« 2008年11月26日 | トップページ | 2008年11月28日 »

2008年11月27日

2008年11月27日 (木)

☆東京・葛飾区の都営アパートで女性が刺され重傷 「刺した」と通報した男が行方不明(27日)

Logo1 東京・葛飾区の都営アパートで、女性が刺されて重傷を負い、この部屋に住む男性の所在がわからなくなっていることから、警視庁は、何らかの事情を知っているとみて、行方を捜している。27日午前8時半すぎ、葛飾区西新小岩の都営アパートの一室から、男の声で「友人の女性を刺した」との通報があった。警察官が駆けつけたところ、部屋の台所で、60代とみられる女性が首などを刺されて倒れていて、病院に運ばれたが、重傷となっている。目撃者は「女性がストレッチャーで運ばれていた。(首や腕が)血だらけだった」と語った。通報したのは、この部屋に住む「金子」と名乗る男で、所在がわからなくなっていることから、警視庁は、何らかの事情を知っているとみて行方を捜している。http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00144860.html

| コメント (0)

☆千葉の保険金詐欺団 逮捕者39人に(27日)

Msn_s1 交通事故を装って保険金約900万円をだまし取ったとして、千葉県警は27日までに詐欺の疑いで、食品加工業高橋智也容疑者(34)=同県鎌ケ谷市=らいずれも30代の男女7人を逮捕した。同じグループのメンバーによる保険金詐欺が相次いでおり、これで逮捕者は計39人に上る。このグループは事故のたびに460万~1200万円をだまし取っており、被害総額は1億円を超えるという。事件ごとに元暴走族仲間や知人からメンバーを募り保険金を分けていた。調べでは、高橋容疑者らは平成16年2月29日、同県四街道市の路上で高橋容疑者の車が同市の建築業久保田滋之容疑者(38)の車に追突した事故を偽装、保険会社から治療費などとして約900万円をだまし取った疑い。県警は同乗者計4人と調整役の1人も逮捕。「遊ぶ金がほしかった」と容疑を認めているという。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081127/crm0811271848032-n1.htm

| コメント (0)

★「調査の結果ばらす」 探偵装い女性に乱暴の男逮捕(27日)

Banner_logo_051_7 秋田中央署は27日、探偵を装って女性を脅し、乱暴したとして、強姦(ごうかん)容疑で仙台市太白区金剛沢の会社員、原田昭彦容疑者(47)を逮捕した。容疑を否認しているという。 調べでは、原田容疑者は20日夜、秋田市内の大型ショッピングセンターの駐車場で、探偵を装って秋田市の女性会社員(22)に「素行調査の結果をばらす」などと言って脅し、女性の軽乗用車を市内の雄物川の河川敷まで運転させ、車内で乱暴した疑い。 秋田中央署によると、原田容疑者は書籍の営業のため秋田市に来ていたという。 秋田市では、6月にも探偵を名乗って女性に声を掛ける男がおり、被害はなかったが、同署は関連を調べている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/199488/

続きを読む "★「調査の結果ばらす」 探偵装い女性に乱暴の男逮捕(27日)"

| コメント (2)

☆旧五菱会系のヤミ金収益29億円、被害者へ分配進まず(27日)

