« ☆6キロ引きずられる? 新聞配達員がひき逃げ死亡(17日) | トップページ | ☆食品表示110番 通報大幅増(17日) »

2008年11月17日 (月)

☆うなぎ偽装 承知で東京の商社介在か(17日)

News_pic1 11月17日 4時24分

中国産のうなぎの偽装事件で、伝票の上だけでうなぎの取り引きをしていた東京の商社が、同じ取り引きにかかわった別の会社に比べて7倍の手数料を受け取っていたことがわかり、警察は、この商社の社長が偽装を知りながら取り引きをしたとみて調べています。この事件で、社長の中谷彰宏容疑者(44)が不正競争防止法違反の疑いで逮捕された徳島市に拠点がある水産卸会社「魚秀」は、東京の商社「共同フーズ」など2つの会社と、伝票の上だけで、偽装されたうなぎのかば焼きの取り引きをしたことがこれまでの調べでわかっています。逮捕された共同フーズの社長の佐藤弘一容疑者(56)は「偽装について関係者と話し合ったことはない」などと容疑を否認しているということです。一方、警察の調べでは、取り引きにからんで魚秀から2つの会社に対して手数料が支払われた際、共同フーズはもう1つの会社の7倍に当たる3500万円を受け取っていたということです。また、佐藤社長は、もう1つの会社に魚秀の役員を引き合わせて取り引きを持ちかけていたということで、警察は、佐藤社長が魚秀側から事前に事情を聞き、偽装を知りながら取り引きをしたとみて調べを進めています。http://www3.nhk.or.jp/news/t10015420581000.html

« ☆6キロ引きずられる? 新聞配達員がひき逃げ死亡(17日) | トップページ | ☆食品表示110番 通報大幅増(17日) »

生活関連事件(生安部の事件 風営法等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆6キロ引きずられる? 新聞配達員がひき逃げ死亡(17日) | トップページ | ☆食品表示110番 通報大幅増(17日) »