« 2008年11月29日 | トップページ | 2008年12月1日 »

2008年11月30日

2008年11月30日 (日)

☆動物園駐車場でひかれ1歳死亡 宇都宮(30日)

47newslogo1 30日午前10時50分ごろ、宇都宮市上金井町、宇都宮動物園の駐車場で、会社員荒川利夫さん(29)=埼玉県羽生市北=の次男将人ちゃん(1)が車にひかれ、病院に搬送されたが、頭を強く打っており死亡した。宇都宮中央署は自動車運転過失傷害の現行犯で、会社員福田一利容疑者(37)=栃木県大田原市美原=を逮捕。自動車運転過失致死容疑に切り替えて調べている。調べでは、福田容疑者は乗用車を前進した際に将人(ちゃんを転倒させ、さらに後退する時に右前輪でひいた疑い。「男の子に気付かなかった。何かにぶつかったと思い車を降りた」と話しているという。将人ちゃんは両親と兄(3)、5カ月の妹と動物園に遊びに来ていた。両親が車の中で妹のおむつ替えをしていた際、約10メートル離れた所で事故に遭った。http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008113001000425.html

| コメント (0)

★警視庁管内 体感治安 レベル1

     首都東京の体感治安(12月1日)
             (単位・レベル)

    解説 「マスコミは体感治安を左右する」

2

NHKによると、埼玉と東京で元厚生事務次官

やその家族が相次いで襲われた事件で、さいた

ま市の現場周辺の住民からは「知らない人を見

ると怖い」といった声が出ているため、警察は、

不安を和らげようと集中パトロールを行ってい

る。「心的外傷後ストレス障害」通称PTSDと呼

ばれる症状の様に思われる。心に加えられた衝

撃的な傷がもとで、後々、様々なストレス障害を

引き起こす疾患だ。今回の事件報道は凄まじか

った。新聞の朝夕刊、テレビは朝、昼、夜のニュ

ースにワイドショーと、「テロ事件」のオンパレード。

Bye1_3件報道は1 事件の真相を究明する 2事件

による国民の不安を解消する 3事 件の再発を防止する 4発生から捜査、裁判までを監視する-が大原則。ところが今回は、自首後も「警察は背景を調べたのか」「収入がないのは、組織が絡んでいるのでは」「組織から指示が出ているのでは…」など、事件をセンセーショナルにする意識が働いていたとしか思えない報道だった。これでは、厚労省関係者を含め付近地域住民に与える恐怖感は計り知れない。第一、「テロ事件」と言うのは、インド西部ムンバイのような事件のイメージが強く、重みが違う。「対行政暴力」とは一線を画す必要がある。反省すべき点である。せめて体感治安は「レベル1(みどり)」としたい。30日の「日本列島 本 日の 振り込 め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.htmlは2件。

※ピーポちゃんの位置が現在のレベルを表示しています。パソコンによっては勝手に動くこともありますので、原稿を参照にしてください。クリックすると挨拶します。宜しく。

続きを読む "★警視庁管内 体感治安 レベル1"

| コメント (0)

☆む愛子さまが風邪 誕生日行事すべて取りやめ(30日)

0811300331 Noimage_120x901_2          12月1日に7歳の誕生日を迎える愛子さまが風邪を引き、予定されていた誕生日行事をすべて取りやめることが決まった。 宮内庁によると、愛子さまは29日に学校行事に出席した後、37℃台の熱を出し、30日は38℃を超えた。医師の診察の結果、インフルエンザではなかったものの、回復には数日かかるという。愛子さまは、7歳の誕生日を迎える12月1日には、両陛下へのあいさつや、祝賀行事が行われる予定だったが、すべて取りやめることになった。 http://www.news24.jp/124155.html

| コメント (0)

☆東京・千代田区で薬物の乱用防止などを訴えるイベント(30日)

Logo1 大麻や覚せい剤の事件が頻繁に起こる中、薬物の乱用防止などを訴えるイベントが29日、東京・千代田区で行われた。厚生労働省や東京都などの主催で行われたこのイベントには、サッカー解説者の前園真聖さんや、女優の近野成美さんが薬物の乱用防止などを訴えた。前園さんは「(薬物は)取り返しがつかないっていうイメージしかないですね」と話した。また、東京都立上水高校の生徒などが制作した映画を上映し、参加者に麻薬・覚せい剤などの恐ろしさを訴えかけた。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00145026.html

| コメント (0)

