« 2008年11月27日 | トップページ | 2008年11月29日 »

2008年11月28日

2008年11月28日 (金)

★小説 警視庁薬物特命捜査官(30)

    「情報は瞬時に国境を越える」
080713_164028_m  鬼頭は心の中で整理してみた。多摩川署の焼き肉屋関係のガサ結果が出るのは時間の問題だ。しかしこれは刑事局には報告していない件。
 それに通信傍受から篠原組の薬物取引相手が特定できるかも知れない。その相手に朝洋商事が入っているかもしれない。これらを合わせると朝洋商事は、一連の中で〝頂上〟と言える可能性は高いのだ。
 警察全体として最も期待しているのは新潟県警の佐渡通信に対する捜索だ。場合によっては北朝鮮と直結する可能性だって秘められている。逆に押収する資料がどれ一つ欠けても頂上に届かなくなる危険性はある。
 これらの情報を全部さらけ出して良いのだろうか。警察庁を信じない訳ではないが、マスコミに報じられたら海上保安庁の二の舞になりはしないか。鬼頭は迷った。反論したかった。意を決して立ち上がった。
 風間が制止しようとしたが遅かった。
 「お言葉ですが…」
 鬼頭が立ち上がった瞬間、田中局長から睨み付けられた。会議場は凍り付いた。
 「お言葉ですが、國島長官の言われた『威信をかけてやれ』の言葉を信じて我々はやってまいりました。政府の方針と言いますが国税は二年も待っている。我々はあと十日もいらないのです。一週間でもいいのです。時間を下さい」
 鬼頭は定年まであと二年。「できなかったら首ぐらい何時でも差し出すよ」と言いたかったが重森と風間の顔を見ると言えなかった。風間は必死に目で制止している。
 警察庁には、かつて「お言葉人事」というのがあった。部下が「お言葉ですが」と幹部に反する意見を言うと、人事異動の対象にされたという悲劇だ。
 「一週間でやれると言ったが、重森君はそれで良いのか?」
 瀬上生安局長が重森に聞いた。
 「鬼頭警部は我々も認める専門職の特命捜査官です。だから全国の事件を総合的に見て判断をして貰っています。それは長官もご存知のとおりです。従って報告できないことも多々あり、組み立ててみないと分からない部分もあるでしょう。その意を汲んでほしい」
 ここまで言って田中局長を見た。そして重森はさらに続けた。
 「これが『薬物に対する組織捜査なんだ』という前例を作ってほしいと長官からも言われている。もはや薬物捜査は都道府県警察単位では追いつかないのです。お言葉を返すようですが、お望みなら警視庁に手を引かせますか?」
 言いながら重森は田中局長を見た。
 

続きを読む "★小説 警視庁薬物特命捜査官(30)"

| コメント (0)

☆韓国人男性?8階から転落死 ホストクラブ摘発現場で(29日)

Logo3_5 28日午前4時すぎ、東京都新宿区歌舞伎町2丁目で、警視庁などによる韓国人ホストクラブの合同摘発があり、店内にいた韓国人とみられる男性がビル8階から転落し、死亡したことが分かった。 組織犯罪対策1課と新宿署などによると、同庁と東京入管の捜査員が午前4時過ぎ風営法違反(無許可営業)容疑などでの合同摘発に着手。30代とみられる男性は約4分後に8階の窓から約25メートル下のコンクリートの地面に転落し、約1時間後に全身打撲で死亡が確認された。逃走しようとしたとみられる。従業員か客か確認を急いでいる。同課は、男性が窓からベランダに出たところまでは捜査員が見ていたが、その後は誰も見ていないと説明。男性は7階のベランダに移ろうとして落下したらしい。当時は強い雨が降っていた。 同課は「捜査には問題点はなかったが、遺憾」としている。摘発当時に店内にいた34人の従業員と客を同法違反と入管法違反(不法在留)の疑いで調べている。 http://www.asahi.com/national/update/1128/TKY200811280150.html

| コメント (0)

☆53歳男性が自室で変死、顔に殴打の跡…東京・青梅(28日)

 28日午前10時5分ごろ、東京都青梅市河辺町のマンション3階の居室で、この部屋に住む職業不詳細谷青志さん(53)が額から血を流して倒れているのを、細谷さんが通院している病院の男性職員が見つけた。警視庁青梅署で調べたところ、細谷さんは既に死亡しており、顔には数回殴られたような跡があった。同庁は傷害致死事件とみて捜査している。同庁幹部によると、細谷さんは、グレーのシャツとズボン姿で、6畳和室の布団の上であおむけに倒れていた。玄関の鍵はかかっていなかった。検視の結果、26日午後5時ごろから28日午前5時ごろの間に死亡したとみられ、同庁で死因などを調べている。現場はJR青梅線河辺駅から東に約1キロの住宅街の一角。(2008年11月28日22時49分  読売新聞)

| コメント (0)

☆9時間にわたり家宅捜索 60歳男の自宅 舞鶴高1殺害(28日)

