« 2008年11月7日 | トップページ | 2008年11月9日 »

2008年11月8日

2008年11月 8日 (土)

☆結婚詐欺ブローカー逮捕 千葉県警(8日)

News_pic1_3 韓国人の女らから金を受け取り、日本人の男と偽装結婚させていたなどとして会社社長の親子らあわせて7人が逮捕され、警察はこの親子が偽装結婚のあっせんを繰り返して不正な利益を得ていたとみて犯行の実態解明を進めています。逮捕されたのは佐倉市の建設会社社長、外山信士容疑者(61)と、外山社長の次男の将吾容疑者(35)、それに韓国人の女2人らあわせて7人です。警察の調べによりますと外山社長らは、おととし12月から去年9月にかけて、習志野市と八千代市の市役所で当時、外山社長の会社の社員だった男2人と、韓国人とフィリピン人の女にウソの婚姻届を提出させたとして電磁的公正証書原本不実記録などの疑いがもたれています。調べに対して、外山社長は「よく知らない」などと容疑を否認しているということですが、将吾容疑者は容疑を認めているということです。警察によりますと、韓国人の女らは外山親子に対してそれぞれ50万円から70万円の報酬を渡していたということで、警察は親子が偽装結婚のあっせんを繰り返して不正な利益を得ていたとみて犯行の実態解明を進めています。http://www.nhk.or.jp/chiba/lnews/02.html

| コメント (0)

☆和牛商法 高額特典用意し再開(8日)

News_pic1_2 「和牛のオーナーになれば高い配当が得られる」と言って出資金をだまし取ったとして東京の会社社長らが逮捕された事件で、この会社は10年ほど前に和牛商法の摘発が相次いだ際、いったん契約の募集を取りやめながら翌年には、配当を上げたり高額の特典を用意したりして募集を再開していたことがわかり、警視庁は契約者を引きつけるためにさまざまな工作をしていたとみて調べています。この事件は、東京・港区に本社がある「ふるさと牧場」の社長、相田勇次容疑者(78)ら6人が「和牛のオーナーになれば配当が得られる」と言って契約者から出資金をだまし取ったとして逮捕されたもので、会社はおよそ390億円を集めていたとみられています。警視庁の調べによりますと、この会社はほかの和牛商法の業者が相次いで摘発された平成9年に解約が相次いだことなどから、契約者の募集をいったん取りやめたということです。ところが、その翌年には、出資金の配当を9%ほどにまで上げたり、出資額の1%から2%分の食品などと交換できる高額のクーポン券を用意したりして、資金集めを再開していたことがわかりました。警視庁は、会社が和牛商法の摘発が収まるころあいを見計らったうえで、契約者を引きつけるためのさまざまな工作を行って資金集めを続けたとみて調べています。http://www3.nhk.or.jp/news/t10015254381000.html

| コメント (0)

☆スズメバチ駆除の有名教諭、自宅野放し飼育…近所から苦情も(8日)

2008110851887531n1 さいたま市などの依頼でスズメバチを駆除してきた埼玉県内の私立高校教諭(50)が、スズメバチを春日部市の自宅で飼育し(写真)、ハチが付近の住宅街を飛び回っていたことがわかった。飼育に法的規制はないが、付近の住民は「危険なハチを住宅街で飼育するなんて」と不安を訴えている。教諭は駆除した巣を家に持ち帰っており、さいたま市などは委託の見直しの検討を始めた。高校で地理を担当している教諭は、スズメバチ駆除の専門家として知られ、テレビ番組にも出演している。教諭の説明によると、5年前に「社会性蜂類研究会」という名前で駆除業務を始め、個人のほか、さいたま市や越谷市などから依頼を受けて、1回2万円程度で年間約200~300件の駆除を行っている。昨年度は、さいたま市が25回60万円、越谷市が77回113万円を委託費として同研究会に支払った。教諭は、持ち帰った巣を自宅敷地内の物干し場につるしたり、置いたりしてスズメバチを飼育していた。巣は約10個あり、1個の巣には50~400匹が生息しており、10月ごろまで付近を飛び回っていた。現在、ハチは巣を離れ、森などに移って冬を越す準備をしているとみられる。近所の無職男性(66)は「今夏も自宅でスズメバチに刺された。野放しになっているのはおかしい」と訴え、近くの主婦(61)も「大群で飛んでいることがあり、恐怖を感じる」と話した。教諭は読売新聞の取材に「自然保護の観点からも、捕獲したすべてのハチを殺す必要はない」と主張しつつも、住宅街で繁殖する可能性を認め、「巣は処分する」と語った。厚生労働省によると、スズメバチに刺されて年間20~30人が死亡する。ハチに詳しい中村純・玉川大教授(動物行動学)は「研究目的としても、危険がないように密閉した場所で育てるべきだ」と批判。国立感染症研究所の小林睦生・昆虫医科学部長は「有毒で危険な生物だけに、住宅街では自治体の条例で、飼育を許可制にするなどの方策があってもいい」と話している。(2008年11月8日14時33分  読売新聞)YOMIURI ONLINE トップへhttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081108-OYT1T00328.htm?from=any

