« ★警視庁管内 体感治安 レベル5 | トップページ | ☆153町村でガソリンスタンド消滅の恐れ 赤字経営…全石連が警告(19日) »

2008年11月18日 (火)

☆連続テロか 元厚生事務次官宅で妻が刺され重傷(18日)

Msn_s31 産経ニュース

18日午後、東京都中野区の元厚生事務次官、吉原健二さん(76)宅で、家2008111800000577sansociview0001 にいた妻の靖子さん(72)が、宅配便の配達を装った男に刃物で刺された。靖子さんは重傷を負った=写真。同日午前には、別の元厚生事務次官とその妻がさいたま市内の自宅玄関で刺殺されているのが見つかっており、警視庁は連続テロの可能性もあるとみて男の行方を追っている。

  【関連フォト】 午前中の事件現場で、元次官宅を調べる埼玉県警の捜査員ら

 調べによると、靖子さんは同日午後6時半ごろ、「宅配便です」と名乗る男の声に玄関のドアを開けたところ、いきなり刃物で胸や腹など数カ所を刺された。靖子さんは重傷を負って病院に運ばれたが、意識はあり命に別状はないという。病院に運ばれる際、救急隊員に「主人が狙われているかもしれない。危ない」と訴えたという。 刺した男は30歳くらい、身長は約1メートル60センチで野球帽をかぶっていた。吉原さんが勤めていた厚生省(現厚生労働省)をめぐっては、同日午前、同じく元事務次官の山口剛彦さん(66)と妻、美知子さん(61)が、さいたま市南区の自宅玄関で刺殺されているのがみつかり、埼玉県警が殺人事件と断定して捜査をはじめたばかりだった。 警視庁では、同じ厚生事務次官経験者を狙った連続テロの疑いもあるとみて、さいたま市の事件との関連を調べるとともに、逃げた男の行方を追っている。 吉原さんは1986年に社会保険庁長官、88年に厚生事務次官を歴任。その後、日本赤十字社理事を務めた。厚生省では年金行政に携わり、さいたま市で刺殺された山口さんの上司にあたる。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081118-00000577-san-soci

元厚生次官宅2軒に襲撃 計3人死傷、連続テロか

2008年11月18日22時32分

Logo3_5 18日午前10時20分ごろ、さいたま市南区別所2丁目、元厚生事務次官山口剛彦さん(66)の自宅で、山口さんと妻美知子さん(61)が上半身から血を流して死亡しているのが見つかった。一方、東京都中野区上鷺宮2丁目で同日夕、元厚生事務次官で社会保険庁長官も歴任した吉原健二さん(76)宅に宅配便配達を装った男が侵入、妻靖子さん(72)を刺して逃走した。靖子さんは胸などを刺され重傷を負った。警察庁幹部は18日夜、2人の経歴が似ている▽凶器が刃物▽襲撃場所が自宅玄関など、共通点が複数あり、2つの事件が関連しているとして「連続テロの可能性がある」と語った。19日に埼玉県警と警視庁の幹部を集め情報交換し、捜査方針を話し合う。また厚労省からの要請を受け、歴代事務次官経験者などの身辺警護を強化するよう全国の警察本部に通達を出した。 埼玉県警は、山口さん夫妻の胸に刺し傷が数カ所あり、現場から凶器が見つかっていないことから、殺人事件とみて浦和署に捜査本部を設置。捜査本部によると、夫妻は玄関の土間で仰向けに並ぶように倒れており、ともに胸に、服の上から刃物のようなもので刺された傷が数カ所あった。山口さんは腕などに犯人と争った際にできたとみられる傷があったという。血は玄関からドアの外まで流れ出ていた。他に室内には目立った血痕はなく、県警は玄関で殺害されたとみて調べている。また、室内を物色するなどした形跡がなく、怨恨(えんこん)による犯行の可能性が高いとみている。一方、元厚生事務次官の吉原さん方で18日午後6時半ごろ、宅配便の配達を装った男が、応対に出た靖子さんに刃物のようなもので切りつけた。靖子さんは左胸や腹などに傷を負った。警視庁は殺人未遂事件として捜査本部を設置。殺人事件と同様の態勢で捜査を始めた。野方署によると、吉原さん方を訪れた男が「宅急便です」と声をかけたため、靖子さんが玄関のドアを開けたところ、男がいきなり切りかかった。数カ所を切られるなどしており、板橋区内の病院の集中治療室で手当てを受けている。 吉原さん方は夫婦と息子の3人暮らしで、当時は靖子さんが1人で在宅していたという。靖子さんは救急車で運ばれる際、「宅配便を装った男だった。主人が狙われているかもしれない」と話し、自宅にいなかった吉原さんの安全を気にしていたという。 男は30歳ぐらいとみられ、身長160センチくらいで中肉。野球帽をかぶっていたという。男はバイクを使っていたという情報がある。山口さんは東京都出身。65年4月に厚生省に入省。92年年金局長、96年保険局長を歴任後、96年11月に事務次官に就任した。99年8月に同省を退任し、00年1月に社会福祉・医療事業団に入り、01年2月に同事業団理事長に就き、今年3月に辞職した。 吉原さんは55年に厚生省に入省し、84年に年金局長、86年6月から2年間、社会保険庁長官を務めた後、88年6月に事務次官に就き、90年6月に退任した。その後、93年9月から資金運用審議会委員。厚生年金事業振興団理事長も務めた。 厚労省の幹部OBによれば、吉原さんは、山口さんが年金課長だった85~86年当時に年金局長を務めた。2人は、基礎年金制度や、サラリーマンの妻も年金の被保険者となる仕組みを導入した年金改革に取り組んだ。http://www.asahi.com/national/update/1118/TKY200811180318.html

« ★警視庁管内 体感治安 レベル5 | トップページ | ☆153町村でガソリンスタンド消滅の恐れ 赤字経営…全石連が警告(19日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★警視庁管内 体感治安 レベル5 | トップページ | ☆153町村でガソリンスタンド消滅の恐れ 赤字経営…全石連が警告(19日) »