Logo3_4 京都府舞鶴市で今年5月、府立東舞鶴高校浮島分校1年の小杉美穂さん(当時15)が殺害された事件で、京都府警舞鶴署捜査本部は28日、殺人と死体遺棄容疑で、遺体発見現場近くに住む無職の男(60)の自宅を約9時間にわたって家宅捜索した。男の弁護人も立ち会った。事件への関与を示す証拠の有無を慎重に調べる。 捜索は28日午前9時半過ぎに始まり、午後6時20分ごろ終わった。男の自宅周辺には捜査員以外が立ち入らないよう規制線がめぐらされ、出入り口や押収物を運ぶ車はブルーシートで覆われた。捜索着手時には報道陣や近所の住民約100人が捜索の様子を見守った。男は女性の下着や神社のさい銭などを盗んだ疑いで、今月15日に府警に逮捕され、26日、窃盗罪で起訴された。府警によると、男は窃盗容疑を否認しており、起訴後も勾留(こうりゅう)されている。府警は逮捕翌日の今月16日、男の自宅を窃盗容疑で家宅捜索したが、押収や検証の対象が盗みに関するものに限られたため、捜査本部があらためて殺人、死体遺棄容疑での家宅捜索に踏み切った。殺害事件への関与の有無を明らかにするため、自宅内の微細な証拠を捜す捜索活動とともに、血痕の有無などを調べる検証作業も行ったとみられる。 男が窃盗容疑で逮捕された直後、京都弁護士会が派遣した弁護人は26日、捜索令状の取り消しを求めて、京都地裁舞鶴支部に準抗告を申し立てた。棄却されると、最高裁に特別抗告した。また、京都地検舞鶴支部と舞鶴署には「証拠に作為が加えられる危険性がある」という懸念を申し立て、28日の捜索への立ち会いが認められた。 小杉さんは5月6日深夜、自宅から徒歩で外出したまま行方が分からなくなり、8日朝、自宅から約7キロ離れた舞鶴市朝来中(あせくなか)の朝来川沿いの雑木林で遺体で見つかった。死因は、鈍器のようなもので顔などを何度も殴られたことによる失血死だった。これまでの捜査では凶器は発見されていない。 http://www.asahi.com/national/update/1128/OSK200811280070.html

| コメント (0)

☆1人退学、5人無期停学へ 大麻所持で法政大(28日)

Msn_s1_5 法政大

(東京)は28日、大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕されたり、書類送検されたりした2年の男子学生6人について、1人を退学、残り5人を無期停学とする処分を決めた。同大総長室などによると、6人はスノーボードサークルなどで知り合い、旅行先のインドで吸うようになった学生が大麻を入手し、ほかのメンバーに渡していた。6月に2人が渋谷区内で現行犯逮捕され、供述などから残る4人の大麻所持も判明した。逮捕された5人は犯行当時いずれも19歳で、うち2人は保護観察処分となっている。法政大は、職員が6人と面会して容疑事実を確認。処分内容を決めた。事件発覚後、在学生を対象とした薬物使用の恐ろしさを教えるセミナーを開催するなどしており、「再発防止策は継続していく」としている。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081128/crm0811282117040-n1.htm

| コメント (0)

☆地下鉄に落書きした外国人2人送検 6都府県で計14件(28日)

Msn_s1_4 大阪、東京など6都府県で地下鉄などの車両への落書きが相次いだ事件で、大阪府警捜査1課などは28日、器物損壊容疑などでスロバキア国籍のダリボラ・スピシアク(26)とハンガリー国籍のタカチ・ビクター(26)の両被告=器物損壊罪などで起訴=を大阪地検に送検し、一連の捜査を終えた。2人は起訴された分を含め6都府県で計14件の落書きをしたほか、英国やドイツなど世界各国でも犯行を重ねており、府警は国際落書きグループの一つとみている。調べでは、2人は9月2日から10月6日にかけ、大阪市天王寺区など6都府県の地下鉄などの車両にスプレー塗料で落書きした疑い。ハンガリー語で肉が焼ける音の「SERC」や2人が所属する落書きチーム名「RCLSPK」などと書かれていた。2人は日本以外にも世界各国で鉄道車両に落書きしたと供述。日本を狙ったことについて「日本の電車は落書きが少なく、目立つと思った。有名になりたかった」と供述している。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081128/crm0811282158045-n1.htm

| コメント (0)

☆事務所で180万奪われる 女性従業員を床に押しつけて気を失わせ(28日)

Msn_s1_3 28日午前9時45分ごろ、兵庫県加古川市平岡町新在家、住宅設備会社「アテンド加古川営業所」に男が侵入、1人でいた女性従業員(53)を床に押しつけて気を失わせ、金庫にあった現金約180万円を奪って逃走した。女性は顔にけがを負った。加古川署が強盗致傷事件として捜査している。調べでは、男は女性にスタンガンのようなものを見せて「金を出せ」と要求し、そのまま床に押しつけた。女性が気絶していた間に、事務所内で金庫の鍵を探して開けたとみられる。 男は黒っぽい目出し帽のようなものをかぶり、身長170センチぐらいでやせ形だったという。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081128/crm0811282201046-n1.htm

| コメント (0)

☆さいたま住宅火災 父親を放火容疑で逮捕(28日)

