カテゴリー

« ☆原潜事故 ロシア最高検が捜査(10日) | トップページ | ☆山口沖の海底断層 震度6強も 気象庁(10日) »

2008年11月10日 (月)

★日本列島 本日の振り込め詐欺(10日)8件

オレオレ詐欺 30%で再被害 警視庁

News_pic1_2 先月、東京で届け出があった、いわゆる「オレオレ詐欺」の被害者のおよそ30パーセントは、いったん現金を振り込んだあと、再び犯行グループに要求され、繰り返し現金をだまし取られていたことが警視庁の調べでわかりました。先月、東京で届け出があった振り込め詐欺の被害はおよそ3億9000万円で、いわゆるオレオレ詐欺が75パーセントを占めています。警視庁が被害の状況を詳しく分析した結果、オレオレ詐欺の被害者のおよそ30パーセントは、最初の電話でいったん現金を振り込んだあと、再び犯行グループから要求され、繰り返し現金をだまし取られていたことがわかりました。このうち、先月15日、東京・羽村市で66歳の女性が息子を装った男からの電話で現金をだまし取られた事件では、翌日以降も「お金が足りない」などという電話が相次ぎ、女性は6回にわたってあわせて950万円を振り込んだということです。また、被害者の半数は、その日のうちにはだまされたことに気がつかず、なかには1か月近くたって初めてだまされたことに気がついた人もいたということです。警視庁は、犯行グループが被害者の不安をあおって冷静な判断ができない状況に追い込んでいるとみて、振り込みを要求する電話があった場合は必ず周囲の人に相談するよう注意を呼びかけています。http://www3.nhk.or.jp/news/k10015267511000.html

振り込め詐欺で男ら逮捕、暴力団事務所捜索<11/10 17:19>

Noimage_120x901_3  警視庁は、息子のふりをして女性(63)から現金をだまし取った疑いで男2人を逮捕し、男が所属する山口組系暴力団の事務所を10日に捜索した。 家宅捜索を受けたのは、神戸市にある山口組系暴力団「健国会」の事務所。警視庁は、福島県に住む女性に息子のふりをして電話をかけ、現金274万円を振り込ませたとして、健国会の幹部・大川晃司容疑者(24)ら2人を詐欺の疑いで逮捕した。 調べによると、大川容疑者らは女性に対し、「携帯電話を入れたカバンを落とした」などと言いながら、ニセの番号を教えた上で、翌日、再び電話をかけて「会社の株券の保証金を穴埋めしないとクビになる」などと女性を説得していた。大川容疑者は容疑を否認しているが、警視庁は、振り込め詐欺グループのリーダーとみて、全容解明を進めている。 http://www.news24.jp/122776.html

振り込め詐欺グループ逮捕

News_pic1_4 横浜市の事務所から香川県の63歳の女性に息子を装ったうその電話をかけ、およそ70万円を振り込ませてだまし取ったとして10日、振り込め詐欺グループの男4人が逮捕されました。警察は男らがこの事務所を拠点に振り込め詐欺をくり返していたとみて調べています。
逮捕されたのは横浜市神奈川区反町の大曽根健夫容疑者(27)ら、振り込め詐欺グループの20代の男4人です。警察によりますと大曽根容疑者らは、ことし8月、香川県高松市の63歳の女性に息子を装って「会社の慰安旅行の費用として集めた金をなくし180万円が必要だ」などとうその電話をかけ、およそ70万円を振り込ませてだまし取ったとして詐欺の疑いがもたれています。電話は横浜市中区のビルの事務所から携帯電話でかけられていたとみられ、警察は、きょう夕方、事務所を捜索して携帯電話やパソコンなどを押収しました。
男らが指定した口座には、大阪や福岡などに住む別の4人からも、あわせて630万円が振り込まれていて、警察は大曽根容疑者らが、横浜市の事務所を拠点に振り込め詐欺をくり返していたとみて余罪を調べています。逮捕された4人のうち1人は容疑を認めていますが、大曽根容疑者など3人は否認しているとい

“ 振り込め詐欺捜査強化を”和歌山県警

News_pic1_8 県内に14ある警察署の署長らが集まった警察署長会議が10日、和歌山市で開かれ、永松健次本部長が大きな社会問題になっている振り込め詐欺の捜査と被害防止の取り組みをさらに強めるよう訓示しました。和歌山市の和歌山西警察署で開かれた警察署長会議には、県内に14ある警察署の署長や県警察本部の幹部など約70人が出席しました。議では、永松健次本部長が「大きな社会問題になっている振り込め詐欺は件数・被害額ともに去年を上回っており、引き続き捜査と被害防止に向けた強力な取り組みが求められている」と訓示しました。のうえで▼事件に強い警察をつくることや▼有事に素早く対応する力強い警察を目指すことなどを指示しました。内の各警察署では、引き続き振り込め詐欺の取り締まりなどに力を入れるとともに、年末に向けて街頭犯罪や交通事故などへの警戒を強め、事件・事故の防止に努めることにしていますうことです。http://www.nhk.or.jp/yokohama/lnews/01.html

