« ☆【秋葉原通り魔事件】加藤容疑者を起訴へ 完全責任能力を認定(6日) | トップページ | ☆<東国原知事>「今のところありません」衆院選不出馬の意向(6日) »

2008年10月 6日 (月)

☆渡辺謙が伝説の刑事・平塚八兵衛さん役(6日)

Gnj0810060504011n11

Logo1_2

国際派俳優として活躍する渡辺謙(48)が、来年放送のテレビ朝日系「刑事一代~平塚八兵衛の昭和事件史」(放送日未定)に主演し、2年ぶりに日本のテレビドラマに出演することが5日、分かった。「帝銀事件」「吉展ちゃん事件」「三億円事件」など戦後の大事件に携わり、警視庁で“捜査の神様”と呼ばれた実在の刑事役を、骨太演技で渡辺が魅せる

 主人公は、自らの足で情報を稼いで、命がけで犯人とぶつかり合った伝説の刑事、平塚八兵衛さん。“落としの八兵衛”“鬼の八兵衛”の異名を持ち、戦後日本の犯罪捜査の最前線に立ち続け、多くの刑事ドラマのモデルになったと言われる人物だ。開局50周年記念ドラマとして制作する同局の五十嵐文郎チーフプロデューサーは、「八兵衛さんには、今の日本人が忘れている職人魂やプロフェッショナリズムがある。日本を代表する俳優としてハリウッドで活躍する渡辺さんにも共通するものを感じたからです」と起用理由を説明する。渡辺のドラマ出演は、昨年5月放送のフジテレビ系「星ひとつの夜」以来で、その間ロサンゼルスを拠点に「シルク・ド・フリーク」「Shanghai」の2本の海外映画に出演した。久しぶりに日本での仕事を受けた理由について渡辺は、昨年放送の同局系ドラマ「点と線」に感銘を受け、「(石橋冠監督ら)同じスタッフが制作するのなら、ぜひ」と出演を決めたという。渡辺は「僕たちが失ったもの、捨てちゃいけないものは何なのか。時代に流されてしまいがちな今こそ、このドラマを通して、それを掘り起こしていかなければ、と思っています」と役どころへの思いを込めた。クランクインは9月20日、渡辺は茨城県に眠る八兵衛さんの墓前に報告してから撮影に臨んだ。昭和23年から50年までの27年間を描くため、撮影順序がバラバラで「みんなで今撮影している時代を確認したりして、相当苦労しました」と渡辺。そう言いながらも、「全体の画が見えない中で、ひとつひとつのピースを当てはめるのが、われわれ制作者側の醍醐味でもあるんです」と大きなやり甲斐を感じている。変わり続ける時代に生きながらも、決して生き様を変えなかった1人の男を、渡辺の名演でよみがえらせる。

平塚八兵衛(ひらつか・はちべえ) 大正2年、茨城県土浦市生まれ。昭和18年に警視庁捜査一課に配属されて以来、32年間刑事一筋。巡査から巡査部長、警部補、警部、警視まで、すべて無試験で昇進した。帝銀事件で警察功労章、吉展ちゃん誘拐殺人事件で警察功績章を受章し、在職中の両章受章は平塚氏のみ。同54年に死去。http://www.sanspo.com/geino/news/081006/gnj0810060504011-n2.htm

« ☆【秋葉原通り魔事件】加藤容疑者を起訴へ 完全責任能力を認定(6日) | トップページ | ☆<東国原知事>「今のところありません」衆院選不出馬の意向(6日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆渡辺謙が伝説の刑事・平塚八兵衛さん役(6日):

« ☆【秋葉原通り魔事件】加藤容疑者を起訴へ 完全責任能力を認定(6日) | トップページ | ☆<東国原知事>「今のところありません」衆院選不出馬の意向(6日) »