« ☆高さ16メートルの落書きで逮捕 容疑者は同志社大生(22日) | トップページ | ☆山口夫妻の帰宅直後に襲撃か 元厚生次官ら連続殺傷(22日) »

2008年11月22日 (土)

☆大きな箱所持 車で持ち去りか 警視庁(22日)

News_pic1_3 東京・中野区の住宅で、元厚生事務次官の妻が宅配便を装った男に刺されて大けがをした事件で、警視庁で、妻からあらためて事情を聞いたところ、男が体が隠れるほどの大きさの箱を抱えていたことがわかりました。現場周辺で箱は見つかっておらず、警視庁は男が車などに載せて持ち帰った可能性が高いとみて調べています。この事件は、今月18日、東京・中野区の元厚生事務次官、吉原健二さん(76)の住宅で、妻の靖子さん(72)が男に刃物で刺されて大けがをしたものです。靖子さんは宅配便を装った男に襲われたということですが、警視庁が21日にあらためて靖子さんから事情を聞いたところ、「犯人は、体が隠れるほどの大きさの箱を両手で抱えて入ってきて、いきなり刺した」と話したことがわかりました。「段ボールのような箱だった」とも話しているということですが、これまでの現場検証や周辺の捜索では箱は発見されておらず、警視庁は、箱を抱えたまま徒歩で逃走を続けると目立つとみられることから、男が車などに載せて箱を持ち帰った可能性が高いとみています。また、靖子さんは襲われた際の状況について「犯人に刺されたあと、室内で気が付いたときにはすでに犯人はいなかった」と話しているということで、警視庁で犯行の詳しい状況をさらに調べています。http://www3.nhk.or.jp/news/t10015548381000.html

« ☆高さ16メートルの落書きで逮捕 容疑者は同志社大生(22日) | トップページ | ☆山口夫妻の帰宅直後に襲撃か 元厚生次官ら連続殺傷(22日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆高さ16メートルの落書きで逮捕 容疑者は同志社大生(22日) | トップページ | ☆山口夫妻の帰宅直後に襲撃か 元厚生次官ら連続殺傷(22日) »