指定暴力団山口組旧五菱会系のヤミ金融グループによるマネーロンダリング(資金洗浄)事件で、スイス当局から日本政府に返還された犯罪収益約29億円を被害者に分配する手続きが思うように進んでいない 東京地検に返還金の給付を申請した被害者は26日現在で1241人にとどまり、同地検が被害者の可能性があるとみる約3万7000人よりはるかに少ない。申請期間はあと2か月しかなく、多くの人が被害回復の機会を失う懸念もある。27日、東京・霞が関にある東京地検の「五菱会事件被害回復センター」を、全国ヤミ金融対策会議の弁護士らが訪れ、相談を受けた被害者20人分の給付申請書を担当者に手渡した。 その後、同会議事務局長の木村裕二弁護士は「訴訟を起こすのに比べ、簡単に被害金を取り戻せる」と強調し、名乗り出ていない被害者にも申請を呼びかけることを表明した。同地検が被害者に分配するのは、「ヤミ金融の帝王」と呼ばれた梶山進受刑者(59)が集め、資金洗浄目的でスイスの銀行に送金したヤミ金収益。2004年にスイス当局が約58億円を没収し、今年5月に半額が返還された。06年施行の被害回復給付金支給法の初適用を受、今年7月末から半年以内に被害者が申請すれば、書類審査を経て返還金から被害額分が給付される。ところが、申請は低調だ。同地検は7月以降、ヤミ金業者の顧客名簿などから割り出した約3万7000人に「支給対象になる可能性がある」との通知を送ったが、約2万人があて先不明で返送された。約1万7000人には届いたとみられるが、申請した人はその1割にも満たず、法務省幹部は「『ヤミ金の被害は忘れたい』と、申請をためらう被害者も多いのではないか」と推測する。事件から約5年が経過し、全国ヤミ金融対策会議には「被害金額が分かる明細を捨ててしまった」という相談も寄せられている。申請の期限は来年1月26日で、申請が少ないままだと返還金が余って国庫に入り、被害者のために使えなくなる恐れもある。同地検は「明細がなくても記憶を基に被害を認定できる場合もあるので、あきらめずに申請してほしい」としている。

(2008年11月27日14時47分  読売新聞)

| コメント (0)

☆舞鶴・女子高生殺害、家宅捜索見送り 弁護人の準抗告で(27日)

Logo3_3 京都府舞鶴市で今年5月、同府立東舞鶴高校浮島分校1年の小杉美穂さん(当時15)が殺害された事件で、小杉さんと事件当夜に一緒にいた可能性があるとして、自宅の家宅捜索が予定されていた無職の男(60)の弁護人が26日夜、家宅捜索を認めた京都地裁舞鶴支部に対し、令状の取り消しなどを求める準抗告を申し立てた。府警舞鶴署捜査本部はこれを受けて27日午前に予定していた捜索着手を見送った。捜索着手前の不服申し立ては珍しい。 男は市内の民家から女性の下着を盗み、神社のさい銭箱から現金約2千円を盗んだ疑いで今月15日に逮捕され、京都地検舞鶴支部が同26日に窃盗罪で起訴した。逮捕直後に京都弁護士会が弁護人を派遣していた。弁護人は27日、報道陣の取材に応じ、殺人や死体遺棄容疑についても男から弁護活動を引き受けたことを明らかにし、「窃盗容疑で一度家宅捜索を受けており、再度やるのはおかしい。窃盗罪で起訴され勾留(こうりゅう)されており、殺害事件について強制的な取り調べが行われることを懸念している。無理な取り調べがあれば異議を申し立てたい」と話した。地裁側は今後、申し立てについて裁判官3人による合議で判断する。棄却されれば、捜査本部は捜索に着手することになる。捜査本部は、防犯ビデオに事件当夜、小杉さんとともに映っていた人物と体つきなどが似たこの男の自宅を27、28の両日、殺人、死体遺棄容疑で捜索する予定だった。ただ、男が殺害や遺体遺棄に関与したことを示す証言や物証は見つかっていない。男の自宅は遺体発見現場近くにある。 http://www.asahi.com/national/update/1127/OSK200811270023.html

| コメント (0)

☆来週中にも警備体制の見直し案 元次官宅連続襲撃で政府(27日)

Logo3_2 元厚生事務次官宅が相次いで襲われた事件を受け、政府は27日の副大臣会議で、各省庁のOBを含む幹部職員ら要人の警備体制を見直し、強化する方針で一致した。来週中にも見直し案をまとめる。会議では、警察による警備と各省庁の自主的な警備のあり方などを協議。冒頭、河村官房長官は「(容疑者は)第3、第4(の犯行)を考えていたが、警備体制がああいう風(=強化)になって自首してきたと報じられている。日頃から体制をきちっと取っていくことが大事なことだ」とあいさつした。今回の事件の容疑者が、次官経験者の住所を「国立国会図書館で職員録を閲覧して調べた」などと供述していることから、職員らの安全確保に加え、情報公開のあり方も検討するとみられる。http://www.asahi.com/national/update/1127/TKY200811270242.html

| コメント (0)

