« ☆日刊警察ニュース「安全・安心なまちづくり関係功労者内閣総理大臣表彰」(18日) | トップページ | ☆【衝撃事件の核心】フィリピーナ連続猟奇殺人 9年前の事件を警視庁に全面自供した「チャーリー」 (18日) »

2008年10月18日 (土)

☆【皇室ウイークリー】大分ご訪問の皇太子さま、奉迎者に意外な人が… 愛子さま、大玉転がしでもご奮闘(18日)

Imp0810180820000n11

Msn_s1

産経ニュース

12日に学習院初等科の運動会が開かれ、皇太子ご夫妻の長女、敬宮愛子さまは徒競走で1位に輝くなどの活躍を見せられた。午前中にはリレー方式の大玉転がしに出場し、身長とほぼ同じ大きさの玉を、お友達2人と上手にコントロール。次の3人に引き継いだ後は、同級生と一緒に大きな声援を送られ続けた。観客席から愛子さまを見守っImp0810180820000s81皇太子妃雅子さまは、カメラでお友達の活躍も収めたり、競技が始まると、参加者全員に惜しみない拍手を送られた。17日の定例記者会見に臨んだ野村一成東宮大夫は「とても良い運動会だったのではないでしょうか」と述べた。大分県での公務のため運動会には参加できなかった皇太子さまも、帰京後は愛子さまのご報告に笑顔で耳を傾けられたことだろう。さて、皇居内でもかつて宮内庁職員と家族による運動会が開かれ、皇室の方々が観戦される機会があったことをご存じだろうか。心温まるエピソードを1つ紹介しよう。半世紀以上も前の昭和30年10月16日。現在は「二の丸庭園」が広がる皇居内の馬場で運動会が開かれ、昭和天皇と香淳皇后、皇太子さま(天皇陛下)、義宮さま(常陸宮さま)、そして清宮さま(島津貴子さん)が観戦された。当時の報道によると、ハプニングはご一家が座られていたテント内で起きた。迷子の女の子が厳重警備を“突破”し、昭和天皇と皇太子さまの間にチョコンと居座ってしまったのだ。慌てた侍従が外へ誘導しようとしたが、無邪気な子供はそんな大人の事情などどこ吹く風。昭和天皇は突如紛れ込んできた“珍客”のオカッパ頭を「おお、よしよし」となで、他の皇族方もあどけない一挙手一投足を温かい笑顔で見守り続けられた。女の子は秘書課勤務の男性職員の長女(3つ)だった。父親が来場者の整理に当たっている間に、行方を見失ってしまったという。