☆少年3人を再逮捕 傷害致死容疑で前橋署(30日)

Msn_s1 前橋市の駐車場で11月9日、建設作業員(17)が重体で見つかり、その後死亡した事件で、前橋署は30日、傷害致死の疑いで、群馬県玉村町の塗装工の少年(18)と17歳の無職少年2人の計3人=いずれも逮捕・監禁の疑いで逮捕=を再逮捕した。前橋署は「動機については言えない」としている。調べでは、少年3人は別の17歳の少年2人=いずれも傷害致死容疑で逮捕=と共謀し9日未明、前橋市の文化会館駐車場で、玉村町の建設作業員小指直樹さんに殴るけるなどの暴行を加え、死亡させた疑い。小指さんは17日、急性頭蓋(ずがい)内出血で死亡したhttp://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081130/crm0811301405008-n1.htm

| コメント (0)

☆風俗店に4人組強盗、165万円奪われる 大阪・十三(30日)

Logo3_4  30日午前5時ごろ、大阪市淀川区十三東1丁目の派遣型風俗店に4人組の男が強盗に入ったと、警備会社を通じて110番があった。男らは店にいた32歳と27歳の男性店員2人に刃物を示しながら「金を出せ」と脅し、売上金約165万円の入った手提げ金庫を奪ったうえ、催涙スプレーを噴射して逃げたという。店員はいずれも目の痛みを訴えているが軽症。大阪府警は強盗致傷容疑で調べている。淀川署によると、男らはいずれもタオルで顔を覆っており、店員が机の引き出しを指さすと、中にあった手提げ金庫を奪った。4人のうち1人は30歳くらいで、身長170センチ前後。黒っぽい服装だったという。 http://www.asahi.com/national/update/1130/OSK200811300011.html

| コメント (0)

☆消費者金融強殺事件、強盗殺人容疑で男を逮捕 静岡県警(30日)

Logo3_3 静岡市葵区の消費者金融の店内で10月7日、経営者の浅野仁さん(当時63)が殺されて現金が奪われた事件で、静岡県警は30日、同区西瀬名町、会社員橋本卓也容疑者(38)を強盗殺人の疑いで逮捕したと発表した。「私がやりました」と容疑を大筋で認めているという。静岡中央署の捜査本部によると、橋本容疑者は10月7日午後5時から同7時までの間に、同区御幸町のビル3階にある消費者金融「キャッシングヒット」の店内で、浅野さんの首を手で絞めて殺害し、現金約150万円を奪った疑いがある。現場から採取したDNA型が橋本容疑者のものと一致したことに加え、店内に残された靴跡と橋本容疑者の自宅から押収した靴が同じだったことなどから、逮捕に踏み切ったという。 橋本容疑者は複数の消費者金融から100万円以上を借りていて、奪ったとされる約150万円の一部を借金の返済にあてたという。 http://www.asahi.com/national/update/1130/TKY200811300099.html

| コメント (0)

☆男の自宅、捜索3日目 京都高1女子殺害(30日)

Noimage_120x901 今年5月に京都・舞鶴市で高校1年・小杉美穂さん(当時15)が殺害された事件で、警察は28日から始めた男(60)の自宅などの家宅捜索を30日も続けている。捜索3日目となる30日は、午前9時過ぎに弁護人立ち会いの下、約20人の捜査員が家の中に入り、隣の空き家にも範囲を広げて床などを詳しく調べているもよう。 小杉さんの遺体は今年5月、舞鶴市の小川の土手で見つかった。事件直前に小杉さんと一緒に歩く自転車を押す人物が防犯カメラに映っており、この人物と男が似ていることなどから、警察は28日に捜索に着手。これまでに、鉄製の棒のようなものやスコップ、自転車などを押収している。警察は男が事件にかかわっていないか、押収物を分析し、慎重に調べを進める方針。 http://www.news24.jp/124139.html

| コメント (0)

