に披露することもある。ピアノやバイオリンのレッスンをしており、ピアノを弾くときは即興で作曲し、「妖精の歌」などの題名をつけて楽しむこともあるという。【真鍋光之】毎日新聞 2008年12月1日 5時00分(最終更新 12月1日 5時00分)http://mainichi.jp/select/today/news/20081201k0000m040116000c.html

| コメント (0)

☆同時テロで死亡の津田さん、被弾は2発…警視庁が司法解剖(1日)

警視庁は30日、インド西部ムンバイの同時テロに巻き込まれて死亡し、29日夜に無言の帰国をした三井丸紅液化ガスの津田尚志さん(38)の遺体を司法解剖した。 同庁幹部によると、死因は、銃撃で肝臓や右ひざ裏の動脈などが損傷したことによる失血死とみられる。津田さんは2発の銃弾を受けており、1発は右脇腹から左脇腹、左ひじを貫通、もう1発は右ひざ裏に着弾していたという。同庁は刑法の国外犯規定を適用して殺人容疑で捜査を始めており、今後、外務省を通じて現地情報の収集を進める一方、銃撃の状況などについても関係者から事情を聞く。

2008年11月30日20時51分  読売新聞)

| コメント (0)

☆捨て犬猫の収容所拡充、飼い主と出会いの場に 環境省(1日)

Logo3_2 捨て犬や捨て猫の処分を減らすため、環境省は来年度から、全国にある収容施設の拡充支援に乗り出す。収容数を増やして「待機期間」を延ばして新たな飼い主との出会いのチャンスを増やす。 収容所は元々、狂犬病が広がるのを防ぐのが主な狙いで、3日以内に処分されることが多く、「出会いの場」として十分に認知されているとはいえない。特に、中・大型犬では飼育の負担が大きいため、引き取りを検討している間に処分されてしまうこともあったという。 このため、同省は来年度から、主に捨て犬や猫の収容数を増やせる施設の新築や改修について、費用の半分を補助する。施設を「出会いの場」としての存在としても強調していき、現在より譲りやすくする。野良犬や、元の飼い主から捨てられた犬や猫は、都道府県や指定市の動物愛護センターや保健所など約400カ所に収容されている。04年度は94%が処分された。(高山裕喜) http://www.asahi.com/national/update/1129/TKY200811290136.html

| コメント (0)

☆高齢者医療滞納20万人 主要72市区を本紙調査(1日)

Logo3 75歳以上が入る後期高齢者医療制度(後期医療)で、全国の主要自治体72市区で保険料を滞納している人が10月末時点で、約20万人いることがわかった。1年以上滞納すると原則、保険証を返還させられ、「無保険」状態となる。滞納者には低所得者や長期入院中の人が相当数いるとみられ、個別の事情に配慮した対応が求められそうだ。4月に導入された後期医療で、全国的な滞納者の数が明らかになったのは初めて。朝日新聞社が11月下旬、全国の県庁所在都市と政令指定都市、東京23区を対象に調べた。加入者数は計約415万人で、全国の約3割にあたる。 東京都文京区を除く72市区が回答。滞納している高齢者は計20万6745人と、全体の約5%だった。1千人を上回る自治体が57あり、さいたま市、横浜市では1万人を超えた。滞納者が加入者の1割を超える自治体は11あり、東京都杉並区は約2割に上る。 後期医療の保険料は原則、年金からの天引きだが、年金額が年18万円未満の高齢者は現金で払うか、口座振替などで支払う。保険料徴収は、6月から順次始まっており、滞納が1年間続くと、病気など特別の事情がない限り、原則保険証を返還させられる。 保険証が無いと、医療機関の窓口で、いったん医療費の全額を自分で払わなければならない。治療が必要でも受診を控え、病状悪化につながるなどと指摘されている。返還させるかどうかは、都道府県ごとに設置された広域連合が決めるが、事実上、徴収事務を担う市区町村が判断すると見られる。 政府・与党は、「相当な収入があるにもかかわらず滞納している悪質な場合に限って適用する」と、返還に関する方針を示したが、具体的な判断は広域連合にゆだねた。 今年3月に廃止された老人保健制度では、保険証返還の規定は無かった。 同様の規定は、国民健康保険にもあり、親の保険料滞納により全国で約3万3千人の中学生以下の子どもが「無保険」状態にある。 http://www.asahi.com/national/update/1130/TKY200811300182_01.html

| コメント (0)

☆頭部から出血、女性変死 事件事故の両面捜査(1日)