警察官かたる不審電話に注意

News_pic1_5 警察官を名のって、キャッシュカードの暗証番号などを聞き出そうとする不審電話が東北地方で相次いでいることから県警察本部では、注意を呼びかけています。県警察本部によりますと、10月中旬から福島県や宮城県など東北各県で警察官を名のる男女からの不審な電話が相次いでいます。この電話では、警察官を名のる男女が「外国人の窃盗グループを逮捕したが、あなたのキャッシュカードを持っていた」などと言って、口座番号やキャッシュカードの暗証番号を聞き出そうとしてくるということです。こうした不審電話は、まだ県内で確認されていませんが、東北のほかの各県ではこれまでに一般家庭などにあわせて300件以上かかってきているということです。また、宮城県では、番号を教えた結果、警察官を名のる犯人が通帳やキャッシュカードを家まで取りに来ておよそ100万円を引き出される被害が2件あったということです。警察では、このような不審電話を受けた場合には、口座番号や暗証番号を絶対に教えず、最寄りの警察署などにすぐ連絡するよう呼び掛けています。http://www.nhk.or.jp/aomori/lnews/07.html

女性が500万円騙し取られる

News_pic1_6 仙台市内に住む80歳代の女性が孫を装う男から「友達の借金の保証人になった」などといううその電話を受け現金を受け取りに来た男に500万円を手渡してだましとられる被害にあいました。警察は振り込め詐欺事件として捜査しています。仙台南警察署の調べによりますと先月下旬、仙台市若林区に住む80歳代の無職の女性の自宅に県外に住む会社員の孫を名のる男から電話があり、「友達の借金の保証人になってしまい、500万円が必要になった。
友達が受け取りに行くので渡してほしい」などと現金を要求されました。女性はすぐに市内の銀行の窓口から現金500万円を引き出し、指定された自宅近くのコンビニエンスストアの駐車場に行って、近づいてきた見知らぬ男に現金を手渡しました。その後、8日になって女性が孫と連絡をとったところだまされたことがわかり、女性は警察に被害を届け出ました。警察によりますと女性が現金を渡した男は、年齢が30歳代で、身長は1メートル70センチくらい、上下の黒いスーツを着ていたということです。警察は振り込め詐欺事件として捜査しています。http://www.nhk.or.jp/sendai/lnews/02.html

振り込め詐欺 先月も被害

News_pic1_7 振り込め詐欺を食い止めるための取締りの強化が行われた先月、栃木県内では、被害の件数が去年の同じ時期より減ったものの、依然として1800万円余りの被害が出たことがわかりました。先月は振り込め詐欺を食い止めるための全国一斉の取締りの強化が行われ、栃木県内でもATM周辺での警察官による警戒の強化などが行われました。栃木県警察本部によりますと、この結果、先月警察に届け出があった振り込め詐欺の被害の件数は、去年の同じ時期よりも9件減って17件となりました。これに伴い被害総額も去年より164万円減りましたが、依然として1889万円の被害が出たということです。中には現金を振り込みに来た人に、金融機関の関係者が注意を促したにもかかわらず、振り込んでしまい、被害にあったケースが3件あったと言うことです。これについて警察では、被害者は気が動転していて冷静な判断が出来なくなっていたと見ています。栃木県警察本部では、今後とも金融機関と連携して取り締まりの強化を続け、振り込め詐欺の被害を食い止めたいとしています。http://www.nhk.or.jp/utsunomiya/lnews/06.html

振り込め詐欺の実態調査結果 沖縄県警

News_pic1_10 今年に入り県内でいわゆる振り込め詐欺の被害にあった人たちに警察が聞き取り調査をした結果、多くの人が「自分に限ってだまされない」と信じ込んだり、「慌ててしまった」りしため、手口を知っていたのに被害にあっていたことがわかりました。全国的に急増する振り込め詐欺の被害を受けて、沖縄県警察本部は、ことし1月から8月にかけて県内の75人の被害者を対象に聞き取り調査を行い、このほどその結果をまとめました。それによりますと、全体の79%の人が、振り込め詐欺の手口を知っていたのに被害にあっていることがわかりました。振り込んだ理由について複数回答で質問したところ、「自分に限ってだまされないと思った」と答えた人が37%、「慌ててしまった」と答えた人が29%でした。
また、電話がかかってきてから振り込んでしまうまでの時間は、1時間以上の人が61%と過半数を占める一方で、1時間以内に振り込んでしまった人も25%にのぼりました。
振り込め詐欺では、一般的にお年寄りに被害が多いとされていますが、今回の調査では、60歳以上の人の割合は27%にとどまり、50代が12%、40代が16%、30代が27%、20代が17%と、年齢に関係なく被害にあっていることがわかりました。
県警察本部は、「慌てないことが大切で、1人で判断せず、誰かに相談してほしい」と呼びかけています。http://www.nhk.or.jp/okinawa/lnews/07.html

« ☆原潜事故 ロシア最高検が捜査(10日) | トップページ | ☆山口沖の海底断層 震度6強も 気象庁(10日) »

振り込め詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ☆原潜事故 ロシア最高検が捜査(10日) | トップページ | ☆山口沖の海底断層 震度6強も 気象庁(10日) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