« 2008年11月14日 | トップページ | 2008年11月16日 »

2008年11月15日

2008年11月15日 (土)

☆拉致被害者・市川修一さんの母トミさん死去  めぐみさん拉致31年(15日)

1978年8月に鹿児島県・吹上浜から北朝鮮に拉致された市川修一さん(当時23歳)の母・トミさんが15日午後3時22分、くも膜下出血で亡くなった。91歳だった。告別式は17日正午、同県鹿屋市輝北町上百引(かみもびき)1930上村葬祭輝北斎場で。自宅は同市輝北町市成1126。喪主は夫、平氏。トミさんは10日朝、自宅台所で倒れて意識不明となり、病院で治療中だった。次男の修一さんが、交際中の増元るみ子さん(当時24歳)と一緒に拉致されてから30年間、息子たちの帰還と再会を切望しながら、願いはかなわなかった。 同居する長男・健一さん(63)は「普通なら大往生といえるが、修一が帰らず、会わせられなかったことが残念で、悔しい」と涙ながらに語った。拉致被害者家族会事務局長で、るみ子さんの弟・増元照明さん(53)は「2人の生還をもう少し待っていてほしかった。拉致被害者の親世代の高齢化が進み、時間がないことを政府は肝に銘じてほしい」と語った。

最終更新:11月15日20時28分読売新聞http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081115-00000035-yom-soci読売新聞

市川トミさん 拉致被害者、市川修一さんの母

11月15日19時42分配信 産経新聞

 市川トミさん(いちかわ・とみ=拉致被害者の市川修一さんの実母)15日、くも膜下出血のため死去、91歳。自宅は鹿児島県鹿屋市輝北町市成1126。通夜は16日午後6時、葬儀・告別式は17日正午、鹿児島県鹿屋市輝北町上百引1930、上村葬祭輝北斎場で。喪主は夫、平(たいら)氏。市川修一さんは昭和53年、鹿児島県旧吹上町(現日置市)の吹上浜で、拉致被害者の増元るみ子さん=当時(24)=とデート中に北朝鮮に拉致された。
最終更新:11月15日20時4分http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081115-00000559-san-soci産経新聞

「政府は父としての怒りを」滋さん訴え めぐみさん拉致31年で

11月15日20時4分配信 産経新聞http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081115-00000561-san-soci

「政府は父としての怒りを」滋さん訴え めぐみさん拉致31年で

県民集会で横田早紀江さんが作詞しためぐみさんの歌を歌う横田夫妻(中央)と曽我ひとみさん(右から2人目)(写真:産経新聞)

 横田めぐみさん=拉致当時(13)=が新潟市内で北朝鮮に拉致されて31年となった15日、めぐみさんの両親の滋さん(76)と早紀江さん(72)は新潟市内で開かれた県民集会に出席、「政府は6者協議で日本の父親として怒っていただきたい」と、進展を見せない拉致問題の早期解決を強く訴えた。約450人が参加した県民集会で、滋さんは米国務省が先月11日、北朝鮮のテロ支援国家指定を解除したことに触れ、「約60ある制裁の1つが外れただけで大きな影響はない。世論の力を背景に、日本政府が強い姿勢を見せれば解決できる」と世論の結集を訴えた。早紀江さんも「6者協議で日本のメッセージが全然見えてこない。日本の怒りを世界中のみんなに見ていただきたい。どうか皆さん、日本人の父として、母として、世界に訴えてください」と語りかけた。北朝鮮の招待所でめぐみさんと暮らした曽我ひとみさん(49)も演壇に立ち、「夜に2人で、もみじの歌を小さな声で歌ったことを今でも思い出す。今度は一緒に大きな声で歌える日がきっと来ると思う」と横田夫妻を励ました。

| コメント (0)

☆【拡大大麻汚染】種購入から栽培まで…ネットにあふれる“違法情報”(15日)

Banner_logo_051_7 「栽培方法は、インターネットで知った」
 大麻栽培の現行犯で逮捕された早大生は、麻薬取締部の調べにこう供述した。ネットには大麻の栽培方法などの“違法情報”が氾濫(はんらん)しており、種子さえ手に入れば、栽培から吸引までが自己完結できる。その種子すらも、ネットで簡単に手に入る。麻の種は鳥の餌や香辛料の原料として使われており、大麻取締法は種子の所持や売買自体を禁じていないからだ。そのため多くの業者は、摘発を逃れようと、「栽培は禁止」などとうたってネットで種子を販売している。早大生が種子を購入したサイト「クリスタルシーズ」は、大麻種子だけを扱い、栽培キットは売っていなかった。落合容疑者も「種は観賞用や食用のため売った」と供述している。しかし、サイトでは栽培用キットを販売する別業者のサイトが紹介されていた。また、1粒1000円~5000円という値段は、明らかに食用や観賞用ではない。同部はこうした外形的事実から「相手が栽培することを知りながら販売していた」と判断した。 若者が大麻に手を出すきっかけはネットだけではない。若者に人気の「レイブ」と称される野外音楽イベントでは、大麻がファッション感覚で売買されているという。こうして大麻への抵抗感をなくした若者が、種の購入から栽培情報までをネットで簡単に手に入れているのが実情だ。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/196029/