Msn_s1 30日午後4時20分ごろ、東京都大田区仲六郷居酒屋を兼ねた住宅で、女性が頭から血を流して倒れているのを同居している居酒屋手伝いの男性(59)が発見、119番通報した。女性は病院に運ばれたが死亡が確認された。女性はこの家に住む居酒屋経営者(79)とみられ、警視庁蒲田署は女性の身元特定を急ぐとともに、事件と事故の両面で捜査する。 調べでは、女性は1階の居酒屋と2階の住居をつなぐ階段の下で倒れていた。同署は1日に司法解剖して詳しい死因を調べる方針。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081201/crm0812010027000-n1.htm

| コメント (0)

☆<放火>容疑で中2女子逮捕…自宅全焼 群馬・東吾妻町(1日)

Logo_mainichi1 自宅に火をつけて全焼させたとして、群馬県警吾妻署は30日、同県東吾妻町に住む中学2年の女子生徒(14)を現住建造物等放火容疑で逮捕した。「むしゃくしゃしてやった」と供述している。 調べでは、女子生徒は30日午後7時10分ごろ、自宅に火をつけ、木造平屋建て住宅1棟約82.5平方メートルを全焼させた疑い。女子生徒は会社員の父(48)と2人暮らしで、2人とも逃げてけがはなかった。【杉山順平】http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081130-00000070-mai-soci

| コメント (0)

☆元厚生省OBの医師逮捕 不正請求暴くプロが自ら不正(1日)

Banner_logo_051_2 「不正請求は行っていない」-。美容外科「菅谷クリニック」(横浜市泉区、現サニークリニック)で診療報酬を不正に請求したとして、詐欺容疑で神奈川県警に逮捕された菅谷良男容疑者(58)は、旧厚生省で不正請求が疑われる保険医療機関への監査に従事した経験を持つ、その道のプロ。不正の手口には精通していた。菅谷容疑者は昭和62年~平成元年まで、旧厚生省で医療指導監査官として保険請求の不正監査に従事。かつては医療機関による巧妙な架空請求や二重請求に目を光らせ、「摘発」してきた。しかし、旧厚生省を退官後後に美容外科をスタートさせると、自らが不正に手を染め、逮捕前には「治療していないのにしたものとして請求したことはない」と繰り返した。厚生労働省によると、18年度に実施した医療機関への個別指導は3334件で、新規に保険適用となった施設への指導分などと合わせ、求めた返還額は計約53億4000万円。総医療費が30兆円を超える一方で、少子高齢化の急速な進展で保険財政は逼迫(ひっぱく)の一途をたどっており、診療報酬の不正請求は財源不足をより悪化させる。不正請求を知り尽くした菅谷容疑者が逆に不正を行っていたとすれば、許されるものではない。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/200429/

| コメント (0)

☆舞鶴女子高生殺害、捜索は異例の4日目へ(1日)

Banner_logo_051 京都府舞鶴市の高校1年、小杉美穂さん=当時(15)=殺害事件で、舞鶴署捜査本部は30日、遺体発見現場の近くに住む無職の男(60)=窃盗罪で起訴、勾留(こうりゅう)中=の自宅に対する殺人、死体遺棄容疑での家宅捜索を引き続き実施。男が私物を置いている隣室の一部も対象に含め、同日は男の弁護人のほか、検察官も立ち会った。捜索は1日も行われる予定で、捜索は4日目を迎える異例の長さとなる。捜査本部は、血液反応や微物の有無などについて、詳細に検証を行っているとみられる。一方、男はこれまでの調べに対し、殺人、死体遺棄事件については何も話していないという。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/200378

| コメント (0)

☆被害者参加制度:1日施行 被告に直接質問も…刑事裁判(1日)

Logo_mainichi1_3 刑事事件の裁判に被害者や遺族が参加し、被告に直接質問したり、求刑で意見を述べたりできる「被害者参加制度」が1日、スタートする。同日以降に起訴された事件が対象となり、来年1月には裁判が始まる見通し。被害者をサポートする弁護士も付くなど、刑事司法の仕組みが大きく変わることになる。政府が犯罪被害者を支援するため05年に閣議決定した「基本計画」で最大の施策。対象となるのは殺人や傷害致死、性的暴行、誘拐、交通死傷事故などで、参加を希望した被害者や遺族は「被害者参加人」として検察官の隣に座り、被告への質問のほか量刑を求めたり証人を尋問できる。心身に深い傷を負ったまま慣れない法廷に出るため、弁護士を付けることができるが、実際には弁護士が被害者側の意向を代弁する場面が増えるとみられる。また、法務省は参加者の多くが肉親を失った遺族になると想定している。弁護士については、司法の利用者を支援する「日本司法支援センター(法テラス)」が、被害者参加制度に精通する全国の約1400人を紹介し、資力が少ない場合は国選弁護士が選任される。被害者が刑事裁判と連動して被告に損害賠償を請求できる「付帯私訴制度」も創設。被告に有罪判決が出た後、同じ裁判官が原則4回以内の審理で賠償額を決定。刑事裁判の証拠を利用するため、被害者側の立証負担が軽くなる。 諸沢英道・常磐大理事長(被害者学)は「被害者の参加でようやく裁判の均衡が取れることになるが、多くの遺族が参加に不安を感じている。弁護士が付くことで初めて利用が増える」と指摘する。法テラスは「迅速に対応するには弁護士数を増やす必要がある。女性が2割と少なく、性犯罪被害者へのサポートも課題」としている。【石川淳一】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081201k0000m040065000c.html

| コメント (0)