☆ネットバンク使い勤務先口座から125万円詐取 元事務員を逮捕(27日)

Banner_logo_051_5 札幌・白石署は27日、インターネットバンキングのシステムを使って勤務先の事務所の銀行口座から約125万円をだまし取ったとして、電子計算機使用詐欺容疑で札幌市中央区南一四条西、アルバイト従業員、阿部記代士容疑者(36)を逮捕した。口座からはほかに約2100万円が使途不明となっており、同署は阿部容疑者の犯行とみて追及している。調べでは、阿部容疑者は平成16年3-6月、インターネットバンキングを使い、事務所の口座から自分の口座や消費者金融に計約125万円を入金した疑い。阿部容疑者は元経理担当事務員で、口座のIDやパスワードを知っていたという。今年5月に不正が発覚し、会社側は業務上横領容疑で告訴するとともに阿部容疑者を解雇していた。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/199503/

| コメント (0)

☆東北高野球部員8人を家裁送致 部内暴力(27日)

Banner_logo_051_4 甲子園常連校の東北高校(仙台市)野球部内で暴力行為があった問題で、仙台地検は27日、暴行と傷害の非行事実で2年生部員8人を仙台家裁に送致した。地検は部員のプライバシーなどの理由で処遇意見書の内容を明らかにしていない。非行事実によると、2年生部員7人は9月13日、同学年の男子部員ら3人に対し、態度が悪いとしてグラウンドで殴るけるなどの暴行を加えた。さらに別の2年生部員1人は部室で、暴行された部員の1人を殴るなどした。日本学生野球協会は今月25日、この問題で東北高を6カ月の対外試合禁止処分とした。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/199510/

| コメント (0)

☆女性はPCよりケータイ 10代の6割がSNS利用(27日)

Banner_logo_051_3 住宅・不動産情報ポータルサイト「HOME’S」などを運営するネクストがこのほど、関東・関西圏在住のモバイルユーザーを対象にブログやコミュニティサイトに関する利用実態を調査したところ、携帯電話派がパソコン派をやや上回り、年齢別では10代の6割が携帯でSNSを利用していることがわかった。調査は過去3カ月以内に携帯サイトを利用したことのある18~39歳の男女2100人を対象に、モバイルインターネット形式で実施された。携帯サイトの1日の利用頻度は、「30分以下」が28.0%、「1時間程度」が32.4%、「2時間以上」は31.7%で、6割超が「1日1時間以上」と回答した。ちょっとした“隙間時間”を楽しむツールとして携帯サイトはすっかり定着しているようだ。過去3カ月以内で利用した携帯サイトは、「天気予報・ニュース・スポーツ 」(79.0%)が最も多く、「交通情報・乗り換え案内」(68.7%)、「着うた・着ムービーなどのダウンロード」(65.0%)と続いた。男女差が顕著に現れたのは「占い」サイトで、女性の利用率は男性の倍近い高さだった。恋愛や相性などに関して敏感な女性ならではといえそうだ。またSNSやブログ、エンターテイメント系サイトは若い層ほど利用率が高かった。「携帯とパソコンのどちらの利用頻度が多いか」を聞いたところ、パソコン(39.8%)よりも携帯(44.4%)での利用がやや上回った。また、男女別では女性のほうが携帯を好む傾向が強かった。年齢別では10代が6割、20代前半が5割、20代後半以上でも3~4割が携帯でSNSを利用していた。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/199468

| コメント (0)

☆病院事務長ら詐欺で逮捕へ(27日)

