« ★Technorati policestory | トップページ | ☆家に花火投げ込まれ全焼、1人死亡 放火容疑で2人逮捕(1日) »

2008年11月 1日 (土)

☆航空幕僚長:「侵略国家は濡れ衣」と論文で主張、更迭へ(1日)

20081101k0000m010091000p_size51 航空自衛隊トップの田母神(たもがみ)俊雄・航空幕僚長(60)が、日本の過去の戦争をめぐって「我が国が侵略国家というのは濡(ぬ)れ衣(ぎぬ)だ」と主張する論文を執筆していたことが31日、分かった。侵略と植民地支配を謝罪した95年の「村山談話」などの政府見解を大きく逸脱する内容。集団的自衛権の行使を禁ずる憲法解釈などを「東京裁判のマインドコントロール」と批判しており、事態を重視した浜田靖一防衛相は31日夜、田母神空幕長を更迭することを表明した。論文は「日本は侵略国家であったのか」と題し、総合都市開発「アパグループ」の懸賞論文「真の近現代史観」に応募。最優秀賞を受賞し、31日にインターネット上などで英訳とともに公表さLogo_mainichi1_4 れた。日中戦争については「我が国は蒋介石により戦争に引きずり込まれた被害者」と指摘しながら、旧満州や朝鮮半島が「日本政府と日本軍の努力によって、それまでの圧政から解放され、生活水準も格段に向上した」と植民地支配を正当化。そのうえで「多くのアジア諸国が大東亜戦争を肯定的に評価している。我が国が侵略国家だったなどというのは正に濡れ衣だ」と結論づけている。日米開戦についても「米国によって慎重に仕掛けられた罠(わな)」と定義した。さらに自衛隊のあり方をめぐり、集団的自衛権行使、武器使用の制限を挙げ、「自衛隊は雁字搦(がんじがら)めで身動きできない。マインドコントロールから解放されない限り我が国を自らの力で守る体制がいつになっても完成しない」と記している。麻生太郎首相は村山談話と、戦後60年に改めて謝罪した05年の「小泉談話」を踏襲する方針を示している。これらの談話をほぼ否定する論文にはアジア諸国や与野党からの批判が予想される。 首相は31日夜、記者団に「読んでいないが、立場が立場だから適切でない」と不快感を示した。【松尾良】http://mainichi.jp/select/today/news/20081101k0000m010089000c.html

« ★Technorati policestory | トップページ | ☆家に花火投げ込まれ全焼、1人死亡 放火容疑で2人逮捕(1日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆航空幕僚長:「侵略国家は濡れ衣」と論文で主張、更迭へ(1日):

« ★Technorati policestory | トップページ | ☆家に花火投げ込まれ全焼、1人死亡 放火容疑で2人逮捕(1日) »