☆家賃滞納者の鍵替え家財処分 「追い出し屋」被害相次ぐ(1日)

Logo3_5 賃貸住宅の連帯保証を請け負う業者らが、家賃を滞納した入居者に強引に退去を迫る「追い出し屋」の被害が広がっている。被害者の多くは低所得者ら。弁護士らは「新手の貧困ビジネス」と批判し、救済に乗り出しているが、家賃保証業務を規制する法律はない。

 ■思い出の品処分され

 「閉め出すぞ」。福岡市の女性(38)は携帯電話の通話が耳から離れない。約3年前まで、1K、家賃約4万円のアパートに長女(17)と住んでいた。家賃保証会社が連帯保証人になった。消費者金融などからの借金があり、家賃を滞納した。「取り立てが来たら、娘に嫌な思いをさせる」。女性は妹の自宅に一時避難した。まもなく鍵が交換され、会社から「荷物を預かる」と連絡が入った。1日千円の「保管料」を求められた。女性は滞納家賃を分納し、家財の返却を求めると、保証会社は「もうない」。七五三など娘の思い出が詰まった4冊のアルバムも失った。 親族宅に身を寄せ、06年秋、家賃約5万円のアパートに移った。入居時に東京の保証会社と契約を結んだ。勤め先のスーパーの時給は600円台で、月収は10万円余り。借金返済を優先させ、また家賃を滞納した。保証会社に「サラ金まで(車で)乗せてやろうか」と言われたという。女性は「家賃が払えなかった私が悪いけど、悔しい」。保証会社は「違法性があるとは思っていない」と説明する。

 ■30%近い遅延利息

 「荷物をまとめて出て行け」。10月、大阪府柏原市の男性(63)は保証会社からこう脅されたという。昨夏、家賃8万5千円のマンションに入った。約10年前にエステ店を廃業し、借金が残った。「他人に迷惑をかけたくない」と、入居時に保証会社と契約を結んだ。9月の家賃を滞納すると、保証会社から玄関ドアに督促の紙が張られ、損害金5千円を請求された。契約書には「年率29.2%の割合の遅延損害金」を求めるとあったが、消費者契約法の上限金利の年率14.6%を超えており、司法書士は「無効だ」。保証会社は「契約書の文言は滞納の抑止力になる。文言通りの請求はほぼない」と話す。大阪や福岡では弁護士らが刑事告訴も検討している。

 ■監督官庁なし

 保証会社の多くは90年代に設立。高齢者や外国人労働者らのニーズもあり、新規参入が続いた。今は100社以上あるといわれる。グレーゾーン金利の撤廃で経営が悪化した消費者金融会社からの転出組もあるという。 保証会社の関係者は「競争が激しく、滞納しそうな入居者もどんどん入れる。その結果、滞納率が高まり、無理な取り立てをする業者も出てきた」。別の司法書士も「家賃保証の仕組みが悪いのではなく、違法な手口が問題なのだ」。 保証会社は宅地建物取引業法や借地借家法の規制外で、現在は「監督官庁もない状態」(国土交通省不動産業課)だ。(室矢英樹、千葉雄高) http://www.asahi.com/national/update/1129/OSK200811290076.html

| コメント (0)

☆架空の仕事で現金詐取 被害180人1000万円か(1日)

Msn_s1_2 架空の仕事の預託金名目で現金をだまし取ったとして、警視庁目黒署は30日までに、詐欺の疑いで、東京都目黒区青葉台、無職、高橋清二容疑者(39)を逮捕した。調べでは、高橋容疑者は10月下旬、新宿区に住む自由業の女性(23)の携帯電話に「高収入の仕事やりませんか。預託金6万円と身分証コピーが必要です」と、うそのメールを送って自宅マンションまで持参するよう伝え、郵便受けに6万円を入れさせて、だまし取った疑い。高橋容疑者は「生活費に使った」と供述。目黒署は、高橋容疑者が昨年5月から今年11月にかけ、同じ手口で約180人から計約1000万円をだまし取ったとみて調べている。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081130/crm0811301631011-n1.htm

| コメント (0)

« 2008年11月30日 | トップページ | 2008年12月2日 »