News_pic1 静岡県東伊豆町にある病院の事務長らが看護職員の数を水増しするうその届出を国にしたとして逮捕された事件で、水増しによって事務長ら3人が診療報酬、千数百万円を不正に受け取っていた疑いが強まり、警察は27日にも詐欺の疑いで3人を逮捕する方針です。この事件は東伊豆町にある病院、静和病院が、おととしと去年、看護職員の数を実際よりも水増しするうその届出を国にしたとして、病院の事務長の水谷信子容疑者(74)ら2人が、健康保険法違反の疑いで逮捕されたものです。警察のその後の調べで、こうした職員数の水増しは、診療報酬を不正に多く受け取る狙いがあったことが新たにわかりました。警察では、不正には水谷事務長とその部下の男女の合わせて3人が中心的にかかわっていたと見て、国などで作る「診療報酬支払基金」などからおととし4月、診療報酬、千数百万円をだまし取った詐欺の疑いで27日にも水谷事務長を再逮捕するとともに部下の男女2人を新たに逮捕する方針です。警察は、不正な診療報酬の請求は長年続けられていたと見て、今後、病院の理事長でもある69歳の院長が不正にかかわっていなかったかなど、事件の実態解明を進めることにしています。http://www.nhk.or.jp/shizuoka/lnews/01.html

| コメント (0)

★舞鶴女子高生殺害:近所付き合いほとんどなし 60歳の男(27日)

Logo_mainichi1 舞鶴女子高生殺害事件で捜査本部が27日に家宅捜索する無職男(60)が1人で暮らす自宅は、小杉美穂さん(当時15歳)の遺体が見つかった川沿いの雑木林から東約400メートルの所にある。近くの住民らによると、男は約20年前から現在の家に住んでいるという。舞鶴市内の民家の物干し場から女性用下着を盗んだなどとして逮捕されたのが今月15日。関係者によると、容疑を否認したまま、26日に起訴されたが、調べには落ち着いた様子で応対したという。近所付き合いはほとんどなかったというが、今年9月によく通っていた飲食店の女性に「わし、誰かにつけられているかも」と話していたという。http://mainichi.jp/select/today/news/20081127k0000m040117000c.html

舞鶴女子高生殺害:物証徹底的に捜索 有力情報なく

 小杉美穂さん(当時15歳)の殺害事件で、京都府警は舞鶴署に捜査本部を設置し、52人態勢で事件の解明に当たっている。深夜に1人で出掛けた少女が事件に巻き込まれたことから、当初は顔見知りによる犯行説が有力視された。捜査本部は美穂さんの携帯電話の通話やメールの記録などから交友関係を中心に捜査を進めたが、有力な情報はなかったという。一方で、捜査本部は現場周辺の不審者の洗い出しも進めてきた。また、遺体発見から1カ月たたない5月28日には、美穂さんが当時、着ていたのと同様の衣類を公開。6月3日には、美穂さんが自転車の男と一緒に歩く防犯カメラの映像を公開するなどし、不審者情報の提供を呼びかけてきた。捜査本部はこれまでの捜査状況について、遺体などから犯人のものとみられるDNAは検出されず、目撃情報についても、年齢などを絞り込む有力なものはない、としている。また、美穂さんの交友関係にも、不審な人物は浮かばなかったという。その中で今回、現場近くの男の自宅を家宅捜索する方針を固めたのは、防犯ビデオの男とこの男がよく似ていることや、事件当時、美穂さんが歩いたとみられる道路沿いの店で酒を飲んでいたことなど、総合的な状況からだったという。男は今月15日に窃盗容疑で逮捕され、自宅も同容疑で捜索を受けているが、捜査本部は美穂さん殺害につながる物証がないか、徹底的に調べることにしている。http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081127k0000m040104000c.html

続きを読む "★舞鶴女子高生殺害:近所付き合いほとんどなし 60歳の男(27日)"

| コメント (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺 (27日日10件

ATMでの携帯、音と光でストップ 学生開発の新装置

Logo3  ものつくり大学(埼玉県行田市)の学生が、現金自動出入機近くで携帯電話を使うと点灯し、「電話をお切りください」と話すボックス=写真を作った。振り込Tky2008112603371 め詐欺防止に生かそうと県警が開発を依頼。携帯の電波に反応して光るストラップをヒントにした。文庫本サイズで1メートルの範囲で発着信に反応する。 同様の市販品もあるが価格は5万円以上。学生作は4千円程度で、部品は東京・秋葉原で買える。学生に報酬は振り込まれないが、県警から感謝状が渡された。 http://www.asahi.com/national/update/1126/TKY200811260270.html

振り込め詐欺の「運び屋」経験=バイク便業者2割が“被害”-総務省 (時事通信)