大麻密輸、早大生はマレーシア留学生と日米二重国籍の学生

早稲田大生らの大麻事件で、オランダから国際航空郵便で大麻草を密輸しようとしたとして大麻取締法違反の罪で執行猶予付き有罪判決が確定したとされる早大生2人はマレーシアからの留学生(22)と、日米二重国籍を持つ学生(20)だったことが15日分かった。早大によると、マレーシアからの留学生は国際教養学部2年、二重国籍の学生も同学部の3年に在籍。いずれも逮捕後に退学処分となっている。また事件にかかわったとされる国際教養学部2年の日本人の男子学生(20)は9月、海外に在住する母親の看病を理由にメールで休学を申請し、行方が分からなくなっているという。密輸事件では、東京理科大夜間部の男子学生(27)も逮捕されているが、4人の詳しい関係については早大などでも把握できていないという。早大国際教養学部は16年度開設。約3000人の学生の約2割が外国籍という。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/196039/

| コメント (0)

☆遺体切断 職場の関係が背景に(15日)

News_pic1_4 知り合いの男性の遺体を切断し、島根県などの山に遺棄したとして男女2人が逮捕された事件で、逮捕された男は、「男性といっしょに働いていたときから仲が悪かった」と供述しているということで、警察はこうした人間関係が事件の背景にあるのではないかとみて調べています。この事件は、山口県宇部市の無職、山本大地容疑者(23)と森山雪乃容疑者(24)が先月、知り合いの飲食店従業員の木下智仁さん(24)の遺体を切断し、岡山県真庭市と島根県大田市の山の中に遺棄したとして死体遺棄と損壊の疑いで逮捕されたもので、警察は、15日、2人の身柄を検察庁に送りました。これまでの警察の調べに対して2人は、木下さんの殺害についても認める供述をしています。山本容疑者は、木下さんと鳥取市の飲食店でいっしょに働いていたことがあり、森山容疑者が客としてたびたび出入りしていたということですが、調べに対して山本容疑者は「店の先輩だった木下さんと当時から仲が悪かった」と供述しているということです。警察は、こうした人間関係が事件の背景にあるのではないかとみて調べるとともに殺人の疑いでも調べを進めることにしています。http://www3.nhk.or.jp/news/k10015405001000.html

| コメント (0)

☆連続エレベーター強盗 ワンルームマンションで若い女性狙う(15日)

Msn_s1 産経ニュース

15日午前2時50分ごろ、大阪市旭区中宮のワンルームマンションで、1階からエレベーターに乗った飲食店員の女性(24)が、2階から乗り込んできた男に刃物を突き付けられ、「騒ぐな。殺すぞ」と脅された。女性が4階でエレベーターを降りると、男は何も取らずに逃走。女性は右手が刃物に触れて軽傷を負った。約20分後にも、無職女性(22)が1階でエレベーターに乗ったところ、後ろからついてきた男に「静かにしろ」と口をふさがれ、羽交い締めにされた。男は現金4000円入りの手提げバッグを奪って逃走。女性にけがはなかった。旭署は同一犯とみて強盗致傷容疑などで捜査している。調べでは、男は20~30歳で身長約175センチ。黒っぽいジャンパーに緑色の帽子、黒い手袋を着用していたhttp://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081115/crm0811151324009-n1.htm

| コメント (0)

☆偽装ウナギ事件、元課長らを逮捕 兵庫、徳島県警(15日)

Banner_logo_051_6 中国産ウナギが「愛知県三河一色産」と偽装表示して販売されていた事件で、兵庫、徳島両県警は不正競争防止法違反(偽装表示)容疑で、偽装ウナギを販売していた水産物輸入会社「魚秀」(大阪市)社長の中谷彰宏容疑者(44)ら8人の逮捕状を取り、15日、偽装ウナギを仲卸ししていた水産物卸売会社「神港魚類」(神戸市)の元担当課長、北本順一容疑者(40)ら数人を逮捕した。他に逮捕状を取ったのは、中谷容疑者から相談を受けて偽装作業を指示した魚秀の非常勤役員で水産物加工会社「土佐海商」(高知県南国市)の元専務ら2人、偽装作業を行った水産物加工会社「大洋水産」(高松市)元専務とその弟ら計6容疑者。いずれも15日中に逮捕する。農林水産省によると、魚秀は今年3~4月、架空会社「一色フード」製を装った中国産のウナギかば焼き約256トンを、東京の商社2社を通じたようにみせかけ神港魚類に7億7000万円で販売。神港魚類はそのうち約49トンを仲卸会社17社に約1億6600万円で販売した。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/195977/

| コメント (0)

☆東急電鉄の電車落書き、外国人ら犯行認める(15日)

0811150241 Noimage_120x901_4 東京・世田谷区の「東急電鉄」二子玉川駅で今年9月、電車がスプレーで落書きをされた事件で、大阪市営地下鉄の車両に落書きをしたとして先月に逮捕されたスロバキア共和国国籍の男ら3人が、二子玉川駅での犯行についても認める供述をしていることがわかった。  大阪府警は、警視庁の協力を得ながら調べを進めている。 http://www.news24.jp/123152.html

| コメント (0)