☆高校寮に喫煙室 設置容疑で愛知の私立高校を家宅捜索(30日)

Logo3_2 愛知県新城市の私立黄柳野(つげの)高校(辻田一成校長)が、生徒の寮に「喫煙室」を設けていたことがわかった。県警は同県青少年保護育成条例違反(喫煙場所の提供)容疑で同校を家宅捜索し、灰皿などを押収した。学校側から事情聴取のうえ、関係者を書類送検する方針。同校は95年4月に不登校の生徒を支援する全寮制高校として開校した。辻田校長によると、開校時から校内で喫煙する生徒が目立ち、07年1月には女子寮のトイレで喫煙が原因と見られるぼやが発生した。学校側は07年4月に「火災予防や分煙・禁煙のため」として、敷地内にある男子寮4棟の空き部屋各1室を「禁煙指導室」と名付け、同室以外で喫煙した場合は謹慎処分にするなど罰則を設けて、事実上の喫煙室にしていた。室内には生徒が持ち込んだとみられる灰皿用のバケツがあり、寮の職員が喫煙者をチェックして禁煙カウンセリングを受けるよう指導していた。辻田校長は「隠れて喫煙されるより、きちんと指導できる場があった方がよいと考えてやむなく設置したが、条例違反と言われればその通りで申し訳ない」と話しており、同室は閉鎖するという。同校内では今年9月に集団暴行事件があり、11月に生徒5人が書類送検されたが、この際にたばこのにおいがする生徒が県警に事情を聴かれ、「寮に喫煙室がある」と説明したという。 http://www.asahi.com/national/update/1130/NGY200811300005.html

| コメント (0)

★襲撃事件受け集中パトロール  (30日) 重大問題です。コメントでPTSDの解説あり

News_pic1_2 埼玉と東京で元厚生事務次官や、その家族が相次いで襲われた事件で、さいたま市の現場周辺の住民からは、「知らない人を見ると怖い」などといった声が出ているため、警察は、不安を和らげようと集中パトロールを行っています。今回の事件で犯行を認める供述をしている小泉毅容疑者は、宅配業者を装って元次官らを襲ったとみられ、さいたま市の現場付近の住民からは、「知らない人を見ると怖い」などといった不安を訴える声が相次いでいます。
このため、警察は現場から半径500メートルの住宅地を中心に、集中パトロールを始めています。パトロールは、パトカーやバイクを使って見回るほか、警察官が戸別に住宅を訪問して行っています。住宅を訪れた警察官は、不安なことがないかどうか住人から聞き取りを行い、留守だった場合は、訪れた時刻や交番の連絡先をカードに記し、郵便受けに投げ入れていました。現場の近くに住む女性は、「身近なところで事件が起きて、強いショックを感じています。このようなパトロールは、とても安心します」と話をしていました。警察は、今後しばらくの間、毎日この集中パトロールを続け、不安を和らげていくことにしています。http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/01.html

続きを読む "★襲撃事件受け集中パトロール  (30日) 重大問題です。コメントでPTSDの解説あり"

| コメント (0)

☆強盗殺人で男を取り調べ 静岡県警(30日)

News_pic1 先月、静岡市葵区の消費者金融で経営者の男性が殺害され現金百数十万円が奪われた事件でこの消費者金融の客だった38歳の男が、事件に関与した疑いが強まり警察は、30日朝から男の取り調べを始め容疑が固まり次第、強盗殺人の疑いで逮捕する方針です。
この事件は先月7日、静岡市葵区御幸町のビルの3階にある消費者金融「キャッシング ヒット」の店内が荒らされ、経営者の淺野仁さん(63)が、首を絞められて殺害されたものです。店の中の金庫からは100万円以上の現金がなくなっており、警察は強盗殺人事件として捜査を進め現場検証で得られた証拠や押収した帳簿などをもとに数百人いる店の客のなかに不審な人物がいないかどうか調べを進めてきました。その結果、店のカウンターに残された靴の跡やDNA鑑定などから、静岡市に住む客だった38歳の男が事件に関わった疑いが強まりました。警察ではこの男を呼んで取り調べを始め、容疑が固まり次第、強盗殺人の疑いで逮捕する方針です。http://www.nhk.or.jp/shizuoka/lnews/01.html

| コメント (0)