Logo_mainichi1 さいたま市岩槻区の民家が全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった火災で、埼玉県警岩槻署は28日午後、この家に住むタクシー運転手、古川久容疑者(47)を現住建造物等放火容疑で逮捕した。調べでは、古川容疑者は27日午後11時20分ごろ、木造2階建て延べ約60平方メートルの自宅に灯油をまいて火をつけ、全焼させた疑い。この火事で2階にいた長女で県立春日部女子高1年の茉優さん(16)と、長男でさいたま市立川通小6年の勇希くん(12)が行方不明になっており、2遺体の身元を確認している。古川容疑者と妻(38)は逃げ、顔やのどに軽いやけど。岩槻署によると、直前に古川容疑者と妻が口論していたという情報があり、動機を追及している。【山崎征克、浅野翔太郎】http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081128-00000012-maip-soci

| コメント (0)

☆学生53人の内定取り消し 日本綜合地所に労組が抗議(28日)

Banner_logo_051_6 個人で加盟できる地域労組「全国一般東京東部労組」は28日、東京都内で記者会見し、マンション分譲の日本綜合地所が来春入社予定の大学4年生53人の採用内定を取り消したとして、同社に抗議し、補償を求めていくことを明らかにした。取り消しは17日付で、53人のうち11人が東部労組に加入。東部労組によると、今月中旬、人事担当者から内定者に「経済状況が悪化し、受け入れる体力がなくなった。役員が自宅を訪問し事情を説明する」と電話で通告があった。会見に出席した都内の男子学生(23)は「ほかに6社から内定をもらったが、すべて断った。裏切られたようで悲しい」と話した。東部労組は「一方的な内定取り消しは、解雇と同様に不当だ」と話した。日本綜合地所は「来春の採用内定をすべて取り消した。事情を学生に説明中で、コメントは控えたい」としている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/199910

| コメント (0)

☆【元若ノ鵬会見詳報】(1)八百長話で250万円もらった (28日)

講談社が発行する「週刊現代」に告発した八百長報道はウソだったとする陳述書を東京地裁に提出した元力士の若ノ鵬が28日、都内で記者会見した。取材を仲介した男性から「相撲協会に戻れる。ヒーローになる」とだまされて偽証したと述べた。若ノ鵬は日本相撲協会や相撲ファンに対し謝罪を繰り返す一方、偽証の謝礼として250万円を受け取ったことも明らかにした。会見の概要は以下の通り。

「様こんにちは。大変なことを起こしてしまいました。すいませんでした。本当に駄目なことを言っちゃった。すいませんでした。すいませんでした。週刊現代もすいませんでした。変な人(八百長記事を持ちかけてきた仲介者)と付き合って、だまされて、変なことを言っちゃった。週刊現代は悪くなかった」「本当に相撲に戻りたかった。大好きだった。今でも大好きです。横綱、夢だった。そのために日本に来ました。私に電話があった(仲介者の)名前は言えないですけど、その人は、私に(八百長の話を)言ったら、『簡単に相撲に戻れる。ヒーローになる』とか言い、私もそのこと(八百長の話)を言っちゃった。本当にすいませんでした。本当につらいことを言っちゃった」「できるのなら、自分の気持ちが分からないんですけど、許されるか。戻る、戻らないは分からないですけど、そのままロシアに帰ることはできなかった。日本の皆さんが自分の気持ちを分かりたかったら、しょうがなかった。本当に相撲にどうしても戻りたかった。そういうことです。すいませんでした」

--仲介者とどういう関係なのか。ウソだとしたら、ストーリーは仲介者が作ったのか

「そうですね。名前は教えない。自分の家族がロシアにもある。『1週間、八百長のことを言ったら、相撲に簡単に戻れる』(と言われて)信じた」「(仲介者の)Xさんは、『あなたを警察が捕まえた。なんでか、知っている?』と私に言った。『(成人年齢に達していない)19歳だったら、相撲協会の問題になる。20になると若ノ鵬の問題になる』と言った」「Xさんは言った。『私知っている。あなた相撲大好きです。まだ10年できる。私もあなたの相撲好きです。助けたい』と言った。私もそのとき、『相撲協会は私を守らなかった』と信じて、頭に来て、Xさんと話して記者会見した」「そのストーリーを考えて、八百長も自分でやったんじゃないけど、無理矢理やらされたと言えば『若ノ鵬かわいそう。やっぱり八百長はあるとか、協会は汚い』とか(の流れになると信じた)」「(若ノ鵬はX氏と会話した当初に)『協会を汚いと言ったら、どうして戻れる』と言った。彼は『親方衆がいるし、あなたを応援する人もいる』と言った。自分も『相撲に戻るには裁判だけじゃないですか』と言った。(するとX氏は)『違います。裁判では戻らない。2、3年かかれば、生活費もなくなる』と言った。私の考えがグチャグチャになっちゃった」

