« ☆<もてなす君>モテモテ?盗難相次ぎ「なすすべなし」--京都・山科振興のキャラクター(15日) | トップページ | ☆西松:元幹部強制捜査へ 業務上横領容疑 東京地検特捜部(15日) »

2008年11月15日 (土)

☆秀社長ら8人、本格捜査へ=きょう、不正競争防止法違反-ウナギ産地偽装(15日)

Top_header_logo1 水産物輸入販売会社「魚秀」(大阪市)が中国産ウナギのかば焼きを国産と偽装した事件で、兵庫・徳島両県警合同捜査本部は14日、不正競争防止法違反(虚偽表示)容疑で、同社の中谷彰宏社長(44)ら8人について、15日に本格捜査に乗り出す方針を固めた。 ウナギの産地偽装は農林水産省の調査で発覚。捜査本部は7月、魚秀や取引先のマルハニチロホールディングス子会社で水産物卸会社「神港魚類」(神戸市)の関係先約40カ所を家宅捜索し、捜査を進めていた。ほかに容疑が持たれているのは、魚秀非常勤役員で水産物加工販売会社(高知県南国市)の役員(39)や、偽装ウナギの箱詰めに協力したとされる高松市の元水産物会社専務(44)ら。捜査本部の調べによると、魚秀は中国産ウナギのかば焼きを「愛知県三河一色産」、実際には存在しない「有限会社一色フーズ」を製造元と表示し、神港魚類に販売。同社は関西や北陸、九州地方などの30数社に売ったとされる。 神港魚類で取引にかかわったのは元担当課長(40)。農水省が調査に乗り出す前、魚秀から現金1000万円を提供された。中谷社長は捜査本部の聴取に、偽装を認めた上、1000万円については「偽装協力の報酬」と説明している。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081115-00000014-jij-soci 

« ☆<もてなす君>モテモテ?盗難相次ぎ「なすすべなし」--京都・山科振興のキャラクター(15日) | トップページ | ☆西松:元幹部強制捜査へ 業務上横領容疑 東京地検特捜部(15日) »

生活関連事件(生安部の事件 風営法等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆<もてなす君>モテモテ?盗難相次ぎ「なすすべなし」--京都・山科振興のキャラクター(15日) | トップページ | ☆西松:元幹部強制捜査へ 業務上横領容疑 東京地検特捜部(15日) »