☆東京・府中市などでセルフ式GSの自動精算機が壊され現金が盗まれる事件が6件相次ぐ

Sp2008111508_531 Logo1                                 東京・府中市や町田市などで、セルフガソリンスタンドの自動精算機が壊され、現金が盗まれる事件が6件相次いだ。15日午前3時すぎ、府中市緑町のセルフガソリンスタンドで、自動精算機がバールのようなものでこじ開けられ、現金およそ7万円が盗まれているのを従業員が発見した。八王子市と町田市のセルフガソリンスタンドでも、同様の手口の自動精算機荒らしがあわせて5件起こっており、警視庁は、同一犯の可能性があるとみて捜査しているhttp://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00144151.html

| コメント (0)

☆会社社長強殺で韓国人再逮捕 世田谷の事件で警視庁(15日)

Banner_logo_051_4 東京都世田谷区で平成15年1月、会社社長の男性が殺害され現金などが奪われた事件で、警視庁組織犯罪対策2課と北沢署は15日、強盗殺人などの疑いで韓国籍の鄭昌龍容疑者(56)=強盗致傷罪などで起訴=を再逮捕した。「やっていません」と否認している。 鄭容疑者は、日韓で強盗や窃盗を繰り返していた韓国人グループの1人。この事件では、すでに4人が強盗殺人罪などで公判中。同課は、さらに別の韓国籍の男(51)が関与しているとみて、行方を追っている。調べでは、鄭容疑者は平成15年1月21日未明、他の韓国籍の男5人と共謀し、世田谷区北沢の会社社長、上野寿幸さん=当時(65)=方に押し入り、上野さんを殺害したうえ、現金約85万円と指輪など47点(時価2370万円相当)を奪った疑い。鄭容疑者は、ガスバーナーで窓ガラスを焼き切る役割だったとみられる。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/195971/

| コメント (0)

☆小学校のガラス割った中学生5人摘発 大阪・堺(15日)

Banner_logo_051_3 15日午前1時40分ごろ、堺市南区若松台の市立若松台小学校の周辺住民から「ガラスが割れる音を聞いた」と110番通報があった。南堺署員が駆けつけたところ、同小校舎1階の窓ガラス31枚が割られていた。近くの公園にいた男子中学生5人が「石や自転車のサドルで割った」と認めたため、同署が器物損壊容疑で摘発した。 調べでは、5人は堺市立中学校の2年生と3年生の男子生徒。先月25日にも近くの中学校の窓ガラスが割られる事件があり、生徒は「自分たちもまねしたかった」と供述しているという。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/195964/

| コメント (0)

☆警察官ひき逃げの17歳少年を逮捕 滋賀県警(15日)

Banner_logo_051_2 滋賀県警大津署の男性巡査長(41)が、ミニバイクにはねられ重傷を負った事件で、同署は15日、傷害と道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで、大津市の無職少年(17)を逮捕した。調べでは、少年は14日午前2時20分ごろ、同市坂本のJR湖西線比叡山坂本駅のロータリー付近で、巡査長が停止を求めたところ、バイクを加速させて巡査長をはね、巡査長に頭の骨を折るなどの重傷を負わせ、逃走した疑い。少年はヘルメットをかぶらず、2人乗りをしていたという。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/195965/

| コメント (0)

☆背任容疑で国民年金基金常務理事ら2人逮捕 警視庁(15日)

Noimage_120x901_3 広報用パンフレットの発注先に約240万円を水増し請求させていたとして、社会保険庁の元幹部で、埼玉県国民年金基金の常務理事ら2人が14日、背任の疑いで警視庁に逮捕された。 逮捕されたのは、埼玉県国民年金基金の常務理事・黒沢博史容疑者(62)と、出版社「社会保険研究所」の営業担当・清裕容疑者(42)。調べによると、黒沢容疑者は、05年から07年にかけて、広報用パンフレットの発注に関して、業者側に、約240万円を水増しして請求をさせ、基金に損害を与えた疑いが持たれている。黒沢容疑者は単価が102円のパンフレットを130円で納入させ、水増し分をキックバックさせていた。キックバックした総額は、去年までの8年間に約500万円に上るものとみられている。黒沢容疑者は容疑を認め、「住宅ローンで生活が苦しく、小遣い代わりに使った」と話しているという。 http://www.news24.jp/123128.html

| コメント (0)