☆「夢の超特急」0系、きょうラストラン(30日)

Banner_logo_051_4 昭和39年にデビューし「夢の超特急」と呼ばれた初代新幹線「0系」が30日午後、営業運転から引退する。最後の運転は岡山発博多行き「こだま」で、午後2時51分に岡山駅を出発し、午後6時21分に博多駅に到着。両駅でセレモニーが開かれる。0系は東海道新幹線の開業とともに登場。世界一の最高時速210キロで、東京-新大阪を3時間10分で結んだ。老朽化などから新型車132372_t801 両への移行が進み、現在は山陽新幹線でのみ運行している。JR西日本によると、152席の指定席券は10月30日午前10時の発売開始後わずか数秒で完売。248席ある自由席を求め、鉄道ファンらが殺到しそうだ。0系は12月に3日間、臨時の「ひかり」として「さよなら運転」し、正式に引退する。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/200230

132371_t801

133693_t801

| コメント (0)

☆秋篠宮さま43歳 悠仁さまへの教育方針「皇室の自覚おいおいと」(30日)

Banner_logo_051_3 秋篠宮さまは30日、43歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち東京・元赤坂の秋篠宮邸で秋篠宮妃紀子さまと記者会見に臨み、長男の悠仁さまのご近況や皇太子ご一家とのご交流などについて語られた。

 ■秋篠宮さま誕生日会見 

133709_c1601  9月に2歳になられた悠仁さま。秋篠宮さまは「だんだんと単語の数が増えてきたように感じます」と、日々のご成長ぶりを実感されているご様子。一方、紀子さまは「時々元気が良すぎて、私が一休みをしていることもございます」と笑顔で話された。お散歩の途中でドングリなどを拾われることもあり、「宮さまや娘たちにも贈り物のように渡してくれたり、地面に並べて『1つ、2つ…』と数えて過ごしているときもあります」と続けられた。“帝王学”という言葉も聞こえ始めるなか、秋篠宮さまは今後の教育方針について、「皇族としての自分の立場もおいおい自覚を持ってもらうようになったらと思っております。その他、関心のあることを深めていってくれれば」と述べられた。紀子さまは会見で皇太子ご一家が先日、秋篠宮邸を訪問されたことを明らかにし、「敬宮さまは悠仁と小さいジャングルジムで優しく遊んでくださり、学校から戻った娘たちが加わりにぎやかな時間を過ごしました」と振り返られた。皇太子ご一家をめぐっては、宮内庁の羽毛田信吾長官が今年2月、参内(皇居・御所への訪問)の回数が「増えていない」と発言。昨年2月に「(愛子さまが)両陛下とお会いする機会をつくっていきたい」と述べられていた皇太子さまへ異例の進言をした。秋篠宮さまは長官発言について「自分の発言を大切にしてほしいという趣旨だったと理解しております」と前置きした上で、「私もいろいろと頼まれ、安易に引き受けて、周りの人に迷惑をかけていることが時としてあります。私自身も心しておかなければいけない」と述べられた。天皇陛下のご負担軽減のため他の皇族方が公務を分担する考えに関しては、「(すでに)皇太子殿下や私たちに譲れるものはかなりの部分譲られており、難しいのかなと感じております」とする一方、「行事の中身を変えて、ご負担軽減につなげていくことができるのでは」と話された。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/200216

| コメント (0)

☆元次官宅襲撃:「アキバ」ほうふつ きっかけ理解不能(30日)

