« 2008年11月11日 | トップページ | 2008年11月13日 »

2008年11月12日

2008年11月12日 (水)

☆救出男性「火薬調合で爆発」=2人死亡、5人重軽傷-東京・神宮前の火災、警視庁(12日)

Jij1_2  東京都渋谷区神宮前の爆発火災で、警視庁原宿署などは12日午後、火元となった現場から2人の遺体を発見した。横山信一さん(60)の自宅兼事務所で、遺体は母喜代子さん(88)と妻洋子さん(55)と確認された。横山さんはテレビや映画の特殊効果音などを手掛ける「ブロンコ」を経営。火薬類を扱っており、救出された際、「火薬調合中に爆発した」と説明。同署が詳しい経緯を調べている。横山さんは顔面にやけどを負うなどして重体。長男(29)や次男(23)ら4人が軽傷とみられる。調べによると、横山さん方は3階建てで、6人暮らし。横山さんは1階の作業場で仕事をしていた。長男と次男は3階にいたが、爆発音に気付き、2階ベランダから飛び降りた。喜代子さんは1階に、洋子さんは2階にいたという。 喜代子さんは1階風呂場で発見され、一酸化炭素中毒で死亡した疑いがある。洋子さんは2階リビングで見つかった。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081112-00000121-jij-soci

| コメント (0)

☆偽造カードで中国人ら摘発 警視庁(12日)

News_pic1_8 柏市の中国人らのグループが偽造されたクレジットカードを使って家電量販店で買い物をし商品をだまし取ったなどとして逮捕されました。逮捕されたのは柏市の中国人、何加華容疑者(37)や日本人と中国人の男女あわせて9人です。警視庁の調べによりますと、何容疑者らはことし3月、偽造されたクレジットカードを使って東京・品川区の家電量販店からオーディオプレーヤー1台をだまし取ったなどとして詐欺などの疑いが持たれています。何容疑者は日本人の男4人にカードを渡して買わせた家電製品を東京都内の買い取り店に持ち込んで購入金額の70%ほどで売りさばき、今年1月から5月までに少なくとも1500万円分の電気製品をだまし取っていたということです。何容疑者の立ち回り先からカードを偽造する機械などが押収されており警視庁は自分たちで偽造も行っていたとみて調べています。http://www.nhk.or.jp/chiba/lnews/02.html

| コメント (0)

☆児童ポルノで男3人を逮捕 埼玉県警(12日)

News_pic1_5 国際的な児童ポルノのまん延を助長していると指摘されているインターネットのファイル交換ソフトを使って、児童ポルノの動画を不特定多数の人が入手できるようにしていたとして、会社員の男ら3人が逮捕されました。警察の調べによりますと、男らのパソコンにはそれぞれ1000種類以上の動画がK10053354611_011 保管され、国内外から1日に1万件以上のアクセスがあったということです。逮捕されたのは、広島県三次市の会社員宍戸満容疑者(37)と、和歌山市の団体職員、植田一石容疑者(27)、それに、東京・昭島市の会社員、菊地清彦容疑者(36)の3人です。埼玉県警察本部の調べによりますと、3人は、インターネットのファイル交換ソフト「eMule」(イーミュール)に児童ポルノの動画ファイルを保管し、不特定多数の人が入手できるようにしていたとして、児童ポルノ禁止法違反の提供目的所持の疑いがもたれています。調べによりますと、警察が押収した3人のパソコンには、いずれも動画ファイルが1000種類以上保管され、多い日にはそれぞれ1日で国内外から1万件以上のアクセスがあったということです。「eMule」は、ほかの人とやり取りした情報が多ければ多いほど情報を交換できる順番が早くなり、ファイルがすばやく手に入るようになるため、児童ポルノのまん延を助長しているとして国際的に問題となっています。調べに対して、宍戸満容疑者は「珍しい動画がほしかったため、無料で入手できる『eMule』を使った」と供述しているということで、警察は、日常的に大量の児童ポルノを流出させていたとみて捜査しています。http://www3.nhk.or.jp/news/t10015335461000.html

| コメント (0)

☆都内の出会い喫茶摘発 禁止地域で営業容疑(12日)

