« ☆女性教諭、校長の家に動物や人の汚物投げる (2日) | トップページ | ☆「同級生殺し捨てた」 香川の30代男逮捕へ(2日) »

2008年10月 2日 (木)

☆これじゃあ飛ばせない!相撲協会が九州場所で新型座布団(2日)

2008100246014001n1  大相撲九州場所(11月9日初日・福岡国際センター)でマス席(4人用)に敷かれる座布団が今年から、土俵へ投げ込みにくい形に変更される。縦55センチ、横1メートル25程度の長方形の2人用座布団にして、前後に並べた2枚をひもでつなぐというアイデアだ。両国国技館などに先駆け、「乱れ飛ぶ座布団」にストップをかける。座布団投げは、番狂わせがあった時などに見られる大相撲観戦独特の習慣。江戸時代には、ひいきの力士が勝つと観客が羽織を投げ込んだ歴史があり、それが形を変えて続いていると見られる。日本相撲協会広報部によると、けが人が出た記録はないが、本場所中は「投げないでください」と放送で呼びかけているにもかかわらず、危険な座布団投げが続いている。そこで、九州場所担当部長の出羽海理事(元関脇鷲羽山)が「事故防止のため、投げられない座布団にする」との方針を打ち出し、形を検討。今年から、マス席の広さを広げるため、これに合わせて新型座布団に切り替えることにした。出羽海理事は「どんな座布団なら投げられないかを考えた。4人のうち1人でも座っていれば投げることはできない」と自信たっぷり。

(2008年10月2日14時34分  読売新聞)

« ☆女性教諭、校長の家に動物や人の汚物投げる (2日) | トップページ | ☆「同級生殺し捨てた」 香川の30代男逮捕へ(2日) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/42662051

この記事へのトラックバック一覧です: ☆これじゃあ飛ばせない!相撲協会が九州場所で新型座布団(2日):

« ☆女性教諭、校長の家に動物や人の汚物投げる (2日) | トップページ | ☆「同級生殺し捨てた」 香川の30代男逮捕へ(2日) »