関連 スズメバチ、都心でも 駆除相談が都内で倍増

【日本経済新聞】 強い毒を持つスズメバチに関する相談が都心で増えている。相談件数は9月末時点で約5000件と昨年の倍のペース。今年は巣を作る梅雨の時期に雨が少なく、台風上陸がなかったことから繁殖したようだ。加えて大型の同種という天敵が少ない都心部への進出が増えているとの指摘もある。専門家は「働きバチが活動する11月いっぱいは気をつけて」と話している。 「家の軒下にスズメバチが巣を作ったがどうしたらいいか」「駆除業者を紹介してほしい」――。東京都福祉保健局によると、今年4月から9月末までの半年間で、都民からスズメバチに関して約5000件の相談が寄せられた。昨年の同じ時期(2700件)に比べて倍近く、記録が残る1995年以降で最多だ。 (16:00)http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081108AT1G0701T08112008.html

| コメント (0)

☆大麻所持でプロテニス選手と元AV女優を逮捕(8日)

Banner_logo_051_8 乾燥大麻を自宅で所持していたとして、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部は8日、大麻取締法違反容疑(共同所持)で、東京都目黒区のプロテニス選手、宮尾祥慈(じょうじ)容疑者(27)を逮捕したと発表した。また、交際相手で東京都港区の元AV女優、倖田(こうだ)梨紗(りさ)被告(22)=本名、菊地有紗=が同法違反と覚せい剤取締法違反(所持)で起訴されていたことも明らかにした。調べによると、宮尾容疑者は10月15日午前10時半ごろ、倖田被告の自宅マンションに乾燥大麻約0・7グラムを隠し持っていた疑い。倖田被告は覚せい剤0・027グラムも所持していたため、現行犯逮捕された。宮尾容疑者は今月5日午前11時半すぎに麻薬取締部に出頭してきたという。2人は昨年5月にクラブのイベントで知り合い、今年9月から交際が始まり、宮尾容疑者は倖田被告の自宅で半同棲の状態だった。麻薬取締部は宮尾容疑者について、大麻の常習者だったとみている。交際後に倖田被告へ大麻を勧め、2人で1回だけ大麻を吸ったという。倖田被告は今年2月にAVを引退。現在は東京・六本木のキャバクラで勤務していたが、昨年8月ごろに女友達から売人の紹介を受け、月に1回、2万円ずつ覚せい剤を購入し、使用していた。宮尾容疑者は倖田被告が覚せい剤の常習者とは知らなかったという。麻薬取締部は2人の交友関係を中心に入手先などの捜査を進める。

続きを読む "☆大麻所持でプロテニス選手と元AV女優を逮捕(8日)"

| コメント (0)

☆東京国税元職員が還付金装い1745万詐取(8日)

47newslogo1_9 会計検査院が7日発表した検査報告で、国税庁東京国税局の30代の男の元職員が、勤務先だった甲府税務署や東村山税務署(東京)などで、還付金が発生したように装い、国から約1745万9000円をだまし取っていたことが分かった。今年9月末現在で元職員による弁済は一切なく、損害額の補てんが進んでいないことも指摘されている。  同国税局広報室によると、元職員は1993年7月から2005年6月にかけ、勤務先の小田原(神奈川)、甲府、東村山の3税務署で、国税事務を処理するコンピューター端末を不正に操作。偽の還付金支払決議書を作成するなどして、実際には発生していない還付金を自分名義の銀行口座に振り込ませていた。 元職員は1998年7月から2001年7月まで、国税徴収官として甲府税務署に勤務。同税務署では約380万円を詐取していた。元職員が中野税務署(東京)に勤務していた昨年11月に同国税局から懲戒免職の処分を受け、同月、東京地検に詐欺容疑で逮捕された。だまし取った約900万円分が立件され、1審の東京地裁から今年3月に懲役3年6月の判決を受けたという。 一方、報告書では県内の3医療機関・薬局に支払われた医療費約1133万円について「不適正な支出」と認定。医療費のうち、国の負担分約596万2000円を返還するよう求めた。 指摘を受けた医療機関などは本来は介護保険で対応すべき訪問看護料などを医療保険で請求していたほか、算定用件を満たしていないのに服薬指導加算料を算定するなどしていた。
http://www.sannichi.co.jp/local/news/2008/11/08/3.html

| コメント (0)

☆住宅計6棟燃える、1人死亡 東京・小平市(8日)

Noimage_120x901_2 東京・小平市で8日午前、2階建て木造住宅が全焼するなど住宅計6棟が燃える火事があり、82歳とみられる女性が死亡した。 小平市小川西町で8日午前11時ごろ、「2階建て木造住宅から煙が出ている」などと近所の住民から119番通報があった。駆けつけた消防団員により、火は約2時間後に消し止められたが、住宅計6棟、118平方メートルが燃えた。この火事で、出火した住宅に住む谷川静代さんとみられる女性が搬送先の病院で死亡した。警視庁と東京消防庁で出火の原因などを詳しく調べることにしている。 http://www.news24.jp/122679.html

| コメント (0)

☆82歳に得意の関節技、松浪議員がポスター落書き男“御用”(8日)