Logo3_2 禁止地域で風俗店を営み、買春させたなどとして、警視庁は、出会い喫茶「ラヴァーズ」の巣鴨本店(東京都豊島区)経営北島慶一容疑者(51)=同区南大塚1丁目=と、都内計4店の従業員の男女11人を風営法違反(禁止区域営業)と売春防止法違反(周旋・場所提供業)の疑いで逮捕したと12日発表した。出会い喫茶(カフェ)は「見知らぬ男女の出会いの場」を宣伝文句に各地の繁華街で急増。売買春や児童買春の温床と指摘されているが、従業員による接待行為がないため風営法の対象外とされてきた。しかし、警視庁は、ラヴァーズが男性客から料金を取った上で、店内で女性による性的な接客をしたと判断。出会い喫茶への風営法による摘発は全国初とみられる。保安課と生活安全特別捜査隊などによると、ラヴァーズは首都圏に18店舗を展開。北島容疑者らは11日、禁止区域にもかかわらず、客に個室を提供し、風俗店を営んだ疑いなどがある 出会い喫茶は7年ほど前に登場。雑誌を読んだり飲み物を飲んだりしながら、客同士で気に入った異性と店外でデートすることを建前にしているが、店舗型風俗店と変わらない営業を行っている店も多いとされる。警視庁では5月、女子高生を出入りさせた池袋の店の店長ら9人を都デートクラブ規制条例違反の疑いで逮捕し、その後、デートクラブとして届け出るよう指導した。埼玉県警は10月、さいたま市の店の店長を売春防止法違反(周旋)容疑で逮捕。京都府や神奈川県では規制条例が可決している。 http://www.asahi.com/national/update/1112/TKY200811120193.html

| コメント (0)

☆大麻所持17歳逮捕 ネットで種子、栽培も(12日)

Ryu1 九州厚生局沖縄麻薬取締支所は11日、大麻を自宅で栽培し乾燥大麻を所持していたとして、糸満市のアルバイトの少年(17)を10月27日に大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕したと発表した。少年は容疑を認めており、同28日に同容疑で送検され、12日大麻栽培の容疑で追送検される。少年はインターネットを通じて種子を購入したとされ、有識者からは未成年が簡単に有害サイトに接続できる環境の危険性を指摘する声が上がっている。調べでは、少年は自宅で乾燥大麻4・111グラムを所持し、大麻草を土植えと水耕で、それぞれ1株ずつ計2株を栽培していた疑い。同支所は、少年が大麻種子販売業者からインターネットにより大麻の種子を購入した情報を入手し、10月27日に少年の自宅を家宅捜索して少年を現行犯逮捕した。同支所は乾燥大麻と大麻草以外に、大麻たばこ0・063グラム、大麻を吸煙する器具や栽培する器具を押収した。県内では、10月1日に本島中部の男子高校生(17)が大麻取締法違反(所持)容疑で沖縄署に逮捕されており、今月5日には厚生労働省と県が主催する第20回麻薬・覚せい剤乱用防止運動沖縄地区大会が開かれた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081112-00000013-ryu-oki

| コメント (0)

☆覚せい剤 330キロ押収 インドネシア人ら逮捕 福岡(12日)

Logo_mainichi1 福岡県警と第7管区海上保安本部(北九州市)の合同捜査本部は12日までに、同市門司区の門司港に入港したシエラレオネ船籍の貨物船「UNIVERSAL」に、覚せい剤約330キロ(末端価格約220億円相当)を隠し持っていたとしてインドネシア人乗組員ら12人を覚せい剤取締法違反容疑で逮捕した。暴力団関係者が関与している可能性もあるとみて捜査している。同本部の調べなどによると、逮捕は11日。インドネシア人乗組員らは同船内で段ボール箱十数個の中に覚せい剤約330キロを隠し持っていた疑い。この船は中国を経て今月10日朝に門司港に入り、15日に再び中国の港に向かう予定だったという。7管と福岡県警は、大量の覚せい剤を国内に運び込み、売りさばく経路で暴力団関係者がかかわっている可能性が高いとみている。警察庁によると、国内での過去の覚せい剤押収量で最も多かったのは564キロ(99年)。以下、528キロ(96年)、312キロ(98年)の順だという。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081112-00000009-maip-soci