☆ドクターヘリ相互利用を検討 和歌山県が大阪、徳島と

47newslogo1_7 和歌山県は大阪府、徳島県とそれぞれドクターヘリの相互利用を検討している。ヘリが出動や保守点検で不在の際や、傷病者多数の事故が発生した場合の支援が目的。県によると全国でも初めての試みという。県は2003年1月にドクターヘリを和歌山市内の県立医大に配備。07年度は379件の出動があった。ドクターヘリを持たない奈良、三重県の出動要請にも応え、2県合わせて年間10件程度出動している。利用が年々増加する中、ヘリ不在時の要請は年間20件程度あり、課題となっていた。これまで救急車や南紀白浜空港常駐の防災ヘリの活用で対応してきたが、大阪府が今年1月からドクターヘリを導入。徳島県も8月から防災ヘリをドクターヘリとして運用を始めたため、提携を働き掛けた。ドクターヘリの出動エリアは30分以内に到着できる、半径100キロ圏内。和歌山県からは大阪府全域と徳島県南部を除くほぼ全域をカバーできる。大阪府からは紀北、徳島県からは紀中と紀南が対象になりそうだという。4月からの運用を目指し、ヘリ運航の安全対策や搬送病院の把握、形態の違う無線対応などを調整している。県医務課は「実際に応援を頼む機会は少ないと思うが、より安全網が強化される。ヘリで搬送できる傷病者は1人で、大きな事故が発生した場合なども相互利用の利点が生かせる」と話している。また、福井や鳥取など10府県で構成する関西広域連合では、ドクターヘリの広域運用を検討している。
http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=156889

| コメント (0)

☆新人お巡りさん2人お手柄 自転車盗3件立て続け摘発(15日)

Pk2008111502100039_size01 東海署で研修中の堀元直樹巡査(25)と日高絵美巡査(23)が、先月末から今月初めにかけて、東海市内で立て続けに3件の自転車盗を摘発した。大量退職時代で職員の早期戦力化が求められる中、同署の若手育成が着々と成果を上げている。2人は9月に警察学校を卒業し、来年1月25日までの4カ月間、同署で職場実習。地域課研修で交番勤務し、刑事課研修も経て同校に再入学する。堀元巡査は「車が好きで交通違反が許せない」、日高巡査は「人の役に立ちたい」と警察官になり「親しみやすいお巡りさん」を目指している。堀元巡査は今月上旬、2件を摘発。防犯登録が削られた自転車と鍵のない自転車を見つけ、使っている男らがいずれも所有者でないと突き止めた。日高巡査は先月末、知人の47newslogo1_6 自転車を盗んだ中学生を捜し出し摘発した。堀元巡査は「盗品を所有者に返した時の喜ぶ顔が、とても励みになる」と気を引き締める。同署管内の東海、大府両市で今年発生した自転車盗は、10月末までに425件。昨年比で64件減ったものの依然として多く、「歩いて帰るのが面倒」「自分の自転車が盗まれたから」など、身勝手な動機で犯行に及ぶという。2人は「自分が被害者になる可能性もあるので、しっかり施錠してほしい」と訴えている。(田中富隆)http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20081115/CK2008111502000043.html

| コメント (0)

☆たまにはこんなニュースも ダイヤモンド

20081115_07_11

47newslogo1_4 山中湖畔で、夕日と富士山頂が重なる「ダイヤモンド富士」が現れ、多くのアマチュア写真家が湖畔に陣取り、数分間の幻想的なシーンをカメラに収めている。15日まで楽しめるという。 アマチュアカメラマンが集まるのは、湖北岸の県道(通称マリモ通り)沿い。三脚を立てて待機し、太陽がゆっくりと山頂に隠れ始めると次々にシャッターを切っている。村観光課によると、湖畔からのダイヤモンド富士はこの時期と2月に確認できる。毎年訪れているという神奈川県平塚市の藤岡正さん(62)は「いつ見ても素晴らしい。また来年2月に来たい」と話していた。http://www.sannichi.co.jp/local/news/2008/11/15/7.html

| コメント (0)

☆指名手配被疑者捜査強化月間中の全国一斉車両検問実施 日刊警察新聞(15日)

~指名手配被疑者含め1万991件、47人を検挙~

Topbanner01logo1 警察庁はじめ全国の警察では、先週金曜日の午後8時から翌午前5時にかけて、全国の主要幹線道路や繁華街、高速道路の出入り口付近、都府県境付近など約2,800か所で、警察官約2万7,000人を動員して「全国一斉車両検問」を行った。今月中に実施している指名手配被疑者捜査強化月間に合わせて、交通、刑事、生活安全、警備の各部門が連携して行ったもの。その結果、指名手配被疑者を通常逮捕したほか、酒酔い運転で2件(うち逮捕2人)、酒気帯び運転で404件(同16人)など合計1万991件(同47人)を検挙した。http://www.police-ch.jp/news/

| コメント (0)

☆無言110番 一日300回 フィリピン女逮捕 千葉県警(15日)

47newslogo1_3 無言の一一〇番を一日に約三百回繰り返したとして、千葉中央署は十三日、偽計業務妨害の疑いで千葉市中央区新千葉三、フィリピン国籍の無職の女、栗原ジーナ・ラモス容疑者(43)を逮捕した。同署によると、栗原容疑者は「警察をからかいたかった」と供述。昨年一月~今年十月中旬にかけて計約二千回の無言一一〇番をかけていたという。 調べでは、栗原容疑者は十月十日午前一時四十分~同日午後十一時五十分ごろの間、三百十六回にわたって携帯電話から一一〇番に無言電話をかけ、県警の業務を妨害した疑い。すべて無言だっため、県警通信指令課の担当者は、約百回にわたって安否確認の折り返し通話措置を取り続けた。栗原容疑者は十月二十一日に自宅アパートで騒ぎ、注意したアパート管理会社の社員女性を携帯電話で殴って軽傷を負わせたとして、すでに傷害容疑で逮捕され、起訴されている。 http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/society_kiji.php?i=nesp1226644008

| コメント (0)