Imp0810180820000s111 このハプニングを知った父親は「お写真で両陛下のことは知っているのですが、あの方が天皇さまだとは気づかなかったらしいです」と恐縮しきりだったそうだが、現場近くにいた宮内庁関係者は「大変ほほえましく、和やかな雰囲気だった。戦後、地方ご訪問を繰り返されていた昭和天皇は、子供の扱いにも慣れていたご様子でした」と、当時を振り返った。テレビも普及していなかった昭和30年代初頭、職員にとって運動会は数少ない娯楽だったそうだ。ご一家のご観戦には、日々の慰労の意味も含まれていたのかもしれない。現在は行われておらImp0810180820000p31 ず、古き良き時代を象徴する行事といえる。皇室の方々の笑顔を引き出した少女も、現在は50代。ご一家の注目を一身に浴びた貴重な記憶は残っているのだろうか。話題は今週のご動静に戻るが、靖国神社の秋季例大祭が17日に始まった。宮内庁によると、「当日祭」の18日には天皇陛下のお遣いである勅使が訪れ、ご弊物を供えると共に、陛下のご祭文を読み上げる予定だ。皇太子さまは10日から12日まで大分県を訪れ、「第8回全国障害者スポーツ大会」の開会式などに出席された。滞在中は各地の競技会場を車で訪問されたが、大分市内を移動中に珍しい出会いがあった。皇太子さまを一目見ようと手を振る住民の中に、おそらくは誰もが記憶に残っている有名人がいたのだ。大分県出身の村山富市元首相だ。長くて白いまゆげは首相在任当時と変わらず、政界を引退した現在も元気そうな様子。記者が報道関係者用バスの中から手を振ると、照れくさそうに手を振り返してくれた。元首相であるにもかかわらず、一般市民と同じ場所で皇太子さまをお迎えしていたところに、村山元首相の人柄がにじみ出ているような気がした。各宮家は今週もさまざまな公務を果たされた。神嘗祭(かんなめさい)賢所の儀が17日、皇居で開かれ、両陛下や皇太子さまと一緒に、秋篠宮ご夫妻、常陸宮ご夫妻、寛仁親王殿下、高円宮妃久子さまと長女の承子さまが参列された。秋篠宮妃紀子さまは14日、都内の米国大使公邸で開催された「日米婦人クラブ2008年秋期例会」にご出席。15日は自由学園明日館(東京都豊島区)を訪れ、アイスランドの児童作家、ノンニ・スウェンソンの訪日70周年を記念した展示会「ノンニの70年後の再訪日」を鑑賞された。常陸宮ご夫妻は11日から13日まで静岡県をご訪問。日本青年会議所の「第57回全国会員大会浜松大会」に出席された。寛仁さまは15日、社会福祉法人「博仁会」(東京都青梅市)を訪れ、同会の創立50周年記念式典と中央総合棟竣工式典に出席された。久子さまは13日、ヒルトン東京(新宿区)で催された「2008年シニア女子レスリング世界選手権大会バンケット」にご臨席。15日はチェコ大使館(東京都渋谷区)で開催された「2008年度モーゼル&ボヘミアガラス展」を鑑賞し、夜は埼玉スタジアム(さいたま市)でサッカーのW杯アジア最終予選、日本対ウズベキスタンを観戦された。16日には東京ドームホテル(文京区)で行われた「全国納税貯蓄組合連合会創立50周年記念式典・第19回全納連東京大会」にご出席。その後、ウルグアイ大使公邸(東京都港区)を訪れ、大使主催の夕食会に臨まれた。◇

 【皇室ウイークリー】は毎週土曜日、「MSN産経ニュース」だけに掲載している企画です。紙面ではあまり触れられない各宮家のご活動や、病気療養中の雅子さまのご様子を含め、宮内庁担当記者がご皇室の1週間を振り返ります。紙面で掲載できなかった写真もご紹介しています。さらに「皇室ウイークリー」だけのために撮影した写真も、アップしています。また皇室のご動静は、産経新聞社が取材協力している扶桑社の季刊誌『皇室 Our Imperial Family』でも、詳しくご紹介しています。

« ☆日刊警察ニュース「安全・安心なまちづくり関係功労者内閣総理大臣表彰」(18日) | トップページ | ☆【衝撃事件の核心】フィリピーナ連続猟奇殺人 9年前の事件を警視庁に全面自供した「チャーリー」 (18日) »

皇室関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/42824094

この記事へのトラックバック一覧です: ☆【皇室ウイークリー】大分ご訪問の皇太子さま、奉迎者に意外な人が… 愛子さま、大玉転がしでもご奮闘(18日):

» "首相 動静" に関する話題 [人気の話題に注目する日記]
"首相 動静" について書かれたエントリを検索してみました。 livedoor首相、キレた 連夜の会合追及され… 「自腹だ」「営業妨害するな」 麻生太郎首相は24日に就任1カ月を迎えるが、連夜のように帝国ホテルの高級会員制バーなどでの会合に... [続きを読む]

受信: 2008年10月28日 (火) 午後 09時53分

« ☆日刊警察ニュース「安全・安心なまちづくり関係功労者内閣総理大臣表彰」(18日) | トップページ | ☆【衝撃事件の核心】フィリピーナ連続猟奇殺人 9年前の事件を警視庁に全面自供した「チャーリー」 (18日) »