日本人2人も逮捕=貨物船の覚せい剤330キロ-北九州

11月12日18時59分配信 時事通信

 北九州市の門司港に入港した貨物船から覚せい剤約330キロが見つかった事件で、第七管区海上保安本部や福岡県警などの合同捜査本部が、覚せい剤を譲り受けようとしたとして、覚せい剤取締法違反の疑いで、日本人2人を逮捕していたことが12日、分かった。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081112-00000135-jij-soci

| コメント (0)

☆渋谷の爆発火災 火元住宅から2遺体、母と妻か(12日)

Banner_logo_051_4 東京都渋谷区神宮前で12日発生した爆発火災で、火元の住宅から2遺体が見つかった。この住宅に住むイベント会社「ブロンコ」経営、横山信一さん(60)の母、喜代子さん(88)と妻、洋子さん(55)の行方が分かっておらず、警視庁原宿署は2人の遺体とみて身元確認を急いでいる。同署によると、遺体は1階風呂場と2階リビングからそれぞれ見つかった。出火当時、喜代子さんは1階に、洋子さんは2階にいたという。また、けが人は横山さんら3人のほか、消火活動に当たっていた消防隊員1人が足に切り傷を負っていたことが新たに判明、計4人となった。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/195006/

| コメント (0)

☆36万円タクシー無賃乗車逮捕 700キロ車中泊「疲れました」運転手 茨城県警(12日)

Banner_logo_051_3 茨城県警土浦署は12日、兵庫県姫路市からかすみがうら市までタクシーに無賃乗車した詐欺の疑いで、住所不定、無職、益子和久容疑者(23)を逮捕した。益子容疑者は同市に到着しても、金を払うそぶりを見せつつタクシーを転々とさせ、運転手とともに車中で2泊。結局、走行距離は約700キロ、運賃は約36万7000円にのぼった。調べでは、益子容疑者は9日午後9時ごろ、JR姫路駅前でタクシーに乗車。「友人や親類が向こうにいるからお金が払える」と説明し、土浦市の神立駅まで行くようと男性運転手(60)に指示した。タクシーは名神、東名高速道などを経由し、約12時間かけて神立駅に到着。しかし、益子容疑者は「親類のところへ行く」などと別の場所に行くように指示。運転手は不審に思ったが「お金をもらわないと帰れない」と思い、指示に従った。2人は約2日間、桜川市、石岡市、かすみがうら市を車中泊をしながら転々とした。その間、益子容疑者は知人に電話をかけたりしながら、金策に走ったがすべて断られていたという。食事は運転手がコンビニなどで弁当を買い、益子容疑者の分も買ってあげていた。「この人は金を払えない」。運転手が決断を下しのは12日午前5時ごろ。土浦署に通報し、駆けつけた署員が益子容疑者を署に任意同行した後、逮捕した。逮捕時の益子容疑者の所持金は0円だった。益子容疑者は桜川市の出身。最近まで兵庫県内の友人宅にいたが「追い出された」といい、取り調べでは「すいませんでした」と涙を流しているという。結果的に3日間通してタクシーを走らせられた運転手は事情聴取が終わると、「疲れました」と言い残し、姫路へ帰っていったという。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/195058/

| コメント (0)

☆偽札使用容疑で手配の男を逮捕(12日)

47newslogo1 【帯広】群馬県警は十一日、帯広署が偽造通貨行使の疑いで全国に指名手配していた、群馬県高崎市十文字町、無職小野浩恒容疑者(43)を逮捕、身柄を帯広署に押送した。帯広署によると、小野容疑者は二〇〇六年一月十六日、共犯とみられる男(46)=服役中=と帯広市内の書店で携帯ゲーム機二台(計約五万円相当)を購入する際、偽の一万円札五枚を使用した疑い。 小野容疑者は「書店には行ったが、(使ったのが)偽札だと知らなかった」と容疑を否認しているという。共犯とみられる男は〇六年一月、偽造通貨行使の疑いで逮捕され、供述から同年三月、小野容疑者が指名手配された。帯広署は余罪や偽札の入手ルートを調べている。 事件当時、帯広市や釧路市などで偽造一万円札が使用される被害が十数件相次いでおり、書店で使われた五枚は〇五年一月に北海道神宮で大量に見つかった偽札の記番号と一致している。 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/society/128613.html