7日午後6時20分頃、大阪府泉佐野市高松北の駐車場で、壁に張ってあった松浪健四郎衆院議員(62)(比例近畿選出)の政治活動用ポスターに男が落書きしているのを、通りがかった松浪議員の後援会員の男性(58)が見つけた。男性から連絡を受けた松浪議員が約200メートル離れた事務所から駆けつけ、別のポスターに落書きしていた男を取り押さえた。泉佐野署員が器物損壊容疑で現行犯逮捕した。発表によると、男は同市湊、無職花田雄治容疑者(82)。ポスターの顔写真にペンで松浪議員を中傷する言葉を書いていたといい、「以前に議員の運動員とトラブルになり、腹が立っていた」と供述しているという。全日本社会人レスリング選手権大会などで優勝経験のある松浪議員は「得意だった関節技を決めて取り押さえたが、80歳を超えるお年寄りとは。最近、ポスターへの落書きが相次ぎ後援会員と警戒していた。民主主義への挑戦で許されない」と怒り心頭だった。

(2008年11月8日10時30分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081108-OYT1T00213.htm

| コメント (0)

☆荒川のアルミ柵、格子677本盗難…工具で切断の荒業(8日)

2008110851887491n1 埼玉県から東京都にかけての荒川一帯で、護岸に設置された転落防止柵のアルミ製格子が相次ぎ盗難に遭っている。工具で次々に切断する荒業で、6月以降に9か所で計677本(被害額約677万円相当)に上った。先月は、護岸を管理する国土交通省荒川下流河川事務所(東京都北区)から目と鼻の先にあった格子まで奪い去られた。格子の柱は高さ約90センチで、1本の重さが約330グラム。上部を、ワイヤを切る大型ばさみのような工具で切断され、強引に引き抜かれていた。国交省荒川下流河川事務所によると、復旧工事費は1本1万円かかるという。最初の被害確認は6月3日。防災用の船着き場「川口リバーステーション」(埼玉県川口市舟戸町)付近で87本2008110851887301n1 が盗まれた。その後、同月に北区で1件、7~9月に川口市で3件、10月に葛飾、北、足立区で計3件。11月も、7日に足立区で1件確認された。同事務所の利根川誠管理課長は「アルミの売却益を狙った犯行だろうが、最近の市場価格では売却益は格子60本でも3000円ほどの安さ。なぜ、盗み続けるのか」と首をかしげる。事務所では、職員が午前午後の2回に分け川沿いを毎日巡回。死角になりやすい草むらを刈ったり、水位監視用のカメラを柵に向けたりして警戒を強化した。しかし、先月18日には、事務所から約200メートルほどの「新岩淵水門」(北区志茂)付近で77本が盗まれているのを職員が発見。柵がなくなった場所にはロープが張られているが、同事務所では「新しい格子を設置しても、また盗まれたら元も子もない」としている。犯人が逮捕されるまで応急処置でしのぐという。

(2008年11月8日14時30分  読売新聞)

| コメント (0)

☆小室容疑者「拘置所は寒い」 木村容疑者は否認に(8日)

San1  音楽著作権譲渡をめぐる5億円の詐欺事件で、音楽プロデューサー、小室哲哉容疑者(49)とともに大阪地検特捜部に逮捕され、当初容疑を認めていたイベント企画会社「トライバルキックス」(東京)の監査役、木村隆容疑者(56)が否認に転じていることが8日、分かった。

  ■写真で見る■小室プロデュースのアーティストたち

 一方、小室容疑者はこの日、勾留(こうりゅう)されてる大阪拘置所で弁護人と接見。弁護人によると、小室容疑者は「拘置所は寒い」と話すなど疲れた様子だという。容疑は認めているが、弁護人は「調書などを精査し細部で間違っていることがあれば争いたい」と話した。
 これまでの調べで、木村容疑者は小室容疑者に被害者の個人投資家(48)を紹介していた。架空の著作権譲渡を持ちかける交渉の場にも同席。逮捕前の取材には「(小室容疑者が)だましているとは思わなかった」と答えていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081108-00000524-san-soci

| コメント (0)

☆全国一斉検問 飲酒運転や窃盗容疑などで47人逮捕(8日)

Banner_logo_051_6 全国の警察は7日夜から8日早朝にかけ、主要幹線道路や高速道路の出入り口付近などで一斉検問を実施し、飲酒運転などの容疑で1万991件を摘発、計47人を逮捕した。昨年の一斉検問時に比べ、摘発件数は33%減少した。シートベルト着用義務違反が1801件で、44%減ったことなどが要因という。警察庁は「シートベルトについては着用への意識が高まってきている」と分析している。一斉検問は11月の指名手配容疑者捜査強化月間に合わせ全国約2800カ所、警察官約2万7000人を動員して実施。指名手配者は、大阪府警が窃盗容疑で手配していた23歳の女が大分県で逮捕された。飲酒運転の摘発は昨年に比べ29件少ない406件、逮捕者は5人少ない18人だった。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/193789/

