« 2008年11月22日 | トップページ | 2008年11月24日 »

2008年11月23日

2008年11月23日 (日)

☆“小泉容疑者”から日本テレビにメール (23日)

0811230521

Noimage_120x901_3

さいたま市と東京・中野区で元厚生事務次官と家族が相次いで殺傷された事件で、銃刀法違反容疑で逮捕された小泉毅容疑者(46)からのものと思われるメールが日本テレビに届いていたことがわかった。 問題のメールは、日本テレビの報道番組「NEWS リアルタイム」あてに22日午後7時9分に届いた。メールの「名前」欄には「元厚生次官宅襲撃事件」と記載され、「年齢」欄は「40歳から49歳」が選択されている。「情報内容」の欄には「今回の決起は年金テロではない!34年前、保健所に家族を殺されたあだ討ちである」などと記されている。 小泉容疑者が警視庁に出頭したのは22日午後9時20分ごろで、このメールが届いた時点では「ペットを保健所に殺されて頭に来た」といった小泉容疑者の供述をほかの人は知りえないことから、小泉容疑者本人が記載したものと推測できる。

| コメント (0)

☆コイズミ・タケシ、懲戒免職者リストになし(23日)

Noimage_120x901 厚労省は、元厚生事務次官らの連続殺傷事件の発生後、過去5年間に懲戒免職になった職員のリストを作成したが、22日夜に出頭し逮捕された小泉毅容疑者(46)と同名の「コイズミ・タケシ」は厚労省と社会保険庁のリストにはないことがわかった。 http://www.news24.jp/123684.html

| コメント (0)

☆パトカー追跡車両が当て逃げ 近所の強盗事件と関連か(23日)

Msn_s1_2 産経ニュース

 23日午前0時45分ごろ、大阪府藤井寺市古室の国道交差点で、巡回中のパトカーが信号無視をした車を発見、追跡したが間もなく見失った。その後、南西に約2キロ離れた羽曳野市伊賀の府道交差点で、後部を破損し停車している軽自動車を発見。運転手や目撃者から事情を聴いたところ、軽自動車に衝突した車がそのまま走り去ったと話したことから、同署は追跡していた車が逃走中に事故を起こした可能性があるとして、道交法違反(ひき逃げ)の容疑で捜査している。軽自動車を運転していた男性(41)は頭を打って軽傷。同署によると、逃げた車は白っぽい乗用車でセダンタイプだったという。この事故の約1時間前に、藤井寺市内で2人組による路上強盗が発生しており、同署では関連を捜査している。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081123/crm0811231502023-n1.htm

| コメント (0)

☆不安ぬぐい切れず=「真犯人なのか」「妻も心配」-山口さんの元部下ら(23日)

Jij1 小泉毅容疑者(46)が「事務次官を殺した」と出頭してから一夜明けた23日、元厚生事務次官山口剛彦さん(66)の元の部下たちは、事件が解決に向けて急展開したことにやや安堵(あんど)する一方、不安や緊張を完全にはぬぐい切れない様子だった。 山口さんは年金課長時代に、1985年の年金大改正を手掛けた。当時、課長補佐だった辻哲夫前事務次官は「事件の犯人であってほしいと強く思っているが、断定されたわけではなく、完全に安心はできない。『保健所にペットを殺された』と言っているようだが、それがどうしてこんな恐ろしく、痛ましい事件につながるのか全く理解できない。事態の推移を見守りたい」と話した。やはり課長補佐だった浅野史郎前宮城県知事は「事件に本当にたどり着くのか分からない今の段階では何も言えない。単独犯なのか、それともどこかに主犯がいて、その指示でこうしているのか。疑念が残る点も多く、自分の妻の心配もなくなっていない」と言葉少な。浅野さんらの部下で、現在、年金担当をしている厚労省のある幹部は「まだ銃刀法違反で逮捕されただけで、この男が本当に真犯人かどうか分からない。報道を見ていても、『本当なのか』と思う点も多い。警察の捜査がどうなっているのか、逆に教えてほしい」と話した。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081123-00000046-jij-soci

| コメント (0)

☆【厚生次官ら連続殺傷】厳戒警備は当面継続(23日)