☆検察 被害者に捜査資料を開示(15日)

News_pic1 犯罪の被害者や遺族が刑事裁判に参加できる制度が来月始まるのにあわせて、検察庁は、被害者などが十分に準備して裁判に臨めるように、証拠の捜査資料を初公判の前に開示することになりました。殺人事件などの被害者や遺族が刑事裁判に参加できる新しい制度は来月1日に始まり、法廷で被告に質問したり刑の重さについて独自に意見を述べたりできるようになります。これを前に、最高検察庁は、被害者や遺族が十分に準備して裁判に臨めるように、希望があったときは初公判の前に証拠の捜査資料を開示することを決め、全国の検察庁に通知しました。最高検によりますと、被害者や遺族が事前に見ることができるのは被告の供述調書や警察の実況見分調書などで、関係者のプライバシーの保護や捜査に支障がないと判断された場合に開示されます。最高検は「被害者や遺族が法廷で被告に質問したりする際に活用してもらい、新しい制度が効果的に運用されるようにしていきたい」としています。http://www3.nhk.or.jp/news/t10015402551000.html

| コメント (0)

☆ひき逃げ:中3少女書類送検 出会い系の男の車で 北海道(15日)

Logo_mainichi1_4 出会い系サイトで知り合った男性の車を無免許運転しひき逃げ事故を起こしたとして、北海道苫小牧署は14日、苫小牧市内の市立中学3年の少女(15)を危険運転致傷と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで札幌地検苫小牧支部に書類送検した。男性は当時助手席に乗っていたが「まさか中学生とは思わなかった。免許があると信じていた」と話しているという。調べでは、少女は9月18日午後7時40分ごろ、携帯電話の出会い系サイトで知り合った苫小牧市内の男性(31)の乗用車を運転。同市旭町1の市道交差点で男性会社員(26)のワゴン車に衝突して軽傷を負わせ、車を放置して逃げた疑い。「車を運転したかった」と供述しているという。最初は助手席に乗っていたが、自ら運転すると申し出て約400メートル走ったところで衝突。「父親に話してくる」とうそを言って逃走した。男性とは8月に知り合い4~5回会い、名前や年齢を隠していたが、同署は携帯の履歴などから少女を割り出した。男性が少女に運転させたのはこの時が初めて。男性についてはおとがめなしだった。【金子淳】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081115k0000m040175000c.html

| コメント (0)

☆西松:元幹部強制捜査へ 業務上横領容疑 東京地検特捜部(15日)

Logo_mainichi1_3 準大手ゼネコン「西松建設」(東京都港区)の元幹部(63)が海外事業で捻出(ねんしゅつ)した同社の資金数百万円を私的に流用した疑いが強まったとして、東京地検特捜部は来週にも、業務上横領容疑で強制捜査に乗り出す方針を固めた模様だ。関係者によると、問題の資金は同社が海外で建設工事を受注した際に捻出されたという。元幹部は当時、海外事業部の副事業部長としてマレーシアやタイなど東南アジアに滞在し、資金作りも担っていたとされる。特捜部は今年6月、海外事業に絡む資金約1億円を税関に無届けで国内に持ち込んだ外為法違反容疑で本社などを家宅捜索した。その後、海外部門や経理部門の担当者らから持ち込みの目的や経緯などについて事情聴取を進めてきたが、この約1億円とは別に、元幹部が海外の資金の一部を私的に使っていた疑いも浮上した。約1億円を巡っては、元幹部が海外から数回に分けて現金で持ちこんでいたとされ、その多くはしばらく社内で保管されていたという。持ち込みには元海外担当副社長が深く関与していたとの証言もあり、特捜部は約1億円の行方について、この元副社長からも聴取を進めている模様だ。民間信用調査会社などによると、西松建設は1937年設立。官公庁が発注する大型土木工事が主力事業で、東南アジアなど海外でも実績がある。06年には和歌山県発注の下水道工事を巡る談合事件で、大阪地検特捜部の捜索を受けた。http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081115k0000m040158000c.html

| コメント (0)

☆秀社長ら8人、本格捜査へ=きょう、不正競争防止法違反-ウナギ産地偽装(15日)

Top_header_logo1 水産物輸入販売会社「魚秀」(大阪市)が中国産ウナギのかば焼きを国産と偽装した事件で、兵庫・徳島両県警合同捜査本部は14日、不正競争防止法違反(虚偽表示)容疑で、同社の中谷彰宏社長(44)ら8人について、15日に本格捜査に乗り出す方針を固めた。 ウナギの産地偽装は農林水産省の調査で発覚。捜査本部は7月、魚秀や取引先のマルハニチロホールディングス子会社で水産物卸会社「神港魚類」(神戸市)の関係先約40カ所を家宅捜索し、捜査を進めていた。ほかに容疑が持たれているのは、魚秀非常勤役員で水産物加工販売会社(高知県南国市)の役員(39)や、偽装ウナギの箱詰めに協力したとされる高松市の元水産物会社専務(44)ら。捜査本部の調べによると、魚秀は中国産ウナギのかば焼きを「愛知県三河一色産」、実際には存在しない「有限会社一色フーズ」を製造元と表示し、神港魚類に販売。同社は関西や北陸、九州地方などの30数社に売ったとされる。 神港魚類で取引にかかわったのは元担当課長(40)。農水省が調査に乗り出す前、魚秀から現金1000万円を提供された。中谷社長は捜査本部の聴取に、偽装を認めた上、1000万円については「偽装協力の報酬」と説明している。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081115-00000014-jij-soci 

| コメント (0)