無免許容疑:高2が検問突破…門柱衝突で2人けが 大阪

Logo_mainichi1_3  7日午後9時半ごろ大阪市西淀川区竹島2の市道で、道路沿いにある会社営業所のコンクリート製門柱にワンボックス車が衝突し、大破した。運転していた市立高校2年の男子生徒(17)=同区=が鼻を骨折するなど重傷、助手席の同級生の女子生徒(17)=同=が意識不明の重体。大阪府警西淀川署は8日、道路交通法違反(無免許運転)と自動車運転過失致傷の疑いで男子生徒を逮捕した。調べでは男子生徒は事故の数分前、約400メートル南東の府道で府警の交通検問を振り切って逃走。パトカーが追跡したが見失い、直後に事故が発生した。車は男子生徒の母親の物で「無免許運転がばれるので逃げた」と供述しているという。【田中龍士】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081108k0000e040043000c.html

| コメント (0)

☆連続ひったくり事件 2時間半で5件 千葉・船橋(8日)

Banner_logo_051_5 6日夜、2時間半足らずの間に船橋市の半径約1.8キロ内で、ひったくり事件が5件相次いだ。被害者5人は女性で、現金の被害総額は約7万1000円。4件はバイクの男、1件は40代とみられる自転車の男が、いずれも背後からバッグを奪い取った。数件は同一犯の疑いがあるとみて、船橋署が窃盗事件として捜査している。調べでは、同日午後8時5分ごろ~午後9時55分、同市本町などで酒々井町の公務員の女性(39)らがバッグを奪われるなどの被害に遭い、午後10時25分ごろにも同市南本町で女性会社員(26)が自転車の男にバッグを奪われた。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/193840/

| コメント (0)

☆東京・大田区の食品工場で異臭騒ぎ 14人病院搬送(8日)

Banner_logo_051_4 8日午前11時40分ごろ、東京都大田区東糀谷の食品工場「オーガニックハウス セントラルキッチン」から「作業中に有毒ガスが発生した」と119番通報があった。従業員14人が目やのどの痛みを訴え病院に搬送されたが、いずれも軽症という。東京消防庁などによると、工場内で男性従業員が消毒用の2種類の薬品を混ぜたところ、塩素ガスが発生したらしい。現場は住宅と工場が密集しているが、通行人らへの被害はなかった。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/193848/

| コメント (0)

☆病院で女と吸飲? 大麻所持で歯科医師逮捕 警視庁(8日)

Banner_logo_051_3  歯科医院内に大麻を隠し持っていたとして、警視庁新宿署が大麻取締法違反(所持)の現行犯で、東京都渋谷区渋谷の「みやますさか歯科クリニック」に勤務する歯科医師、大井宏容疑者(48)=世田谷区等々力=を逮捕していたことが8日、分かった。「六本木で外国人から買った。興味本位で、吸飲もした」などと供述している。調べでは、大井容疑者は6日午前10時40分ごろ、同医院内の冷蔵庫の中に乾燥大麻約1グラムを隠し持っていた。冷蔵庫内などから、パイプやアルミ製のパイプなどの吸引具もみつかった。同署によると、10月下旬に同署管内で財布の落とし物が交番に届けられ、中身を調べたところ、微量の大麻が見つかった。所有者の20歳の女を大麻取締法違反の疑いで逮捕、入手先を追及したところ、大井容疑者から譲り受けたことを認めたため、6日に同医院を家宅捜索した。女は大井容疑者の患者で、「昨年11月ごろに、興味あるなら大麻をやらせてあげるよ、といわれた。今年6月までに5、6回は病院内で一緒に吸った」などと供述しているという。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/193838/

| コメント (0)

☆大麻所持 プロテニス選手逮捕(8日)

News_pic1 男子プロテニスの27歳の選手が東京都内で乾燥大麻を隠し持っていたとして逮捕されました。調べに対し容疑を認めているということです。逮捕されたのは、東京・目黒区に住むプロテニス選手、宮尾祥慈容疑者(27)です。関東信越厚生局麻薬取締部の調べによりますと、宮尾選手は、先月15日、東京・港区にある交際相手の女の家で乾燥大麻0.7グラムを隠し持っていたとして、大麻取締法違反の疑いが持たれています。女の自宅を捜索したところ、乾燥大麻が見つかり、逮捕された女が「2人で大麻を使用するため隠し持っていた」と供述したということで、宮尾選手は今月5日、麻薬取締部に出頭し逮捕されました。調べに対し宮尾選手は容疑を認めているということで、麻薬取締部は入手経路などを調べています。宮尾選手は4年前にプロに転向し、日本テニス協会の男子シングルスのランキングは9月現在で23位です。http://www3.nhk.or.jp/news/t10015247991000.html

| コメント (0)

★日本列島本日の振り込め詐欺(8日)10件 積み残し含む

金融庁名乗りカード詐取、100万円引き出す

Msn_s31  埼玉県ふじみ野市の無職女性(79)が金融庁職員などを名乗る男にキャッシュカードをだまし取られ、銀行口座から100万円を引き出されていたことが7日、同県警入間署の調べで分かった。同署が詐欺の疑いで捜査している。調べでは、女性宅に6日夕、警察官を名乗る男から「あなた名義のキャッシュカードを持った男を逮捕した。金融庁から連絡があります」と電話があり、直後に金融庁職員を名乗る男から「カードの暗証番号を教えて」と電話があった。女性が暗証番号を教えると、約1時間後に男が訪ねてきてキャッシュカード2枚を受け取って立ち去ったという。女性は7日、被害に気付き110番。口座からは6日と7日に1回ずつ、合計100万円が引き出されていた。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081107/crm0811072251034-n1.htm