| コメント (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺(12日)6件

振り込め詐欺で3人逮捕

News_pic1_2 兵庫県に住む60代の女性に、息子を装って電話をかけ、会社の金を使い込んだなどとウソを言って現金およそ300万円を振り込ませたとして、無職の男ら3人が詐欺の疑いで逮捕されました。逮捕されたのは、住所不定・無職の高野忍容疑者(24歳)、東京・新宿区の無職、森豊彦容疑者(23歳)、それに東京・杉並区の無職、平田竜斗容疑者(21歳)の3人です。警察の調べによりますと、高野容疑者ら3人は、ことし9月、兵庫県に住む当時60歳の女性に、息子を装って電話をかけ、「会社の金を使い込んだ」などとウソを言って、現金325万円を振り込ませた詐欺の疑いが持たれています。警察の調べに対して、3人は、「生活費と遊ぶ金が欲しかった」と容疑を認めているということです。警察では、高野容疑者らが「インターネットの電話帳を使って電話をかけまくった」と話していることから、ほかにも余罪があると見て調べています。http://www.nhk.or.jp/kyoto/lnews/06.html

給付金 振り込め詐欺に注意

News_pic1_4 追加の経済対策の柱となっている給付金について、警察庁は、給付金をめぐる振り込め詐欺が起きるおそれがあるとして、注意を呼びかけています。警察庁は、11日に発足した関係省庁による給付金の実施本部に参加し、給付金の制度が振り込め詐欺などの犯罪に悪用されないための対策を検討しています。最近の振り込め詐欺では、「納めすぎた税金や年金を返す」とうそを言って、ATM=現金自動預け払い機まで誘い出し、言葉巧みに金をだまし取る「還付金詐欺」と呼ばれる手口がありますが、今後、これと同じように「給付金を支給する」と言って金をだまし取る、新たな手口が想定されるとしています。さらに「寝たきりのお年寄りの代理で給付金を受け取りに来た」などと、他人になりすます「なりすまし詐欺」のおそれがあるほか、家族の人数を実際よりも多く申告して多額の給付金を受け取ろうとする、詐欺のおそれもあるとしています。警察庁は、給付金を支給する際の本人確認の方法などについて、注意点をまとめるとともに、給付金をめぐる詐欺に注意するよう呼びかけています。http://www3.nhk.or.jp/news/t10015333861000.html

口座開設の男女4人を起訴

News_pic1_6 旭川市のコンサルタント会社社長が、主婦らに振り込め詐欺に使う口座を開設させていた事件で、旭川地方検察庁は旭川市の男女4人を、金融機関から通帳などをだまし取った詐欺の罪で起訴しました。起訴されたのは、いずれも旭川市に住むトラック運転手、今井和浩被告(47)と妻の久美子被告(46)、それに中古車販売業の田中昌範被告(31)と妻の広恵被告(42)の4人です。4人はことし5月、旭川市の銀行や信用金庫で転売目的で口座を開設し、通帳とキャッシュカードをだまし取った詐欺の罪に問われています。これまでの調べによりますと、4人が開設した口座は、旭川市のコンサルタント会社社長、山内和彦容疑者(36)に譲渡され、その後、東京などで起きた振り込め詐欺事件で金の振込先として使われていたということです。これまでの調べに対して、今井被告らは「山内社長に『通帳を持ってくれば買い取る』と持ちかけられ、借金があったためにやってしまった」などと供述しているということです。http://www.nhk.or.jp/sapporo/lnews/05.html