☆<もてなす君>モテモテ?盗難相次ぎ「なすすべなし」--京都・山科振興のキャラクター(15日)

Logo_mainichi1_2 京都市山科区の山科地域商業ビジョン推進委員会が作った京野菜・山科ナスのイメージキャラクター「もてなす君」が人気を呼び、JR山科駅近辺の商店でビニール製もてなす君の盗難被害が続出。900個を商店街に配った2008111400000032maiallsocithum0001 が、既に約100個が消えた。「人気のバロメーターなのでしょうが」と言いながら、関係者からは「なすすべがない」と悲鳴が聞こえてくる--。山科三条商店街などで構成する委員会が市の補助を得て作製。高さ35センチ、直径23センチ。普通のナスより丸く、紫色の顔にぱっちりした目と口が描かれている。商店街で金物店を営む古川勝也さん(50)が大学時代に学んだ技術を生かしてデザインし、委員長の龍野英次さん(48)が客への思いを名前で表した。商店街で9月27日から約120店が店頭にぶら下げ、当初は客が足を止めて見入る程度だったが、10月6日に4店で約20個がなくなったころから被害が目立つように。1個900円もするだけに損害は甚大。龍野さんは「そう目くじらを立てるわけにもいかず、困っている」とぼやく。商店街では委員会とは別に、04年から毎年キャラクターを作製。今年9月に作った「抱っこちゃんカエル」、06年の「だるま」も多数の盗難被害が出たというが、この二つはそれぞれ、ウインクしたカエル、手足の生えただるまを見つけると抽選券がもらえるという特典付きだった。【古屋敷尚子】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081114-00000032-maiall-soci

| コメント (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺(15日)10件積み残し含む

振り込め詐欺対策:携帯の支払い限定へ カードか口座に

Logo_mainichi1 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルなど携帯電話5社と警察庁は、携帯電話を利用した振り込め詐欺対策で合意し、14日、自民党の「振り込め詐欺撲滅ワーキングチーム」(座長・菅原一秀衆院議員)に報告した。来春以降の新規契約者に対し、料金の支払い方法を口座での引き落としかクレジットカード払いに限定することを合意事項に盛り込んだ。本人確認を徹底し、詐欺グループの割り出しにつなげる。グループは複数の携帯電話を利用し、本人が特定されないようコンビニエンスストアなどで料金を支払うことが多い。支払い方法を制限すれば不正加入の防止に効果が期待されるが、口座やカードを自分だけで作れない中高生などは新たに携帯電話を持てなくなる。一部の利用者からは反発も出そうだ。このほか、1人が同一名義で契約できる回線(電話番号)数を来年夏までに1社当たり5回線に制限。プリペイド携帯を契約する際には顔写真付きの身分証明書を求める。不正利用が発覚して利用停止となった契約者の情報を各社で共有する。警察からの契約者照会に対し、業者側は原則5営業日以内に回答するといった捜査協力も強化する。ただ、警察が求めた通信履歴の保存期間の延長(3カ月から6カ月へ)は「検討を続ける」として調整がつかなかった。 自民党の呼びかけを受け、業界と警察庁は今春から対策を検討してきた。各社は合意事項を自主規制ルールとして順次導入する。【三沢耕平】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081115k0000m040125000c.html

振り込め詐欺対策まとめる~自民党と警察庁<11/15 1:16>

 Noimage_120x901_2 自民党と警察庁などは、証拠を残さない振り込め詐欺が多発していることから、新たな振り込め詐欺防止策をまとめた。偽造免許証で契約した他人名義の携帯電話が多く使われていることから、携帯電話会社は、契約の際に怪しい免許証を警察に照会できることにする。また、09年春以降をメドに、新規契約分は請求書によるコンビニエンスストアなどでの支払いを廃止し、身元確認がしやすい口座引き落としやクレジットカード払いに限定するとしている。 http://www.news24.jp/123127.html

住職も振り込め詐欺防止に一役 秋田県

47newslogo1 秋田県五所川原市末広町の法永寺で十三日、小山田顕裕住職(67)が約二百人の檀家(だんか)に、振り込め詐欺に遭わないようユーモアたっぷりに法話した。http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2008/20081114092529.asp