会話感知しATMが警告 島根銀、振り込め防止に

2008年11月07日 11:06

 47newslogo1_2 その電話、振り込め詐欺かも-。島根銀行は、現金自動預払機(ATM)の前で会話をすると、振り込め詐欺に注意を呼び掛ける音声が流れる装置を一部の店舗に設置し、7日から運用を始めた。携帯電波を感知する装置を導入した銀行もあるが、今回の装置は低コストなのが強み。島根県警も普及を期待している。
 会話が数秒間続くと音声センサーが働き、「振り込め詐欺、還付金詐欺にご注意ください」といったアナウンスが流れる。その時々の詐欺の手口に応じて、警告メッセージの内容を変えることもできる。ただ詐欺と無関係の会話にも反応してしまうのが難点。県警担当者は「日常的な注意喚起ができ、むしろ意味がある」と話す。島根銀行は「効果は未知数だが、市民への啓発になれば」としている。 http://yamagata-np.jp/news_core/index_pr.php?kate=National&no=2008110701000093&keyword=%BF%B6%A4%EA%B9%FE%A4%E1%BA%BE%B5%BD

振り込め詐欺防止へ携帯感受装置設置 白河信金が県北2支店

(11月8日 05:00)
  47newslogo1_2携帯電話の誘導による振り込め詐欺を防ごうと、白河信用金庫(本店・福島県白河市)は七日までに、現金自動預払機(ATM)の前で会話すると、携帯電話の電波を感受し音声で利用者に注意を促す装置「けいたいお守りくん」を黒磯支店(那須塩原市)と大田原支店に設置した。県内金融機関での設置は初めて。携帯電話の誘導による振り込め詐欺は、過払いの税金や公共料金、納付税、医療費などを返還するとだまし、ATMから預金を振り込ませる「還付金詐欺」に多い。 この被害防止に有効な同装置はATMブース上部に設置され、通話やメールなどの電波を受けると青色ランプが点灯。「振り込め詐欺に遭っていませんか。振込先の再確認や窓口への相談をお願いします」などと音声が流れる。店内にも聞こえるため職員も駆け付け、二重に確認できるという。設置費は一台十万円。 同信金は「目視と併せて、職員全員で完全防止に努めたい」としている。 
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20081107/73627

寸劇で振り込め詐欺被害防ごう 長野県塩尻

 

 塩尻市塩尻東地区の住民らでつくる「きらめき劇団」は7日、一人暮らしの高齢者を対47newslogo1_2象に同地区センターで開いた「ふれあい交流会」で、振り込め詐欺防止を呼びかける寸劇を披露した。塩尻署に取材し、被害事例に基づいて作った内容に約60人が見入った。http://www.shinmai.co.jp/news/20081108/m-1.htm

詐欺未遂の疑いで男ら逮捕 神奈川県警

News_pic1_6 神奈川県横須賀市の女性に息子を装って電話をかけ現金140万円あまりを騙し取ろうとしたとして23歳に男らが警察に逮捕されました。警察は同じ日に別の男性が100万円をだまし取られた事件にも関わった疑いがあるとみて調べています。逮捕されたのはいずれも横浜市に住む飲食店店員、橋本健雄容疑者と無職の服部尚道容疑者です。
警察の調べによりますと、2人はことし9月、横須賀市の75歳の女性の家に息子になりすまして電話をかけ、「借金の返済のためお金が必要だ」とうそを言って現金140万円あまりを騙し取ろうとしたとして詐欺未遂の疑いが持たれています。女性からの通報で警察が警戒していたところ「自宅に現金を取りに行く」という電話があり、服部容疑者が現れたためその場で逮捕し、服部容疑者の供述などから橋本容疑者も逮捕しました。
2人のうち橋本容疑者は容疑を否認しているということです。一方、服部容疑者は女性の家を訪れた際、同じ日に横須賀市の別の男性からだまし取ったという現金100万円を持っていて「いずれも橋本容疑者からの指示で金を取りに行った」と供述しているということです。警察は橋本容疑者が指示を出して詐欺を繰り返そうとしたとみて調べています。
http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/02.html

続きを読む "★日本列島本日の振り込め詐欺(8日)10件 積み残し含む"

| コメント (0)

☆舞鶴の高1殺害 発生から半年 (8日)

47newslogo1_5 京都府舞鶴市朝来中の雑木林で、東舞鶴高浮島分校1年だった小杉美穂さん=当時(15)=が殺害された事件は7日、発生から半年を迎えた。京都府警捜査本部(舞鶴署)は、美穂さんと事件直前に歩いていた自転車の男性が何らかの事情を知っているとみて捜しているが、有力な情報はない。地元では、児童が集団登下校を続けている。 府警は、美穂さんの足取りなどを捜査してきた。事件直前の5月7日午前1時から2時すぎにかけ、現場方面に向かう海岸沿いの防犯カメラに、美穂さんと歩く自転車の男性が映っていた。男性は身長170-175センチで帽子P20081107001541 姿。自転車は黒っぽかった。 事件後、現場近くの朝来小は集団登下校を続けている。夜間パトロールをしているボランティア団体「向う三軒両隣」の四方筆樹会長(65)は「朝夕に見守る保護者は事件前の3倍に増えた」と語る。美穂さんの小学校時代の同級生(15)は「美穂ちゃんが歌が好きだったのを思い出す。早く犯人を捕まえてほしい」と話す。  府警は7日、現場近くでチラシを配り、運転手らに情報を求めた。情報提供は捜査本部フリーダイヤル(0120)750121へ。 http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2008110700154&genre=C1&area=K00

| コメント (0)