Logo_mainichi1_2 元厚生事務次官宅連続襲撃事件で、さいたま市北区の無職、小泉毅(たけし)容疑者(46)=銃刀法違反容疑で逮捕=が警視庁に出頭して29日で1週間がたった。警視庁と埼玉県警の共同捜査本部は、小泉容疑者が関与を認めている両事件の裏付けと最大の焦点である動機の解明を進めている。きっかけは「愛犬の死」と供述しているが、人生の軌跡をたどると、東京・秋葉原で6月に起きた17人殺傷事件で殺人罪などに問われた元派遣社員、加藤智大(ともひろ)被告(26)の姿と二重映しになる、と指摘する捜査員もいる。出頭前日の21日夜、小泉容疑者は自宅アパート近くの飲食チェーン店で、ギョーザとチャーハンを注文した。数百万円の借金を抱え、安売りのカップめんを買い込んでいた身には、最後のぜいたくだったのかもしれない。「埼玉で目つきが変わったようだ」。98年に今のアパートに転居してきた小泉容疑者のことを捜査員はこう表現した。約2年前、都内のコンピューター関連会社を解雇された際、「なんでおれをクビにするんだ」と憤った。8年前に始めたインターネット株取引は100回以上に及んだが、まとまった収入にはならず、生活は昼夜逆転した。部屋にこもり、長さ約1.5メートル、重さ約20キロのバールをバーベルがわりに、体を鍛えた。「携帯電話や交友関係を調べても仲間はいない」(捜査幹部)。そんな孤独の中で、ナイフを買い集め、襲撃計画を練った。約1カ月前、事件に使ったとされる柳刃包丁を買い、12日にたんすなど家財道具をリサイクル店に引き取らせた。そして17日夕、さいたま市南区の山口剛彦さん(66)宅、18日夕には東京都中野区の吉原健二さん(76)宅を襲ったとされる。■28日夜、山口県柳井市の小泉容疑者の実家。両親は、記者にアルバムを開いて見せた。いとこらと一緒に「シェー」のポーズをとる小学生の小泉容疑者。中学時代まではいつも笑顔で、誰からも好かれた。そんな息子が変わったと両親が感じたのは、佐賀大学で留年したころ。当時住んでいたアパートの大家から「息子さんが工事現場の人に『音がうるさい』としつこく文句を言う。なだめてほしい」と電話があった。以後、両親は居住地ごとに、大家を通じて息子の違う面を思い知らされる。社会人になり、30歳を過ぎて家業を継ぐために会社に勤めた広島市や山口県小郡町(現山口市)でも続いた。その度に出向いて頭を下げた。だが、息子が同席したことは一度もない。父親(77)は「いつも親から逃げている」と感じていた。ただ、大学中退後最初の就職先である東京のコンピューター関連会社にいた時期は違った。母親(70)の電話に「昨夜は2時まで残業した」と明るく話し、その間、2度の正月は帰省して両親に20万円を贈った。「普通に戻ったんだ」。2人は胸をなで下ろした。■取り調べに対して小泉容疑者は動機を、小学時代の74年4月、保健所に引き取りに行った飼い犬「チロ」が処分されたことで大きなショックを受けたと供述。警視庁は愛犬の殺処分が動機の根底にあるとの見方を強める。だが、そのことがなぜ今、両襲撃事件を起こす理由になるのか。注目されるのが、大学中退と会社を辞めさせられた体験だ。ある捜査幹部は、加藤被告を引き合いに「2人とも、いびつな自己顕示欲が事件に走らせた」とみる。一方、別の捜査幹部は事件の不気味さをこう語った。「秋葉原事件と一緒で社会通念上は理解できない。本人にとっては『きっかけ』でも、そこらにある石ころにつまずいたというようなレベルで意味がない。そんな人間が、同じような事件を起こすのが問題だ」■ 小泉容疑者が出頭直前の22日夕、実家に「送った」と電話した手紙は翌日夜届いた。両親は手紙を警察に任意提出する前に読んだ。なぜ事件を起こしたのか。理由が書かれているかもしれないとの期待は、完全に裏切られた。「両親へ」で始まる便せん5枚に手書きで書かれていたのは、「チロの仇(かたき)」のくだり以外には、自宅アパートについて「棚は入居時から壊れていた。修繕費を払う必要はない」との記述程度。あとは記憶に残らないほど、とりとめのない内容だった。 両親の脳裏には、14年前、祖母の葬儀に帰郷した息子の記憶が残る。祖母の死を悲しみ、幼いおいに食事などを与える優しい姿。「なんであんなに変わったのか。身内や友達、それと他人とで態度が違う。二重人格なんでしょうか。全く理解できない」 母親の嘆きが、捜査幹部の言葉と重なった。http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081130k0000m040103000c.html