Top_header_logo1 バイクで手紙や荷物を届ける事業者の2割強が振り込め詐欺の「運び屋」として利用されていた-。総務省が27日まとめた調査で、振り込め詐欺が巧妙化し、現金の受け渡しにバイク便を使っている実態が明らかになった。調査を踏まえて同省は、犯罪の手口や不審なあて先のリストをバイク便業者に配布して差出人に周知するよう求めたほか、駅前や路上、私設私書箱など不審なあて先に現金の入った荷物を運ばないよう呼び掛けている。[時事通信社http://news.www.infoseek.co.jp/jiji/politics/story/081127jijiX869/

警察庁、振り込め詐欺対策で全国会議

Banner_logo_051_6 警察庁は27日、全国の警察の振り込め詐欺担当幹部を集めた会議を東京都内で開いた。安藤隆春次長は、定額給付金の口座振り込みの際に懸念される新たな還付金詐欺や、経済情勢の悪化で増加が見込まれる融資保証金詐欺への警戒を強めるよう指示した。 同庁によると、被害撲滅月間とした10月には現金自動預払機ATM)への張り付け警戒などにより被害半減の目標をほぼ達成。一方、郵便小包などATMを介さない送金方法が増えており、巧妙に手口を変える詐欺グループの先手を打って封じ込めることを求めた。 会議に先立ち、警察庁は不正口座監視システムを導入した愛知県の名古屋銀行や、振り込み機能がないキャッシュカードを設けた静岡県の掛川信用金庫など6つの金融機関に感謝状を贈った。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/199517/

振り込め詐欺の主犯を逮捕

News_pic1_2弁護士などを名乗って埼玉県の66歳の女性に「息子さんが逮捕され保釈金が必要だ」などと電話をかけ、現金300万円を振り込ませてだまし取ったとして、詐欺グループの主犯格の男が神奈川県警察本部に26日逮捕されました。警察はこのグループによる被害が7000万円に上るとみて調べています。逮捕されたのは、福島県双葉町の北川明寛容疑者(30)です。警察の調べによりますと、北川容疑者は去年11月、グループのメンバーと共謀し、警察官や弁護士を名乗って埼玉県内の66歳の女性に「息子さんが女性を盗撮して逮捕された。慰謝料や保釈金が必要だ」などと電話をかけて現金300万円を振り込ませ、だまし取ったとして詐欺の疑いが持たれています。北川容疑者は調べに対して容疑を否認しているということです。この事件では、現金の引き出し役や騙し役として男6人が逮捕され、その供述から北川容疑者が携帯電話や口座、電話をかける際のマニュアルを用意していた疑いが強まりました。北川容疑者は駅に置いてある無料のタウン誌に「やる気があれば収入アップ」などと広告を掲載し、面接を行ってメンバーを集めていたということです。このグループによる被害は東京や神奈川県などでおよそ40件、7000万円に上り、北川容疑者はだまし取った金の30%を受け取っていたとみられ、警察は詳しい実態を調べています。http://www.nhk.or.jp/yokohama/lnews/01.html

続きを読む "★日本列島 本日の振り込め詐欺 (27日日10件"

| コメント (0)

☆「飼い犬殺した厚生省」実は筋違いだった…小泉容疑者「えっ」(27日)