Banner_logo_051_3 小泉毅容疑者が警視庁に銃刀法違反容疑で逮捕されたが、警察当局が行っている厚生労働省幹部宅などの厳戒警備は当面、継続される。「第3の犯行」を防ぐための警備だが、警視庁警備部幹部は「まだ(小泉容疑者が)連続殺傷事件の犯人と確定した訳ではないし、他に関係者がいるかもしれない」と説明。捜査の進展を見極めながら、警備態勢の変更を検討していくとしている。 都内では連続殺傷事件が発覚した18日以降、各警察署が元次官社会保険庁長官経験者や現役幹部の自宅など約80カ所を24時間態勢で警備。各署には人員的な負担となっているが、「少し態勢を緩めただけでも緊張感が大きく落ちる」(同部幹部)恐れもあり、警備対象への配置人員や立ち寄る回数などは現状を維持する。警備対象が多い署には機動隊も投入しており、各署の負担を軽減している。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/198258/

| コメント (0)

☆【元厚生次官ら連続殺傷】「犬死んで落ち込んだ」「反抗期なかった」…父親一問一答(23日)

Crm0811231248019n11 Msn_s31          

産経ニュース

厚生事務次官ら連続殺傷事件で、警視庁に出頭して銃刀法違反の疑いで逮捕されたさいたま市北区東大成町の小泉毅容疑者(46)の山口県柳井市に住む父親(77)は、取材に「(被害者と)私の命を交換したい」と心中を吐露した。父親によると、家族は母(70)、妹(44)の4人。「毅」という名前は、5・15事件で、首相で昭和7年に暗殺された犬養毅のような真っ直ぐな人物になってほしいとのことから名づけられたという。柳井市立柳井中学校、県立柳井高校を卒業後、佐賀大学理工学部電子工学科に入学。2年時に留年したあと中退。その際、教授に紹介してもらった東京のコンピューターソフト開発会社に就職。しかし数年で退職、その後は2~5年周期で職を転々としていたという。その間「横浜で宅配業のアルバイトをしている。元気でやっているから心配するな」という内容の電話があったのを覚えているという。 取材での詳細は次の通り。 --息子さんが犯人と知ったのはいつ 「22日の夜10時ごろのニュースです。テレビに息子の名前と顔が出ていました。目つきが鋭くなっていたように感じました」 --どう思われましたか 「何て大それた事をしたんだと。父親として、どうお詫びをすればいいのか言葉が見つからない。尊い命を2つも奪ってしまい、できることならば私の命と交換したい。息子にはきちんと責任をとり、しっかりと謝罪してほしい。腹を切れと言いたい」--息子さんと最後に連絡したのは 「22日の夕方5時ごろに電話があった。それまで音信不通で、約10年ぶりに声を聞いた。『明日の昼ごろに手紙が届くから読んでくれ』と言っていた。おかしいなとは思ったが、久しぶりに話せたうれしさもあって深くは聞かず、『わかった』と言って電話を切った。全く変わった様子はなく、普段通りの声だった」

 --どんなお子さんでしたか 「普通の子。人を殺すなんてできるような子じゃない。子供の時にもらってきて5年ほど飼ってきた犬(白色・雑種)が死んだとき、ひどく落ちこんで墓を作ってやったり、中学生の時に友達の1人が自転車を持っていて、『お前も自転車ほしいか?』ときいたら、家計のことを考えたのか、『いらない』というような優しい子だった」 「活発で明るい子だった。うちが15年前まで駄菓子屋をやっていたので、よく遊びに来ていた友達と遅くまで一緒に走り回っていた。反抗期らしい時期もなく、母親の作った弁当に文句を言う程度。小学生の時から運動はあまり得意ではなく、部活などはしていなかった。高校の時は将棋部。昔から数学が好きで、高校の時は帰ってきたら一日中数学の勉強をしていた」

 --思想的に傾倒していたものなどは 「何もない。宗教雑誌などを読んでいるところは見たことがない。暴力や偏った思想は嫌いだと、高校生くらいの時に言っていた」--将来の夢は? 「コンピューター関係の仕事に就きたいと言っていた」 --最近の様子は  「15年ほど前に稼業のアイスクリーム卸業を継がせるつもりで、山口に戻ってこさせ、県内の大手アイスクリーム卸売業の会社に修行に行かせた。会社の近くにアパートに1人住まいで、雑用もまじめにこなしていたようだ。2、3年修業していたが、修業中にネットで見つけたという埼玉県内のコンピューター系の会社に就職すると言って埼玉県に行った」 --その時の会話は 「『気に入った会社があった。今の世の中じゃ商売をするのも難しいと思う。俺が店を継いでも共倒れになる』というので、『わかった。頑張ってこい』と励ました。寂しくもあったが、仕方ないと思った。それ以来、約10年間は音信不通。電話をしてもいつも留守番電話で折り返しはなし。手紙を出しても返事は来ない状態だった」http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081123/crm0811231248019-n1.htm