「X氏は『(八百長話をする決意を)急いで、急いで』『(相撲協会は)外国の人嫌い』とか言い、その話を信じた。だめだった」

--整理すると、ストーリーはX氏が全部つくったということか

「記者会見をやったときに、紙をつくり、私が読んで、『その後に裁判にでる』と言った。(その後に)Xさんは『もう出なくてもいいんですよ。まずは、そのことを言って、どんどん、相撲協会に変な親方がいなくなればすぐ戻れる』と言った。『お金のためかな』と思った」

--取材に当たって、週刊現代からお金をもらったことはあるか

「もらっていない。Xさんが(若ノ鵬に)お金を渡したけど、週刊現代からではない」

--Xさんからは、お金をもらったのか

「そうです。どこ(X氏の出資元)からかは分からない」

--週刊現代のインタビューの後か

「そうですね」

--いくらぐらいか

「250万円」

--現金そのものか

「最初は『生活費に困っている。風呂も入れない』と言って、100万円ぐらい。その後はロシアに送った」

--記事の内容はウソだというが、八百長はあるのか、ないのか

「ないです。週刊現代は悪くなかった。(虚偽証言が)私の口から出た。週刊現代はそのことを書いた。週刊現代に直接謝りたい。つらいですけど」

続きを読む "☆【元若ノ鵬会見詳報】(1)八百長話で250万円もらった (28日)"

| コメント (0)

☆栃木の小1女児殺害 発生から3年捜査難航(28日)

Banner_logo_051_5 栃木県今市市(現日光市)の小学1年、吉田有希ちゃん=当時(7)=殺害事件が、12月1日で未解決のまま発生から3年を迎える。犯人につながる有力な目撃や物証が少なく、栃木、茨城両県警の捜査は難航している。捜査本部は、有希ちゃんが連れ去られたとみられる日光市の現場周辺の聞き込みや、茨城県常陸大宮市の遺棄現場付近で目撃された宇都宮ナンバーの不審車両の捜査を重点的に行ってきた。有希ちゃんは平成17年12月1日、下校途中に自宅から約1キロ離れた三差路で同級生3人と別れた後、連れ去られたとみられる。翌2日、約80キロ離れた常陸大宮市の山林で遺体で見つかった。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/199829/

下校途中に殺害された吉田有希ちゃんの両親が手記

 栃木県今市市(現・日光市)で2005年12月1日、下校途中に連れ去られ、殺害された小学1年吉田有希ちゃん(当時7歳)の父正信さん(44)と母洋子さん(41)が28日、県警を通じて手記を公表した。 便せん2枚につづられた手記には、今なお癒えない喪失感や犯人への憤りが強くにじみ、「一日も早く人としての理性をとりもどし、願わくば有希の墓前で、すまなかったと詫びてほしい」と訴えている。県警は、事件発生から3年となる節目に合わせ、地元テレビやFM放送のコマーシャル枠で情報提供を求めるなど、事件の風化防止にも力を入れる。          ◇

 有希がお星さまになって3年の月日が流れようとしています。有希の命を奪った犯人は、今どこで、どんな生活をしているのでしょうか。刑事さんたちが、毎日、大変な思いで捜査を続けているにもかかわらず、何食わぬ顔で平然と生活しているのかと思うと、今また悔しさがこみ上げてきます。犯人は、わずか7歳だった有希の小さな胸を刃物で何度も刺したうえ、裸にして、厳寒の山の中に遺棄したのです。このような犯人を神様が許すはずがありません。私たちは、いつの日か必ず犯人は捕まると信じています。(中略) 今からでも遅くない。一日も早く人としての理性をとりもどし、願わくば有希の墓前で、すまなかったと詫びてほしいのです。それは有希のためでもあり、犯人自身のためでもあるからです。いずれにせよ、どんな形であっても幼い子供や何の罪のない人が犠牲になるような事件が二度と起きないことを願ってやみません。 吉田正信 洋子

(2008年11月28日21時22分  読売新聞)

| コメント (0)

☆懲戒処分は176人 7~9月の国家公務員(28日)

Banner_logo_051_4 人事院は28日、今年7~9月に懲戒処分を受けた国家公務員は、前年同期に比べ9人多い176人だったと発表した。処分の理由では、無断欠勤や勤務態度不良などの「一般服務」が51人で最多。うち40人は給与をもらいながら無許可で労働組合役員の活動に専念する「ヤミ専従」問題で社会保険庁から処分を受けた。このほか、万引などの「公務外非行」33人、省内で報告を怠るなどの「通常業務処理」29人などが多かった。処分内容の内訳は免職8人、停職28人、減給100人、戒告40人。省庁別では、社会保険庁が43人、厚生労働省が42人、法務省国税庁がともに17人など。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/199858/

| コメント (0)

☆2600万着服の行員を解雇 栃木銀行(28日)

Banner_logo_051_3 栃木銀行(宇都宮市)は28日、大田原支店の男性行員(28)が顧客7人から預かった計約2600万円を着服していたと発表した。同行は14日付で懲戒解雇とし、28日に詐欺容疑で栃木県警に告訴した。栃木銀行によると、元行員は、氏家支店と大田原支店に渉外担当で勤務していた平成16年3月から今年10月にかけて、金融商品購入のため顧客7人が預けた金を着服した。元行員が「一番やってはいけないことをしてしまった」と上司に相談して発覚した。「生活費や遊ぶ金、消費者金融からの借金返済に使った」と話しているという。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/199872/

| コメント (0)