☆ヤミ金組織トップを逮捕 出資法違反容疑で兵庫県警(8日)

47newslogo1 兵庫県警生活経済課などは7日、出資法違反(超高金利)などの疑いで、さいたま市緑区宮本、自営業田中桂容疑者(38)を逮捕した。容疑を否認しているという。田中容疑者は関東を中心とするヤミ金グループのトップ。グループが管理する銀行口座には2006年3月から今年3月にかけ、約6億7000万円が入金されていた。調べでは、田中容疑者のグループは07年10月から今年1月にかけ、大阪府寝屋川市の婦人服製造会社など2社に法定金利の15-83倍で金を貸し付け、利息計約109万円を受け取るなどした疑い。田中容疑者は3つのヤミ金業者を統括。中小企業を狙い、ファクスを送って勧誘していた。同課はこれまで、同法違反容疑などでグループ関係者11人を逮捕し、実態を調べていた。http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008110701000726.html

| コメント (0)

☆白骨遺体を不明男性と断定、3人を再逮捕(8日)

Noimage_120x901 茨城県の山中で、当時19歳の男性とみられる白骨遺体が見つかった事件で、警察は7日、遺体は男性と断定し、元暴力団組員の男ら3人を死体遺棄の疑いで再逮捕した。この事件は06年9月、茨城・鹿嶋市の酒井浩樹さんが新潟市の元暴力団組員・高久勇一容疑者(35)ら5人に監禁され、行方不明になっていたもの。警察は、今月初めに高久容疑者らの供述通り、茨城・城里町の山中から白骨遺体を発見した。 警察は、DNA鑑定などから遺体は酒井さんと断定し、高久容疑者ら3人を死体遺棄の疑いで再逮捕した。調べに対し、3人は容疑を認めている。 http://www.news24.jp/122652.html

| コメント (0)

☆大麻:慶大生間で売買か 逮捕の2年「学生から買った」(8日)

Logo_mainichi1_2 慶応義塾大学のキャンパス内で大麻を売買したなどとして慶大生2人が逮捕された事件で、横浜市青葉区大場町の商学部2年、内田浩太郎被告(21)=大麻取締法違反(譲渡)罪で既に起訴=が神奈川県警の調べに対し、「他の慶大生から大麻を買った」と供述していることが7日、分かった。慶大生の間で大麻売買が繰り返されていた可能性があるとみて、県警は慎重に裏付け捜査を進めている。内田被告は、友人の経済学部1年の男子学生(20)=今月5日に懲役6月、執行猶予3年の有罪判決=に対し、慶大日吉キャンパス(横浜市港北区)内の食堂前で大麻葉片約0.84グラムを7000円で売ったとして、10月30日に起訴された。自宅への家宅捜索で大麻の吸引パイプなどが見つかり、押収されている。内田被告は「興味本位だった」などと供述。ただ、大麻の入手先は明らかにせず、追及の末、他の慶大生から購入したとの供述を始めた。内田被告と男子学生とは慶応高校時代の先輩後輩で、内田被告は8月まで大学のアメリカンフットボール部に所属していた。【鈴木一生、吉住遊】http://mainichi.jp/select/today/news/20081108k0000m040149000c.html

| コメント (0)

☆生徒70人の名前・自宅、「グーグルマップ」で半年間“丸裸”(8日)

名古屋市教委は7日、同市中川区の市立高杉中学校(吉村勇善校長)1年生の生徒70人分の名字や自宅の位置などのデータが、インターネット検索大手グーグルの地図表示サイト「グーグルマップ」で約半年にわたり、一般に閲覧できる状態になっていたと発表した。この間にこれらのデータに少なくとも130件のアクセスがあったが、被害などは確認されていないという。市教委によると、1年生の担任を務めている男性教諭2人が今年4~5月、生徒の家庭訪問に利用するため、ネット上の地図に生徒の名字や住所、自宅の位置を書き込み、「マイマップ」を作成した。しかし、その際に外部に閲覧できないようにする「非公開」に設定しなかったという。今月5日、東京の男性と名乗る人物から「家庭訪問用に作られた地図がネット上に公開されている」と、同校に電話があったため発覚し、順次、データの削除を進めているという。

| コメント (2)

☆投資名目で資金流出の疑い=数十億円規模か、解明へ-和牛商法詐欺で警視庁(8日)

Jij1 和牛預託商法の会社「ふるさと牧場」(東京都港区)による巨額詐欺事件で、出資者から集めた資金が投資名目で流出していた疑いのあることが8日、関係者の話で分かった。数十億円に上るとの指摘もあり、警視庁生活経済課は同社社長相田勇次容疑者(78)らを取り調べ、不透明な金の流れを解明する。調べによると、同社は1995年11月から昨年12月にかけ、全国の約1万4000人から計約387億円を詐取したとみられる。関係者の話では、複数の不動産関係の会社などに、集めた金を流用して投資。元役員らが関与しており、27億円を投資した疑いがあるという。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081108-00000014-jij-soci