続きを読む "☆【元厚生次官ら連続殺傷】「犬死んで落ち込んだ」「反抗期なかった」…父親一問一答(23日)"

| コメント (0)

☆真相解明を指示=「犯人なら許し難い」-麻生首相(23日)

Top_header_logo1 【リマ22日時事】麻生太郎首相は22日夕(日本時間23日朝)、元厚生事務次官宅連続襲撃事件に関し、無職の男が銃刀法違反の疑いで逮捕されたことについて「もし(殺害した)本人なら許し難い。『本当か』と言ったら『分からん』という話だったんで、真相解明をきちんとした上で(対処するように)という話はした」と述べ、全容解明に全力を挙げるよう指示したことを明らかにした。リマ市内のホテルで記者団に語った。(2008/11/23-08:55)http://www.jiji.com/jc/c?g=soc

| コメント (0)

☆「元次官殺した」男を逮捕 NHK山口放送局(23日)

News_pic1_2 東京と埼玉で元厚生事務次官やその家族が相次いで襲われた事件で警視庁は「元事務次官を殺した」と言って22日、出頭してきた柳井市出身の男が血のついたナイフを持っていたことから銃刀法違反の疑いで逮捕しました。警視庁は連続殺傷事件について本格的に取り調べることにしています。逮捕されたのは、柳井市出身で、さいたま市北区に住む、無職、小泉毅容疑者(46)です。小泉容疑者は、22日、午後9時20分頃、東京・霞が関の警視庁に車で出頭し、警備にあたっている警察官に「元事務次官を殺したのは自分だ」と話しました。このため警視庁で小泉容疑者の所持品を調べたところ、サバイバルナイフなどナイフ数本を持っていたほか、車の後部座席から段ボール箱のようなものが見つかったということです。警視庁はこのうち後部座席の足もとに置かれたきんちゃく袋に入っていた血の付いた全長30センチ、刃渡り20センチの刃物を小泉容疑者が不法に持っていたとして午前3時前に銃刀法違反の疑いで逮捕しました。調べに対して小泉容疑者は、このナイフについて「自分のものにまちがいありません」と供述しているということです。小泉容疑者は、これまでの事情聴取の中で、さいたま市で元厚生事務次官と妻が殺害された事件については関わったことを認める供述をしているということです。また、東京・中野区で起きた事件については具体的な供述はしていないということです。警視庁は、連続殺傷事件についてけさから本格的に取り調べることにしています。また、小泉容疑者は出頭した際、「保健所にペットを処分され腹が立った」と話したということで、警視庁は事件との関連を慎重に調べています。
http://www.nhk.or.jp/yamaguchi/lnews/01.html

| コメント (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺 (23日)2件

石川県警名のる詐欺に注意

News_pic1 警察を名乗って銀行の通帳などの情報を聞きだそうとする不審な電話が県内で相次いでいることから、石川県警では新たな手口の振り込め詐欺の可能性が高いと見て、注意を呼びかけています。石川県警によりますと21日朝、金沢市に住む59歳の女性の自宅に警察を名乗る男から、「逮捕された詐欺グループから押収した多数の通帳にあなたの名義のものがありました」という電話がありました。女性は不審に思いすぐに電話を切ったため被害はありませんでしたが、同様の電話が21日朝から金沢市を中心に10数件かかっていることがわかりました。ほかの県で、警察を名乗って銀行のキャッシュカードや通帳などをだまし取り、現金を引き出す振り込め詐欺が起きていることから、石川県警では同様の手口の振り込め詐欺の可能性が高いとみて捜査を進めるとともに、警察を名乗る電話があっても口座番号や暗証番号を教えないよう、注意を呼びかけています。http://www.nhk.or.jp/kanazawa/lnews/07.html