| コメント (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺 (30日)2件

振り込め詐欺「モー」許Logo3さん

Osk2008112900021 振り込め詐欺はモー許さん! 兵庫県淡路市で28日にあった淡路署の年末特別警戒出発式に、地元農家の淡路牛「あつこ」(メス、1歳半)が登場した。県内の10月の振り込め詐欺被害は近畿でワースト1。今月も相次いでおり、被害を年内で断ち切ることができればと、来年の干支にすがることにした。 「ギューっと閉め出せ」と書かれた幕の前で、あつこは署員に指示を出すかのように「モー」。同署幹部は「怪しい電話がかかったら、牛歩のようにじっくり考えて」。

写真は年末特別警戒出発式に登場した「あつこ」=兵庫県淡路市多賀http://www.asahi.com/national/update/1129/OSK200811290001.html

オレオレ詐欺で逮捕 高知県警

News_pic1_3 いわゆる「オレオレ詐欺」で高松市の女性などから現金をだまし取っていた詐欺グループのうち指名手配されていた男1人が逮捕されました。逮捕されたのは埼玉県上尾市の無職、弟子丸宗幸容疑者(29歳)です。弟子丸容疑者はおととしの10月、高松市の当時66歳の女性に息子や息子の会社の上司を装って電話をかけ、「会社の金を使い込んだ」などと嘘をついて現金を振り込ませ、414万円をだまし取ったとして詐欺の疑いが持たれています。
弟子丸容疑者は、去年11月までにメンバー8人が逮捕された詐欺グループの1人で、リーダーと見られる男とともに警察に指名手配されていたもので自宅のある埼玉県上尾市で逮捕され、容疑を認めているということです。警察などのこれまでの調べによりますと、このグループは同様の手口で県内外の男女19人からあわせて6700万円をだまし取ったとされ、警察では残るリーダーと見られる男の行方の捜査を急ぎ、事件の全容解明を進める方針です。http://www.nhk.or.jp/takamatsu/lnews/03.html

| コメント (0)

☆<舞鶴女子高生殺害>60歳男の自宅隣室など捜索(30日)

Logo_mainichi1 京都府舞鶴市で今年5月、高校1年の小杉美穂さん(当時15歳)が殺害された事件で、府警舞鶴署捜査本部は29日、前日に引き続き弁護人立ち会いの下、殺人、死体遺棄容疑で遺体発見現場近くに住む無職の男(60)の自宅を捜索した。2日目の捜索は午前9時半ごろ始まり、午後5時過ぎに終えた。5戸1棟の府営住宅の室内のほか、廃材などが積まれた庭や、同じ建物で男が使用していた形跡のある隣室も捜索。土や繊維片など微細な証拠も集めた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081129-00000101-mai-soci

| コメント (0)

★舞鶴の高1女子殺害、異例の捜査手法 念頭に裁判員制度?(30日)