<和牛商法>02年から飼育ゼロ 近くの牧場見せ「ツアー」

11月8日2時31分配信 毎日新聞

<和牛商法>02年から飼育ゼロ 近くの牧場見せ「ツアー」

高配当をうたった「ふるさと牧場」のパンフレット=2008年11月7日撮影

 Logo_mainichi1 和牛商法「ふるさと牧場」(東京都港区)による詐欺事件で、逮捕された同社社長、相田勇次容疑者(78)らが福島県内の牧場から契約を打ち切られた02年3月以降、牛は一頭も飼育しておらず、関係のない別の牧場に会員を案内する見学ツアーを組んでいたことが分かった。和牛商法が社会問題化した97年の時点で、既に会社の資金が底をついていたことも判明。警視庁生活経済課は相田容疑者らが破綻(はたん)した事業の実態を隠ぺいするため、自転車操業的に詐欺を重ねていたとみている。 相田容疑者らは95年にふるさと牧場を設立。警視庁の家宅捜索を受ける昨年12月までの間に、全国の約1万4000人に「子牛のオーナーになれば、成牛段階で売却して高配当が得られる」などと約387億円を集め、詐取したとされる。調べでは、相田容疑者は事業開始当初は、福島県内の畜産業者らと契約し、会員対象の牧場見学バスツアーを実施していた。会報などでは他の提携牧場も含めて約1万頭を肥育していると宣伝していたが虚偽の可能性が高いとみられ、配当を還元できる態勢にはなかったという。 97年には和牛商法を巡り全国の警察本部で摘発が相次ぎ、ふるさと牧場でも契約解除や元金返還を求める会員が続出、事業は破綻状態となった。1年後に再開し、集めた預託金を別の会員の配当に回して継続していたものの、02年3月には飼料代の支払いを巡るトラブルなどで牧場から契約を解除され、牛がいなくなった。 そのため、相田容疑者らは近くの無関係の牧場を案内する1泊2日のツアーを考案。会員がそばに寄ろうとすると「牛が病気にかかるといけないので、近づかないで」と制止し、バス内の窓から眺めさせていたという。 生活経済課によると、03年時の子牛(黒毛和牛)1頭当たりの買値は平均43万円。これに対し、成牛の売値は平均72万円で約30万円のもうけが出る計算になるが、実際は飼料代や人件費など経費を差し引くと約7万円の赤字が出るのが通常で、当初から無理なシステムだったとみられる。【武内亮、山本太一】http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081108-00000006-mai-soci

| コメント (0)

☆ドクターヘリの無線妨害 ダンプ運転手を告発(8日)

Banner_logo_051_2 ドクターヘリの無線交信を妨害したとして、総務省関東総合通信局は7日、電波法違反の疑いで、埼玉県本庄市のダンプカー運転手(56)と、同県熊谷市のダンプカー運転手(67)を狭山署に告発した。同署は2人から事情聴取し、近く書類送検する方針。通信局によると、2人は交通取り締まりの情報交換などのため、免許を受けず無線局を開設。埼玉県狭山市で6日、埼玉医大総合医療センター(川越市)のドクターヘリと同じ周波数で無線交信したという。通信局は、埼玉医大から「無線が混信する」との通報を受け、不法電波の発信を確認した。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/193705/

| コメント (0)

☆女性警察官の尻を触る 「知らなかった」 会社員逮捕警視庁(8日)

Banner_logo_051 私服の女性警察官に電車内で痴漢をしたとして、警視庁戸塚署が都迷惑防止条例違反の現行犯で、東京都杉並区の会社員の男(23)を逮捕していたことが7日、分かった。男は容疑を認め「警察官とは知らなかった」と話しているという。 戸塚署の調べでは、男は6日午前6時45分ごろ、西武新宿線鷺宮-高田馬場間の急行電車内で、女性警察官(26)の尻をなでた疑い。警察官は通勤途中だった。女性警察官はその場で指をつかんで男を取り押さえ、高田馬場駅で降りて駅員に引き渡し、戸塚署員が逮捕した。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/193717/

| コメント (0)

★警視庁管内 体感治安度 レベル1

  首都東京の体感治安(13日
       (単位・レベル)

       解説

     2_2検挙報道は体感治安を良化する」

9日深夜、東京・武蔵野市で発生した23歳の男

性の連れ去り事件は12日の朝刊で産経と朝日

がベタ記事扱いだった。連れ出された男性が依

然として所在が分からないという。続報がないか

らそう推測される。心配な出来事である。ところ

で、政府の追加経済対策だが、国民一人1万2

000円も支給されるという。現在、高額所得者

への支給などについて議論を交わしている最中

Bye1 だ。そして警察庁は、給付金をめぐる

振り込め詐欺が起きるおそれがあるとして、早くも注意を呼びかけている。12日のnew「日本列島 本 日の 振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.htmlは、警察庁の呼びかけを含めて6件を掲載した。インターネットで現金の出し入れができるゆうちょ銀行のサービスを悪用した新たな手口の振り込め詐欺の被害が金沢市などで相次いでいるとことから注意が必要だ。警視庁管内の治安は安定しており「レベル1(みどり)」とする。