元厚生次官宅襲撃事件で、銃刀法違反容疑で逮捕された無職小泉毅容疑者(46)が捜査当局の取り調べで、「保健所に殺された犬の仇(あだ)討ちが襲撃の動機だった」とする供述に対し、保健所の所管は厚生労働省ではないと取調官に指摘され、「えっ」と絶句していたことがわかった。保健所を運営しているのが都道府県や政令市だという事実を「知らなかった」とも話しているという。警視庁と埼玉県警は、小泉容疑者が「自分の飼い犬を殺したのは厚生省」と思い込んだまま、一方的な憎悪を募らせたとみて調べている。捜査関係者によると、小泉容疑者は22日夜に東京・霞が関の警視庁に出頭した直後から、「自分の犬を殺したのは、保健所であり厚生省。自分は犬の敵(かたき)を討つために生きてきた」などという供述を繰り返している。出頭翌日の23日に山口県柳井市の実家に届いた手紙の中でも、「1974年4月に保健所にチロが殺された。その敵を討った」などとつづり、犬の処分の日付や曜日も書き込んでいた。こうした小泉容疑者の主張について、取調官が「あなたの言っていることは筋違いではないか」と指摘すると、それまで「官僚は悪い」などと冗舌に話していた小泉容疑者は「えっ」と驚いた様子で、言葉に詰まったという。実際、ペットの処分を規定する動物愛護法を所管するのは環境省で、保健所を設置しているのは、都道府県や政令市などの地方自治体。厚生労働省(旧厚生省)は狂犬病予防法を所管するだけで、犬や猫の処分は保健所の判断に委ねられている。 同庁と同県警は、小泉容疑者が事実に反した思い込みから一方的な恨みを抱くようになったことが、山口剛彦さん(66)夫妻の殺害や、吉原健二さん(76)の妻靖子さん(72)の襲撃につながったとみている。ただ、少年時代に飼い犬が処分されたという事実と、「歴代厚生次官ら10人ぐらいを襲おうと考えていた」という供述に大きなギャップがあるため、ほかにも動機がないか取り調べを続けている。

読売新聞最終更新:11月27日3時5分

「警視庁なら目立つ」小泉容疑者、出頭先の選択理由を供述

2008年11月27日03時05分  読売新聞)

続きを読む "☆「飼い犬殺した厚生省」実は筋違いだった…小泉容疑者「えっ」(27日)"

| コメント (0)

☆オウム被害者給付金裁定へ警察庁が資料提供(27日)

Banner_logo_051_2 オウム犯罪被害者救済法が12月18日に施行し、手続きが始まるのを受け、警察庁は26日、給付金支給の可否を裁定する基礎情報となる被害者に関する資料を、全国の38都道府県公安委員会に提供したと発表した。同庁が把握している被害者は約6600人に上り、今月28日には制度についての案内文やパンフレットなどを個別に郵送。死亡した被害者の遺族と、障害が残った被害者には都道府県警察の係官が個別に訪問し、申請手続きについて説明する方針。 警察庁が破産管財人の資料や捜査記録などを基にまとめたところ、これまでに25人が死亡、19人に障害が残っている。被害者の数は、東京が死者4人を含む約3100人で最も多い。申請は全国の警察本部で法施行から原則2年間受け付ける。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/199278/

| コメント (0)

☆田口八重子さんを回想 金賢姫元工作員の手紙 ネットで公開(27日)

Banner_logo_051 韓国の李東馥元国会議員は26日までに、大韓航空機爆破事件の実行犯、北朝鮮の金賢姫・元工作員が同氏に送ったとする手紙をインターネット上で公開した。金元工作員に日本語を教えたとされる拉致被害者、田口八重子さんを回想する記述も含まれている。 手紙は「彼女(田口さん)は招待所の窓の外を眺め、幼い2人の子供に会いたいと泣いていた」と回想。何年か前に日本のテレビで田口さんの長男の飯塚耕一郎さんを見たとし、「大きな目がよく似ている。私に会って話を聞きたいと言っていたが、そうできない私の現実が残念です」などとつづっている。(共同)http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/199223

