« ☆韓国で服役の男逮捕へ 東京の医師宅現金強奪で 警視庁(16日) | トップページ | ☆埼玉県も“出会い喫茶”規制へ(16日) »

2008年10月16日 (木)

☆生産・販売過程を中心に捜査 警視庁(16日)

News_pic1 東京・八王子市のスーパーで販売された中国製の冷凍いんげん豆から殺虫剤の成分が検出された問題で、商品は20袋を1箱にこん包して中国から出荷されていたことがわかりました。店頭に並ぶまでに箱が開封される可能性は低く、警視庁は、生産や販売の過程を中心に商品の保管状況を調べ、どの段階で殺虫剤の成分が混入したのか捜査を進めています。この問題は、大手食品メーカーの「ニチレイフーズ」が輸入し、スーパーの「イトーヨーカ堂」の八王子市にある店舗で販売された中国製の冷凍野菜「いんげん250g」を食べた女性が舌のしびれなどを訴えたもので、いんげん豆からは殺虫剤の成分のジクロルボスがきわめて高い濃度で検出されました。ニチレイフーズによりますと、問題のいんげん豆は去年8月に中国の農場で収穫されて冷凍状態で保管されたあと今年7月に最終的に袋詰めされ、あわせて7万袋が日本に出荷されたということですが、商品は20袋を1箱にこん包した状態で出荷されていたことがわかりました。「イトーヨーカ堂」によりますと、国内では倉庫で保管され注文に応じて各店舗に配送されていたということですが、通常は店頭に商品が並べられるまで箱は開封しないということです。警視庁は、スーパーや輸入会社の担当者から話を聞くなどして中国での生産やスーパーでの販売過程を中心に商品の保管状況を調べ、どの段階で殺虫剤の成分が混入したのか捜査を進めています。http://www3.nhk.or.jp/news/t10014752691000.html

同じ商品で吐き気 相談相次ぐ

News_pic1_2 東京・八王子市のスーパーで販売された中国製の冷凍いんげん豆から殺虫剤の成分が検出された問題で、各地の保健所には、同じ中国製の冷凍いんげん豆を食べて吐き気を催したなどの相談が相次いで寄せられ、厚生労働省で関連を慎重に調べています。このうち千葉県の柏市保健所には「市内で買った冷凍いんげん豆を食べたら、口の中がしびれた」といった相談が寄せられたということです。保健所は、商品を提供してもらい殺虫剤の成分が含まれていないか調べています。厚生労働省によりますと、このほかにも数か所の保健所に、冷凍いんげん豆を食べて吐き気を催したなどの相談が寄せられているということです。いずれも症状は軽く、これまでに医療機関で診療を受けた人はいないということです。厚生労働省は、「ジクロルボス」が検出された問題の商品と、ほかのケースとの関連を慎重に調べるとともに、全国の自治体に対し健康被害が起きた場合はすぐに報告するよう要請しました。さらに全国の検疫所に対しても、この冷凍いんげん豆を製造した中国の食品メーカーからの輸入手続きをすべて一時停止するよう指示しました。

« ☆韓国で服役の男逮捕へ 東京の医師宅現金強奪で 警視庁(16日) | トップページ | ☆埼玉県も“出会い喫茶”規制へ(16日) »

生活関連事件(生安部の事件 風営法等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/42804494

この記事へのトラックバック一覧です: ☆生産・販売過程を中心に捜査 警視庁(16日):

« ☆韓国で服役の男逮捕へ 東京の医師宅現金強奪で 警視庁(16日) | トップページ | ☆埼玉県も“出会い喫茶”規制へ(16日) »