振り込め詐欺の口座開設で逮捕 福島県警

News_pic1_7 振り込め詐欺の振込先として使われた口座の一部が須賀川市内の金融機関で不正に開設されたものとわかり口座を開設した須賀川市内の46才の女が12日でに詐欺の疑いで逮捕・起訴されました。逮捕・起訴されたのは、須賀川市の無職木下美千子被告46歳です。木下被告は、去年8月中旬、須賀川市内の2つの金融機関で、他人に譲り渡す目的で、それぞれ1つずつ預金口座を開し通帳とキャッシュカードをだし取ったとして詐欺の疑いで逮捕され、その後、起訴されました。須賀川警察署の調べによりますと木下被告は、複数のヤミ金融に借金があり、金融業者を名のるダイレクトメールの連絡先に電話したところ借金返済の手段として不正な口座の開設をもちかけられたということです。
通帳とカードは3万円ほどで売っていました。2つの口座には、東京と広島に住む振り込め詐欺の被害者の金があわせておよそ260万円振り込まれ、東京の被害者が、口座の凍結を依頼したことから今回の事件が発覚したということです。木下被告は不正な口座の開設を認め、ほかにも数件やったと供述しているということで警察で裏付けを進めるとともに口座の開設を指示した人物についても捜査していますhttp://www.nhk.or.jp/fukushima/lnews/03.html

続きを読む "★日本列島 本日の振り込め詐欺(12日)6件"

| コメント (0)

☆自転車で会社員ひき逃げか 茨城県警(12日)

News_pic1 11日午前、取手市の路上で女性が頭から血を流して倒れているのが見つかり、その後、現場に戻ってきた会社員の男が「自転車で人をはねたがこわくなって逃げた」と供述していることなどから警察はひき逃げなどの疑いで現場の状況をくわしく調べています。11日午前零時15分ごろ取手市寺田の国道で女性が頭から血を流して倒れているのを通りがかった人が見つけ警察に通報しました。女性は頭を骨折する大けがをし、病院で手当てを受けていて、警察の調べで取手市西に住む佐藤幸子さん(61)とわかりました。その後、警察が現場に妻とともに訪れた取手市新取手の37歳の会社員の男から事情を聞いたところ、「自転車に乗っていたところ人と接触してお互いが倒れた。こわくなって逃げた」と話しているということです。会社員も顔の骨を折る大けがをしていて病院で手当てを受けています。
現場は下り坂の途中で警察は会社員の男が自転車で佐藤さんをはねたあとその場から逃げた疑いがあるとみてひき逃げと重過失傷害の疑いで現場の状況をくわしく調べています。
http://www.nhk.or.jp/mito/lnews/02.html

| コメント (0)

☆下着盗んだ容疑で60歳巡査部長を逮捕 鹿児島県警(12日)

Logo3 女性宅の敷地内にミニパトカーを止めて下着を盗んだ疑いがあるとして、鹿児島県警は11日、県警霧島署地域課陵南駐在所(同県霧島市溝辺町)勤務の巡査部長、相良健一容疑者(60)を住居侵入と窃盗の疑いで逮捕した。 発表によると、10日午後4時ごろ、霧島市内の50代の女性宅に侵入し、物干し場に干してあった女性の下着1枚を盗んだという逮捕容疑。相良容疑者は「魔が差した」と容疑を認めている、と県警は説明している。県警によると、相良容疑者は霧島署での業務を終え、ミニパトカーで陵南駐在所に帰る途中、女性宅の敷地内にミニパトカーを止め、盗んだ下着をポケットに入れようとしたところを外出先から帰ってきた女性に見つかった。相良容疑者は下着を物干し場に戻した。「見られたかなと思って、返さないといけないと思った」と話しているという。 女性は以前に別の窃盗被害にあったことがあり、相良容疑者とは顔見知りだったという。女性が被害届を出した。県警では先月16日にも、機動隊所属の巡査(24)が勤務を抜け出し、パトカー内で少女(17)にみだらな行為をしたとして県青少年保護育成条例違反容疑で逮捕された。 http://www.asahi.com/national/update/1111/SEB200811110017.html

| コメント (0)

☆毒ヘビ「全国捜索網」 愛好家20人調査へ 無許可飼育での立件視野 (12日)