Banner_logo_051_2 京都府舞鶴市の高1女子殺害事件で、窃盗罪で起訴された男(60)の自宅を殺人などの容疑で捜索した京都府警の「捜査手法」に注目が集まっている。関与を示す物証や供述がない中での捜索が批判され、弁護人立ち会いという異例の展開となったが、背景には「裁判員制度がある」と識者や関係者は語る。自白を前提にするよりも、まず物証を押さえるやり方は制度を見据え、より強まる“流れ”という見方だが、「制度をにらむならば、より捜索は慎重であるべきだ」という声もある。「弁護人の反発は想定内だった」。ある府警幹部は、捜索予定日に弁護人が準抗告し、いったん捜索が延期された異例の事態にも強気の姿勢を崩さなかった。府警は捜索にあたり、警察庁や検察当局とも協議を重ねており、強引ともいえる捜査手法への批判も、弁護士立ち会いも「折り込みずみだった」と言う。背景にあるのは捜査の行き詰まりとともに「物証」へのこだわり。弁護人が立ち会うことにより、証拠がみつかった場合は信用性も高まる。一連の捜査で府警は被害者の所持品だけでなく、今回の捜索の決め手となった防犯カメラの映像も公開してきた。それ以降も捜査を進める上で不利になりかねない情報を積極的に報道機関に流している。府警の捜査幹部は「重要事件の報道対応としては異例の展開だろう」と振り返るが、公開度を高める裁判員制度をにらんだ対応とみられる。府警は今月15日に窃盗容疑で男を逮捕して以降も、「(窃盗)容疑と無関係な証拠品の押収や検証はしていない」と強調し、10日間の勾留(こうりゅう)中に殺人事件には「一切触れなかった」としている。これらの捜査手法について元最高検検事の土本武司・白鴎大法科大学院長(刑事法)は「自白を強いるのではなく、まず物証を押さえる。そのやり方は裁判員制度をにらんだ厳密な手順といえる」と評価。井戸田侃・立命館大名誉教授(刑事法)も「自白を強いるより、まず物証を押さえるやり方は本筋で常道といえる」と理解を示す。ただ、土本さんは「捜索で物証が見つからなかった場合、どう捜査を続けていくのかが問題になる」と指摘。また、ジャーナリストの大谷昭宏さんは「なんとしても検挙したいという熱意は分かる。だが、こんな捜索は禁じ手で、やっちゃいけない。裁判所も裁判員制度をにらんで安易に捜索令状を出すのは慎むべきだ。しかし制度が始まれば、今回のようなケースが再び出る可能性もある」と話す。裁判員制度では捜査の違法性が問われれば、裁判員の心証が悪くなる恐れもあり、京都府警の幹部は「だからこそ捜索までには相当の時間を要した」と話す。と同時に、この幹部は「(裁判員制度をにらみ)事件を世間に印象づけておきたいという思惑が(捜索の背景に)あったのではないか」とも語っている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/200188/

続きを読む "★舞鶴の高1女子殺害、異例の捜査手法 念頭に裁判員制度?(30日)"

| コメント (0)

☆土地改良区理事選で贈収賄、5人逮捕 青森県警(30日)

Banner_logo_051 青森県警捜査2課と弘前署は29日夜、土地改良区理事選任の投票をめぐり現金を授受したとして、土地改良法違反の疑いで、収賄側の津軽平川土地改良区総代で農業、対馬譲治容疑者(41)=青森県平川市館山前田、贈賄側の同県鶴田町議三浦勉(72)=鶴田町山道高留=ら4容疑者の計5人を逮捕した。調べでは、4月28日開催の土地改良区臨時総代会の役員選で理事に立候補を予定していた三浦容疑者は知人らほかの3人と共謀。総代として投票権を持つ対馬容疑者に4月下旬ごろ、平川市の路上で三浦容疑者への投票を依頼、現金数十万円を渡した疑い。調べに対し三浦容疑者は容疑を否認、ほかの4人は認めているという。県警によると、津軽平川土地改良区の組合員約6300人のうち、70人の総代に理事らの選挙の投票権がある。この選挙では16人が立候補、三浦容疑者を含め15人が当選したという。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/200205/

| コメント (0)

☆【ムンバイ同時テロ】犯人の正体は?(30日)

Msn_s31 インド同時テロの犯行グループは何者か。断片的に伝えられる情報からは、隣国パキスタンのイスラム過激派の影が背後にちらついてくる。現地と欧米での報道を基に犯人像を探った。(岩田智雄)

パキスタンの影

 インドのシン首相は、犯行グループが近隣国に拠点を置く武装グループだと非難し、ムカジー外相は「パキスタンの勢力が襲撃に関与した」と指摘している。29日付の米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は米情報当局者やテロ対策当局者の話として、カシミール地方に拠点を置くイスラム過激派ラシュカレトイバ」か「ジェイシモハメド」の犯行であることを示す証拠が多数見つかっていると伝えた。ただし、当局者らは、パキスタン政府が犯行に関与した証拠はないとしているという。インド情報当局者は同紙に対し、犯行グループは国外の携帯電話を使い、外国から通話を受けていたと証言した。また、同日付の米紙ワシントン・ポスト(電子版)は、拘束した犯人の一人がラシュカレトイバのメンバーで、この組織に訓練を受けたと供述したと報じた。

