« ☆【舞鶴高1少女殺害】弁護人の準抗告棄却 28日朝から捜索へ(28日) | トップページ | ☆津田さん殺害で捜査へ=インド同時テロで国外犯規定適用-警視庁 »

2008年11月28日 (金)

☆仲介から親代わりまで…偽装結婚ブローカーら7人逮捕 警視庁(28日)

Banner_logo_051_2 韓国人ホステスと日本人の男を偽装結婚させたとして、警視庁組織犯罪対策1課が電磁的公正証書原本不実記録などの疑いで、日本人ブローカーの男女3人と、偽装結婚した男女2組の計7人を逮捕していたことが27日、分かった。ブローカーの男は仲介だけでなく偽装夫婦の“父親役”も務め、生活実態があるよう装うため「役所に提出した住所に2人で出入りしておけ」などと具体的指南までしていた。捜査関係者は「ブローカーは偽装結婚の相手を探して紹介した時点で報酬をもらって終わりのケースが多く、ここまで具体的な指示を出すケースは珍しい」と話している。警視庁は約70組を偽装結婚させ、約1000万円の利得を得たとみて調べている。逮捕されたのは、東京都葛飾区、無職、小林勝吉(64)や江東区、経営コンサルタント、有馬美奈子(37)らブローカー3被告=同罪で起訴=と、偽装結婚した茨城県土浦市、俳優の元付き人、塚本孝容疑者(47)ら男2人と韓国人ホステス2人。 小林被告は東京・赤坂の韓国クラブなどで偽装結婚を希望する韓国人の女を募集。相場(200万~250万円)より安い150万円で韓国クラブのママから依頼を受け、「安く引き受けてくれるブローカー」として有名だったという。小林被告は婚姻届や入管に出す申請書類に、さまざまな名前を使い分けて韓国人の女の父親を装い、保証人を務めていた。このため、入管からの呼び出し連絡はすべて小林被告に入る仕組みにしていたが、複数の夫婦の保証人の電話番号がすべて同じだったことから不審に思った入管が警視庁に連絡、偽装結婚が発覚した。小林被告は偽装夫婦に生活実態があるよう装うため、「書類にある住所に2人で出入りしておくこと」「その際、服は2着以上持って行き、出るときは服を替えること」など具体的に指南していた。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/199627/

« ☆【舞鶴高1少女殺害】弁護人の準抗告棄却 28日朝から捜索へ(28日) | トップページ | ☆津田さん殺害で捜査へ=インド同時テロで国外犯規定適用-警視庁 »

生活関連事件(生安部の事件 風営法等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆【舞鶴高1少女殺害】弁護人の準抗告棄却 28日朝から捜索へ(28日) | トップページ | ☆津田さん殺害で捜査へ=インド同時テロで国外犯規定適用-警視庁 »