振り込め詐欺犯の独白(上)】芸能事務所立ち上げたかった 資金づくりのため、誘われ、詐欺グループに  

詐欺犯からの接触

Msn_s31_2 産経ニュース

10月上旬、産経新聞の警視庁担当記者宛てに1通の手紙が届いた。「振り込め詐欺の加害者として貴社に私を取材していただきたい」「振り込め詐欺をなくすために協力させていただきたい」 都内の拘置施設に勾留中の男(52)からだった。署では留置番号「1番」と呼ばれている。振り込め詐欺の一種「融資保証金詐欺」の主犯格として詐欺罪で起訴された。産経新聞が9月28日から社会面で3回連載した『撲滅 振り込め詐欺』を読み、手紙を出したという。真意を聞くため、記者は拘置施設に行った。接見室でしばらく待つと、厚さ1センチほどの強化プラスチック板の向こうに、ほほ笑みをたたえた男が姿を見せた。短く刈られた白髪交じりの髪、地味なスエットの上下姿。「はじめまして」声には意外なほどに張りがあった。「私は今、反省し再社会化するために、無謀にも手紙を書きました」 起訴状などによると、男は架空の金融業者を装い、多重債務者に融資申し込みを募るダイレクトメールを送付。昨年9月20日、岐阜市内の女性(30)に「保証金を支払えば融資が可能」などとうそを言い、現金8万円を振り込ませた。多重債務者から融資の保証金名目で金を巻き上げる典型的な融資保証金詐欺だ。同様の手口で計324万円をだまし取ったとして、今年3月から10月22日までに計7回、東京地裁に起訴されている。 

振り込め詐欺会社の運営費用は月600万円だった

 「やはりお金ということでしょうか」 男が振り込め詐欺犯になった理由は金だった。男は昭和60年代のバブル期以降、不動産業を営んでいたが、会社をたたみ、平成18年に芸能事務所を立ち上げようとしていた。設立資金がほしかった時期に声をかけてきたのが「知り合いの男」だった。「共犯に関することは公判中なので詳しく述べることは差し控えたい」男はこの人物について多くを語らないが、地下社会に精通した者だったという。 「私はそれまで逮捕歴もなければ、世間に後ろめたいことをしたこともなかった。話を持ちかけられたとき、冷静な判断ができなかったのだろう」「知り合いの男」の誘いは振り込め詐欺のリーダーになることだった。話に乗った。「すでに運営が始まっているグループを引き受けた。いわば“振り込め会社”を引き継いだようなもの。グループの運営費はダイレクトメール費などで月600万円かかった」男の役割は収益金管理。ダイレクトメールを発送する役、電話を受けるだまし役ら共犯者を“新規募集”する際には「手配師」と呼ばれる人物に依頼した。「手配師は警察が言う道具屋のひとつで、振り込め詐欺の“人材”を提供する業者。そうした業者の紹介は知り合いの男から受けた」 男はその後、複数のグループを“買収”して傘下に収め、手広く振り込め詐欺を展開するようになった。「一般論で言うと、融資保証金詐欺の一つの“店舗”の純利益は月2000~3000万円。私はそれほど稼いでなかったが、若者たちにはきちんと分配していた。いいリーダーだったと思うよ」 

300万円融資希望者から1600万円詐取「お笑いネタだ」

「ダイレクトメールに応じてきた客に対し、『保証人がいない場合、当社が保証人を付けますので大丈夫』などとうそを言って、手数料名目で最初に10~15万円を目安に請求する。『このお金はお客さまへのご融資の際に全額お返しします』とも付け加える」接見、手紙でのやりとりを重ねるにつれ、男は具体的な手口を明かしてきた。「融資希望額100万円で申し込んできた客が2日間で6~7回だまされ、手数料や保証料やらで1000万円以上を振り込まされることもある」。300万円の融資を希望しながら、1600万円を巻き上げられた被害者も知っているという。警察庁によると、今年の融資保証金詐欺の被害額は9月末時点で29億8374万円。前年同期比で約1億円増。振り込め詐欺の中でも被害者を徹底的に食い物にすることから、悪質といわれる。それでなくても多重債務者や零細企業経営者ら金に困っている人を標的にするため、大阪や新潟では被害者が自殺に追い込まれたケースもあった。「そんなに現金があるのになぜ300万円の融資を申し込んできたかはナゾだが、われわれの中ではお笑いネタになっていた」男は18年12月、芸能プロを設立する夢をかなえた。被害者を踏み台にした“汚れた夢”だった。

    □□□ 今年1~9月の被害額が約235億円と過去最悪ペースが続く振り込め詐欺。警察庁は10月を撲滅月間として、徹底した対策に乗り出した。その矢先に接触してきた詐欺犯の「独白」を2回にわたって伝える。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081123/crm0811231627025-n1.htm

| コメント (0)

☆元会社役員死体遺棄 1年前にも殺害依頼? 報酬・口止めに4億円(23日)