☆日刊警察ニュース 2008年1128日

「パチンコ攻略法詐欺」撲滅ポスター作る

「パチンコ攻略法詐欺」撲滅ポスター作る

○…山形県米沢警察署は、激増している振り込め詐欺被害防止活動の一環として、実際にはありもしない「パチンコ攻略法」をうたい文句に金を騙しとる「パチンコ攻略法詐欺」の撲滅ポスター(写真)を制作し、同署で米沢遊技業協同組合との合同でポスター完成披露式を行った。
○…式では、大川隆雄署長、同組合理事長のあいさつに続き、ポスターの披露と同ポスターのイラストを作成した同署地域課・阿部静香巡査の紹介とあいさつが行われた。なお、同巡査の作品は先に開催された山形県警広報用写真・イラストコンクールのイラスト部門において最優秀賞を受賞している。
○…式終了後、同組合理事長から各店舗代表者にポスターが配布され、各代表者は自店の客から被害者を出さないよう広報啓発活動を積極的に展開することを誓った。パチンコ攻略法詐欺に関し注意を呼びかける広報啓発ポスターの作成は全国的にも初めて。http://www.police-ch.jp/news/

警視庁が「交通死亡事故の増加に伴う緊急対策」実施

~年末控え多発する死亡事故に歯止めを~

警視庁は「交通死亡事故の増加に伴う緊急対策」として28日まで、▽重大交通事故多発路線・交差点における交通違反等の指導取締り強化▽深夜、早朝における交通違反等の指導取締り強化▽各交通機動隊と各警察署との合同取締りの実施-など、街頭活動の強化をはじめとする対策を強化している。これから、年末にかけて重大交通事故が多発傾向にあることから、死亡事故に歯止めをかけることにしている。

| コメント (0)

☆新型エアガン4種、経産省が「拳銃」認定…1000丁流通(28日)

遊戯銃製造会社「タナカ」(東京都北区)が、本物の拳銃と同じ殺傷能力を持つ新しいタイプのエアガンを発売した問題で、経済産業省が、このタイプのエアガン4機種を、武器等製造法上の拳銃に当たると認定していたことがわかった。 同省によると、従来のエアガンは本体にガスを注入するが、このエアガンは薬きょうにガスを注入し、その圧力でプラスチック弾を発射する仕組み。同省は、このエアガンの構造は武器に当たると判断した。今年7月に発売され、約1000丁が流通している。同省は、同社が加盟する「日本遊戯銃協同組合」などに対し、このエアガンを持っている場合は警察に提出するように販売店や利用者に周知することを求めた。このエアガンを巡っては、警視庁が同社を銃刀法違反容疑で捜索し、捜査を進めている。

(2008年11月28日02時07分  読売新聞)

| コメント (0)

☆裁判員候補者への通知「29日以降に届きます」(28日)

Logo3_2 市民が刑事裁判に参加する裁判員制度が来年5月に始まるのに向けて、裁判員の候補者となる全国の約29万5千人への通知が28日、発送される。手元に届くのは29日以降の予定で、候補者からの問い合わせを受けるために最高裁が設けたコールセンターでは、本番直前の練習が繰り返されている。裁判員の候補者は想定される事件数を踏まえ、全国の自治体の有権者名簿から無作為に抽出され、選ばれた。裁判員事件を扱う地方裁判所と支部ごとにみると、最も届く確率が高いのは大阪地裁の211人に1人、最も低いのは秋田地裁の786人に1人。東海地方では、名古屋地裁が249人に1人、津地裁が251人に1人、岐阜地裁が499人に1人、静岡地裁が598人に1人などとなっている。来年5月21日の制度施行後は、対象となる事件ごとに数十人が候補者から選ばれ、裁判所での面接やくじなどを経て、裁判員が決まる。 東京・赤坂のコールセンターは29日から始動し、1月31日まで、日曜日と祝日、年末年始を除いては毎日、問い合わせや疑問に答える予定だ。27日に報道陣に公開されたコールセンターでは、オペレーター同士が、「なぜ、こういう通知が来たのか」「同封された調査票はどのように書けばいいのか」「辞退をしたいが、どういう場合に認められるのか」といった質問に答える練習を繰り返していた。(中井大助) http://www.asahi.com/national/update/1128/NGY200811280001.html

| コメント (0)

☆小泉容疑者、上京後5社ほど転職、最近2年はネットで株(28日)

