« ☆官庁幹部の職員録 閲覧制限も(20日) | トップページ | ☆スニーカー履いていたか 元厚生次官妻刺傷(20日) »

2008年11月20日 (木)

☆娘はどこに 伊勢の雑誌記者行方不明10年

三重県伊勢市内の出版社に勤めていた地域誌記者辻出(つじで)紀子さん(当時24)が行方不明になって、24日で丸10年になる。両親は聞き込みから、ビラ配り、テレビ番組内での超能力者による透視、謝礼金の提供まで、様々な方法で手がかりを捜し求めてきた。両親は23、24の両日、同市内で新たに刷ったビラを配り、情報提供を呼びかける。 「どういう形であっても、紀子を捜し出すまでは、親としてはあきらめきれない」 父泰晴さん(61)と母美千代さん(59)は小さく息を吐いた。2人は毎日、津市一志町の自宅で、紀子さんの名前を書いた写真立てに手を合わせている。 県警が今年作ったビラには新たな写真を載せた。行方不明になる約3カ月前、同県松阪市の木工作家を取材した時のスナップだ。木製ハンガーを手にしてほほえむ紀子さんを同行したカメラマンが撮った。自然で優しい表情が特徴的で「これまでと違った印象で思い出してもらえれば」と美千代さんは話す。三重県伊勢市内の出版社に勤めていた地域誌記者辻出(つじで)紀子さん(当時24)が行方不明になって、24日で丸10年になる。両親は聞き込みから、ビラ配り、テレビ番組内での超能力者による透視、謝礼金の提供まで、様々な方法で手がかりを捜し求めてきた。両親は23、24の両日、同市内で新たに刷ったビラを配り、情報提供を呼びかける。  「どういう形であっても、紀子を捜し出すまでは、親としてはあきらめきれない」  父泰晴さん(61)と母美千代さん(59)は小さく息を吐いた。2人は毎日、津市一志町の自宅で、紀子さんの名前を書いた写真立てに手を合わせている。 県警が今年作ったビラには新たな写真を載せた。行方不明になる約3カ月前、同県松阪市の木工作家を取材した時のスナップだ。木製ハンガーを手にしてほほえむ紀子さんを同行したカメラマンが撮った。自然で優しい表情が特徴的で「これまでと違った印象で思い出してもらえれば」と美千代さんは話す。 98年に紀子さんが行方不明になってから、2人は紀子さんの取材先や友人など110人以上に話を聞いた。紀子さんの車が見つかった伊勢市内の駐車場付近や通勤経路、会社近くの公園も捜索した。 半信半疑ながら、振り子や棒の動きで地下の水脈や鉱脈などを探し当てる「ダウジング」にもすがった。同市内の松林を捜索した時、棒がかすかに反応した。協力者は砂地を指さし、「ここが頭で、こっちが足」。泰晴さんらがスコップで掘ったが、何も出てこなかった。 行方不明者を捜すテレビ番組にも出演。ポーランドの警察や米連邦捜査局(FBI)に協力する「超能力者」の透視を頼りに、重機で地面を掘り返したこともある。98年に紀子さんが行方不明になってから、2人は紀子さんの取材先や友人など人以上に話を聞いた。紀子さんの車が見つかった伊勢市内の駐車場付近や通勤経路、会社近くの公園も捜索した。半信半疑ながら、振り子や棒の動きで地下の水脈や鉱脈などを探し当てる「ダウジング」にもすがった。同市内の松林を捜索した時、棒がかすかに反応した。協力者は砂地を指さし、「ここが頭で、こっちが足」。泰晴さんらがスコップで掘ったが、何も出てこなかった。 行方不明者を捜すテレビ番組にも出演。ポーランドの警察や米連邦捜査局(FBI)に協力する「超能力者」の透視を頼りに、重機で地面を掘り返したこともある。 「10年はあっという間でした。紀子を見つけ出すため、何でもしてきました」と美千代さん。泰晴さんは、山道を自転車で走る紀子さんを必死で追いかける夢を見た。でも追いつけない。夢が忘れられず、よく似た場所がないか探しに行ったこともある。 最悪の事態を覚悟することもある。美千代さんは今年に入り、お経を唱えている。9月に一部新聞が「北朝鮮による拉致の疑い」と報じ、両親はまた胸をかきむしられた。 県警は事件に巻き込まれた可能性が高いとみる。両親や支援者らの「辻出紀子さんを捜す会」が昨年、有力情報に上限300万円の謝礼金を支払うと公表した。だが、今年になって寄せられた情報は2件だけ。行方不明時に事件に巻き込まれていれば、死体遺棄罪はすでに公訴時効が成立しており、殺人罪も時効まであと5年しかない。 紀子さんの紺色の日産マーチは今も家に置いている。タイヤの空気は抜けてしまったが、紀子さんが買った造花は車内に飾られたままだ。 「10年は区切りではなく、過程」と話す泰晴さんは言う。「遺体があれば供養してやれるが、出てこないことには、怒りのもっていきようがない」(多田晃子) ◇辻出紀子さん行方不明事件 98年11月24日午後11時ごろ、勤め先の三重県伊勢市内の出版社を退社後、行方が分からなくなった。翌25日朝、出版社近くの保険会社の駐車場で紀子さんの乗用車が施錠された状態で発見された。バッグや携帯電話は見つからなかった。両親からの捜索願を受けた県警の捜査で、紀子さんは退社前、知人男性からの電話で、車が見つかった駐車場に呼び出され、会ったことは判明したが、その後の足取りはつかめていない。県警は、事件に巻き込まれた可能性が高いとみている。

« ☆官庁幹部の職員録 閲覧制限も(20日) | トップページ | ☆スニーカー履いていたか 元厚生次官妻刺傷(20日) »

脅迫・恐喝・略取・誘拐」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆官庁幹部の職員録 閲覧制限も(20日) | トップページ | ☆スニーカー履いていたか 元厚生次官妻刺傷(20日) »