« ☆オウム・松本死刑囚が再審請求、執行時期に影響か(11日) | トップページ | ☆流出口座番号からカード偽造、6地銀で4億円被害(11日) »

2008年11月11日 (火)

☆鋼板価格カルテル 11日にも一斉捜索 幹部ら在宅起訴へ(11日)

Msn_s1 産経ニュース

建材などに使う亜鉛メッキ鋼板の販売で大手メーカーが価格カルテルを結んでいた疑いが強まり、東京地検特捜部は10日、独占禁止法違反(不当な取引制限)容疑で強制捜査に乗り出す方針を固めたもようだ。11日に公正取引委員会から検事総長への刑事告発を受けた上で、特捜部が一両日中にも鋼板大手の本社など関係先を一斉捜索する。各社の担当幹部らについては任意で取り調べを進め、在宅のまま起訴するとみられる。カルテルを結んでいた疑いがもたれているのは、「日新製鋼」(東京)と「日鉄住金鋼板」(同)、「JFE鋼板」(同)、「淀川製鋼所」(大阪)の4社。カルテルがあった平成18年の末に旧「日鉄鋼板」と旧「住友金属建材」が合併して日鉄住金が発足しており、実際にはカルテルは旧5社で結ばれた。JFE鋼板は、18年1月施行の改正独禁法で新設されたリーニエンシー(自首減免)制度にもとづき、「最初の自首」が認められ、告発は見送られる。カルテルの告発でリーニエンシーが適用されるのは初めて。関係者によると、日新製鋼以外の旧4社の担当幹部らは18年5月ごろ、同年7月以降の出荷価格の値上げ幅を1キロあたり10円とすることで合意。それを日新製鋼の担当幹部に伝え、旧5社は合意に基づき、7~8月に一斉値上げした疑い。亜鉛メッキ鋼板はトタン板が有名で、年間の市場規模は全体で約3500億円にものぼるという。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081111/crm0811110206000-n1.htm

« ☆オウム・松本死刑囚が再審請求、執行時期に影響か(11日) | トップページ | ☆流出口座番号からカード偽造、6地銀で4億円被害(11日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆オウム・松本死刑囚が再審請求、執行時期に影響か(11日) | トップページ | ☆流出口座番号からカード偽造、6地銀で4億円被害(11日) »