Logo3 元厚生事務次官らへの連続殺傷事件で、出頭して銃刀法違反容疑で逮捕された小泉毅(たけし)容疑者(46)が大学中退後、東京都内のコンピューター関連会社に入社したが、うまくいかず退職するなど、これまでに5社ほど転職を繰り返していたことが警察当局への取材でわかった。最近2年ほどは定職につかず、自宅でインターネットによる株取引などをしていたとみられている。捜査関係者は、殺害されたさいたま市の山口剛彦さん(66)夫妻の自宅から小泉容疑者を示す遺留物が見つかったことを明かした。また、小泉容疑者は警視庁の調べに、「決起だから悔いはない」と供述しているという。警察当局などによると、小泉容疑者は佐賀大学の理工学部に進学したが単位が足りず、中退。知人の紹介で東京・新宿のコンピューター関連会社に就職したが、入社直後から仕事がうまくいかず、退職した。捜査関係者によると、小泉容疑者はエンジニアとしての自負があったが、要求されるレベルの仕事ができなかったという。結局、会社を5社ほど移り、履歴書では、このほとんどについて「願いにより退職」と書かれていたという。 捜査関係者によると、2年ほど前に会社を辞めた時点では、約1千万円の貯蓄があったという。その後は定職につかず、ネットで株取引をするようになった。 株取引では生活は成り立たず、赤字になっていたという。出頭した際の所持金は約8万8千円。金融機関3社ほどからも計数百万円の借金があった。このうち100万円は、会社員をしていた今から十数年前に、神奈川県内の金融機関から借り入れ、年利分を返しただけで元本は返済していないという。ここ数年は「収入がない」と申告しており、住民税は免除されていた。また、小泉容疑者がリサイクル店に処分した、さいたま市大宮区の住宅地図2冊には、約30のマンションに赤ペンで丸が書いてあった。埼玉県警はしるしを付けた理由についても今後調べる。 http://www.asahi.com/national/update/1128/TKY200811270336.html

| コメント (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺 (28日)6件

振り込め被害金、高校生に出金指南の男逮捕

Msn_s1_2  神奈川県警逗子署は27日、振り込め詐欺の被害金を現金自動預払機(ATM)から引き出したとして、窃盗容疑で住所不詳、アルバイト店員、木村輝明容疑者(25)を逮捕した。 逗子署によると、木村容疑者は被害金を引き出す方法を当時高校1年生の少年(18)=昨年11月に窃盗容疑で逮捕、保護観察中=に指南し、出金させていた。少年は「合計で7回、計約1500万円を引き出した」と供述。金は木村容疑者が受け取り、1回につき5000~5万円を少年に渡していたという。調べでは、木村容疑者らは昨年9月下旬、他人名義のキャッシュカードを使い、神奈川県相模原市のコンビニ3店のATMから3回にわたり、振り込め詐欺の被害金計約150万円を引き出した疑い。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081127/crm0811272313045-n1.htm

定額給付金装い不審電話 新手の振り込め詐欺か

Banner_logo_051_7 28日午前10時半ごろ、仙台市青葉区の女性宅に市職員を名乗る男の声で、定額給付金の給付を装った不審電話があった。被害はなかったが、宮城県警は新手の振り込め詐欺とみて注意を呼び掛けている。県警生活安全企画課によると、男は市民課の「オバタ」と名乗り「定額給付金の通知が届きましたか。期日が迫っている」と言って、スーパー内にある現金自動預払機ATM)コーナーで手続きするよう指示した。出掛ける直前、家族がおかしいと気付いた。他県でも定額給付金に関連した不審電話情報が寄せられているという。仙台市にも同日までに同様の情報が6件寄せられた。いずれも「フリーダイヤル0120(292)244に電話するように」と指示し、家族構成を聞くなどしたという。同市は「定額給付金の給付はまだ実施しておらず、市職員がATMに行くようお願いすることはない」としている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/199954/

振り込め防止で感謝状

News_pic1 振り込め詐欺の被害を防ぐため、ATM=現金自動預け払い機の周辺で携帯電話の使用を禁止するなどの対策を推進したとして県内の金融機関の団体に28日静岡県警察から感謝状が贈られました。感謝状が贈られたのは県銀行協会など県内の金融機関の4つの団体と静岡県労働金庫です。5つの団体などでは、▼ATM周辺で携帯電話を使うことを全国に先駆けて禁止したほか、▼窓口で積極的に被害防止を呼びかけるなどの活動をしていることが評価されました。県内で警察に届け出のあった振り込め詐欺の被害は、今年は27日までに461件、被害総額は5億9000万余りにのぼっています。http://www.nhk.or.jp/shizuoka/lnews/04.html

続きを読む "★日本列島 本日の振り込め詐欺 (28日)6件"

| コメント (0)

☆アメ横暴力団元幹部射殺事件で組幹部ら逮捕(28日)

Msn_s1 東京・上野の商店街「アメ横」の路上で昨年10月、指定暴力団山口組山健組系の中西真一元幹部=当時(42)=が射殺された事件で、警視庁組織犯罪対策4課は27日、殺人容疑で山健組系組長の福富弘容疑者(62)ら4人を逮捕した。中西元幹部は昨年9月、福富容疑者の組から破門されており、警視庁は山健組内部のトラブルが背景にあったとみて追及する。事件は昨年10月14日午前10時55分ごろに発生。東京都台東区のJR御徒町駅近くのアメヤ横丁路上を歩いていた中西元幹部が背後から3発の銃弾を受け、まもなく死亡した。現場から男3~4人が逃走するのが目撃されており、その後の調べで福富容疑者らが事件に関与している疑いが浮上した。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081128/crm0811280108001-n1.htm

| コメント (0)

