« ☆「言語同断、厳正に対処」飲酒の警視を懲戒免職へ(18日) | トップページ | ☆連続テロか 元厚生事務次官宅で妻が刺され重傷(18日) »

2008年11月18日 (火)

★警視庁管内 体感治安 レベル5

  首都東京の体感治安(19
       (単位・レベル)

    2_3   Bye1   警察庁で捜査会議

18日午後、東京都中野区の元厚生

事務次官の自宅に宅配便を装った男

が訪れ、応対に出た吉原健二さん(76)の妻が襲われ重傷を追う事件が発生した。また同日午前10時15分ごろには、さいたま市南区別所、元厚生事務次官、山口剛彦さん(66)と妻の美知子さん(61)が玄関先で血を流して殺害されているのが発見された。二つの事件の被害者は同じ厚生労働省の事務次官経験者であることや、年金担当の幹部経験者であること。いずれも玄関先で襲われ、凶器は刃物であること。個人的な恨みをかうようなことがない-など幾つかの共通性があることから、警察庁は埼玉県警と警視庁の捜査幹部を集めて会議を開き、米田壮刑事局長は「第三の犯行を許してはならない。一刻も早い犯人検挙を」と指示したhttp://www.asahi.com/national/update/1119/TKY200811190112.html。一方、政府は官邸危機管理センターに情報連絡室を設置したhttp://mainichi.jp/select/today/news/20081119k0000e040038000c.html18日のnew「日本列島 本 日の 振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.htmlは2件を掲載した。今夜、NHKのクローズアップ現代は「振り込め詐欺問題」。米村警視総監が生中継で出演する。都内の治安は平穏がつづいていたが、経済の停滞感の強い中で東京、埼玉県の二つの事件は首都の体感治安を一気に悪化させレベル5(あか)」とした。

※ピーポちゃんの位置が現在のレベルを表示しています。パソコンによっては勝手に動くこともありますので、原稿を参照にしてください。クリックすると挨拶します。宜しく。

   ★【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦ました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪 ポイント100~80
レベル4 治安の悪化    ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向 ポイント 59~40
レベル2 治安の悪化の兆し ポイント 39~20
レベル1 平穏                ポイント 19以下
   【ポイント概数】
テロ・無差別殺人事件等         80~50 
路上殺人や連続殺人・連続強盗・強姦70~60
広域重要事件               50~40
肉親殺人事件(家族の皆殺し事件)    40~50
放火殺人                  50~30
強盗殺人                  50~20
連続放火              40~30
各項目に少年が絡む場合   +20~10
犯人逮捕記事は上記のポイント総数から -50から-10とする

その他、外的検討要件として外国や他県発生事件を判断基準に加えた。これら事件の新聞・テレビの扱い程度(新聞では1面か社会面か。扱い段数等)、ネットではブログニュースのアクセス人気度なども加えて総合的に判断した。

« ☆「言語同断、厳正に対処」飲酒の警視を懲戒免職へ(18日) | トップページ | ☆連続テロか 元厚生事務次官宅で妻が刺され重傷(18日) »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆「言語同断、厳正に対処」飲酒の警視を懲戒免職へ(18日) | トップページ | ☆連続テロか 元厚生事務次官宅で妻が刺され重傷(18日) »