Msn_s1 産経ニュース

 静岡県富士市の山林で平成18年10月、東京都江戸川区の元運送会社役員、栩野(とちの)雅晴さん=当時(66)=の遺体が見つかった事件で、同社社長の寺岡誠吉容疑者(71)=死体遺棄容疑で逮捕=が事件約1年前の17年秋ごろ、栩野さん殺害を計画して仲介者に依頼していた疑いの強いことが22日、警視庁と静岡県警の合同捜査本部の調べで分かった。同年暮れごろに殺害が企てられたが、失敗に終わったという。寺岡容疑者が、仲介者の喰田(しょくた)康裕容疑者(41)=同=や今回の実行犯らに事件後、長期間にわたって約4億円を支払っていたとみられることも判明。大半は実行犯ではなく仲介者側が受け取っていたという。捜査本部は報酬だけではなく、口止め料名目で断続的に脅し取られていたとの見方を強め、金の流れをさらに詳しく調べる。これまでの調べで、会社の株譲渡などをめぐって栩野さんとトラブルになっていた寺岡容疑者は17年秋ごろ、仲介者に栩野さん殺害を依頼。栩野さんが同年暮れごろ、旅行に出かけた海外で殺害することを計画したとみられる。野崎稔容疑者(51)=同=ら今回の実行犯3人とは別の人間が殺害を請け負ったが、現地で襲撃の機会がなく実行できずに終わったという。栩野さんが失踪(しっそう)する3カ月前の18年6月には、寺岡容疑者と栩野さんが購入した千葉県佐倉市の土地の名義をめぐって関係は悪化。寺岡容疑者はこのころ、仲介者に「1日も早くやれ」などと犯行をけしかけていた。一方、喰田容疑者が寺岡容疑者から1600万円を受け取り、野崎容疑者に報酬として渡したと供述していることが判明。寺岡容疑者が事件発覚直後の任意の聴取に対し、「(栩野さんに)事件当日と3日前に800万円ずつ計1600万円を渡した」と説明しており、金額が一致していることなどから、捜査本部では喰田容疑者の供述に信憑(しんぴょう)性があるとみている。寺岡容疑者はこの1600万円を含め、仲介者や実行犯らに支払った約4億円を捻出(ねんしゅつ)するため金銭的に困窮。事件後は自宅の土地を担保に、5000万円を借り入れるなどしていた。大半は喰田容疑者をはじめとした仲介者らが受け取っていたとみられ、昨年4月から中国に逃亡していた野崎容疑者には逃亡生活中、月数万円しか送金されなかったという。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081123/crm0811230150008-n1.htm

| コメント (0)

☆元次官宅襲撃:厚労省への恨み「思い当たらず」出頭男の父

20081123k0000m040131000p_size51

写真は 出頭してきた男が乗っていた車を調べる警察官ら=警視庁で2008年11月22日午後10時45分、北村隆夫撮影

Logo_mainichi1  男の父親(77)は、毎日新聞の電話取材に対し、「厚生労働省に対して恨みがあるということは、思い当たらない。事実とすれば、どうしておわびしていいものやら、悩んでいる」と語った。10年ほど前に「コンピューターソフト関係の仕事を見つけた」と言って、山口県の実家を出ていったといい、その後は連絡がないという。http://mainichi.jp/select/today/news/20081123k0000m040117000c.html

元次官宅襲撃:男出頭…「目つき鋭い男」自宅周辺から証言

 Logo_mainichi1_2 「自分が元事務次官を殺した」。小泉毅を名乗る男は、そう言って車で警視庁に出頭してきた。22日夜、急展開した元厚生事務次官宅連続襲撃事件。車内の血痕、バッグの中の複数の刃物は凄惨(せいさん)な事件とつながるのか。男は、近所の話では生活感がなく、大声を上げることもあったという。年金問題や厚生労働行政への不満が背景にあるとも指摘された今回の事件。動機はいったい何か。多くの関係者が捜査の進展を注視している。 出頭した「小泉」と名乗る男の住むさいたま市北区のアパートは2階建て。2階の部屋の表札に名前の記載はなく、外からは白いカーテンだけが見えた。 向かい側のアパートに住む自営業の男性(41)は「男の部屋は2DKで、ベランダ側が見えるが、電気がついているのも、洗濯物が干してあるのもほとんど見たことがなく、生活感がない感じだった」と驚いた表情だった。 同じアパートの別棟に住む定時制高校4年の男子学生(20)は「路上でシャドーボクシングをしていた。体が大きくて目つきが鋭く、郵便などの配達人が来ると『帰れ』とすぐ怒鳴ったり。(事件が起きた)17日以降は姿を見かけていない」と話した。アパート隣の民家に住む30代の主婦は「顔は見たことがないが、宅配業者や集金の人によく怒鳴ったり、クレームを付けている声が聞こえてきた」と話していた。