☆津田さん殺害で捜査へ=インド同時テロで国外犯規定適用-警視庁

Top_header_logo1 インド西部の都市ムンバイで起きた同時多発テロ事件で、警視庁は27日、死亡した三井丸紅液化ガス社員津田尚志さん(38)について、刑法の国外犯規定を適用し、殺人容疑で捜査する方針を固めた。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081128-00000009-jij-soci 

【ムンバイ同時テロ】宗教抗争への報復か 背後にパキスタンのイスラム過激派の影も

11月27日19時3分配信 産経新聞

 【シンガポール=宮野弘之】インド・ムンバイで起きた同時テロは、自動小銃や手投げ弾で武装した多数のテロリストがわずかな時間のうちにホテルなどを占拠しており、「軍隊並みの訓練を受けた組織による計画的犯行」(地元警察)とみられる。さらに外国人を狙っていることから、犯行声明を出した「デカン・ムジャヒディン」の実体は、首都ニューデリーやジャイプールで爆弾テロを起こしているイスラム過激派のインディアン・ムジャヒディンだとする見方が強まっている。デカン・ムジャヒディンの存在は、ニューデリーでインド周辺のテロ組織を調べている紛争管理センターでも確認していない。ただ、地元メディアによると、立てこもっている犯行グループは、「インド国内のイスラム教徒を迫害してきたことへの報復だ」としており、インディアン・ムジャヒディンが行ってきた主張と全く同じだ。
 同組織は非合法組織のインド学生イスラム組織が母体で、7月のアーメダバードや9月のニューデリーでの同時爆弾テロを認めている。犯行声明で、一連のテロは2002年にグジャラート州で起きたヒンズー教徒との抗争でイスラム教徒約3000人が殺されたことへの報復だとしていた。さらに、今年9月に地元メディアに送ったメールでは、ムンバイ警察の反テロ部隊が行った取り締まりを非難し、特に今回、テロリストに殺害された同部隊の隊長を名指しで批判していた。ただ、インディアン・ムジャヒディン自体が、パキスタンに根拠を置くイスラム過激派の支援を受けているとされ、ニューデリーの事件後、射殺されたリーダーの1人も何者かから資金援助を受けていたとされる。特に、カシミール地方のインドからの分離独立を主張するテロ組織「ラシュカレトイバ」との関係も指摘される。ラシュカレトイバは、以前から国際テロ組織アルカーイダとのつながりが指摘され、パキスタンのムシャラフ前大統領が、米国の要請を受けて取り締まり姿勢を強めて以降、インド国内への浸透をはかっていた。 今回は、過去にインドで起きた連続テロと異なる部分もある。これまでは外国人の観光客やビジネス客が多い都市や場所を狙って爆弾を仕掛けても犯人らは逃走していた。それが今回はムンバイに数多くあるホテルのうち海外からの宿泊客が多い最高級ホテル2つを選んで襲撃。さらに米国人と英国人を特定して人質にとっている。一方で、犯人らはホテルを襲うと同時に、地元市民で混み合う駅構内で、自動小銃を無差別に乱射したり、病院を襲撃したりしており、ここまで大規模な同時テロを行った動機は今ひとつ不透明だ。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081127-00000582-san-int

続きを読む "☆津田さん殺害で捜査へ=インド同時テロで国外犯規定適用-警視庁"

| コメント (0)

☆仲介から親代わりまで…偽装結婚ブローカーら7人逮捕 警視庁(28日)

Banner_logo_051_2 韓国人ホステスと日本人の男を偽装結婚させたとして、警視庁組織犯罪対策1課が電磁的公正証書原本不実記録などの疑いで、日本人ブローカーの男女3人と、偽装結婚した男女2組の計7人を逮捕していたことが27日、分かった。ブローカーの男は仲介だけでなく偽装夫婦の“父親役”も務め、生活実態があるよう装うため「役所に提出した住所に2人で出入りしておけ」などと具体的指南までしていた。捜査関係者は「ブローカーは偽装結婚の相手を探して紹介した時点で報酬をもらって終わりのケースが多く、ここまで具体的な指示を出すケースは珍しい」と話している。警視庁は約70組を偽装結婚させ、約1000万円の利得を得たとみて調べている。逮捕されたのは、東京都葛飾区、無職、小林勝吉(64)や江東区、経営コンサルタント、有馬美奈子(37)らブローカー3被告=同罪で起訴=と、偽装結婚した茨城県土浦市、俳優の元付き人、塚本孝容疑者(47)ら男2人と韓国人ホステス2人。 小林被告は東京・赤坂の韓国クラブなどで偽装結婚を希望する韓国人の女を募集。相場(200万~250万円)より安い150万円で韓国クラブのママから依頼を受け、「安く引き受けてくれるブローカー」として有名だったという。小林被告は婚姻届や入管に出す申請書類に、さまざまな名前を使い分けて韓国人の女の父親を装い、保証人を務めていた。このため、入管からの呼び出し連絡はすべて小林被告に入る仕組みにしていたが、複数の夫婦の保証人の電話番号がすべて同じだったことから不審に思った入管が警視庁に連絡、偽装結婚が発覚した。小林被告は偽装夫婦に生活実態があるよう装うため、「書類にある住所に2人で出入りしておくこと」「その際、服は2着以上持って行き、出るときは服を替えること」など具体的に指南していた。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/199627/

| コメント (0)