現金詐取に新たな手口 盛岡で高齢者被害

47newslogo1岡市で、以前に訪問販売などで高額な商品を次々と購入させられた70代の女性が、男性2人組に「顧客情報を消去する」という名目で多額の現金を持ち去られる被害が発生した。県民生活センターによると今月5日、被害者宅に男性2人組が訪れ「あなたの情報が顧客情報として悪質業者の間で流通している」と話し「情報を消去しないと別の業者の被害に遭う可能性がある。消去の手続きに300万円必要」と現金を要求したという。 被害者は手持ちの現金がなかったため、保険を解約するなどして220万円を用意。男たちは現金を受け取り「後日、書類を持参する」と言って立ち去った。契約書面や領収書などの書類は一切なく、男の所属や連絡先が分からないため解約交渉が極めて困難な状況という。同センターは「同じ内容を電話で受けたという相談が盛岡市内でもう1件あった。第三者が顧客情報を抹消する機関や手続きはない。不審な訪問者や電話は相手にせず、速やかに周りの人や相談窓口に相談して」と注意を呼び掛ける。 同センターへの相談は(019・624・2209)へ。http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20081114_5

民生委員を振り込め詐欺防止相談員に委嘱

民生委員を振り込め詐欺防止相談員に委嘱

Topbanner01logo1_2 鹿児島県日置警察署は、管内の振り込め詐欺を未然に防止するため、「管内振り込め詐欺防止相談員制度」を制定した。日置市内の民生委員138人を、林純一朗署長から振り込め詐欺相談員に委嘱し、高齢者などからの相談を受け付けるほか、相談員が高齢者宅等かの訪問に際し、広報チラシの配布、防犯指導と警察と連携した相談対応等を行うもの(写真)。http://www.police-ch.jp/news/

振り込め詐欺防止 電話相談

News_pic1_2 振り込め詐欺の被害を防ごうと札幌の中央警察署は専用の携帯電話を使ってお年寄りの相談に応じる独自の取り組みを始めることになりました。振り込め詐欺の相談を受け付けるのは札幌の中央警察署の生活安全第一課で6人の警察官が24時間、交代で対応します。相談専用の携帯電話の番号は警察官の似顔絵がかかれたチラシに入っていて、中央区内の1400人が参加している老人クラブなどに配られました。生活安全第一課の柴田均課長は、「卑劣な犯行を少しでも食い止めたい。いつでもかまわないので電話をして欲しい」と話していました。一方振り込め詐欺に関する相談は▼道内各地の警察署の代表電話か▼「#9110」でも受け付けていますhttp://www.nhk.or.jp/sapporo/lnews/02.html

振込め詐欺の口座開設で逮捕 静岡県警

News_pic1_3 ことし3月に青森県で起きた振り込め詐欺事件で使われた金融機関の口座をもともと売却する目的で開設していたとして、20歳の無職の男が詐欺の疑いで警察に逮捕されました。逮捕されたのは、住所不定、無職の犯行当時19歳だった20歳の男です。警察の調べによりますと、男はことし1月、もともと他人に売却する目的で函南町の金融機関の窓口で(かんなみちょう)口座の開設を申し込み、預金通帳とキャッシュカードをこの金融機関からだまし取ったとして詐欺の疑いが持たれています。調べに対し、男は容疑を否認しているということです。この口座はことし3月に青森県で起きた振り込め詐欺事件で使われ現金95万円が振り込まれていたことがわかっており、警察では口座の転売先などを詳しく調べています。http://www.nhk.or.jp/shizuoka/lnews/07.html

欽ちゃんがテレビスポットで振り込め詐欺防止

Banner_logo_051_8

「言われるがまま、振り込んじゃダメ~!」。欽ちゃんことタレントの萩本欽一さん(67)が、NHKの振り込め詐欺防止キャンペーンのキャラクターに129987_c1601起用され、15日、東京都渋谷区のNHKで、テレビ用スポットの一部収録を行った。欽ちゃんは「犯人からの指示は、ツッコミで撃退しなきゃね」と、ノリノリで被害防止をアピールした。収録後、NHKで取材に応じた欽ちゃんは「あんまり人の役に立ったことないから」と照れながらも、「振り込む寸前にでも、欽ちゃんを思いだしてくれて防げたら、なんだかうれしいなあ」と切々と語った。
 「ハイハイって聞いてると金を取られちゃう。僕はツッコミだから…みんなも(犯人の要求には)ツッコミしなくちゃ」と、欽ちゃん流の撃退法を伝授。 「もし欽ちゃんが犯人の電話を受けたら」との質問には、「むしろ犯人との会話を楽しみたいね。息子が使い込んだなんて言われてもね、息子がかわいいなんて思ってないから、徹底的にやっつけてくださいって言おうかな」。さらには「僕はATM現金自動預払機)使ったことないからなあ…。もし電話が来たら、相当にわがまま言いますよ。銀行までの車呼んでくれ、ATMのボタン押すヤツ派遣してくれ…。僕に電話したら、お金かかりますよ」などと話し、終始、笑いを誘った。スポットは30秒で、息子を装う手口、社会保険庁職員を装う手口や、自宅でキャッシュカードを回収する手口など全6パターン。欽ちゃんがATMの前などで、視聴者に語りかける。18日から来年3月まで女優、あき竹城さん出演の収録分とともに、NHKの各チャンネルで放送される。(草下健夫)http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/195997/

続きを読む "★日本列島 本日の振り込め詐欺(15日)10件積み残し含む"

| コメント (0)

