« ☆「県内で催眠商法するな」福島県が東京の業者に業務停止命令(7日) | トップページ | ☆「警視庁の捜査怠慢」2千万円賠償命じる判決 東京地裁(7日) »

2008年11月 7日 (金)

☆ニュースキャスターの筑紫哲也さん 肺がんで死去(7日)

Banner_logo_051_2 ニュースキャスターで元新聞記者の筑紫哲也(ちくし・てつや)氏が7日、肺がんのため、死去した。73歳。平成19年5月、メーンキャスターを務めるTBSの報道番組「筑紫哲也NEWS23」の放送中に、自ら肺がんであることを告白。手術後の番組への復帰を約束し、闘病生活に入っていた。昭和10年生まれ。早稲田大学を卒業後、朝日新聞社に入社。新聞記者として政治部や本土返還前の沖縄特派員、米国ワシントン特派員などを歴任。同社記者として昭和52年から約5年間、テレビ朝日系の報道番組「日曜夕刊!こちらデスク」の司会者を務め“異色の新聞記者”として話題を集めた。また、朝日新聞が発行していた週刊誌「朝日ジャーナル」で昭和59年から約3年間、編集長を務めた。編集長時代に手掛けた連載企画「若者たちの神々」「新人類の旗手たち」などでは、さまざまなジャンルの一線で活躍する若者を取り上げ、「新人類」という言葉を生み出した。平成元年に朝日新聞社を退職。当時、高い視聴率を得ていたテレビ朝日系の報道番組「ニュースステーション」に対抗してTBS系で同年から始まった報道番組「NEWS23」のメーンキャスターに抜擢(ばってき)された。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/193620/

« ☆「県内で催眠商法するな」福島県が東京の業者に業務停止命令(7日) | トップページ | ☆「警視庁の捜査怠慢」2千万円賠償命じる判決 東京地裁(7日) »

マスコミ関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆「県内で催眠商法するな」福島県が東京の業者に業務停止命令(7日) | トップページ | ☆「警視庁の捜査怠慢」2千万円賠償命じる判決 東京地裁(7日) »