Msn_s1 産経ニュース

東京都調布市のペットショップが、飼育に許可が必要な毒ヘビを全国に販売していた事件に絡み、関係する全国の警察本部が毒ヘビなどを購入していた愛好家約20人について、飼育実態などの現況調査に乗り出すことが11日、分かった。全国の愛好家が毒ヘビを購入していた実態は警視庁の捜査で判明。警視庁から報告を受けた警察庁が調査を指示したもので、全国の警察本部は無許可飼育が確認されれば動物愛護法違反(無許可飼養)の疑いで立件する。調査対象となるのは、調布市のペットショップ「黒い森」の経営者、阪東直樹被告(37)=動物愛護法違反罪(無許可保管)などで起訴=から毒ヘビなど飼育に許可が必要な動物を購入した北海道や宮崎県などの愛好家約20人。警視庁によると、同店はコブラ科の「グリーンマンバ」「トウブブラウンスネーク」など猛毒で知られる毒ヘビを販売していた。アフリカや北アメリカの原産が多く、人に危害を与える恐れがあるとして、国内では動物愛護法に基づく「特定動物」に指定され、飼育には都道府県知事の許可が必要となっている。しかし、希少な野生動物の国際的な取引を規制する「ワシントン条約」で指定されている種類以外のヘビは正規に輸入することが可能。実際、阪東被告は扱っていた毒ヘビについて「正規の通関手続きを経て、ケニアやエジプト、米国から輸入した」と供述した。ただ、研究機関などを除いて都道府県知事の飼育許可が下りることはほとんどない。このためペットショップやインターネットを通じて“闇”で売買されているとみられる。阪東被告は4年ほど前から爬虫(はちゅう)類を扱うペットショップを始め、インターネットなどで全国に毒ヘビを販売。これまでに1億円を売り上げたという。同店から毒ヘビを購入した東京都渋谷区の港湾作業員の男(41)=動物愛護法違反罪で起訴=が今年7月、毒ヘビに噛まれて自ら119番通報し、警視庁の捜査で阪東被告が毒ヘビを販売していたことが判明した。その後の阪東被告の供述や押収資料などから、毒ヘビが全国に売られていたことが判明、警視庁は埼玉県や北海道の愛好家が大量に飼育していたヘビを押収した。さらに、全国の愛好家に数匹単位で販売された可能性が高いと報告を受けた警察庁が、全国の警察本部に指示し、毒ヘビが現在も飼育されているかなど飼育状況の調査を指示した。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081112/crm0811120133002-n2.htm

| コメント (0)

☆「2施設に硫化水素まく」=区長あてに「予告状」-脅迫容疑で捜査・警視庁(12日)

Jij1 東京都江東区の2施設に硫化水素をまくとした「予告状」が、同区長あてに届いていたことが11日、分かった。同日が予告日で、警視庁深川署は警戒を強化した上で、悪質とみて脅迫容疑で捜査している。調べなどによると、6日午前、区役所に区長あての封書が届いたため、開封したところ、「予告状」とのタイトルで、「11月11日にティアラこうとうとカメリアプラザに硫化水素をまく」とワープロで書かれた紙1枚が入っていた。差出人の名前はなく、5日付の王子郵便局の消印だった。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081111-00000220-jij-soci

| コメント (0)

☆74か国連携でネット児童ポルノ摘発、埼玉県警が2人逮捕 読売新聞(12日)

インターネットのファイル交換ソフト「eMule(イーミュール)」で、児童ポルノの動画を海外のユーザーらに提供する目的で所持していたとして、埼玉県警が男2人を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(提供目的所持)容疑で逮捕したことがわかった。世界中で広く利用されている交換ソフトによる児童ポルノの摘発は、国内では初めて。ネット上の児童ポルノを巡っては、日本を含む世界74か国が連携して根絶に向けて動き始めており、今回の摘発もその一環。県警は、ほかにも関東地方の男数人の自宅などを同容疑で捜索し、押収したパソコンのデータの解析を進めている。捜査関係者によると、逮捕されたのは和歌山市関戸、団体職員植田一石(27)、広島県三次市下志和地町、会社員宍戸満(37)の両容疑者。2人は今年9~10月、10歳前後の女児が映った児童ポルノ動画を、世界中の不特定多数のユーザーに提供する目的でeMuleの「共有フォルダー」に保存した疑い。調べに対し2人は、「動画が海外のユーザーの手に渡ることや、違法だという認識はあった。動画はネットを通じて手に入れた」と供述しており、県警で入手先を追及している。県警によると、ファイル交換ソフトを利用した児童ポルノの摘発は、提供先が海外に及ぶうえ、他国の捜査当局と連携が取りにくいことから立件が難しい。今回は、海外の捜査機関から「eMuleを介して、日本から児童ポルノが世界中に流出している」との情報を得て捜査を開始。児童ポルノの動画をeMuleに送信していたユーザーを突き止め、自宅などを捜索した。海外から、日本は規制が緩く、児童ポルノの流出源になっていると指摘されていることもあり、捜査当局は、今月25~28日にブラジルで開かれる第3回「児童の性的搾取に反対する世界会議」で、国内での児童ポルノ摘発への取り組みについて報告する。 最終更新:11月12日3時15分

