« ☆東京国税元職員が還付金装い1745万詐取(8日) | トップページ | ☆スズメバチ駆除の有名教諭、自宅野放し飼育…近所から苦情も(8日) »

2008年11月 8日 (土)

☆大麻所持でプロテニス選手と元AV女優を逮捕(8日)

Banner_logo_051_8 乾燥大麻を自宅で所持していたとして、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部は8日、大麻取締法違反容疑(共同所持)で、東京都目黒区のプロテニス選手、宮尾祥慈(じょうじ)容疑者(27)を逮捕したと発表した。また、交際相手で東京都港区の元AV女優、倖田(こうだ)梨紗(りさ)被告(22)=本名、菊地有紗=が同法違反と覚せい剤取締法違反(所持)で起訴されていたことも明らかにした。調べによると、宮尾容疑者は10月15日午前10時半ごろ、倖田被告の自宅マンションに乾燥大麻約0・7グラムを隠し持っていた疑い。倖田被告は覚せい剤0・027グラムも所持していたため、現行犯逮捕された。宮尾容疑者は今月5日午前11時半すぎに麻薬取締部に出頭してきたという。2人は昨年5月にクラブのイベントで知り合い、今年9月から交際が始まり、宮尾容疑者は倖田被告の自宅で半同棲の状態だった。麻薬取締部は宮尾容疑者について、大麻の常習者だったとみている。交際後に倖田被告へ大麻を勧め、2人で1回だけ大麻を吸ったという。倖田被告は今年2月にAVを引退。現在は東京・六本木のキャバクラで勤務していたが、昨年8月ごろに女友達から売人の紹介を受け、月に1回、2万円ずつ覚せい剤を購入し、使用していた。宮尾容疑者は倖田被告が覚せい剤の常習者とは知らなかったという。麻薬取締部は2人の交友関係を中心に入手先などの捜査を進める。

【宮尾容疑者】
 宮尾容疑者はイケメンのプロテニスプレーヤーとして知られていた。自身の公式ブログでは「見かけは強面だが、友達思いのとてもやさしい男」と自己紹介していた。日本テニス協会公式サイトなどによると、宮尾容疑者は東京都出身で、10歳のころからテニスを始めたという。平成8年にダブルスで、16歳以下の全日本ジュニアや全国中学生選手権を制した。堀越高から早稲田大に進み、15年には全日本学生選手権ダブルスでも優勝した。15年4月にプロ転向してからも、16年に福岡フューチャーズダブルス優勝、17年には実業団日本リーグ団体で準優勝して新人王に輝いた。トルコ・イズミルで開催された17年のユニバーシアードでは日本代表に選ばれ、混合ダブルスで銅メダルを獲得している。日本テニス協会のランキングは9月現在で、男子シングルス23位、ダブルス20位。179センチで74キロ、DJや音楽鑑賞が趣味で、焼き肉を好むという。逮捕直前には旅行会社に所属していたが、同社は契約違反(法令違反)を理由に7日付で契約を解除した。宮尾容疑者本人の今年1月4日付のブログには「2008年もマジHIP HOPのアップテンポなのりとREGGAEのメローなのりで昨年以上にテニスを頑張ります☆」と綴っていた。
【倖田被告】
 倖田被告はアダルトビデオ「エロキューティー」や、Vシネマ「妖艶くノ一伝」に出演。AV女優当時の公式ホームページによると、倖田被告は東京都出身で昭和60年10月10日生まれ。身長163センチ、47キロ。趣味は料理。自身のブログでは「(20年)2月21日にAV女優を卒業することになりました・・」と綴っていた。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/193770

Logo_mainichi1_4 関連記事

« ☆東京国税元職員が還付金装い1745万詐取(8日) | トップページ | ☆スズメバチ駆除の有名教諭、自宅野放し飼育…近所から苦情も(8日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆東京国税元職員が還付金装い1745万詐取(8日) | トップページ | ☆スズメバチ駆除の有名教諭、自宅野放し飼育…近所から苦情も(8日) »