金賢姫元死刑囚「謀略説に苦悩」の書簡 “親北”盧政権を批判

11/25 22:21更新

 【ソウル=黒田勝弘】北朝鮮の女性元工作員で大韓航空(KAL)機爆破テロ事件の犯人・金賢姫(キム・ヒョンヒ)・元死刑囚が、親北・左翼的だった盧武鉉前政権時代、情報機関の協力の下でテレビ各局などが繰り広げた”KAL機事件謀略説”に対し抗議と怒りの書簡を発表し話題になっている。書簡は人権団体の李東○・北韓民主化フォーラム代表に送られてきたもので、金賢姫の対外的な訴えは初めてだ。書簡は彼女が北朝鮮で受けた工作員教育の際、日本語を教えてもらったという田口八重子さん(北朝鮮では李恩恵)について「彼女の存在と彼女が拉致日本人だったことは北朝鮮も認めているではないか」とし、謀略説とそれに便乗した政府機関、親北・左派勢力のでたらめさをあらためて非難している。謀略説というのは「事件は韓国当局がデッチ上げた自作自演で北朝鮮は関係ない。金賢姫はニセ者」というもので事件当時、北朝鮮当局や在日朝鮮総連、日本の親北・左翼系などによって流布された。国際的には「北朝鮮のいつものでたらめ宣伝」としてほとんど相手にされなかったが、社会的に親北・左派勢力が幅を利かした前政権時代になって「過去史真相究明委員会」など政府機関やマスコミなどで大まじめに取り上げられ、執拗(しつよう)に”金賢姫追及”が行われた。金賢姫がとくに問題にしているのは、確実な捜査結果や彼女の自供内容は紹介せず「金賢姫とは何者か」「16年間の疑惑と真実」「金賢姫の疑問の足跡」など題して一方的に謀略論をあおったテレビ各社。しかも彼女を管理していた情報機関の国家情報院は、偏向報道に利用されることを知りながら彼女に対しテレビ出演やインタビューをしきりに勧めたという。これまで彼女の住所は北朝鮮による報復テロなどの危険性から秘密になっていたが、テレビは情報機関の協力で自宅に押しかけ撮影までしたため移転を余儀なくされた。また情報機関は”海外移民”まで勧めたという。書簡は、謀略説の最大の狙いは「テロ作戦は金正日総書記の指示」とした彼女の供述をひっくり返すことだったとし、テレビ制作陣は彼女を出演させ彼女が「良心宣言」をすることを画策したという。 国家情報院に対する不満、批判としては、盧武鉉政権時代の政治的な過去否定作業の中で、1987年のKAL機事件捜査を担当した前身の国家安全企画部に対する否定的見方が強く、親北風潮に便乗し謀略説にき然と対応していないとしている。彼女は田口八重子さんに関連し「彼女が残してきた幼い2人の子供に会いたいと涙ながらに語っていた姿を思いだします。成人になった息子の様子を日本のテレビで見ましたが大きな目がお母さんに似ています。会ってお母さんの話をしてあげられない私の現実が残念です」と記している。

| コメント (0)

☆全国各地で凶悪犯罪が目立つ中、検察庁で全国の凶悪重大事犯を担当する検事を集め会同(27日)

Logo1_3 全国各地で凶悪犯罪が目立つ中、検察庁で、全国の凶悪重大事犯を担当する検事を集めた会同が行われている。佐藤法務副大臣は「元中央省庁幹部やその家族に対する殺傷事件が連続して発生し、凶悪重大事犯の発生は、国民の治安に対する不安を増大させる大きな要因の1つと考えられます」と訓示した。凶悪重大事犯担当検事会同には、全国の担当検事や樋渡検事総長、笠間次長検事のほか、最高検察庁から刑事部長や公安部長が出席した。この中で、全国で発生している凶悪事犯に、検察としてどのように取り組んでいけばいいのかなどの協議が行われ、12月1日から実施される被害者参加制度や、2009年5月からスタートする裁判員制度に向けて、円滑な実施のために準備を進めるように指示が出されているものとみられる。http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00144780.html

| コメント (0)

☆オウム事件被害者、給付金対象は6600人(27日)

 「オウム真理教被害者救済法」に基づく給付金の支給対象となる、オウム真理教による一連の事件の被害者が約6600人に上ることが警察庁のまとめでわかった。12月18日の施行後、各都道府県の警察本部が対象者に郵送で通知し、遺族や障害が残る被害者計44人には、個別に訪問して説明する。同庁では、警察や労働基準監督署、破産管財人などが管理している資料の提出を受け、被害者を約6600人と確定した。内訳は▽東京都3100人▽埼玉県1500人▽千葉県900人▽神奈川県500人――など。このうち7~8割は転居している可能性もあり、同庁はポスターやパンフレットを作成して、申請を呼びかける。 救済法は、一連のオウム事件の被害者を対象に、被害の程度別に6段階に分け、10万~3000万円の給付金を支払う。(2008年11月26日19時50分  読売新聞)YOMIURI ONLINE トップへhttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081126-OYT1T00577.htm

| コメント (0)

« 2008年11月26日 | トップページ | 2008年11月28日 »