読売新聞

| コメント (0)

☆「中国で臓器仲介」邦人代表を聴取へ…営利目的の疑い 読売新聞独自(12日)

神奈川県警など警察当局は、中国で日本人への臓器移植仲介事業を手掛けていた「中国国際臓器移植支援センター」(本部・遼寧省瀋陽市)の長瀬博之代表(52)について、週内にも臓器移植法違反容疑で事情聴取する方針を固めた。同センターの業務が営利目的での臓器のあっせんを禁じた同法に違反する疑いが強いと判断した。警察庁も今後、中国公安当局に捜査協力を要請する方針で、日中両国をまたにかけた臓器提供ビジネスの刑事責任追及に向け、本格捜査に乗り出す。同センターは2004年からインターネット上のホームページ(HP)で、腎臓の移植希望者の募集を始め、申し込んだ日本人に、中国人の臓器提供者をあっせん。移植手術は、提携先の上海や瀋陽の病院で中国人医師が執刀していた。HPの説明では、費用は手術代も含め腎移植が780万円以上で、肝移植は1300万円以上に上る。この事業を巡って、中国の瀋陽市公安局は昨年9月、〈1〉法人登記の業務範囲の逸脱〈2〉臓器売買を禁じる中国衛生省の関連規定違反--の疑いで長瀬代表を逮捕した。しかし起訴段階では罪状が「虚偽広告罪」に切り替わり、先月30日、瀋陽市中級人民法院(日本の地裁に相当)が懲役1年2か月、罰金10万元、国外追放の判決を言い渡した。刑期が今月10日に満了になったため、長瀬代表は11日夕、帰国。成田空港に到着直後、読売新聞の取材に「これまで108人の移植の仲介をした」などと語った。警察当局では、中国の裁判で臓器移植の仲介行為が審理されていないことから、同じ事件を2度裁くことを禁じた「一事不再理」にはあたらないと判断。厚生労働省と協議のうえ、長瀬代表が中国渡航前に神奈川県内に住んでいたことから、同県警を中心に捜査を進めることにした。 国内の臓器移植希望者は1万人を超え、海外での移植を目指す人も多い。厚労省研究班の2年前の調査によると、中国では少なくとも106人の日本人が腎臓移植を、14人が肝臓移植をしていたことが判明している。警察庁は、すでに国際刑事警察機構(ICPO)を通じ中国側に捜査結果を照会するなど、長瀬代表の仲介で移植手術を受けた日本人と中国人臓器提供者の特定を急いでいる。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081112-00000003-yom-soci

読売新聞

| コメント (0)

☆南アフリカルート覚醒剤密輸 関空で摘発(12日)

Banner_logo_051_2 南アフリカから覚醒(かくせい)剤約250グラム(末端価格約1500万円)を持ち込もうとしたとして、大阪税関関西空港税関支署と関西空港署は11日、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)などの疑いで、自称南アフリカ国籍の女、レペルサン・ペイシェンス・レラト被告(25)=同法違反罪で起訴済み=を逮捕した。同支署によると、南アフリカからの営利目的による覚醒剤密輸入が日本の空港で摘発されたのは初めて。調べでは、レペルサン容疑者は今年10月20日、カタール経由で南アフリカから関西空港に到着した際、7袋に分けた覚醒剤を体内に隠して持ち込んだ疑い。レペルサン容疑者は、南アフリカでナイジェリア人の組織から密輸入を依頼され、空港には日本人が出迎えに来ると聞かされていたと供述し、「報酬目的だった」と容疑を認めているという。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/194815/

| コメント (0)