※ピーポちゃんの位置が現在のレベルを表示しています。パソコンによっては勝手に動くこともありますので、原稿を参照にしてください。クリックすると挨拶します。宜しく。

続きを読む "★警視庁管内 体感治安度 レベル1"

| コメント (0)

☆長岡殺人・被害者の長男を逮捕(8日)

News_pic1_5 ことし9月、長岡市でお年寄りの女性が自宅で殺害された事件で被害者の長男が事件にかかわっていた疑いが強まったとして新潟県警察本部は、7日夜、殺人の疑いで長男を逮捕しました。逮捕されたのは被害者の長男で会社員の小野澤孝敏容疑者(44)です。警察の調べによりますと小野澤容疑者はことし9月長岡市西神田町の自宅の居間で母親の小野澤トシ子さん(76)を殺害した疑いがもたれています。この事件をめぐってはこれまでの調べで小野澤さんは遺体でみつかった居間のとなりの寝室でふだん寝ていましたがこの寝室と台所を結ぶガラス戸が外れ遺体の腕には抵抗した際にできたとみられる傷があることがわかっていましたが捜査の結果事件のあった夜には、これまで調べに対して「自宅にはいたが事件にはきづかなかった」と話していた長男の小野澤孝敏容疑者1人しか自宅に出入りしていなかったことがわかりました。潟県警察本部では7日朝から小野澤容疑者の事情聴取を行い容疑が固まったとして殺人の疑いで逮捕したものです。
http://www.nhk.or.jp/niigata/lnews/01.html

| コメント (0)

☆ケーブルカー事故 捜査開始(8日)

News_pic1_4 8年前オーストリアで起きたケーブルカー火災で、刑事責任を問われた運行会社の幹部らの無罪につながった証拠が幹部らに有利に働くように重要な部分が隠されていた疑いがあるとして現地の捜査当局が捜査の開始を決定したことがわかりました。2000年11月、猪苗代町の中学生を含む155人の犠牲者を出したオーストリアのケーブルカー火災では運行会社の幹部らが刑事責任を問われましたが、現地の裁判所は3年前最終的に過失はなかったとして無罪判決を出しました。裁判では火元とされた暖房器具に欠陥があったとする鑑定結果が証拠として提出されました。しかし、ことし4月暖房器具のメーカー側が「欠陥はなく『車両に積んで使用してはいけない』という取扱説明書があったことが意図的に隠されていた」などとして鑑定人5人を捜査当局に告訴していました。これに対し先月30日オーストリアの法務省が捜査の開始の決定を発表したということです。日本人被害者の遺族の代理人をつとめる木川統一郎弁護士は、「刑事裁判の無罪判決に影響があるかどうかはわからないが、アメリカで起こしている民事裁判にとって有利になると期待している」と話しています。http://www.nhk.or.jp/fukushima/lnews/06.html

| コメント (0)

☆高齢者の犯罪、過去最多の4万8605人…半数は万引き(8日)

2008110751737311n1 法務省は7日、2008年版「犯罪白書」を公表した。 今年の白書は1991年以来、17年ぶりに65歳以上の高齢者による犯罪を特集した。 交通関係を除く一般刑法犯で07年に検挙された高齢者は、前年比4%増の4万8605人で統計を取り始めた86年以降、最多となった。高齢者人口の増加を上回るペースで高齢者の犯罪が増えており、白書は高齢者の孤立感や経済的な不安が背景にあると指摘している。高齢者の犯罪に関する調査は法務総合研究所が実施した。それによると、88年に9888人だった高齢者の一般刑法犯での検挙者は07年には約5倍に増え、同じ期間の高齢者人口の増加率(約2倍)を大きく上回った。検挙者全体に占める割合も、2%から13%となった。97年から07年では検挙者数は約4倍に増えている。犯罪の内訳は「窃盗」が3万1573人で最も多く、遺失物などの「横領」の1万672人が続いた。窃盗のうち万引きが2万5854人で検挙者2008110751737491n1全体の53%を占めた。女性は検挙者全体の82%が万引きだった。同研究所は、07年に東京地裁で有罪判決などを受けた高齢者368人を対象に、初めて犯罪を犯した「初発群」と、過去に刑を受けたことがある「受刑歴群」に分けた比較調査も行った。初発群では単身者が23%だったのに対し、受刑歴群では78%に達した。初発群の90%が親族との音信があったが、受刑歴群では37%にとどまった。収入面でも、初発群の58%は月20万円を超す収入があったが、受刑歴群では9%で、37%は収入がなかった。白書はこうした実態や、今後「団塊の世代」が高齢期に達することを踏まえ、「高齢者の犯罪防止には生活の安定を確立した上で、孤立させることなく生きがいのある生活を提供することが重要だ」と、生活・就労支援の充実を訴えている。一方、07年の交通関係を含めた刑法犯全体の認知件数は269万883件(前年比6%減)で、戦後最多だった02年から5年連続減少した。検挙者数は118万4336人(同5%減)で、検挙率は52%(同1ポイント増)だった。

(2008年11月7日  読売新聞)

| コメント (0)

« 2008年11月7日 | トップページ | 2008年11月9日 »