« ☆女性乗務員に催涙スプレー、東海道新幹線で防犯対策(14日) | トップページ | ☆出資法違反:6人逮捕 法定11~60倍で貸し付け 愛知(14日) »

2008年11月14日 (金)

☆神奈川県立高の情報流出、2千人分を確認(14日)

2006年度に神奈川県立高校152校に在籍した全生徒約11万人の個人情報がインターネット上に流出した可能性がある問題で、県教委と日本IBMは13日、延べ約2000人分の個人情報の流出が確認されたと発表した。発表によると、ファイル交換ソフト「シェア」の利用者が、公開された情報を閲覧できる状態で、公開した人物以外はファイルを削除できないという。ダウンロードされている可能性があり、情報が拡散する恐れもある。約2000人分のうち、約1400人分は、授業料の振替に使う口座の番号や名義などで、約600人分は住所や氏名、電話番号など。県教委は、約11万人分がすべて流出している可能性があるとして、該当する生徒、保護者に謝罪文を郵送する。情報は、05年度に県教委の委託で日本IBMが口座振替用のシステムを開発した際、下請け業者の社員パソコンに入っていた11万人分が、ファイル交換ソフト「ウィニー」を介して流出したとみられている。

(2008年11月13日23時50分  読売新聞)

« ☆女性乗務員に催涙スプレー、東海道新幹線で防犯対策(14日) | トップページ | ☆出資法違反:6人逮捕 法定11~60倍で貸し付け 愛知(14日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆女性乗務員に催涙スプレー、東海道新幹線で防犯対策(14日) | トップページ | ☆出資法違反:6人逮捕 法定11~60倍で貸し付け 愛知(14日) »