« ☆ドクターヘリ相互利用を検討 和歌山県が大阪、徳島と | トップページ | ☆警察官ひき逃げの17歳少年を逮捕 滋賀県警(15日) »

2008年11月15日 (土)

☆背任容疑で国民年金基金常務理事ら2人逮捕 警視庁(15日)

Noimage_120x901_3 広報用パンフレットの発注先に約240万円を水増し請求させていたとして、社会保険庁の元幹部で、埼玉県国民年金基金の常務理事ら2人が14日、背任の疑いで警視庁に逮捕された。 逮捕されたのは、埼玉県国民年金基金の常務理事・黒沢博史容疑者(62)と、出版社「社会保険研究所」の営業担当・清裕容疑者(42)。調べによると、黒沢容疑者は、05年から07年にかけて、広報用パンフレットの発注に関して、業者側に、約240万円を水増しして請求をさせ、基金に損害を与えた疑いが持たれている。黒沢容疑者は単価が102円のパンフレットを130円で納入させ、水増し分をキックバックさせていた。キックバックした総額は、去年までの8年間に約500万円に上るものとみられている。黒沢容疑者は容疑を認め、「住宅ローンで生活が苦しく、小遣い代わりに使った」と話しているという。 http://www.news24.jp/123128.html

« ☆ドクターヘリ相互利用を検討 和歌山県が大阪、徳島と | トップページ | ☆警察官ひき逃げの17歳少年を逮捕 滋賀県警(15日) »

生活関連事件(生安部の事件 風営法等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆ドクターヘリ相互利用を検討 和歌山県が大阪、徳島と | トップページ | ☆警察官ひき逃げの17歳少年を逮捕 滋賀県警(15日) »