« ☆<三浦元社長>「新証拠はなかった」…ロス郡地検広報官(16日) | トップページ | ☆中国産インゲン:すでに調査、情報すぐに連絡…中国側説明(16日) »

2008年10月16日 (木)

☆防衛医大教授を収賄容疑で逮捕…医療機器汚職

防衛医科大学校病院(埼玉県所沢市)などの医療機器選定を巡る汚職事件で、警視庁は15日午後、医療機器販売会社「ヤマト樹脂光学」(東京都、破産)社長の久保村広子被告(74)(贈賄罪で起訴)から現金を受け取ったとして、同病院眼科部長で同大教授の西川真平容疑者(49)を収賄容疑で逮捕した。久保村被告は、4年前に部長に就任した西川容疑者を狙って接触を図っていたといい、西川容疑者が少額の現金を受け取ったことから贈賄工作を本格化させたとみられる。同庁幹部によると、西川容疑者は2005年1月~07年7月、翌年度に発注する医療機器の種類を同社の担当者に教えるなどの便宜を図った見返りに、病院や大学内で久保村被告から計約260万円を受け取った疑い。久保村被告は贈賄容疑で再逮捕された。西川容疑者は同大卒業後、カリフォルニア大の客員研究員や東北大医学部講師などを経て01年に防衛医大の講師となり、3年後の04年4月、45歳の若さで、同大医学教育部教授と眼科部長に就任した。久保村被告は、西川容疑者が機器の発注権限のある部長に就任して9か月後に約10万円を渡して以降、50万~100万円を3回にわたって渡しており、「防衛医大で引き続き仕事を受注するため、新たに教授と眼科部長に就任した西川さんに、お金を渡すことにした」と供述しているという。同社は、以前から同病院や同大学で、眼内レンズなどの消耗品や医療機器を受注していたが、受注額は西川容疑者が部長に就任する前の03年度の計約5700万円から05年度は約7600万円、06年度は約9000万円と急増していた。防衛医大の早川正道校長は「逮捕は誠に遺憾であり、今後は、綱紀粛正に努めるとともに、再発防止に万全を期したい」とのコメントを発表した。

(2008年10月16日03時06分  読売新聞)

« ☆<三浦元社長>「新証拠はなかった」…ロス郡地検広報官(16日) | トップページ | ☆中国産インゲン:すでに調査、情報すぐに連絡…中国側説明(16日) »

贈収賄事件・横領等知能犯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/42803892

この記事へのトラックバック一覧です: ☆防衛医大教授を収賄容疑で逮捕…医療機器汚職:

« ☆<三浦元社長>「新証拠はなかった」…ロス郡地検広報官(16日) | トップページ | ☆中国産インゲン:すでに調査、情報すぐに連絡…中国側説明(16日) »