若者たちの集団

 事件直後、ホテルから逃げ出した客らの証言によると、犯人らは20代とみられる若者が中心で、Tシャツやジーンズ姿の者もいた。インドでの報道によると、拘束された21歳の男はきれいにひげをそり、流ちょうな英語を話した。別の報道では、拘束されたある男はウルドゥ語を話し、言葉のなまりからパキスタン・パンジャブ州のファドリコット出身だとみられている。犯行グループはホテルなどを襲撃するに際し、入念な準備をしていた。28日付のタイムズ・オブ・インディアによると、犯行グループのうちの9人が、ムンバイ市内に数カ月も前からアパートを借りて住み着き、襲撃先となったタージマハルホテルなどをしばしば偵察に訪れていた。ほとんどがパキスタン人だったが、マレーシア人を装っていたという。

海岸から上陸して襲撃

 襲撃直前、グループのうち8人が海から上陸した。沖合でインドのトロール漁船を乗っ取り、船長らを殺害した後、沿岸まで接近、黒や黄色のゴムボートで上陸した。襲撃に加わった数は計16人だとしている。英BBC放送(電子版)によると、犯行グループは上陸後、2~4人の4班前後に分かれ、鉄道駅やレストラン、ユダヤ人施設、病院を襲撃した後、2つの高級ホテルなどに立てこもった。

治安部隊上回る動き

 ホテルを包囲したインド治安部隊は、犯行グループの制圧に60時間も要した。「軍人か、訓練を受けた特殊部隊要員のような動きを見せた」(ヒンドゥスタン・タイムズ紙)からだ。一部は、事前にホテルにチェック・インし、ホテル内をくまなく撮影してもいた。犯行グループはホテルの構造に精通しており、特殊部隊さえ存在を知らなかった隠し扉を通って、中に潜伏した。フロアからフロアへ火を放ちながら移動、手投げ弾やAK47自動小銃の扱い方も相当の訓練を積んでいたようで、手慣れたものだった。ホテル内には「司令室」(米CNNテレビ)まで置かれた。現場から見つかった犯行グループの所持品は、犯行が十分に組織化され、準備されたものだったことを示している。リュックから出てきたものは、50発ずつの弾丸が隠された6、7冊の雑誌、衛星電話、クレジット・カード8枚、現金1200ドルと6000ルピー(計約12万6000円)、長期戦に備えるための食糧のアーモンド…。このほか、犯人グループはプラスチック爆弾や自動式の武器などまで使用し、特殊部隊をてこずらせた。

ゲリラ式手法

 こうした犯行グループの手法を29日付の英紙フィナンシャル・タイムズ・アジア版は、国際テロ組織アルカーイダの手法と比較して論じている。米国人や英国人を標的にし、同時多発的に襲撃する点はアルカーイダと同じだが、航空機や自爆作戦を使うのではなく、銃や手投げ弾を使うゲリラ的な手法は20~30年前にみられたもので、「基本に戻っている」という。専門家は同紙に対し、「爆発物を作るよりも小火器を使ってテロリストを訓練した方が、はるかに容易で、銃は爆発物よりも移動させやすい」と、テロリストの戦略の変遷を指摘している。http://sankei.jp.msn.com/world/asia/081129/asi0811292112008-n1.htm

| コメント (0)

☆大麻「害がない」はウソ…精神・生殖機能に影響(30日)

Banner_logo_051_3 「たばこより害がない」と言われることがある大麻だが危険性は高い。国立精神・神経センター薬物依存研究部の尾崎茂・心理社会研究室長は「急性、慢性いずれの精神障害もきたす可能性がある」と警告する。尾崎室長によると、依存性は覚醒(かくせい)剤などより弱いが、常用者の3分の1から半数が依存に発展。大麻の葉をタバコ状にした「ジョイント」を1本吸っただけで、被害妄想など急性の精神障害に陥った例もある。長期使用による無気力症状は、治療が困難な場合も少なくない。免疫機能や性ホルモンにも影響を及ぼすとされ、男性では生殖機能低下や精子形成の異常、女性では月経周期の異常などがみられ、妊娠中の母親が使用すれば、胎児に神経発達上の問題も起こりうるという。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/200096

| コメント (0)

« 2008年11月29日 | トップページ | 2008年12月1日 »