« ☆タクシー使い窃盗行脚 中国人の4容疑者逮捕(6日) | トップページ | ☆タクシー強盗の運転手を再逮捕 10月の連続事件に関与か(6日) »

2008年11月 6日 (木)

☆東京湾岸でハト大量死 都が死因調査(6日)

Banner_logo_051_3 東京都江東区青海の「中央防波堤内側埋立地」で、約50羽のハトが大量死していたことが6日、分かった。ハトに目立った外傷はなく、中毒症状もないという。ハト1羽に足環がついていたことから、飼育していたハトが捨てられた可能性が高いとみられる。都家畜保健衛生所が死骸(しがい)を回収し、鳥インフルエンザの可能性の有無を含めて死因の特定を急いでいる。都によると、5日午前3時ごろ、埋め立て地で風車の電気抵抗測定を行っていた風力発電業者から、「風車の脇で大量のハトの死骸が見つかった」と都に連絡があった。ハトの種類は「ドバト」で、死骸は1カ所にまとまっていたという。5日夕、通報を受けた東京湾岸署の捜査員が現場に急行。同署がいったんハトを持ち帰ったが、都が6日、同署から死骸を回収し、保健衛生所で詳しい検査を開始した。結果は7日午前中にも判明する。胃の残留物の状態などから、きちんとエサを食べていたらしい。現場は、都が植林を進めている「海の森」の南側の草むら。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/193254/

« ☆タクシー使い窃盗行脚 中国人の4容疑者逮捕(6日) | トップページ | ☆タクシー強盗の運転手を再逮捕 10月の連続事件に関与か(6日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆タクシー使い窃盗行脚 中国人の4容疑者逮捕(6日) | トップページ | ☆タクシー強盗の運転手を再逮捕 10月の連続事件に関与か(6日) »