☆謎の液体混入…駐車場に不審な瓶 北海道釧路市のコンビニ(15日)

Banner_logo_051 14日午前11時すぎ、北海道釧路市鶴ケ岱のコンビニエンスストアから、店の駐車場に「コレラ菌培養液 持ち出し禁止」と張り紙したガラスの小瓶が転がっていると110番があった。釧路署員が回収、釧路保健所が中に入っていた茶色っぽい液体を検査している。釧路署の調べでは、瓶は円柱形で高さ約7センチ、直径2~3センチ。ねじ込み式のキャップ部分にシールが張られ、文字が横書きされていた。同署は医療機関などが紛失した可能性もあるとみて調べている。釧路保健所によると、この培養液が本物だとしても、口にしない限り危険はないという。検査結果が出るまで数日かかるという。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/195834/

| コメント (0)

☆5病院に9回断られ女性死亡 福島・郡山市(15日)

Msn_s1_3 産経ニュース

 福島県郡山市で今年2月、けいれんや嘔吐(おうと)などの症状を起こし救急搬送された無職の女性=当時(82)=が、同市内の5病院に計9回受け入れを断られ、約2時後に死亡していたことが14日、分かった。郡山地方広域消防組合消防本部によると、119番通報があったのは今年2月5日午後11時21分。救急搬送されたが、救急隊の受け入れ要請に対し、市内の5病院が「空きベッドがない」「処置できる医師がいない」などの理由で計9回、受け入れを断ったという。女性は搬送途中で呼吸停止状態となり、6日午前1時9分、郡山市から約40キロ離れた福島市の福島県立医大付属病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。同本部は「悪い条件が重なり、救えなくて残念」としている。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081114/crm0811142122036-n1.htm

| コメント (0)

☆行方不明:宮崎で高2男子 先月20日から((15日))

Logo_mainichi1_2  宮崎市佐土原町下田島、宮崎日大高2年、長友俊樹さん(17)が先月20日から行方不明になっており、宮崎北署は情報提供を呼びかけている。今月7日から公開捜索に踏み切ったが、現時点で有力な情報は寄せられていない。北署によると、長友さんは先月20日午前10時ごろ、1時間目の授業後に行方がわからなくなった。164センチ、64キロ。黒髪で、白シャツに紺色ズボンの制服姿。携帯電話は持っておらず、カバンと自転車を学校に置いたままで、所持金もわずかとみられる。知人らによると、まじめでおとなしい性格だが、最近は悩んでいる様子もあったという。情報提供は宮崎北署生活安全課0985・27・0110まで。【川上珠実】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081115k0000m040076000c.html

| コメント (0)

☆「貴金属出張買い取り」に注意! 群馬県内で急増中 知らぬ間に違法行為(15日)

Banner_logo_051_11 広告などで見かけることの多い貴金属の「出張買い取り」。店に出向く手間が省けるために人気の売却システムだが、売り手の自宅以外の場所での買い取りは違法。昨冬以降、ホテルなどで買い取りした業者の摘発が続く。都内の業者らが群馬県内に狙いを定めて増加しているほか、米サブプライムローン問題による金価格の下落も背景にあるという。気づかないうちに、あなたも違法行為にかかわっているかもしれない-。(時吉達也) 群馬県警生活安全企画課によると、貴金属の出張買い取り業者は昨年から急増。昨年11月にみどり市内の業者が渋川市内の雑貨店で、2月には都内の業者が伊香保温泉のホテルで、出張買い取りしたとして県警に摘発され、営業停止処分などを受けた。今月には、甘楽町の文化会館などで貴金属を買い取ったとして、みなかみ町の貴金属販売会社「Tyu Tyu」社長(39)が県内で初めて逮捕される事態も起きている。「Tyu Tyu」が買い取り会場として利用していた吉井町産業文化会館では、同社が6月から9月中旬まで、月に6日程度の頻度で利用していたほか、1~2カ月に1度、別の業者も「出張査定」名目で部屋を借りているという。 県内で「出張査定」が増加していることについて、高崎市内の貴金属販売会社社長は「出張買い取りは、まだ手が付けられていない“未開の金鉱”の地域を探す仕事。昨年から、群馬の山間部などがターゲットになっている」と分析する。違法な場での買い取りを行う業者が後を絶たない背景には、利用者側の需要もあるという。この社長は「親の形見やプレゼントされた宝石など、人目につかないところで換金したいという人は少なくない。『小遣いを渡していないように見られる』と嫁からしかられる、とこぼす高齢者もいる」と明かす。さらには、今夏以降の米サブプライムローン問題による金価格の急落が違法取引に足を踏み入れる業者を増加させているという指摘もある。7月に3300円を超えた東京工業品取引所の金先物価格は現在、1000円以上も下落し、買い取り業者の経営を圧迫。県警に逮捕された社長も調べに対し「違法とは分かっていたが、やらなければ経営が成り立たなかった」と話している。 同課では「公民館などでの売買が違法であることを知り、犯罪行為にかかわらないよう注意してほしい」と違法出張買い取りの利用に警鐘を鳴らしている。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/195674/

| コメント (0)

« 2008年11月14日 | トップページ | 2008年11月16日 »