« ☆足利将軍の木像の手首など盗難 京都・等持院 府警、窃盗容疑で捜査(4日) | トップページ | ☆テロ予告:県警の名で新聞社に電話 70歳男逮捕 兵庫(4日) »

2008年10月 4日 (土)

☆汚染米転売、「浅井」を捜査 愛知県警、サンプルを採取(4日)

接着剤製造販売会社「浅井」(名古屋市瑞穂区)による農薬に汚染された事故米の転売問題で、愛知県警が食品衛生法違反(規格基準外食品の販売)容疑で捜査に乗り出したことがわかった。県警は9月末、静岡市内の転売先に残っていたもち米を採取し、農薬検査を進めている。基準値を超す農薬が検出された場合、農林水産省の検査結果なども踏まえ、強制捜査に乗り出すとみられる。生活経済課などによると、捜査対象としたのは、米穀販売業「西田米穀」(静岡市清水区)が在庫として保有する農薬メタミドホスで汚染された中国産のもち米16トン。農水省の調べた流通ルートなどから、浅井が転売した汚染米と判断した。同転売先で汚染米とみられる米の現物が確認されたのは初めて。県警は農水省静岡農政事務所の立ち会いで9月25日に任意提出を受けてサンプル採取し、県警科学捜査研究所で検査している。農水省、静岡市もそれぞれサンプル採取して残留農薬を検査しており、3者の検査結果は近く出る見通しだ。 農水省などによると、この米は、政府が工業用に用途を限定して浅井に売却した汚染米で、浅井が米穀仲介業「ノノガキ穀販」(三重県四日市市)に転売した570トンの一部。米穀仲介業「関西米穀市場」(京都市伏見区)を経て07年1月に15トン、08年2月に24トンが納入された。07年1月分の全量と08年2月分の約8トンは食品メーカー「アンゼンフーズ」(静岡県沼津市)に販売されており、県警が採取したのは、2月納入分の残りだった。同社に売られた汚染米は、製造委託元のジェイティフーズ(東京都品川区)の業務用のちまき商品の原料などに使われ、すでに出荷されている。 汚染米の流通をめぐっては、大阪、福岡、熊本の3府県警が9月末、米販売会社「三笠フーズ」(大阪市北区)の本社など28カ所を、食品衛生法違反と不正競争防止法違反(虚偽表示)の疑いで家宅捜索している。http://www.asahi.com/national/update/1004/NGY200810030013_01.html

« ☆足利将軍の木像の手首など盗難 京都・等持院 府警、窃盗容疑で捜査(4日) | トップページ | ☆テロ予告:県警の名で新聞社に電話 70歳男逮捕 兵庫(4日) »

生活関連事件(生安部の事件 風営法等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/42677665

この記事へのトラックバック一覧です: ☆汚染米転売、「浅井」を捜査 愛知県警、サンプルを採取(4日):

« ☆足利将軍の木像の手首など盗難 京都・等持院 府警、窃盗容疑で捜査(4日) | トップページ | ☆テロ予告:県警の名で新聞社に電話 70歳男逮捕 兵庫(4日) »