 ◇住民が次々男恐れ転居…管理人男性

 近くに住むアパート管理人の男性によると、男は10年前に不動産会社の紹介で入居した。家賃と管理費計6万2000円は滞りなく支払っている。入居時は無職だったが、数年後に2回目の契約更新した時は契約書に「自営業」と記載していた。だが、働いている様子はなかったという。アパートに隣接する住宅新築工事の際、大工に「うるせえ」と怒鳴り、トラブルになったこともあったという。また、男の階下に住む住民は男を怖がり、3人が1年未満で次々と引っ越したという。http://mainichi.jp/select/jiken/20081119/news/20081123k0000m040113000c.html

| コメント (0)

☆「どちらもやった」と男…土曜の夜、官庁街騒然(23日)

「元次官を殺した」。東京・霞が関の警視庁に車で乗り付けた男はそう告げた。元厚生次官の自宅が相次ぎ襲撃された事件で、元次官夫妻の殺害が判明してから5日目の22日夜、事態は急展開した。男の年齢や所持していたナイフなど、事件との共通点は多く、緊張の日々を強いられてきた歴代次官経験者からは「解決に向かってほしい」と祈るような声が上がった。午後9時20分。男が車で乗り付け、「おれが事務次官を殺した」と警戒中の機動隊員に告げた警視庁の正面玄関付近には、パトカーなど10台以上の緊急車両がサイレンを鳴らしながら続々と集まった。土曜日の夜で直前まで静まり返っていた霞が関の官庁街は、騒然とした空気に包まれた。男の乗っていた川越ナンバーのレンタカーの周りで鑑識課員が写真を撮り、車内を調べ始める。男が任意同行された警視庁麹町署。午後10時ごろから報道関係者が続々と詰めかけ、同庁の捜査車両も次々と駆け付けた。中野区の元厚生次官、吉原健二さん宅で起きた事件を捜査している同庁刑事部の幹部らも到着。一様に険しい表情で署内に入っていった。男は「(中野区とさいたま市の)どちらも自分がやった」とも話している。同署の署長室で、立延(たちのべ)哲夫・同庁捜査1課長の記者会見が始まったのは23日午前0時過ぎ。立延課長は冒頭、「銃刀法違反被疑者の出頭について発表します」と述べて発表文を読み上げた。集まった約40人の報道陣からは「二つの事件との関連は」などの質問が飛んだが、立延課長は「これから捜査する。今は銃刀法違反事件の逮捕状を準備している。あせらないで」と述べるにとどまった。読売新聞最終更新:11月23日2時11分

| コメント (0)

☆「俺が次官を殺した」出頭の男を銃刀法違反で逮捕 殺傷事件の裏づけ急ぐ(23日)

Banner_logo_051  さいたま市南区と東京都中野区で、元厚生事務次官とその家族が相次いで殺傷された事件で、警視庁は23日未明、血のついた包丁などを所持して「元次官を刺した」と出頭した男を、銃刀法違反容疑で逮捕した。逮捕されたのはさいたま市北区、無職、小泉毅容疑者(46)=写真。調べによると、小泉容疑Crm0811230510010n111 者は 22日午後9時40分ごろ、東京都千代田区霞が関の警視庁に軽自動車で乗りつけ、庁舎の警備に当たっていた機動隊員に「俺が事務次官を殺した」などと話したという。動機については「昔、保健所にペットを殺され腹が立った」などと供述しているという。調べに対し、小泉容疑者は「宅配便の仕事をしていたことがある」とも供述しており、警視庁は今後、銃刀法違反容疑で調べるとともに、元厚生次官ら連続殺傷事件についても裏づけ捜査を急ぐ。小泉容疑者が乗っていたのは、川越ナンバーのレンタカーの軽乗用車。血の付いたものなどサバイバルナイフ8本とスニーカーを所持しており、後部座席には段ボール箱が2個置かれていた。元厚生次官を狙った連続殺傷事件では、17日夜から18日にかけて、元厚生事務次官の山口剛彦さん(66)と妻の美知子さん(61)がさいたま市南区別所の自宅厳寒で、刃物のようなもので胸など数カ所を刺されて死亡、18日夕には、山口さん方から約15キロ離れた東京都中野区上鷺宮の元厚生事務次官、吉原健二さん(76)宅の玄関先で、吉原さんの妻、靖子さん(72)が宅配業者を装った男に胸をさされ重傷を負う事件がおきていた。警視庁と埼玉県警は、同一犯による連続殺傷事件の可能性があるとして、合同で捜査にあたっていた。山口さんは東大法学部を卒業した昭和40年、旧厚生省に入省。大臣官房会計課長や年金局長、官房長などを歴任後、平成8年11月に同省事務次官に就任。吉原さんは昭和30年に旧厚生省に入省、63年に厚生事務次官に就任し、平成2年の退官後は厚生年金基金連合会理事長や厚生年金振興事業団理事長などを歴任した。2人は同じ三重県出身。吉原さんが59年6月に同省年金局長となった際、山口さんは同局課長を務め基礎年金制度の導入などに尽力、「年金のプロ」と呼ばれていた。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/198191/

