カテゴリー

« ★日本列島 本日の振り込め詐欺(10日)8件 | トップページ | ☆少年事件遺族が神戸の集会で講演 「処分後も情報提供を」(10日) »

2008年11月10日 (月)

☆山口沖の海底断層 震度6強も 気象庁(10日)

News_pic1_3 山口県沖の瀬戸内海の海底にある活断層が、最大で震度6強の地震を引き起こすおそれのあることが、国の地震調査委員会の調査でわかりました。「周防灘断層群」は、山口県の宇部市から防府市の沖合の海底を北東方向から南西方向に走る3つの断層帯で構成されています。国の地震調査研究推進本部地震調査委員会は、去年から、この活断層を原因とする地震の発生の可能性などについて評価していました。その結果、3つの断層帯のうち最も大きく、防府市沖から大分県の国東半島沖の44キロにわたって伸びる「周防灘断層群主部」は、地震の規模を示すマグニチュードが7.6、沿岸部で最大で震度6強の揺れを引き起こすおそれがあることがわかりました。今後30年以内に地震が発生する確率は2%から4%と予想され、国内の主な活断層の中でも確率が高いグループに属するということです。また、残る2つの活断層が震源となった場合も、いずれもマグニチュードが7.1、最大で震度6強の地震が起きるおそれがあると評価されたということです。山口県や被害が想定される沿岸の市などでは、この評価を防災計画の策定などに役立てていくことにしています。http://www3.nhk.or.jp/news/k10015267421000.html

« ★日本列島 本日の振り込め詐欺(10日)8件 | トップページ | ☆少年事件遺族が神戸の集会で講演 「処分後も情報提供を」(10日) »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ★日本列島 本日の振り込め詐欺(10日)8件 | トップページ | ☆少年事件遺族が神戸の集会で講演 「処分後も情報提供を」(10日) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