☆サーバー管理者、異例の逮捕 着うたフル違法配信事件(12日)

Banner_logo_051  携帯電話用のインターネット音楽配信サイト「第(3)世界」を通じた「着うたフル」の違法配信事件で、京都府警ハイテク犯罪対策室は11日、違法と知りながらサーバーを使用させたとして、著作権法違反幇助(ほうじょ)容疑で、レンタルサーバー管理会社「エーウォーカー」(兵庫県芦屋市)役員、小口拓容疑者(30)=神戸市東灘区=を逮捕した。著作物の違法配信事件でサーバー管理者を摘発するのは異例。小口容疑者は「違法だと分かっていた」と容疑を認めているという。調べでは、小口容疑者は9月上旬、同社のサーバーに、同サイトのパスワード認証や曲目リストなどの画面データを記録することで洋楽1曲の違法配信を助けた疑い。府警はサイトの開設当初から同社がサーバーを提供していたとみており、小口容疑者はサイト側に「(違法行為が)目立たないようにしてほしい」などと注意していたという。
 一方、京都地検は11日、著作権法違反罪でサイト運営者の無職、藤本継矢(28)▽曲をアップロードした会社員、松岡隆司(53)の両容疑者を起訴。京都府警は同日、別の楽曲配信をめぐる著作権法違反容疑で2人を再逮捕した。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/194795/

| コメント (0)

☆秋田県警:任意同行の男が逃走…信号待ちの捜査車両から(12日)

Logo_mainichi1_3 秋田市内のパチンコ景品交換所で、偽造品とみられる景品で換金を繰り返していた男を秋田県警の警察官が任意同行する際、男が捜査車両から逃げ出していたことが分かった。県警によると7日午後9時ごろ、景品交換所で何度も換金する不審な男に、隣接するパチンコ店の店員が気付き通報。駆けつけた秋田東署員が詐欺の疑いがあると判断し、署で事情を聴くため男を捜査車両の後部座席右側に座らせた。しかし、信号で停車した際、男はすきをついて逃走したという。車には警察官3人が乗っていたが行方を見失った。7日夜は、同じ手口で市内の他の景品交換所2店で約300万円が、8日には山形県尾花沢市の景品交換所で約320万円が換金されている。高橋登・秋田県警刑事部長は「任意同行を拒否された。現行犯逮捕する事案ではなかった」と説明している。【野原寛史】

| コメント (0)

☆偽札使用容疑で高校生を逮捕 新ひだか(12日)

47newslogo1_6 【新ひだか】日高管内新ひだか町内の雑貨店で偽五千円札を使ったとして、静内署は十一日、偽造通貨行使の疑いで、日高管内の高校一年の少年(15)を逮捕した。調べでは、少年は十日夕、雑貨店で菓子パン一個を買う際、偽五千円札を使った疑い。 少年はこれに先立ち、別の店で偽五千円札を使おうとして店主に不審がられたため、札を取り返して立ち去っていた。通報で張り込んでいた同署員が、二軒目の店で偽札を使おうとしたところで任意同行を求めた。 少年は偽五千円札の使用を認めており、同署は入手経路や動機を調べている。また、同町内では今月に入り、偽の五千円札と千円札各一枚が見つかっており、関連を調べている。http://www.hokkaido-np.co.jp/news/society/128501.html

| コメント (0)

☆大阪府HPが2時間閲覧不能 サイバー攻撃で(12日)

47newslogo1_4 大阪府は11日、府のホームページ(HP)が午前8時ごろから約2時間、閲覧できなくなるなどの障害が発生したと発表した。府によると、外部から大量のアクセスを集中させてHPに接続できなくするサイバー攻撃を受けたという。府は警察に被害届を出すことを検討している。

| コメント (0)

« 2008年11月11日 | トップページ | 2008年11月13日 »