続きを読む "☆「俺が次官を殺した」出頭の男を銃刀法違反で逮捕 殺傷事件の裏づけ急ぐ(23日)"

| コメント (0)

★警視庁管内 体感治安 レベル1

首都東京の体感治安(23日)
    (単位・レベル)

  2_3    「元厚生次官殺傷事件犯逮捕へ」

東京と埼玉で元厚生事務次官や家族が相次いで

襲われた事件で警視庁は「元事務次官を殺した」

と出頭した男を23日午前3時過ぎ、銃刀法違反

の疑いで逮捕した。男はさいたま市北区無職、小

泉毅容疑者(46)。血の付いた刃渡り20センチ

の刃物を持っていた。さいたま市の事件につい

て犯行を認めているが、中野区の事件について

具体的な供述はしてBye1_2いないが、警視庁は連続殺

傷事件について23日朝から本格的に取り調べる。これで連続殺傷事件は一段落。首都東京の治安は、ひとまず平穏を取り戻し「レベル1(みどり)」に修正した。22日のnew「日本列島 本 日の 振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.htmlは、神戸市に住む中国人留学生の実家に先月、「息子がパソコンを壊したので監禁した。修理代を払え」と要求する電話があった。別の留学生の実家にも同様の電話がかかっており、兵庫県警は〝振り込め詐欺国際版〟の可能性があるとして注意を呼びかけている-などが内容で、8件を掲載した。

※ピーポちゃんの位置が現在のレベルを表示しています。パソコンによっては勝手に動くこともありますので、原稿を参照にしてください。クリックすると挨拶します。宜しく。

続きを読む "★警視庁管内 体感治安 レベル1"

| コメント (0)

★元厚生事務次官連続襲撃事件で46歳の男を逮捕へ(23日)

22日午後9時20分ころ、東京都千代田区霞が関の警視庁正門に白っぽい軽乗用車の男が乗り付け、警備に当たっていた機動隊員に「俺が事務次官を殺した」と告げた。男は、血の付いたサバイバルナイフとスニーカーを持っており、銃刀法違反の容疑で身柄を確保。管轄する麹町署に身柄を移し、被害者との血液鑑定を進めるとともに、慎重に調べている。男が乗って来た軽乗用車は川越ナンバーのレンタカーで、自分は「コイズミツヨシ」で46歳だと名乗っており、住民票を示したという。

 事件は18日午後6時過ぎ、東京都中野区の元厚生事務次官、吉原健二さん(76)宅で、家 にいた妻の靖子さん(72)が、宅配便の配達を装った男に刃物で刺され、靖子さんは重傷を負った。さらに同日午前には、別の元厚生事務次官とその妻がさいたま市内の自宅玄関で刺殺されているのが見つかっており、警視庁と埼玉県警は合同本部を設置。テロ事件の可能性も視野に連続殺傷事件として捜査を進めていた。

 東京の事件では被害者の靖子さんの意識が回復、人相などが明らかになると同時に、埼玉県警の調べで埼玉の事件現場に残っていた足跡から東南アジアで製造され、日本国内で加工されたスニーカーと判明。さらに使用された凶器も20㌢程度の短刀類と特定されるなど、次々に核心に迫る報道があった。さらに、捜査本部は、2事件の被害者は既に退職した幹部が狙われていることから、被害者2人が厚生労働省の幹部だった当時に在籍し、途中で解雇された人物なども視野に捜査が進められ、「追い詰められている」という圧迫感が自首につながったものとする見方がある。

| コメント (0)