☆【舞鶴高1少女殺害】弁護人の準抗告棄却 28日朝から捜索へ(28日)

Banner_logo_051 京都府舞鶴市の府立高校1年、小杉美穂さん=当時(15)=殺害事件で、舞鶴署捜査本部が殺人、死体遺棄容疑で遺体発見現場近くに住む無職の男(60)=別の窃盗罪で起訴、勾留中=の自宅への家宅捜索を行おうとしたのに対し、男の弁護人が捜索令状の取り消しを求めた準抗告について、京都地裁は27日、申し立ての棄却を決定した。弁護人は即日、特別抗告を申し立てたが、執行停止の効力はないため、捜査本部は28日朝から捜索する方針を決定。捜索には弁護人の立ち会いを認めるという。家宅捜索が準抗告により直前に延期されるという異例の展開は、捜査側が特別抗告の行方にかかわらず捜索を強行するという、さらに異例の事態へと至る見通しとなった。捜査本部は当初、27日朝から捜索を行う予定だったが、弁護人が26日夜に準抗告を申し立てたため、いったん見合わせた。弁護人はさらに、家宅捜索が実施される場合でも弁護人を立ち会わせるよう府警などに求めるとともに、地裁舞鶴支部には押収物の証拠保全を申請。対象物として、凶器となり得るもののほか、体毛などの微物も含めており、捜査手法について「窃盗容疑で逮捕された段階で捜索が行われており、(殺人、死体遺棄容疑での再捜索は)明らかに不自然」と強く批判した。 ただ、特別抗告の申し立て段階では捜索の執行を停止させる強制力はなく、捜査本部は、抗告の行方にかかわらず捜索を行う方針を固めた。ある府警幹部は「最終的に許可を得て捜索、検証ができるのであれば、捜査上本質的な影響はない」と指摘した。一方、弁護人は27日夜、男と接見。男の様子について「健康上特段の問題はなく調べへの不満も特には漏らしていない」と話した。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/199628/

| コメント (0)

☆ミクシィ、門戸広げる 招待なしでも利用可能に(29日)

Logo3_4 ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)最大手のミクシィが利用の門戸を広げる。既存会員の招待なしでも利用できる登録制を09年春に開始。年齢制限の下限を18歳以上から15歳以上にする(機能は制限)。現在の利用者は約1500万人で10~20歳代が中心。 http://www.asahi.com/national/update/1127/TKY200811270280.html

| コメント (0)

☆ひき逃げ容疑で歌手を逮捕 福島県警(28日)

Msn_s1_3 福島県警郡山署は27日、自宅近くの市道で車を運転中に自転車と衝突し、女性に軽傷を負わせたまま逃走したとして、道交法違反(ひき逃げ)と自動車運転過失傷害の容疑で、郡山市虎丸町の歌手、緑川勝之容疑者(28)を逮捕した。「怖くなって逃げた」と容疑を認めているという。調べでは、緑川容疑者は26日午後2時半ごろ、信号機のない丁字路交差点を左折しようとして左側から来た自転車と衝突、同市の無職女性(71)に胸を打つなどの軽傷を負わせ、逃げた疑い。捜査中の同署員が現場近くの緑川容疑者宅の駐車場に不審な傷がある乗用車を見つけた。同署などによると、緑川容疑者は「ジプシーニコ」の名前で福島県を中心に歌手活動をしている。http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/081127/dst0811271442001-n1.htm

| コメント (0)

☆<酸化マグネシウム>便秘薬など副作用15件、うち2人死亡(28日)

Logo_mainichi1_2 便秘や胃炎に広く使われている医療用医薬品「酸化マグネシウム」の服用が原因とみられる副作用報告が05年4月~今年8月に15件あり、うち2人が死亡していたことが、厚生労働省のまとめで分かった。高齢者に長期間処方しているケースも多いことから、厚労省は血液中のマグネシウム濃度の測定など十分な観察をするよう、製薬会社に使用上の注意の改訂を指示した。酸化マグネシウムは腸の中に水分を引き寄せて腸の運動や排便を助ける効果があり、各製薬会社の推計使用者は年間延べ約4500万人に上る。15件の副作用は、服用が原因で意識障害や血圧低下などにつながった可能性が否定できないケースで、全員が入院した。このうち認知症などの病気を持ち、他の薬と併用して長期投与を受けていた80代の女性と70代の男性が、ショック症状などを起こし死亡した。15人中13人は、服用を半年以上続けていたとみられる。酸化マグネシウムは薬局で買える市販薬にもある。厚労省はこの成分を含む製品を副作用の危険が最も低い3類から、薬剤師らに情報提供の努力義務が課せられる2類に引き上げることを決めた。市販薬での副作用報告は今のところないという。【清水健二】http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081127-00000079-mai-soci

| コメント (0)

« 2008年11月27日 | トップページ | 2008年11月29日 »