☆日本に嫁ぐ中国人女性、年間1万人超―中国

Record China2008年11月21日、厚生労働省が今年9月に発表した「人口動態統計」によると、07年の日本の婚姻件数は71万9822組で、そのうち国際結婚は4万322組。18組に1組が国際結婚をしていることになる。中国新聞網が伝えた。中国人と日本人の国際結婚は1万2942組で、夫が日本人、妻が中国人の夫婦は1万1926組、夫が中国人、妻が日本人の夫婦は1016組だった。ここ数年、中国人女性が日本に嫁ぐケースが大幅な増加傾向にあり、01年以降は毎年1万人を超えている。 【その他の写真】 同紙は、中国人女性が日本に嫁ぐことによる「効果」について、次の4点を挙げた。まず、出産に積極的であること。少子高齢化が進む日本において、国際結婚は日本の婚姻形態の重要な一部を担っている。日中カップルの出産件数は毎年増加しており、03年には3966人だったのが、07年には5411人まで増えた。次に、農村の労働力となり、過疎化をくい止めていること。学者の統計によると、農業人口が減り続けている山形県の最上地区では、1989年には外国人の嫁が18人しかいなかったが、1995年には180人に増加し、その大部分が中国人女性だった。さらに、日中国際交流の重要な役割を果たしていること。山形県高田町では、中国人女性が「生活支援通訳」の業務にあたり、生活、育児、医療など、当地に嫁いできた花嫁が直面する文化の違いから来る不便や衝突を解消し、社会との繋がりの補助をしている。最後に、父母を敬うという中国の良い伝統を日本に持ち込むことにより、日本での家庭の絆を強める作用を及ぼしていることが挙げられるという。(翻訳・編集/中原)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081122-00000017-rcdc-cn

2008112200000017rcdccnview0001

21日、中国人女性が日本に嫁ぐケースが大幅な増加傾向にあり、01年以降は毎年1万人を超えている。写真は日本の伝統的な結婚式。

11月22日19時51分配信 Record China

| コメント (0)

☆【法廷から】「私を絞めて!」…老いらくの恋の悲しい結末 ※長文です(23日)

Banner_logo_051_2 「1日に5回も6回も死にたいと言うんです」
 今年9月、病気に苦しむ内縁の妻=当時(69)=に頼まれ、スカーフで首を絞めて殺害したとして、嘱託殺人罪に問われた無職の男(65)は、大阪地裁で20日に開かれた初公判で涙を流しながら訴えた。都会の片隅の文化住宅で身を寄せ合い、20年近くの歳月をともに生きてきた2人。人生の晩年でようやく生涯の伴侶(はんりょ)を得たはずだったが、愛情にあふれた日々に終止符を打ったものとは…。
          ■ ■ ■
 検察側の冒頭陳述や被告人質問などから浮かび上がった「老いらくの恋」のストーリーをたどると-。大阪府東大阪市の住宅街にある2階建て文化住宅。17年前、同じ2階の西端と東端の部屋にそれぞれ1人で住んでいた2人は、顔を合わせればあいさつする程度の関係から、お互いの部屋を行き来するようになり、親密な関係になった。転機が訪れたのは約3年後。内妻の体調が急激に悪化したのだ。じっとしていられないほどの激しい頭痛や不眠症。足腰も弱まり、トイレに行くのもままならなくなった。何カ所もの病院を訪れ、治療を試みた。しかし医師の診断はあいまいな「自律神経失調症」だった。男が内妻の食事や洗濯など、身の回りの世話をする生活が始まった。銭湯へ行くのも難しくなると、男は風呂がある1階の部屋にわざわざ転居、内妻を風呂に入れ、オムツ替えまでするようになった。大量の薬を飲み続けても内妻の体調は回復せず、介護の日々が十数年続いた。内妻が「死にたい」と言い始めたのは今年7月ごろ。目や耳までも利かなくなり、食事を取るのも1人でできなくなっていた。市販の頭痛薬も必要になり、生活保護を受給していた2人は経済的にも苦しくなっていた。「おれも一緒に死んでやるから」自分の体力の衰えも実感し、将来を悲観した男は9月3日、心中を決意した。「自分で首を絞めるけど、うまくできなかったら『あかん』て言うから、そのときは絞めて。私が冷たくなるまであんたは死んだらあかんよ」 その日の夜。内妻は男にそう言って、自分のスカーフで首を絞めた。やはり力が出ず、「あかん」と男に絞めるよう懇願した。男は首に巻き付いたスカーフを強く絞めて殺害した。男は内妻が冷たくなったのを確認し、約50錠の睡眠薬を焼酎で飲んだ。しばらくして意識を失った。目を覚ましたのは病室のベッドの上だった。
 

続きを読む "☆【法廷から】「私を絞めて!」…老いらくの恋の悲しい結末 ※長文です(23日)"

| コメント (0)

« 2008年11月22日 | トップページ | 2008年11月24日 »